【正月太りをリセットしたい】正月太りに効果的なダイエット方法を紹介!あなたのそのダイエット方法、間違ってない?

 

お正月には仕事も学校もないので、ついついのんびりしてしまったり、おせち料理やお雑煮などを食べすぎてしまったりします。久しぶりの仲間たちと飲み会をして暴飲暴食をすることもあるでしょう。そんな人にとって、正月太りは悩みの種です。

食べ過ぎと不摂生で太ってしまった体を早く戻したい!とダイエットに勤しむ人は多いですが、そのダイエット方法は間違っているかもしれません。正しいダイエットのメカニズムとおすすめのダイエット方法をご紹介します。

正月太りでダイエット!そのダイエット方法は間違ってるかも?

ジムで汗を流す女性 正月太りを解消するためにあわててダイエットをする人は多いですが、正しいやり方をしないとダイエットの効果はありません。効果がないどころか逆効果になってしまうかも。ダイエットの正しいやり方を見ていきましょう。

正月太りの原因は食べ過ぎと運動不足

正月太りの原因は食べ過ぎと運動不足によるものです。お正月は実家でおせち料理やお雑煮をたっぷり食べて、のんびり休むという人が多いです。お雑煮にはお餅を2個入れようか、3個入れようか悩む人もいると思います。

久しぶりに実家に帰った人は、ついつい食べすぎてしまうものです。また友達同士で飲み会をして、高カロリーな揚げものや塩分の多いものを食べすぎてしまい、さらにシメにはラーメンも…という人も多いでしょう。

お正月からしっかりトレーニングをするという人はほとんどいないため、たくさん食べているのに運動をしていないという状態です。つまり消費カロリーよりもずっと多くのカロリーを摂取している状態ですので、太っても当然といえます。

食事を抜くのは逆効果!

たくさん食べたから太ったのであって、食事を減らせば痩せるのでは?と思う人は多いです。そういう人の中には、朝食を抜いて1日2食にする人もいます。ですが食事を抜くのはダイエットには逆効果です。

食事が少ない分、体が軽い飢餓状態になり、食事で摂取したエネルギーを脂肪の形で溜め込もうとします。そのため逆に太ってしまうことの方が多いです。さらにお腹が空いているので1回の食事の量が自然と増えてしまい、余計に太ってしまいます。

相撲取りはこのメカニズムを使って1日2食にし、1回の食事量を増やすことで体を大きくしています。食事を抜いている人は「相撲取りの体作りと同じ食生活をしている」と考えてください。

そのやり方は間違っているかも?

ダイエットのためにトレーニングをする人も多いでしょう。ジョギング、筋トレ、ヨガやストレッチなど自分のやりやすいトレーニングから始めるのはよいことです。

しかし痩せるために必要なことを知らずに、間違ったやり方でトレーニングをしているとなかなか効果が現れません。もしかしたら、間違ったやり方でトレーニングをしているかもしれませんので、気をつけてください。

ダイエットの基本は食事管理と適度な運動

ダイエットの基本は食事管理と適度な運動であることは間違いありません。行き過ぎたやり方はよくありませんし、やらなさすぎるのも効果が出ません。

これからさまざまなダイエット法をいくつかご紹介していきますので、自分にとってやりやすいものから少しずつ始めていきましょう。

正月太りをリセットするためにヨガやストレッチから始めよう

ジムでストレッチする女性日頃から運動不足の人は、まずヨガやストレッチから始めてみましょう。

運動不足にはヨガやストレッチが最適

日頃から運動をあまりしていないという人は、体が硬くなっている可能性があります。筋肉が硬かったり、関節などの動きがスムーズではない人がいきなり激しい運動をすると怪我をしてしまい、「もう運動なんてやらない!」という気持ちになってしまいます。

そのため、まずはストレッチで体をやわらかくし、ヨガでリラックスをしつつ体をほぐしましょう。

ヨガやストレッチだけで痩せるわけではない

勘違いしないようにしたいのは「ヨガやストレッチだけで痩せるわけではない」ということです。ヨガやストレッチはあくまで運動をするための準備であり、これから運動ができるようにスイッチを入れる意味があります。

ヨガやストレッチで体を柔らかくリラックスさせる期間を設けたら、その後運動をする日とストレッチなどでリラックスする日を作りましょう。

おすすめのヨガ・ストレッチ方法を動画でチェックしよう

おすすめのヨガやストレッチのやり方を動画でチェックしてみましょう。以下の動画はヨガの動きを取り入れながら行うストレッチなのでおすすめです。1日10分ゆっくりと無理のない範囲で行いましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=LXzpn0jN8Bg

モデルの石井亜美さんのストレッチ動画です。モデルさんが実際に行っているということで、痩せるための要素が満載です。

正月太りをリセットするために有酸素運動をしてみよう

水泳をする男性ダイエットにもっとも効果があるのは有酸素運動です。ヨガやストレッチで筋肉をほぐし、柔らかくなったところで有酸素運動に切り替えましょう。

20分以上の有酸素運動で脂肪が燃焼される

一般的に「20分以上の有酸素運動で脂肪が燃焼される」といわれますが、脂肪燃焼は有酸素運動が始まって20分経過したところでようやくスタートします。ですから、20分を超えて長い時間有酸素運動をすればするほど脂肪が燃焼されていきます。

ただし長過ぎる有酸素運動は筋肉の分解も促してしまうため、最大でも40分程度で抑えておきましょう。

マラソン・ジョギングが基本

有酸素運動の基本はジョギングやマラソンです。走るのが苦手な人はやや速めのウォーキングをするのもよいでしょう。

なお「20分以上の有酸素運動」は途中で休憩を適度にはさみつつ行っても効果があります。「10分ジョギング→3分休憩→10分ジョギング」などでもしっかりと効果が出ますので、無理のないように行いましょう。

ジムでバイクマシンは関節を傷めにくいのでおすすめ

スポーツジムやフィットネスクラブに通っている人には、バイクマシンがおすすめです。

バイクマシンのトレーニングは座って行うため、走るときのようにひざや腰への負担がかかりません。関節を傷めにくく、長時間行えるトレーニングとして非常に効果的です。心拍数を確認しながら行えばさらに効果的です。

スイミングや水中ウォーキングがおすすめ

プールに行かれる人は、ぜひスイミングや水中ウォーキングを行いましょう。水の中は浮力があるのでバイクマシン以上に関節への負担が少なくなり、怪我をしにくくなります。

泳ぐのはもちろんですが、水中でウォーキングをすると歩く際にバランスをとるだけでも全身の筋肉を使いますので、かなりのエネルギーを消費します。有酸素運動としても筋トレとしても非常に効果が高く、怪我もしにくいのでおすすめです。

強度を上げすぎると無酸素運動になってしまうので注意

ジョギングのペースを上げすぎてダッシュに近くなってしまったり、バイクマシンを全力で漕いだりすると、無酸素運動になってしまいます。

無酸素運動では脂肪燃焼が行われにくいだけでなく、筋肉の分解が進んでしまうためやせにくくなります。適度なゆるさで運動しましょう。

正月太りでぽっこりしたお腹を筋トレで解消しよう

バランスボールでトレーニングする女性ぽっこりしたお腹をひっこめるために、筋トレをする人も多いです。筋トレに即効性はありませんが、筋肉をつけることで基礎代謝が上がるため痩せやすい体になります

腹筋も良いですが、内側からベルトのようにお腹を引き締める体幹トレーニングや、腹筋以上に効果のあるスクワットがおすすめです。

体幹トレーニングで内側からお腹を引き締めよう

体幹トレーニングは体の内側の筋肉「インナーマッスル」を鍛えるトレーニングです。通常の筋トレではなかなかできませんが、お腹を引き締める体幹トレーニングはぽっこりお腹に効果があります

https://www.youtube.com/watch?v=Ubun2JxVheM
  1. 両手両足を床につけて腕立て伏せの姿勢を取る
  2. 1回腕立て伏せをする
  3. 元の体勢に戻ったら片手をまっすぐ前に伸ばす
  4. 5秒キープ
  5. 戻したらもう1回腕立て伏せ
  6. 逆の手を前にまっすぐ伸ばす
  7. 5秒キープ
  8. 両手を1セットとして5セットを目安にする

この運動だけで腹筋のほか、背中・お尻・肩にも効果があります

スクワットは腹筋以上の効果がある!

スクワットは太ももの筋肉を使いますが、腹筋よりも大きな筋肉ですのでカロリー消費が多くなります。お腹を引き締めながらスクワットを行えば、お腹の引き締めとヒップアップ、足やせが同時にできます。

https://www.youtube.com/watch?v=TudkRBX1e5Q
  1. 足を肩幅程度に広げて立つ
  2. 股関節から曲げるように、お尻を後ろに突き出す形で曲げていく
  3. ひざがつま先より前に出ないようにする
  4. 地面と太ももが平行になったら元の体勢に戻す
  5. ひざをつま先と同じ方向に曲げるのがポイント

正月太りを解消するために半身浴でしっかり温まろう

お風呂に入るときにもダイエットは可能です。半身浴でゆっくりと温まり、血行を改善して痩せやすい体になりましょう

半身浴は体の芯まで温まるので血行促進と代謝アップにつながる

半身浴は全身浴に比べて長時間温まることができます。そのため血行が促進され、代謝アップにつながります。代謝量が増えると1日の消費カロリーが増えることになり、痩せやすい体になります。

半身浴をしたから痩せる、というわけではなく、痩せやすい体の土台作りにつながると考えましょう。

半身浴のやり方

  1. お風呂に入る30分前に水を飲んでおく
  2. 浴室をあたためておき、湯冷めしないようにしておく
  3. お湯の温度は38度程度。高くても40度までにしておく
  4. お湯はみぞおちあたりまでにし、腕もお湯の外に出しておく
  5. 20〜30分程度ゆっくり浸かる
  6. 長時間浸かるため、途中で水分補給をするとベスト

食事もちゃんと管理しよう

フルーツ運動だけでなく、食事をしっかり管理するのも大切です。

1日の消費カロリーを超えないように食べよう

1日あたりの成人の消費カロリーは1,800〜2,000kcalです。それを超えないようにするのが基本です。ちゃんと3食食べるように心がけましょう。

栄養バランスをしっかりとろう

ご飯・麺類・パンなどの炭水化物ばかりではなく、栄養バランスをしっかり取るようにしましょう。肉・野菜・魚などバランスを考えた食事をし、食物繊維をしっかりとるようにしましょう。

特に海藻類やこんにゃくなどに含まれている水溶性食物繊維は不足しがちです。

炭水化物・糖分・脂肪分・塩分過多に注意して

炭水化物(糖質)や糖分・脂肪分・塩分のとりすぎに注意しましょう。パンや麺類、甘いものや揚げもの、濃い味付けのものは食べすぎないように意識してください。

まとめ

走る女性ランナー正月太りは短期間の食べ過ぎと運動不足で起こりますが、痩せるのには時間がかかります。反面で、食事の管理と適度な運動をしっかり行えば、比較的短期間のダイエットで元に戻すことが可能です。

適度な食事と適度な運動を心がけ、日々楽しみながらダイエットを行いましょう。

       

あなたへのオススメ記事

カテゴリランキング

関連記事

  1. 女性の長い足

    美ボディをゲット!簡単筋肉トレーニングダイエット方法とは

  2. 正しい姿勢と猫背の比較

    猫背を改善する筋力トレーニングとは?

  3. 大腿四頭筋が発達した男性

    大腿四頭筋の役割とは?筋肉の働きや筋トレ方法!

  4. 腹筋を確認する男性

    体脂肪率13%はマッチョ?筋トレで理想の筋肉を!インナーマッスルを鍛えて腹筋を割る方法とは?

  5. 【フィットネスジムオーナー様向け】パナソニックのコアトレチェアを導入するジムが増加!1台で筋トレ初級…

  6. 水泳をする男性

    水泳で筋トレ!?おすすめトレーニング方法と鍛え方、効果

  7. ジムスティック

    ジムスティックおすすめ人気ランキング5選を徹底比較!自宅でシェイプアップ!トレーニング方法を動画付き…

  8. 筋トレ女子

    ゆんころの筋肉を作り上げる筋トレ方法がすごい!ダイエット効果でモデルや女性にも人気!

  9. 屈強なボディビルダー

    大腰筋の正しい筋トレと鍛え方について

人気記事

  1. スピードスケートをする男性
  2. セクシーボディーの筋肉男性
  3. 女性のヒップ
  4. 綺麗な筋肉の男性
  5. 足首を気遣うランナーの写真
  6. 体の綺麗な女性
  7. ジムの一角に置かれた腹筋ローラー
  8. グランド ガーデン アリーナでアクションでプロ野球選手
  9. 筋肉の美しい女性
  10. 卓球選手
  11. バドミントンプレイヤー
  12. 火災熱い組合せの野球
  13. ジムで練習後ポーズをとって筋肉運動ボディービルダー フィットネス モデル
  14. 赤い腹筋ローラー
  15. アンクルウエイト
  16. 筋肉質な足
  17. ジムでトレーニングするハンサムな外国人男性
  18. 腹筋の綺麗な男性
  19. 腹筋を確認する男性
  20. 卓球選手
  21. 腹筋
  22. 脂肪を燃焼させて効率良く筋肉を鍛える! イメージ図
  23. 床に斜め crunches スポーティな男
  24. 柔道の試合
  25. 軽いダンベル
  26. 運動をしている人々 のグループ
  27. むきむきな男性
  28. 灰色の背景上にボールを持つ筋肉の若い男
  29. サッカー(空中戦)

おすすめ記事

  1. ダンベルを行う男性 大胸筋を鍛える!自宅で筋トレ!分厚い胸板をつくる方法
  2. MRP MRP、ダイエットや筋力増強に使える栄養抜群のサプリメントを知ってる?
  3. 引き締まった下腹をメジャーで計測する男性 下腹は腹筋を鍛えると引き締まる!
  4. ラットプルダウン ラットプルダウンの正しいフォームとは?広背筋に効かせる効果的な方法!
  5. サプリメントを持つ男の手 フェニルアラニンの効果と副作用についての基礎知識(Lフェニルアラニン)
  6. 腹筋ローラー 腹筋ローラーの効果で結果的に筋肉痛に!そんな時は!?
  7. 腹筋の綺麗な女性 大谷翔平の筋肉が美しい!二の腕、腹筋画像とともにトレーニング方法を紹介!
  8. 晴れた日のゴルフ 【2018年最新版!】メンズ用ゴルフシューズのおすすめ人気ランキング20選
  9. ダンベルフィットネス 【筋肉トレーニング解説】自宅でできるダンベルをつかった筋トレメニューおすすめ
  10. フィットネス 金剛筋シャツの効果ってどうなの!?気になる口コミや効果的な着方はこちら!

カテゴリー

最近の記事

  1. 自転車用ミラー 【自転車用ミラー】おすすめ人気ランキング10選を徹底比較!バックミラーを付けて安…
  2. エクササイズを始める女性 【パーソナルトレーニングジムの料金は高い?安い?】おすすめ人気ランキング10選を…
  3. アメリカンフットボール選手 アメリカンフットボール用グローブおすすめ人気ランキング8選を徹底比較!選び方のポ…
  4. ゴルフボール 【ゴルフ用ボールレトリバー】おすすめ人気ランキング10選を徹底比較!使いやすさの…
  5. クロストレーナーに乗る女性二人 「ティップネス 草加店」の店舗情報を徹底調査!草加駅から徒歩1分で通いやすい♪落…
  6. ラグビー ラグビーのヘッドギア(ヘッドキャップ)おすすめ人気ランキング8選を徹底比較!つけ…
  7. ボクシング 【ボクシング】トレーニング用品おすすめ人気ランキング12選を徹底比較!初心者向け…
  8. ジムトレーナー 「ティップネス 新小岩店」の店舗情報を徹底調査!駅から徒歩1分♪明るいスタッフと…
  9. クライミング用プーリー 【クライミング用プーリー(滑車)】おすすめ人気ランキング10選を徹底比較!種類と…
  10. トレーニング休憩中 「ティップネス 小岩店」の店舗情報を徹底調査!ジムの後はエステやサウナを利用しよ…

おすすめ記事

  1. 上腕三頭筋 ケーブルトライセプスエクステンションのやり方と効果とは?上腕三頭筋を鍛える筋トレ…
  2. カヤック ボート カヌー カバー カヤックカバーおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!自作よりも専用カバーが良い…
  3. スキーゴーグル スキーゴーグルおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!偏光レンズのメリットとデメ…
  4. ボクシングする男性 パンチンググローブおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!初心者向けの正しい選び…
  5. コアの筋肉をエクササイズ フィットネス女性 AYA(トレーナー)の腹筋が美しい!クロスフィットトレーニングの筋トレ効果と食事…
  6. 筋肉サプリ 【2017年度版】筋肉サプリの最強ランキングベスト10!筋肉サプリを徹底調査!あ…
  7. ジムでトレーニングするハンサムな外国人男性 【ファストジム24】ファストジム24の評判はどうなの?評判、口コミを徹底検証
  8. 公園でストレッチする女性 ピラティスウェアおすすめ人気ランキング20選を徹底比較!おすすめブランドや選び方…
  9. ジムでシミュレータ トレーニング アスリート筋肉ボディービルダー 西川貴教の筋肉美をつくる筋トレ・筋肉画像紹介!
  10. ケトルベルを持つ男性 ケトルベルのトレーニングメニューとは?筋トレ効果と方法を徹底検証!

月別記事

PAGE TOP