上半身の筋肉

今日から始める!大胸筋のトレーニング方法

 

厚い胸板は異性へのアピールポイント

ジャケットからのぞく、男性の美しい筋肉

仮にあなたがモデルのような体型の男性だとしたら、スタイルの良さは異性に対するアピールポイントの一つになるでしょう。

一方でスリムな体型の方が陥りやすいのは胸板が薄いことからのコンプレックス
他人からするとさして気にならなくても、本人からすると細すぎる、ひ弱過ぎると思い込んでしまう男性は少なくありません。

ゴリマッチョと細マッチョ、どちらが理想?

悩ましげに髪をかき上げる細マッチョの男性

最近は筋肉が発達したゴリマッチョな男性よりも、スリムでシックスパックの細マッチョの方が人気があるようですが、男性側からすると「ならば細マッチョを目指そう!」とは割り切れないようです。
スリムな体格では男らしくないという自覚が、そのように感じさせるのでしょうか。

ただ胸板が薄い男性がTシャツなどを着ていると貧相に見えてしまうことは確かです。
仮に筋肉質な男性が苦手だという女性から見ても、適度に厚みがある胸板は健康的に感じられる要素の一つでしょう。男性ならば最低限の胸筋は欲しいところです。

スポーツで胸筋を鍛えるのは難しい

多様なスポーツにチャレンジしても、胸板を厚くする程の効果を出すのは困難です。
胸筋は意識的に鍛えなければ厚くならない部位と言えるでしょう。

とは言え、胸筋を鍛えようと意気込んでも、一体どうやって鍛えたらいいんだろう、と途方に暮れてしまう方が多いのではないでしょうか。
そんな男性方のご要望に応えて、ここではしっかりと効く大胸筋の鍛え方をご紹介します。

大胸筋はトレーニングしやすい部位

素晴らしくシェイプされた肉体のボディビルダー

大胸筋に限らず、筋肉を鍛えるためのトレーニングは楽ではありません。
環境を整え、トレーニングの時間を確保するのに一苦労。そして目に見える結果が出るまで強い意志を持って継続的にトレーニングしなくてはいけません。
メンタルが追いつかず、トレーニング半ばで断念してしまうケースが多いのも納得ですね。

そんななか朗報です。
実は大胸筋はトレーニングの成果が出やすい筋肉なのです。

トレーニングすればそれだけ成果を得られるのは、大胸筋が他の部位と比べて大きな筋肉であるためです。
また、お尻や背中と違い、胸は身体の前面にあり、鏡の前に立てばその効果を目視することが出来ます。自分の身体ですから、少しの変化でも気付きやすいでしょう。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. トレーニング ストレッチ

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP