ハンドボール プレーヤー

【ハンドボール用ボール】おすすめ人気ランキング8選を徹底比較!規格別の選び方とは?インドア用とアウトドア用の違いも解説

 

ハンドボールのボールにはボールの規格やインドア・アウトドア用などの種類があります。自分が使うときに最適なボールの種類や選び方を解説します。

またおすすめのハンドボール用ボールランキングもご紹介していますので、ぜひボール選びに役立てていただければと思います。

ハンドボール用ボールの規格別の選び方をチェック

ハンドボール

ハンドボール用のボールは年齢によって使用するサイズ(規格)が変わります。どのような規格があるのか、それぞれのサイズや対象年代・性別をご紹介します。

性別と年代で大きさが違う

ハンドボールのボールには0号球から4号球まで大きさが4種類あり、性別や年代によって使い分ける必要があります。高校生以上であっても男女で異なる大きさを使いますので、自分が必要なボールが何号球なのかをしっかりと知っておきましょう。

高校生以上の男子は3号球

高校生以上の男子(高校生男子・大学男子・一般男子)は3号球を使用します。直径は19cm、周囲は58〜60cmで、重さは425g〜475gあります。

大人用のサッカーボール(5号球)よりも小さいですが、重さはほぼ同じですので、大きさの割にかなり重く感じます。

中学生男女と高校生以上の女子は2号球

中学生の男女と高校女子・大学女子・一般女子が使用するボールは2号球です。直径は18cm、周囲は54〜56cmと小さめです。重さは325〜375gなので、3号球よりも100gも軽くなります。

小学生用のサッカーボール(4号球)と同じくらいの重さですが、もちろん大きさはサッカーボールより小さいです。2号球は学校で行われるスポーツテストの「ハンドボール投げ」で使用されるボールです。

小学生は1号球

小学生は1号球を使用します。1号球の直径は16cm、円周は49.5〜50.5cmで、重さは255〜280gなので、かなり小さく2号球よりさらに100g近く軽くなります。

0号球というのもある

1号球よりもさらに小さい「0号球」というのも存在します。これは小学校の低学年向けで、初めてハンドボールに触れる導入用として使用されています。直径は15cm、周囲は46〜47cmで、重さは200g〜220gとかなり軽くなっています。

ハンドボール用ボールの種類と検定球について知ろう

アリーナ

ハンドボール用のボールにはインドア用とアウトドア用があります。また、大会など公式戦で使用できるボールについても解説していきます。

通常は屋内で使われるインドア用を使う

ハンドボールは通常屋内で行われるスポーツです。ですが日本では中学校や高校の部活で屋外で行うことが多いため、インドア用とアウトドア用に分けて販売されています。

「アウトドア用」と書かれていないものは基本的にはインドア用ですので問題ありませんが、「屋内用」「屋内練習用」などと表記されている商品が多いです。

アウトドア用の特徴は

中学や高校の部活では、ハンドボールは学校のグラウンドで行われます。主に学校のグラウンドは砂地ですので砂が付いてこすれたりすることでボールが劣化してしまいます。そのため、インドア用ではなくアウトドア専用のボールを使います。

アウトドア用は「屋外用」と表記されていること多いので確認してから購入しましょう。アウトドア用のボールは砂がついてもすべりにくく、砂や細かい小石などの多いグランドでこすれても劣化しにくく耐久性が高いという特徴があります。

表面の感触も大きく異なる

インドア用はつるつるとした表面になっていますが、アウトドア用はややザラザラした感触です。アウトドア用はすべり止めに松ヤニを使いますが、インドアでは松ヤニを使用できず、両面テープを使用します。

公式戦で使用するなら検定球を使おう

日本ハンドボール協会(JHA)の公認を受けた公式戦や大会では、JHAか国際ハンドボール連盟(IHF)の基準を満たした検定球を使用する必要があります。試合時には空気圧やボールの種類(商品)まで全て規定されています。

また検定に合格しなかったボールは練習球として販売されています。

検定球の特徴

ハンドボールのボールは人工皮革でできているものが多いですが、手縫いのボールと機械で貼ったボールがあります。検定球は手縫いでできており、つかんだときのグリップ力を高めるために細かいディンプル(凹凸)加工がしてあるものが多いです。

空気抵抗についても計算されているなど、最新のテクノロジーを採用しています。

練習では検定球・練習球のどちらを使うのか

検定球よりも練習球の方がやや安価で購入しやすいというメリットがありますが、大会を目指すのであれば検定球で練習した方がよいでしょう。

ただし部員が多かったり練習頻度が高くボールが劣化しやすかったりする場合は、日頃は練習球、大会前は検定球と分けて使用するのもおすすめです。

ハンドボール用ボールの選び方をチェック

閃き

ハンドボール用ボールの選び方をチェックしていきましょう。特にメーカーや素材・加工・色・価格などを抑えておけば大丈夫です。

メーカー

ハンドボールのボールは「molten(モルテン)」と「MIKASA(ミカサ)」が2大メーカーです。この2社のボールを使っておけば問題ありません。どちらのメーカーも検定球を販売していますし、練習球だとしても品質が高いです。

素材・加工

かつては天然皮革が使われていたこともありますが、現在では人工皮革のものがほとんどです。またゴム製のボールもあります。

部活や大会などでは人工皮革のものが使われ、検定球ではグリップ力を高めるディンプル加工がされていたり、内部に特殊なスポンジの層を入れてつかみやすく加工しています。

価格

ハンドボール用ボールの価格は規格(サイズ)や素材、検定球かどうかということで変わります。一般的に練習球は2,000円前後、3号検定球は3,000円〜5,000円程度で購入することができます。

安く購入したい場合にはまとめ買いや通販サイトを利用すると良いでしょう。

ハンドボール用ボールおすすめランキング・8位〜4位

口コミ評価や大会などでの使用実績を考慮して厳選した8点のハンドボール用ボールをランキングにしてご紹介します。全てモルテンかミカサの商品になっているのは信頼と実績によるものでしょう。価格や規格、素材なども考慮してセレクトしています。

8位:molten(モルテン) ハンドボール ヌエバX3200

molten(モルテン) ハンドボール ヌエバX3200 H0X3200-RG2
モルテン(molten)
販売価格 ¥2,780(2018年12月21日10時25分時点の価格)

モルテンの低学年導入用の0号球です。ですが人工皮革を使い手縫いで作られているため非常にクオリティが高く、表面にはディンプル加工も施されている本格派です。直径は15cm、重さは200g程度なので軽く、ぶつかってもあまり痛くありません。

7位:ミカサ ハンドボール 練習球3号 HR3-Y

高校・大学・一般男子用の練習球です。主に学校教材として使われるゴム製の3号球で、グリップ力が高く柔らかい発泡ゴムを使用しています。表面に細かい凹凸があり、滑りにくくなっているのが特徴です。

6位:molten(モルテン) ハンドボール ヌエバX1300

molten(モルテン) ハンドボール ヌエバX1300 H00X1300-YR
モルテン(molten)
販売価格 ¥2,079(2018年12月21日10時25分時点の価格)

8位の商品と同じく0号球で、中には空気だけでなく綿が入っているため跳ねにくくできています。柔らかく指をしっかりとかけてにぎれるようにできており、ボールをつかむ練習としても最適です。通常の0号球よりも軽い180g程度です。

5位:ミカサ ミカサハンドボール 検定球3号 HB3000

ミカサ ミカサハンドボール 検定球3号 HB3000
ミカサ
販売価格 ¥4,514(2018年12月21日10時25分時点の価格)

高校生以上の男子が使う3号検定球です。手縫いの人工皮革なので品質がよく、表面のディンプルでグリップを高めています。さらに特殊スポンジの層があるため柔らかく、当たったときの衝撃を抑えています。屋内専用ボールです。

4位:ミカサ ハンドボール 練習球2号 屋外用

中学生男女と高校生以上の女子が使用する2号球です。屋外用の練習球で、表面がゴムでできているため砂のグラウンドで擦れても強度や耐久性が高く、高いグリップ力を備えています。人工皮革のものよりもややお手頃な価格なのもうれしいポイントです。

ハンドボール用ボールおすすめランキング・ベスト3

ベスト3には全てモルテンのボールがランクインしました。ミカサとモルテンでは品質の違いはありませんので、どちらを選んでも大丈夫です。

ベスト3には小学生向けの1号球が2点ランクインしているのが特徴で、ハンドボールを始めたばかりでボールに慣れたいという方は3位のボールを、本格的に自分で練習したいという方は1位のボールを選ぶとよいでしょう。

3位:molten(モルテン) ハンドボール ヌエバX1200 1号 屋内専用

molten(モルテン) ハンドボール ヌエバX1200 1号 教材用 屋内専用 黄 H1X1200-Y
モルテン(molten)
販売価格 ¥1,408(2018年12月21日10時25分時点の価格)

小学生が公式戦で使う1号球で、屋内用のボールです。検定級ではないですが日本ハンドボール協会の推薦球なので品質の高さが特徴です。人工皮革を使った手縫いのボールで、150g前後とかなり軽くできています。柔らかいソフトタイプです。

2位:molten(モルテン) ハンドボール ヌエバX3600 3号 屋外専用

molten(モルテン) ハンドボール ヌエバX3600 3号 屋外専用 H3X3600
モルテン(molten)
販売価格 ¥3,400(2018年12月21日10時25分時点の価格)

屋外専用の検定球で、高校生以上の男子が使用する3号球です。ボールの回転がわかりやすい青いX字の模様が特徴の商品で、人工皮革の手縫いボールです。表面にはもちろんディンプルが入っており、実際に公式戦で使用されているモデルです。

1位:molten(モルテン) ヌエバX4000 ハンドボール1号 屋内用

molten(モルテン) ヌエバX4000 ハンドボール1号 屋内用 [ 検定球 ] H1X4000
モルテン(molten)
販売価格 ¥3,727(2018年12月21日10時25分時点の価格)

小学生用の1号検定球で、全国小学生大会で使用される唯一の公式試合球ですので、クオリティは抜群です。大人が使う3号球より小さいですが、ディンプル加工入りの人工皮革を手縫いで仕上げた最高級品です。

まとめ

女子ハンドボール選手

ハンドボール用のボールは年齢や性別によって区別が必要ですし、検定球・練習球、インドア用・アウトドア用などの区別も必要です。使用者の年代・性別・目的・使用場所などを考えて選ぶようにしましょう。

主にミカサとモルテンの2社の製品を買っておけば安心ですが、素材や柔らかさなどがさまざまなので、しっかりと選びましょう。

上記のランキングは口コミ評価の高い商品の中からバラエティ豊かに取り揃えています。ぜひ購入する際の参考にしていただければと思います。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. ボルダリング

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP