カヌーカバーおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!雨風や紫外線から保護するカバーの選び方とは?オフシーズンの保管に必須

 

カヌーカバーについて「ブルーシートで代用できるから大丈夫」「車庫で保管するから不要」と考えている人もいるはずです。しかし、オフシーズンにカヌーカバーを使用して保管するとさまざまなメリットがあります。

今回は、カヌーカバーが必須アイテムである理由とともにカヌーカバーの選び方のポイントとおすすめ人気商品について特徴も挙げながら詳しくご紹介しましょう!

カヌーカバーを初めて選ぶ人や買い替える予定のある人は、こちらを参考にぜひ選んでみてください。

カヌーカバーを使用するメリット

水面に浮かぶカヌー

こちらでは、ブルーシートではなくカヌーカバーを使用した方がよい理由とそのメリットについて詳しくご紹介しますので、カヌーカバーを選ぶ前に理解しておきましょう!

カヌーカバーは必須アイテム!

カヌーは、水上で使用するギアであるがゆえ「屋外の保管にも耐えられるタフさを備えているのではないか」と考える人もいるかもしれません。

しかし、それは違いますので注意しましょう。カヌーには、防水加工やさまざまなコーティングなどが施されていますが、使用されている素材によっては熱や紫外線で劣化や湾曲などの変形を生じてしまう危険性もあるのです。

このようなカヌーの劣化や変形などを防ぎ、安全な状態を維持するためにもカヌーカバーの使用は必須になります。

カヌーカバーは保管場所に関わらずに使用するのがベスト

屋外での保管は雨、雪、風、気温、紫外線など天候による影響を直に受け、さらに塵やほこりなどの影響も受けることになるのは容易に想像がつくはずです。

一方で車庫などの屋内にカヌーを保管する場合、カバーは不要ではないかとついつい油断してしまいがちです。

しかし、屋内であっても保管場所によっては気温や紫外線による影響に加えて、塵やほこりのみならず虫やペットなどによる汚れも生じる可能性があります。

汚れによっては、クリーナーなどを使用しても取り除くことができない程度の場合もあるため注意が必要です。

これらの汚れや天候による影響からカヌーを守るためには、屋外や屋内などの保管場所を問わずにカヌーカバーを活用する必要があります。

カヌーカバーを活用するメリット

特にシーズンオフでカヌーを長期間保管するときにカヌーカバーを使用するメリットについてご紹介しましょう!

  • 紫外線や気温(熱)などによる素材の劣化の進行を防ぐことができる
  • 汚れが付着しにくくなる
  • ペットや虫による影響をおさえることができる
  • 傷などの損傷から保護できる

上記にまとめた点が主なカヌーカバーのメリットになりますが、さらに使い勝手の視点からではブルーシートによる保管よりも手軽に着脱できるという点も大きなメリットになります。

ブルーシートでの保管はNGな理由

ブルーシートは、ホームセンターなどで低価格で手軽に購入できるアイテムですがカヌーカバーとして代用することはおすすめしません。

その理由としては、まず1つ目にブルーシートに採用されている素材によっては「UVカットの機能を備えないものがある」ためです。

せっかく手間をかけてブルーシートで覆って保管しても、紫外線の影響を受けてしまっては意味がありません。

2つ目の理由としては、ブルーシートによる保管は「着脱に時間と手間を要する」ことがあげられます。

3つ目の理由としては、ブルーシートによる保管には意外に「コストがかかる」という点です。

ブルーシートでUVカット機能を備えた製品でカヌーを十分に覆うことのできる大きさでは、カヌーカバーと同様の価格の製品もあります。

さらに、ブルーシートでの保管には留め具なども必要になりますので結果的にカヌーカバーの方がお得である可能性が十分にあるのです。

カヌーカバーの選び方

カヤック ボート カヌー カバー

こちらでは、カヌーカバーの選び方についてポイントと注意点をご紹介します。カヌーを購入する予定の人や初めて購入する人は、ぜひ理解しておきましょう。

素材について

メーカーやブランドによって採用されている素材が異なります。そのため、似たデザインや外観であっても採用されている素材についてきちんと表記を確認するようにしましょう。

カヌーカバーの役割を十分に果たすことのできるUVカット、防水加工、耐防塵性などの機能を備える素材を選ぶことをおすすめします。

サイズについて

カヌーカバーは、メーカーやブランドによってカヤックカバーと共通して販売されていることがほとんどです。

そのため、さまざまな長さや幅の製品が展開されています。

カヌーカバーのズレや脱落、破損を防ぐためにも自分の愛用するカヌーに適したサイズを選ぶことが大切です。

使用時の手軽さについて

カヌーカバーは、ボックスシーツのようにカヌーに覆い被せるタイプの製品やドローコードで調整して装着する製品などがあります。

使用時の手軽さやフィット感などについても確認してから選ぶのがおすすめです。

価格について

カヌーカバーは、安価な製品では2千円台から選ぶことができます。安価な製品では、機能が不十分なものもあるため価格で選ぶ際には注意してください。

カヌーカバーおすすめ人気ランキング:10位~4位

カヤック ラック

こちらでは、カヌーカバーのおすすめ人気製品を特徴とあわせてランキング形式でご紹介します。

製品ごとの特徴を理解して、自分にぴったりのカヌーカバーを見つける参考にぜひしてみてください!

10位:【ノーブランド 品】2.7-3メートル カヤック カヌー ボート カバー 

【ノーブランド 品】2.7-3メートル カヤック カヌー ボート カバー
【ノーブランド 品】
販売価格 ¥2,660(2018年12月21日20時23分時点の価格)

こちらは、UV耐性、防水、防塵機能を備えたカヌーカバーです。素材には、
オックスフォード生地 が採用されています。

サイズは、 2.7mから3mの長さに対応。おすすめ製品です。

9位:Docooler カヌー ボート ストレージカバーシールド

カヤック カヌー ボート ストレージカバー
Docooler
販売価格 ¥2,260(2018年12月22日7時56分時点の価格)

こちらは、 UV耐性、防水と防塵を備えたカヌーカバーです。特徴は、ゴムひもをひいてカヌーのサイズにぴったりと適応させることができる点になります。

内側には、UV耐性と防水性をもつレイヤーが備えられた構造になっています。サイズは、カヌーの長さが2.1mから6.0mまで対応可能。豊富な種類の中から最適のものを選ぶことができるおすすめ製品です。

8位:KOZEEY 3.8M-4M カヌー カバー

KOZEEY 3.8M-4M カヌー カバー
【ノーブランド 品】
販売価格 ¥2,860(2018年12月21日20時29分時点の価格)

こちらは、 UV耐性、防水と防塵を備えたカヌーカバーです。 シーズンオフでの保管だけでなく、手軽に着脱できるためクイックカバーとしての使用もおすすめになります。

サイズは、 3.8mから4mのカヌーに適したおすすめ製品です。

7位:カヌー ボート カバー UV保護 全2色8サイズ

Baosity カヌー ボート カバー UV保護 全2色8サイズ
Baosity
販売価格 ¥2,960(2018年12月21日19時35分時点の価格)

こちらは、高品質で洗濯も可能なタイプのカヌーカバーです。特徴は、UV耐性、防水と防塵を備えている点になります。

サイズは、 3.8mから4mの長さのカヌーに対応できるおすすめ製品です。

6位:Flameer カヌー カヤックカバー 収納カバー 320x120cm

Flameer カヌー カヤックカバー 収納カバー  320x120cm
Flameer
販売価格 ¥2,790(2018年12月21日19時24分時点の価格)

こちらは、オフシーズンの保管や移送時に使用可能なタイプのカヌーカバーです。

特徴は、 UV耐性、日焼け止め防止 、防水性、防塵性、通気性、耐久性に優れた軽量のオックスフォード生地を採用している点になります。

サイズは長さが約3.2mから5.7m、幅は約1.2mから1.5cmの16種類の大きさの中から最適を選ぶことができるおすすめ製品です。

5位:カヌーカバー 収納カバー

カヌーカバー 収納カバー
Yundxi
販売価格 ¥2,320(2018年12月21日18時54分時点の価格)

こちらは、オフシーズンの保管や移送、クイックカバーに使用可能なタイプのカヌーカバーです。

特徴は、 防水性、耐UV性を備えるコーティングが施された厚みのあるオックスフォード布生地が採用されている点になります。

さらに耐引裂性を備えた高機能製品です。サイズは、長さ約2.1mから6m、幅は約1.5mの8種類の中から、最適の大きさを選ぶことができるおすすめ製品になります。

4位:ユニバーサル カヤック カヌー 収納 カバー 3.6‐4m

ユニバーサル カヤック カヌー 収納 カバー 3.6‐4m
Fenteer
販売価格 ¥3,060(2018年12月21日19時20分時点の価格)

こちらは、 クイックカバーとしての使用はもちろんオフシーズンの保管や移送にも使用可能なタイプのカヌーカバーです。

特徴は、 防水性、耐UV性の機能を備えた軽量で厚みのあるオックスフォード生地を採用している点になります。

カバーの固定は、ロールアップとひもで行なうことが可能なタイプのおすすめ人気製品。サイズは、長さ2.1mから6mのカヌーに対応可能です。

カヌーカバーおすすめ人気ランキング:1ベスト3

こちらでは、カヌーカバーのおすすめ人気製品を特徴とあわせてランキング形式でご紹介します。

製品ごとの特徴を理解して、自分にぴったりのカヌーカバーを見つける参考にぜひしてみてください!

3位:カヌー カヤックカバー 収納カバー サイズ選択可

こちらは、 防水性、UV耐性、防塵性を備えた素材が採用されているカヌーカバーです。

特徴は、 ロールとクリップによる固定が可能な点です。カヌーカバーを手軽に着脱できることに加えて、ゴムひもをひいて愛用するカヌーにしっかりとフィットさせて固定することができます。

3mから6mまでのカヌーの大きさに適応可能です。

2位:iiSPORT カヌー収納16.5′(Fit for 12ft-13ft Kayak)

iiSPORT  カヌー収納16.5'(Fit for 12ft-13ft Kayak)
iiSPORT
販売価格 ¥17,333(2018年12月21日19時11分時点の価格)

こちらは、耐久性に優れた丈夫な生地を採用したカヌーカバーです。特徴は、生地が防水、UV耐性のある素材で仕上げられている点になります。

固定方法も備えられたゴムひもをひくことで、カヌーにしっかりとフィットさせて固定することが可能なタイプです。

サイズは、 8.5フィートから15フィートの大きさに対応しています。自分のカヌーの大きさに最適の製品を選ぶことのできるおすすめ製品です。

1位:カヌー ボートカバー

カヌー ボートカバー
Sanmum
販売価格 ¥2,398(2018年12月21日18時50分時点の価格)

こちらは、 厚いオックスフォード生地を採用したカヌーカバーです。特徴は、工具なしで簡単に着脱が可能な点です。

サイズは、長さが2.1mから6mまで、幅が約0.6mから1mのカヌーの大きさに対応可能。自分の愛用するカヌーに最適のサイズを豊富な種類の中から選ぶことができるおすすめ製品です。

カヌーカバーで愛用のカヌーをしっかり保護して保管しよう!

湖でカヌーを楽しむ若い女性

今回は、カヌーカバーについて使用時の利点や選び方について詳しくご紹介しましたがいかがでしたか?

カバー1つであっても愛用する大切なカヌーを劣化や汚れ、傷などから保護しながら保管できることをご理解いただけたはずです。

大切なカヌーを長く愛用するためにも、自分の愛用するカヌーにぴったりのカヌーカバーをきちんと活用して保管しましょう!

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP