アメリカンフットボール選手

アメリカンフットボール用グローブおすすめ人気ランキング8選を徹底比較!選び方のポイントはグリップ力&保護力!洗濯に注意

 

アメリカンフットボール用のグローブは、デザイン性や機能性だけでなく価格も3千円前後の製品から2万円を超えるものまでさまざまです。このように豊富な種類の中から、自分に最適の製品を選ぶのは大仕事です。

今回は、アメリカンフットボール用のグローブの選び方と選ぶときの注意点について、おすすめ人気製品を挙げながら詳しくご紹介します。アメリカンフットボール用のグローブの選び方に失敗したくない人は必見です!

アメリカンフットボール用のグローブは必須アイテム!

アメリカンフットボール

初心者の中には、アメリカンフットボール用のグローブを準備するべきか迷う人もいるはずです。実は、グローブはアメリカンフットボールをプレーする際の必須アイテムの1つ言っても過言ではないほど重要な役割を担います。こちらでは、グローブの役割について再確認しておきましょう!

手指を保護する

アメリカンフットボールは、ご存じの通りタックルや接触が頻繁にあるハードなスポーツです。そのため、手指をけがから守る役割を担います。

例えば、ハードなヒットを手に受けたり、タックルを受けたりした際にグローブを着用していれば、打撲や擦過傷から手指を保護することができるのです。

グリップ力を高める

近年開発されているグローブは、粘着性の高い素材を手のひらや指に採用している製品がほとんどです。この粘着性の高い素材が採用されていることで素手よりもグリップ力を向上させることができます。

このグリップ力を向上させることは、プレー中にはボールのハンドリングやキャッチングの補助につながります。また、ブロックやタックルをする際にもこのグリップ力を活かしたプレーが可能なため、ボールを扱うポジションの他でも多くの選手が着用しているのです。

ファッション

NFLをはじめとするプロ選手がよい例のようにファッションのアクセントでありながら、モチベーションを高めるアイテムの1つでもあります。自分のお気に入りのデザインやブランド、ユニフォームとのコーディネートなど好みに応じて選ぶことができるアイテムです。

アメリカンフットボール用のグローブの種類と特徴

加圧シャツを着た男性

実はアメリカンフットボール用のグローブにはいくつか種類があります。こちらではその種類と特徴について違いをご説明しましょう。自分の用途に応じた種類を選ぶことが大切ですので、特徴や機能性の違いを理解しておいてください。

レシーバーグローブ

こらは、名前の通り「ボールのキャッチング」に焦点を当てて開発されたグローブです。フィット感の高さと種類が豊富である点が特徴になります。フィット感の高さゆえ、日本では、ラインマンをはじめとする全ポジションの選手が使用するほどポピュラーなタイプのグローブです。

パッド入りレシーバーグローブ

レシーバーグローブの手の甲部分にパッドが備えられたグローブです。ラインマングローブよりも薄めのパッドですが、手指をしっかりと保護しながらも指の操作性を確保したバランスが取れている点が特徴になります。

プレー中に激しいヒットを受けることに加えてボールにも触れる機会の多い、ラインバッカー(LB)やランニングバック(RB)に人気の高いタイプのグローブです。

ラインマングローブ

プレー中の衝撃や接触にから手指を保護できるパッドが備えられた重厚なグローブです。ラインマン仕様として、手首もしっかりと固定できるタイプもあります。

アメリカンフットボール用のグローブの選び方

チェックしたいポイント イメージ図

こちらでは、アメリカンフットボール用のグローブの失敗しないための選び方について詳しくご説明いたしましょう。初めて選ぶ人は、特に失敗しないためにも選ぶときの確認ポイントをしっかりと理解しておいてください。

保護力で選ぶ

アメリカンフットボールのグローブには「保護パッド」が備えられたものとそうではないものの2種類があります。プレーするポジションや環境に応じてパッドの有無や採用されている素材について選ぶことが大切です。

グリップ力で選ぶ

アメリカンフットボール用のグローブを着用する意義として「素手よりもグリップ力を向上させる」という点が挙げられます。そのため、製品ごとに採用してる素材や加工の有無を確認してグリップ力の程度を把握して選ぶことも大切です。

具体的なグリップ力の選び方は「ボールとの相性」や「乾燥した環境、湿度の高い環境でのグリップ力の変化」などの情報や口コミの評価などを参考に選ぶとよいでしょう。

適切なサイズを選ぶ

三か条

どのアイテムにも共通することですが、サイズのミスマッチはパフォーマンスにも悪影響を及ぼしかねませんので慎重に選びましょう。

万が一、アメリカンフットボール用グローブのサイズが小さい場合には手のひらをしっかりと広げることが難しくなったり、手指の操作性が低下する可能性があります。

一方でサイズが大きすぎる場合には、動作の度にズレを生じて必要なときにグローブのグリップ機能を活かすことができないこともあるので注意が必要です。

サイズの選び方の目安

では、実際にサイズ選びに失敗しないためにはどのような点に気をつければ良いのでしょうか?こちらでは、サイズ選びの際に目安となる計測方法をご紹介しますので、選ぶときの参考にしてみてください。

製品のサイズ表示は、製品を平置きにした際の「中指から開口部」の長さ、「人差し指の付け根から小指の付け根あたり」の長さを横幅として表示しています。

指の長さや太さは個人差が大きいため予め「中指から開口部」の長さと横幅を計測した上で、手の厚さや指の太さを考慮して選ぶことをおすすめします。

くれぐれも「手が小さ目なのでSサイズ」などと選ぶことは控えましょう。製品情報にある寸法と自分の手の大きさを比較しながら最適のサイズを選ぶようにしてください。

メンテナンス方法に要注意!

注意

アメリカンフットボール用のグローブはもちろん「洗濯可能」です。しかし、洗濯機にそのまま入れて洗濯することは性能を低下させるだけでなく、型崩れや破損の原因になるためできる限り避けるようにしましょう。

最適のメンテナンス方法は優しく「手洗い」ですが、止む終えず洗濯機を使用する場合はグローブを保護するために洗濯ネットを使用することをおすすめします。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 腹式呼吸

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP