ボクシングシューズ

【ボクシング シューズ】おすすめ人気ランキング8選を徹底比較!初心者が使いやすいシューズはどれ?選び方のポイントも解説

 

近年はジムでのボクササイズの人気などが引き金となってボクシングを始める人が増加しています。

ダイエットや体力維持、ストレス発散など目的は人それぞれですが、いざ始めてみるとボクサーのストイックなトレーニングスタイルに憧れます。

ボクシングを始めるならウェアやシューズも揃えたいものです。MIZUNO(ミズノ)やadidas(アディダス)などの有名スポーツブランドからも数多くのボクシング用シューズが発売されています。

しかし初心者にとってボクシングのシューズ選びはなかなか困難を極めます。そこで初心者が使いやすいボクシングシューズの条件や選び方を詳しく伝授します。

使いやすいボクシングシューズで、無理なく自分スタイルのボクシングを始めていきましょう。

ボクシングシューズの選び方

ボクシングをする男性

ボクシングシューズを選ぶ際に考慮すべき点は、何よりもボクシングの動作に適しているか否かです。

とはいっても初心者にとっては、どのような条件のシューズがボクシングの動作に向いているかなかなか判断しにくいものです。

まずは基本となるボクシングシューズの選び方を見ていきましょう。

ソール部分は薄く軽いもの

ボクシングシューズの特徴ともいえるのがソール部分の薄さです。

ボクシングは軽いフットワークが絶対条件のスポーツで、足元に負荷があるようなシューズはNGです。その為ソール部分は出来るだけ薄く軽量のものを選びます。

ソール部分に厚みがあるシューズは、どうしても重さが出てしまいます。ボクシングはスタミナ重視のスポーツでもあるので、自分のスタミナを無駄に消費してしまうような重いシューズは避けましょう。

サイズは通常のシューズと同じ

スポーツ時に使用するシューズに関しては、動きに適したサイズがあり通常履いている靴のサイズより、小さめのシューズを選んだり大きめサイズを選んだりします。

しかしボクシングの場合は、足さばきが重要であり足のサイズにぴったりとフィットするものがおすすめなので、通常自分が履いているサイズのボクシングシューズを選びます。

メーカーによってはアメリカンサイズに作られているものもあるので注意をして選びましょう。

怪我から足を守る機能性

ボクシングはかかとを上げてトレーニングをする為、筋肉が整っていない初心者は足を捻るなどの怪我をしやすいです。

ボクシングシューズは足首やアキレス腱などを保護出来るタイプがおおすすめです。

つま先部分に自由があるもの

ランナー達の美しく鍛えられた足

足にフィットするサイズを選ぶといいましたが、サイズ選びでもう一つ重要なことはつま先部分がタイト過ぎないシューズを選ぶということです。

ボクシングでは足指の力を使って、安定感を出し強いパンチを生み出します。指に力をいれ床を感じることが出来るくらいのシューズがおすすめです。

その為にはボクシングシューズのつま先部分に少しのゆとりがあるものを選びましょう。

ソールにグリップ力があるもの

ソール部分は各メーカーがこだわりを持ち、力を入れる場所です。それはボクシングシューズにおいてソール部分の機能性がとても重要だからです。

せっかく的を得たパンチを繰り出しても、足元に安定性がないと力を発揮することは出来ません。

ボクシングでは基本的につま先部分で立ち踵は浮かせておきますが、この時ツルツルとソールが滑ってしまうと力が出しにくいばかりか、足の疲労も大きくなってしまします。

ソール部分は出来るだけグリップ力の高いものを選びましょう。

初心者だからこそデザインにもこだわりたい

ボクシングに憧れてトレーニングを始めてみても、単調で厳しいトレーニングに途中で挫折をしていまう人も少なくありません。

皆で楽しくおこなうスポーツではなく、個人のトレーニングが中心となる為にモチベーションを維持するのも大変です。

初心者は特に、自分のモチベーションを維持し継続的なトレーニングが出来るようにボクシングシューズのデザインを自分好みにするといいでしょう。

履くことでテンションがあがったり、自分の中のトレーニングスイッチが入るようなお気に入りのデザインを探してみましょう。

ボクシングシューズにはタイプがある

ボクサー

ボクシングシューズを選ぶ際の基本となるシューズのタイプがあります。

基本的にはロングタイプとミドルタイプ、そしてショートタイプの3種類ですが、それぞれの特徴を確認し自分のトレーニングに合ったものを選びましょう。

足首を守るロングタイプ

ロングタイプのボクシングシューズはプロボクサーも愛用する保護力の高いものになります。

足首をしっかりカバーしふくらはぎの下まで覆うので、捻挫の予防やアキレス腱の保護にもつながります。

デメリットは脱ぎ履きに手間がかかるということです。フィット感を確実にするために編み上げるように履いていくので、脱ぐのにも時間がかかります。

初心者におすすめのミドルタイプ

ミドルタイプのボクシングシューズは、足首を覆うほどの長さになっており、ロングタイプには劣ってしまいますが足首の捻挫やアキレス腱の保護を予防するのに役立ちます。

またロングタイプのデメリットだった脱ぎ履きの不便さもさほど感じることなく着用出来るでしょう。

デザイン性も豊富でミドルサイズを選択する人も多いです。バランス的にも基本となるシューズなので初心者には一押しといえるでしょう。

着脱の簡単なショートタイプ

ショートタイプのボクシングシューズは、脱ぎ履きが簡単で気軽に履けるのがメリットです。

しかし保護力には不足するので、本格的なボクシングトレーニングをするようになったら不向きのタイプです。

初心者用の軽いトレーニングやボクササイズなどに向いています。ショートタイプは女性にも人気でダイエットの為のボクシングトレーニングなどで着用している人も多いですね。

初心者はトレーニングシューズを使用する人もいる

ふくらはぎ

初心者がボクシングシューズを履くと、まず脱ぎ履きが面倒であると感じるでしょう。中にはソール部分の薄さが気になるという人もいます。

本格的なボクシングトレーニングを始めるまでは履き慣れたトレーニングシューズで代用するという手もあります。

指先に少し余裕のあるトレーニングシューズがボクシングには向いています。

またプロボクサーの中には、ボクシングシューズではなく耐久性の高いレスリング用のシューズを利用している人もいるようです。

レスリングシューズも怪我予防対策やソールのグリップ力に優れています。お気に入りのボクシングシューズが見つからない場合、レスリングシューズを探してみてもいいでしょう。

ボクシング シューズおすすめ人気ランキング8位~4位

ボクシングシューズの選び方を確認しましたがいかがだったでしょうか。

選び方を踏まえて、多くの人が選択しているボクシングシューズの人気ランキングを発表します。

8位: Winning ボクシングシューズ RS-100

ウイニング Winning ボクシングシューズ RS-100 (26.5cm)
ウイニング
販売価格 ¥17,490(2018年12月3日11時4分時点の価格)

軽量さが魅力のウイニングのボクシングシューズです。26cmのシューズで片足の重量はわずか210gとなっています。

サイズは25cmから0.5cm刻みで28cmまで用意されています。アッパー部分はメッシュ素材を使用しており通気性がよく蒸れにくい構造です。

またソール部分にはゴム素材を使用しているのでグリップ力が高く、ミドルタイプなので足首の保護力も十分です。

7位:Reebok CBT ボクシングブーツ AVU92

[リーボック] CBT ボクシングブーツ AVU92 ブラック/ホワイト(CN4738) 28.5 cm
Reebok Classic
販売価格 ¥9,999(2018年12月3日11時4分時点の価格)

リーボックのボクシングシューズはクールなデザインと機能性の高さが人気です。

ミッドソールには衝撃吸収率が高いEVA素材を使用し、アウトソールにはラバーを使用しているので、優れた敏捷性が期待できるシューズです。

またアッパー部分にメッシュ素材を採用し、軽量化を図り通気性を上げています。

6位:MIZUNO ボクシング EF-FOT

ミズノ BOXING ボクシング EF-FOT ブラック/シルバー 36KB30003 27.0cm
ミズノ
販売価格 ¥16,000(2018年12月3日11時2分時点の価格)

人気スポーツブランドであるミズノのボクシングシューズはショートタイプの折り返しの付いたデザインです。

軽量タイプとなっており26cmサイズの場合、片足230gとなっています。サイズ展開も23cmから29cmと豊富です。

またソール部分には合成樹脂やゴムが使用されており確かなグリップ力を実感できます。

5位: MARTIAL WORLD ボクシングシューズ BXS1-2

マーシャルワールド(MARTIAL WORLD) ボクシングシューズ BXS1-240-BK 黒 24cm
マーシャルワールド(MARTIAL WORLD)
販売価格 ¥4,266(2018年12月3日11時2分時点の価格)

人気の高い格闘ブランド、マーシャルワールドのミドルタイプのボクシングシューズです。

前面メッシュ素材を使用しており、軽量でフィット感の高いシューズです。通気性が良いので靴の中の蒸れを軽減してくれます。

またシュータン部分には余分なシューレース(紐)を収納出来るポケットが付いており、利便性の高いデザインとなっています。

4位:ボクシングシューズ

ボクシングシューズ (23.5)
シティ貿易
販売価格 ¥4,800(2018年12月3日11時2分時点の価格)

派手なカラーが人気のボクシングシューズです。アッパー部分は人工皮革と合成繊維のメッシュ素材で構成され、通気性の高いシューズです。

アウターソールはゴムを使用しており、グリップ力は高めですがソール部分が細く踏ん張りにくいという意見も寄せられています。

サイズが22cm~28cmと幅広く用意されているのも魅力的です。

ボクシング シューズおすすめ人気ランキング3位~1位

ボクシングシューズの人気ランキング上位には軽量で通気性に優れた本格的なシューズが選ばれています。

3位: adidas Box Hog 2 ボクシングシューズ

アディダス(adidas) Box Hog 2 ボクシングシューズ(最新モデル) (26.0cm(UK7.5))
アディダス(adidas)
販売価格 ¥8,500(2018年12月3日11時1分時点の価格)

アディダスのBox Hog2は元WBC世界スパーフェザー級、ライト級、スーパーライト級を総なめにした王者メイウェザーがトレーニングで使用していたモデルです。

軽量性と速乾性に優れ耐久性も兼ね備えています。またラバーソールを採用しているのでグリップ力も抜群です。

少し大きめの作りになっているので、足幅の狭い人は通常サイズではなく0.5cm小さめを選ぶといいでしょう。

2位: asics ボクシングMS

耐久性のある強いグリップ力が自慢のAHARラバーを採用したボクシングシューズです。

アッパー部分には補強として人口皮革を使用しています。ソール部分はゴム素材を採用しています。

ヒールの高さは2.5cmでソールの厚さは1.5cmと薄型に作られています。国内ブランドアシックスは日本人の足によく合う靴としても人気です。

1位: adidas KO レジェンド 16.1 ボクシングシューズ 

アディダス(adidas) KO レジェンド 16.1 ボクシングシューズ (UK9(27.5cm))
アディダス(adidas)
販売価格 ¥21,600(2018年12月3日11時2分時点の価格)

軽量でサポート力の高いリオ・オリンピックモデルのボクシングシューズが1位に選ばれています。

アッパー部分はマイクロファイバー素材を採用し、少し丸みを帯びたミッドソールには衝撃吸収性の高いEVA素材を採用し、全方向に対して強いグリップ力を発揮してくれます。

サイズを選ぶ際は、通常のサイズよりも0.5cm程大きめがいいようです。足幅の狭い人は通常のサイズで大丈夫です。

ボクシングシューズを履きこなし快適なトレーニングを目指そう

強いボクサー

ボクシングシューズはデザイン性も高く、履くだけでテンションが上がりますね。

初心者が快適にトレーニングをするには、選び方の基本にそった使いやすいボクシングシューズを着用することをおすすめします。

自分好みのボクシングシューズで、気分を盛り上げていきましょう。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

まだデータがありません。

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. ボルダリング

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP