バスケットボール用バッグ

【バスケットボール用バッグ】おすすめ人気ランキング10選を徹底比較!大容量パックパックやリュック型が人気な理由とは?

 

試合や遠征など、ボールを持ち運ぶときに便利なのがバスケットボール用のボールバッグです。バスケ部やサークル、クラブなどはもちろん、個人でも持っていると便利なアイテムです。

バスケットボール用のボールバッグの種類や、人気の高いバックパック・リュック型の人気の秘密、バッグの選び方などを解説します。おすすめのボールバッグランキングもご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

バスケットボール用バッグの種類をチェック

バスケットボールバスケットボール用のボールバッグにはさまざまなタイプがあります。どのような種類のバッグがあるのか見ていきましょう。

リュック・バックパックタイプ

リュックタイプやバックパックは非常に人気の高いタイプです。1個入りのもの、ウェアやシューズなども一緒に収納できるもの、メッシュタイプのものなど、バリエーションの豊かさも特徴です。また、大容量タイプのバックパックもあります。

ショルダーバッグタイプ

体育館でバスケットボールをプレーする男性ショルダーバッグタイプはボールバッグの主流といってもよい種類のバッグです。1個入りで肩からさっとかけて持ち運ぶこともできますし、2個入り〜6個入りまでさまざまな容量のタイプがあります。

昔ながらの横長のものやタテに2列入るようになっているボックス型のものなど、形もさまざまです。

大容量のキャリーバッグタイプ

バスケットボールを8〜10個以上持ち運ぶことができる大容量のバッグもあります。大容量タイプでも車輪のついたキャリーバッグタイプなら、重さを感じずに持ち運ぶことができます。横長のボストンバッグに車輪がついているタイプもあります。

大容量の袋タイプ

上からボールを入れてドローコードで口を締める袋タイプのものも大容量タイプがあります。中には自立してボールカゴとして使えるタイプもあり、非常に便利です。

このタイプには車輪がついていないものが多く、ショルダーストラップ付きで肩からかけられるようになっています。

リュック型はなぜ人気?種類ごとのメリット・デメリット

ダンクシュートをする男性リュック型やバックパック型は非常に人気がありますが、ボールバッグには種類ごとにメリットやデメリットがあります。また人によって合っているバッグの種類も存在しますので、チェックしておくと良いでしょう。

リュック・バックパックタイプの人気の秘密

リュックタイプやバックパックタイプは「両手が空くので他にも荷物が持てる」という点が人気です。また、ショルダータイプと違い、リュックタイプや両肩に重さが分散されるため、持ったときに軽く感じるというのも大きなメリットです。

背中全体で支えるため、バランスが取りやすく移動するときも楽に感じます。ただし大容量タイプや荷物をパンパンに詰めたリュックだと、せまいところを通り抜けるときや電車・バスなどで人にぶつかりやすいというデメリットもあります。

ショルダーバッグタイプはボールを多く運べるのがメリット

バスケでシュートを打つ男性ショルダーバッグタイプは商品のバリエーションが多く、さらにボールを多く運べるのがメリットです。4個入りや6個入りなど、一人で持つときに無理のない個数というのも魅力です。

ただし重さが全てショルダーストラップにかかるため、片方の肩が痛くなってしまうというデメリットもあります。極端な場合では、重い荷物を常に同じ方の肩にかけていると炎症が起きて肩が上がらなくなったというケースもありますので注意してください。

大容量タイプは交通手段を考えて選ぼう

大容量タイプはバスや電車などの公共交通機関を使うのか、車で運ぶのかによって選び方が変わります。公共交通機関を使う場合、徒歩での移動のことも考えなければいけませんので、車輪がついているキャリーバッグタイプなどがおすすめです。

袋タイプの場合は10個以上入れるのであれば車で運んだ方がよいでしょう。車ならば徒歩移動の距離はそれほどありませんので、車輪がついていなくても大丈夫です。

小学生はリュックタイプで荷物をひとまとめにしよう

小学生や中学校の1〜2年生の間はバッグをいくつも持つのは避けておいた方がよいでしょう。そのためボールとシューズ、ウェアなどをひとまとめにしてリュックタイプで運ぶのがおすすめです。

成長期に重い荷物をいくつも持ったり、片方の方だけに負担をかけたりすることはあまり好ましいことではありません。大人でもリュックタイプなら肩への負担が軽くなるので便利です。

バスケットボール用バッグの選び方をチェック!

バスケットゴールバスケットボール用のボールバッグの選び方をチェックしておきましょう。種類の他にも個数や容量、形やポケットの有無、メーカー、価格が大切なポイントです。口コミもチェックしておけばさらに安心です。

個数や容量

バスケットボールをいくつ入れられるのかというのは重要なポイントです。個人用のボールであれば1つ入りで十分ですが、部活やチームのボールを持ち運ぶ場合は分担する人数によっても変わります。

練習場所に持っていく場合はボールの数は多めの方がよいですし、公式戦や練習試合のときにはそこまで多くのボールは必要ありません。また、持ち運ぶ人数が多ければ一人あたりのボールの数は少なくて済みます。

チームでボールバッグを所有する場合、6個入りのバッグが3つあれば困ることはないでしょう。

形やポケットの有無

バスケットボールを持ち座る男性横長のものとスクエア型のものなど、形にもさまざまなものがあります。またポケットがあると携帯用ポンプなどの小物を入れることができるので便利です。

また個人で使えるリュックタイプやボールを入れるスペースのあるショルダーバッグなどは、シューズポケットがあると便利です。

メーカー

NIKE、adidas、molten、ミカサなどのメーカーはバスケットボール用品でも非常に人気の高いメーカーです。高品質なことで知られていますので強度や耐久性も高く、安心して使用することができます

価格

バスケットボールとシューズメーカーや容量・個数によって価格は変わります。5,000〜6,000円で6個入りのケースが買えるくらいというのが目安です。

なるべく安く購入したいという場合にはAmazonなどのネット通販サイトを利用するのがおすすめです。かなり安い価格設定になっていますし、口コミもチェックできます。

口コミ

バッグの使用感や素材感などを知りたいときには口コミをチェックしましょう。見本の写真やスペックだけではわからないことを知ることができます。よい内容の口コミも悪い内容の口コミもありますので、バランスよく参考にしながら選びましょう。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. タックするラグビー選手

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP