ビーチクルーザー

【クルーザー自転車(ビーチクルーザー)】おすすめ人気ランキング8選を徹底比較!あなたのスタイルに合った選び方も解説!

 

カリフォルニアのビーチでサーファーの間から生まれたクルーザー自転車(ビーチクルーザー)はおしゃれな街乗り用としても、実用的なシティサイクルとしても使える便利な自転車です。

カスタマイズ性も高く、幅広い層の人に役立つビーチクルーザーの特徴やスタイル別の選び方、ビーチクルーザーを購入するときのポイントなどを解説します。もちろんおすすめのビーチクルーザーランキングもご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

クルーザー自転車(ビーチクルーザー)の特徴をチェック!

自転車用ホイールライトまずはビーチクルーザーの特徴をチェックしておきましょう。選ぶときに見るポイントにもなる部分ですので、しっかり特徴を知っておくことが大切です。

太いタイヤでクッション性が高い

ビーチクルーザーの一番の特徴は太いバルーンタイヤです。接地面が広いため安定して走ることができ、太い分クッション性が高く、快適に乗ることができます。石畳や多少の段差などでも走ることができるのが利点です。

流線型の太いフレームがしっかり体重を支える

ビーチクルーザーは流線型のフレームが特徴です。フレームが太いため体重をしっかり支えて安定感が高く、安心して乗ることが出来ます。

独特のブレーキングシステム

ビーチクルーザーは独特のブレーキングシステムを採用しています。サーフボードを抱えて片手がふさがっているときでもブレーキをかけられるように、ペダルを進むときと逆回しにするとブレーキがかかる「コースターブレーキ」が一般的です。

またブレーキレバーを握る通常のタイプである「キャリパーブレーキ」を搭載しているものや、前輪がキャリパーブレーキ、後輪がコースターブレーキと併用しているものもあります。

カスタマイズ性が高い

ハンドルバーに着いた自転車用ベルビーチクルーザーはカスタマイズ性が高いのが特徴です。スタンド、ライト、泥除け、カゴ、キャリアなど好きなものを選べるため、オリジナルの1台を作り出すことができます。他にもハンドルのグリップやペダル、サドル、タイヤなどもカスタム可能です。

スタイル別のクルーザー自転車の選び方をチェック

街中の自転車乗り手のスタイルや乗る状況に合わせたビーチクルーザーの選び方をチェックしましょう。自分がどのような使い方で乗るかを考えておくとよいでしょう。

サーフボードを抱えて乗りたい!

サーフィンする男性ビーチクルーザーのもともとの用途はサーファーがサーフボードを抱えてビーチまで行くということから始まっています。サーフボードを抱えて乗りたいという場合は安定性が高い太めのタイヤのものを選ぶと良いでしょう。

ビーチを走る可能性も考えて変速機はついていない方がおすすめです。ブレーキはハンドルを握らなくてもよいコースターブレーキのものが最適です。

おしゃれに街乗り用として使いたい!

自転車を押す男性街乗り用として通勤、通学などに使いたいという人はレトロなデザインのものがおすすめです。クロスバイクなどを街乗り用にする人も多いですが、大きなタイヤで乗り心地のよいビーチクルーザーはおすすめです。

カスタマイズ性の高いものを購入するとパーツを交換したり取り付けたりする楽しみも生まれます。

実用性重視で使いたい!

自転車は路面を選ばない乗りやすさや荷物を載せるカゴなど、実用性重視で使いたい!という人はやや安価なモデルを選ぶのも良いでしょう。安価なものはカスタマイズ性が高くないですが、泥除けやスタンドなど必要な部品は全て揃っています

カゴが付いていない商品が多いため、取り付けられるかどうかを確認しておけば安心です。

クルーザー自転車(ビーチクルーザー)の選び方

ミニベロ 折りたたみ自転車ビーチクルーザーを選ぶときにはメーカーやフレームの形、タイヤのサイズや色・デザイン、価格をチェックするとよいでしょう。

メーカー

本格的なビーチクルーザーがほしい!という人はアメリカ生まれのブランド「Electra」「Schwinn」「Nirve」や日本の人気ブランド「BLESS」「RAINBOW」といった有名なメーカーのものがよいでしょう。

そこまでこだわりがないという人は上記のメーカー以外のもので問題なく使えます。人気ブランドのものは価格が高いことが多いです。

フレームの形

自転車とレンガの壁同じメーカーの中でもフレームの形は大きく変わります。より流線型なビーチクルーザーらしいタイプもあれば、レトロ感のある形もありますので、気に入った形のフレームを探してみるのも楽しいものです。

タイヤのサイズ

タイヤは子どもでも使える20インチ、女性や小柄な男性に人気の24インチ、男性向けの26インチの3種類が一般的です。その他、ファットタイヤを採用しているものなどもあります。

色・デザイン

色やデザインは非常にさまざまなので、どのような色のものが欲しいか、フレームの形やタイヤの太さも含めて総合的に考えるとよいでしょう。

他の人とかぶらないオリジナルなデザインのものがよいという人もいると思いますが、ビーチクルーザーの色やデザインは非常に幅が広いので、きっとお気に入りが見つかるはずです。

価格

ビーチクルーザーはロードバイクなどと比べるとかなり安価です。安いものでは20,000円を切る価格で購入できますし、高くても4万円以内というものがほとんどです。ある程度の予算を決めておくと選びやすくなります。

通販サイトを利用すればさらに安く購入でき、口コミなどもチェックできるのでおすすめです。

クルーザー自転車おすすめランキング・8位〜4位

人気の高いビーチクルーザーの中から、口コミ評価の高いものを中心に独自の基準で厳選した8点の商品をランキングにしてご紹介します。さまざまな価格やデザインのおすすめ自転車をバリエーション豊かにセレクトしていますので、要チェックのランキングです。

8位:a.n.design works (エーエヌデザインワークス) CB26BC

無駄を削ぎ落としたシンプルで落ち着きのあるデザインと、迫力満点のタイヤ&ファットリムが特徴です。安定感と操作性が抜群なクルーザーハンドルバーや、座り心地の良いソフトサドル、クロッグシューズでも踏みやすいワイドなペダルで快適に過ごせます。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 背中
  2. 祈り
  3. マスク トレーニング
  4. パンプアップ
  5. 食事
  6. パーソナルトレーナー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP