【サッカーシューズケース】おすすめ人気ランキング8選を徹底比較!バッグ型と袋型はどっちが便利?メリット・デメリットも解説

 

サッカーをするときにはスパイクやトレーニングシューズが必要になります。シューズを入れるケースにもさまざまな種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。もっとも一般的な「バッグ型」と「袋型」の特徴をチェックしていきましょう。

またシューズケース選びのポイントも解説します。おすすめのシューズケースランキングもご紹介していますので、シューズケース選びにぜひ役立ててください。

サッカーシューズケースの種類をチェック

サッカー ドリブル

サッカー用のシューズケースには主にバッグ型と袋型があります。それぞれのタイプでも細かく形の違いなどがありますが、主な特徴をチェックしておきましょう。

バッグ型

バッグ型は型がしっかりとしているのが特徴です。主にチャックで開閉するタイプで、素材もナイロンやポリエステルといった軽量で丈夫な素材のものが多いです。持ち手がついているため、手で持って運ぶときにも便利です。

袋型

サッカーボールとサッカースパイク

袋型は主にヒモを引っ張って口を締める巾着のようなタイプのものを指します。軽く使い勝手がよい上、シューズ以外の小物や着替え、ユニフォームなどを持ち運ぶために複数購入して使っている人もいます。

バッグにシューズポケットがついているタイプ

バッグにシューズを入れるポケットや仕切りなどがついているタイプもあります。ボストンバッグタイプやリュックタイプの一部分がシューズ用として使えるため、わざわざシューズケースを別に買う必要がないというのがメリットです。

ただしシューズだけ持ち運ぶことができないという不便さもあります。

バッグ型と袋型のメリット・デメリットを比較しよう

サッカーをする少年たち

バッグ型と袋型はそれぞれにメリット・デメリットがあり、一概にどちらがよいと言い切れない部分があります。それぞれの長所と短所を知り、自分に合っている方を選ぶのがベストです。

バッグ型のメリット・デメリット

バッグ型の最大のメリットは型くずれしにくいという点です。かっちりしているのが好きな人にはおすすめです。またチャックで開閉するため出し入れがしやすく、シューズについた砂などがこぼれにくいというのも人気のポイントです。

素材もさまざまなものがあり、ナイロン・ポリエステル素材が最も多いですが、中にはエナメル加工のものもあります。外部からの衝撃からシューズを守り、シューズケース自体も破損しにくいためおすすめです。

ただし、かさばるというのが最大のデメリットです。シューズケースをリュックやショルダーバッグなどに入れると、それだけでかなりのスペースが取られてしまいます。

袋型のメリット・デメリット

サッカー選手の練習

袋型のメリットは、型がついていない分バッグの中に入れてもかさばらないという点です。またシューズを使用している間は小さくたたんでおけるというコンパクトさも魅力です。バッグ型に比べて価格が安いというのもメリットです。

ただし耐久性の面ではバッグ型に大きく劣りますし、ドローコードで開閉するためシューズのサイズによっては出し入れしにくかったり、シューズについた砂などが口からこぼれたりするのがデメリットです。

好みで買えばよい

どちらにもよい点・悪い点がありますので、バッグ型と袋型で気に入った方を購入するのがベストです。単体で持ち歩くという人はバッグ型の方がよいですし、バッグの中に入れて持ち運びたい人は袋型の方が便利です。

もちろん単体で持ち歩くときに袋型だと困ることはありませんし、バッグ型をショルダーバッグの中に入れて運ぶというのももちろん大丈夫です。

サッカーシューズケースの選び方のポイントをチェック!

サッカー道具

サッカーシューズケースを選ぶときには、素材や形・収納力のほか、メーカーや色・デザイン、価格をチェックするとよいでしょう。それぞれのポイントごとにまとめてみていきましょう。

素材

素材によって耐久性や柔らかさ、防水性能などが大きく変わります。ナイロンやポリエステル製のものは防水性も高く、汚れも落としやすいというメリットがあります。

強度と耐久性を求めるのであればエナメルのものがよいでしょう。また厚めのキャンバス生地のシューズケースもあります。柔らかく洗濯しやすいですが生地が厚いので乾きにくいというデメリットがあります。

手入れがしやすいもの、防水性が高いものがおすすめです。

形・収納力

トレーニングラダー

形や収納力も商品によって大きく変わります。基本的にサッカーのシューズはローカットのものが多く、中には足首までの一体型のものがありますが、ローカット用のシューズケースで十分間に合います。

取り出し口の大きさや形状が商品ごとに異なるため、口が大きく開くタイプが出し入れしやすいのでおすすめです。また、ポケットがついているものなどはテーピングテープやすね当て、予備用のシューレースを入れられるので便利です。

メーカー

adidas・MIZUNO・PUMA・NIKEといった有名メーカーのものが人気です。強度や耐久性、防水性といった機能性を考えると大手メーカー製のものの方が安心して使用できます。

UMBRO、Patrick、le coq、Athleta、asicsなどの商品も人気があります。スパイクは靴底の凹凸がありますので、サッカー用のシューズケースを使うとよいでしょう。

色・デザイン

サッカーする少年

色やデザインは商品によってさまざまです。使用する道具は自分が気に入ったものを選んだ方がモチベーションがあがりますので、好きな色やデザインのものを選びましょう。

シューズケースは他のアイテムと合わせてコーディネートするようなものではありませんので、目立つ色でも地味なものでも構いません。

価格

袋型のものは1,000円未満で買うことができますが、バッグ型では2,000〜4,000円のものが多いです。予算を決めて選んでも良いですし、好きなメーカーの中から選んでも良いでしょう。

安く購入したい場合には通販サイトを利用するのがおすすめです。

口コミで情報を得よう

使い勝手のよさや耐久性、耐水性などを事前に知るには、口コミをチェックするとよいでしょう。シューズケースは使ってみないと良さがわかりませんが、実際に使用した人からの口コミを見れば、どのような商品かが大体わかります

どの商品にもよい点と悪い点がありますので、口コミを見ながらバランスを取って選びましょう。

サッカーシューズケースおすすめランキング・8位〜4位

人気の高いシューズケースの中から機能性・デザイン・メーカー・価格などの条件を考慮して厳選した8点をランキングにしてご紹介します。どの商品も口コミ評価が高く、信頼して使える商品ばかりです。

8位:[アスレタ]ATHLETA シューズ/マルチバッグ

[アスレタ]ATHLETA シューズ/マルチバッグ 05173 Fサイズ ブラック
ATHLETA(アスレタ)
販売価格 ¥1,350(2018年12月28日11時52分時点の価格)

南米生まれてのメーカー、アスレタのシューズ・バッグです。ブラジルカラーであるイエロー・グリーンとネイビーの3色展開です。軽くコンパクトな袋型で、シューズ用にもマルチバッグとしても使えるので複数個買うのもおすすめです。

7位:[プーマ]シューズケース PTRG II

ブルーとブラックの切り替えが鮮やかなプーマのシューズケースです。ファスナーが大きく開くため出し入れがしやすく、ダブルファスナーなのでどちら側からでも開けることができて便利です。素材が薄めで軽いのが特徴の商品です。

6位:[ミズノ] N-XTシューズケース 33JM8003

エナメル加工を施した合成皮革のシューズケースです。強度と耐久性が非常に高く、ファスナーを全開にすると非常に広く口が開くので、出し入れはもちろん、中を拭き掃除するときにも便利です。

サッカーシューズに限らず他のスポーツのシューズを入れる人も多い人気商品です。

5位:ナイキ(NIKE) FB シューズバッグ BA5101

ナイキ(NIKE) FB シューズバッグ BA5101 001 ブラック/ブラック
ナイキ
販売価格 ¥1,186(2018年12月28日11時50分時点の価格)

ナイキのシューズ・バッグで、バスケットシューズも入る大きめタイプです。ナイキのロゴマークも黒いため、おしゃれ上級者向きです。「思ったより大きかった」という口コミもあり、すね当ても一緒に入れられそうなサイズとなっています。

通気性を良くするため、サイドに通気口がついているので衛生的です。

4位:[アンブロ] シューズケース UJS1657 BGD

[アンブロ] シューズケース UJS1657 BGD BGD
UMBRO
販売価格 ¥1,620(2018年12月28日11時50分時点の価格)

イギリス生まれのメーカー、UMBROのシューズケースです。広い面が大きく開くので圧倒的に出し入れがしやすいデザインになっています。シューズケースとしてではなく、ドリンクやタオルなどを入れるのに使う人もいます。「入れやすいし出しやすい」と口コミでも高い評価を受けています。

サッカーシューズケースおすすめランキング・ベスト3

ベスト3には袋型・バッグ型の両方ともランクインしました。ランキング全体を見るとバッグ型の方が人気が高いですが、やはり袋型も根強い人気があることがわかります。どちらのタイプにも良い点がありますので、気に入った方を選びましょう。

3位:[アディダス]シューズケース EPS シューズサック

adidasの袋型のシューズサックです。重量がわずか40gというのが魅力で、使っていないときには小さく折りたたんでバッグのポケットなどに入れられるというのが便利です。カラーバリエーションは6色展開で、どれを選んでもおしゃれで使いやすい商品です。

2位:[ミズノ]シューズケース

[ミズノ]シューズケース(現行モデル)
MIZUNO
販売価格 ¥902(2018年12月28日11時49分時点の価格)

シンプル・イズ・ベストという言葉がピッタリのミズノのシューズケースです。非常にオーソドックスなタイプなので、迷ったときにはこの商品を買っておけば外れることはありません。品質の高さはMIZUNOならではといったところです。6色の中から気に入った色を選べます。

1位:[アディダス] シューズケース EPS シューズバッグ DUD41 CF5307

耐摩耗性の高い素材を使用した、遠征や合宿、旅行用の「EPSシリーズ」のシューズバッグです。ファスナーを開けると口が斜めに開くため、非常に入れやすくなっています。8色×2サイズ展開なので、靴のサイズの大きな人でも安心です。

まとめ

サッカーをする女性

サッカーは屋外でプレーするため、スパイクを入れるシューズケースは必須アイテムです。バッグ型と袋型、どちらを選ぶかは個人個人の基準に合わせて選ぶと良いでしょう。強度とデザイン性ならバッグ型、コンパクトさと安さなら袋型がおすすめです。

上記のランキングでご紹介している商品は口コミ評価の高いものから厳選していますので、おすすめできるものばかりです。ぜひ購入する際の参考にしていただければと思います。

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP