ボクシングと女性

才木玲佳の筋肉が凄い!トレーニング方法や食事を徹底解説!筋肉アイドルとしてプロレスにも参戦するムキムキの筋肉美の秘密とは?

 

才木玲佳はなぜ「筋肉アイドル」と呼ばれるのか

抜群のルックスと筋肉美を併せ持つ才木玲佳を知っていますか?彼女は「筋肉アイドル」と呼ばれ、ひときわ個性的で魅力的な格闘家です。

今回はそんな才木玲佳の格闘技や筋トレにかける思い、肉体美を作りあげる筋トレメニューや食事に迫ります。

美貌と肉体のギャップ

彼女はアイドルグループCheer♡1に所属するほどのピュアで爽やかな美貌の持ち主。

ところが、わずか身長150センチながらそのボディは男性顔負けに鍛え上げられているのです。

小柄なのを感じさせないほどの存在感を放っていて、可愛さとカッコよさを併せ持った唯一無二の女性といえます。

太くたくましい腕と、バキバキに割れた腹筋、クッキリと筋が浮き出た足…。

その顔と肉体のギャップに一瞬「合成写真」かと思ってしまう人すらいるほど。

芸能活動では自ら「筋肉担当」として売り込み、「アイドル=細身」という固定概念を見事に覆してくれます。

格闘家としての快挙

ケトルベルで筋トレする女性

才木玲佳の魅力は何といってもその向上心。格闘技と無縁だった彼女は、今ではプロレスラーとして数々の快挙を残すほどになりました。

いったい何が彼女を変えたのでしょうか?

キックボクシングとの出会い

才木玲佳がCheer♡1に所属した時にはまだ「筋トレ」に目覚める前だったとのことです。

彼女はあくまで「Krush」という格闘技イベントのラウンドガールとして活動していました。

もともとモデルとして抜群のプロポーションを持ち合わせていた才木玲佳。

ダイエット目的でキックボクシングを始めたことがきっかけで、筋肉美の虜になりました。

「格闘技と筋トレに夢中になり始めたことが人生の転機」と語るほど、彼女にとって運命的な出来事であったようです。

ラウンドガールからプロレスラーへ

2015年8月に才木玲佳は「第1回K-1チャレンジ全日本大会」へ出場。彼女は初めてファイターとしてリング出場したのです。

「Krush」のラウンドガールを始めたのが2015年3月であることを踏まえると、かなりのハイペースですね。

それほど彼女が格闘技にのめり込んでいったことがうかがえます。

「第1回K-1チャレンジ全日本大会」の結果は惜しくも1-2で判定負け。

ところが2016年3月にはプロレスデビューを果たし、「東京女子プロレス新宿FACE大会」で優勝を勝ち取るほどに成長してみせました。

人気YouTuberかんだまとのコラボ動画では、彼女のプロレスラーとしてのたくましさと、愛くるしい笑顔を見ることができます。

ぜひ一度ご覧になってみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=R8sJ7kErh1c

いかがですか?ヘトヘトになったかんだまを笑顔でリードし続けています。

動画越しからであっても十分にストイックで明るい人柄が伝わってきますね。

「WRESTLE-1」への入団が決定

才木玲佳は2019年2月にプロレス団体「WRESTLE-1」への入団が正式に決定しました。

実は彼女の所属していたアイドルグループCheer♡1は、「WRESTLE-1」の公式サポーター。

応援する側からスタートし、ついに選手としての所属までたどり着いたのです。

すさまじい向上心をもった女性であるといえるでしょう。

トレードマークの「力こぶ」

男性トレーナーと水分補給する女性

才木玲佳を見たときに真っ先に目が行くのは、その愛くるしい顔と「力こぶ」のギャップ。

どのように鍛えているのか見てみましょう。

アームカール

才木玲佳のトレードマークともいえる腕。

クッキリと浮かび上がった力こぶを、爽やかな笑顔とともに見せつけるのがとても印象的です。

この第一印象ともいえる「腕」を作り上げることには特にこだわりを持っているようですよ。

彼女は上腕二頭筋・上腕筋・腕橈骨筋などを鍛え上げ、太い腕を作り上げる「アームカール」というトレーニングを取り入れています。

「身体を大きく太くしたい!」というモチベーションのもと筋トレに取り組んでいるとのこと。

だからこそ、より太い腕を手に入れるためにベンチプレスには力を入れているようです。

「アームカール」にはバーやシャフトを使う場合と、ダンベルを使って片手ずつ行う場合があります。

それぞれ負荷のかかり方が違うのですが、才木玲佳はいずれもまんべんなく取り組んでいると思われます。

彼女のTwitterでは「アームカール」をする様子が楽しそうに綴られていました。特にお気に入りのメニューとのことです。

プレスダウン

上腕三頭筋を鍛え上げるのに有効な「プレスダウン」。

バーやロープ、チューブなどを下に引き下げることで鍛え上げるこのトレーニングは、ジム初心者でも取り組みやすいメニューです。

才木玲佳はジムに設置された器具を使い、このメニューをこなしています。

「力こぶを付けたい」と思うと、「力こぶ」そのものである上腕二頭筋に注意が向いてしまいがち。

ところが、腕の動作においては上腕三頭筋も重要な役割を果たしており、いずれもセットで鍛え上げていく事が重要となってきます。

とりわけ、太い腕にしたい場合はこの「プレスダウン」による上腕三頭筋のトレーニングが有効です。

腕立て伏せ

才木玲佳は一日に腕立て伏せを100回以上行うそうです。

また、ジムで行う際はただの腕立て伏せではなく、トレーナーに押さえて負荷をかけてもらっています。

これにより腕だけでなく胸もしっかりとまんべんなく筋肉が鍛え上げられているのです。

ノースリーブから「モリッ」と覗く肩

トレーナーとトレーニー

太く鍛え上げられた肩。

なんとあまりの太さに、ノースリーブでないと女性物の洋服を着ることができないほどであるとのことです。

どのような方法でそこまで立派に鍛え上げることができたのでしょうか?

サイドレイズ

才木玲佳の好きな筋トレメニューの1つでもある「サイドレイズ」。

両手にダンベルを持ち、腕は伸ばしたまま肩の力のみで持ち上げます。

ペットボトルなどでも手軽に取り組むことができる筋トレ初心者にもオススメのメニューです。

こちらは「サイド」という名前のとおり、三角筋のサイドに負荷をかけることができます。

三角筋・僧帽筋を鍛え上げ、「モリッ」としたガタイのいい肩を作り上げる効果が期待できますよ。

ショルダープレス

「サイドレイズ」とともに積極的に取り入れているのが「ショルダープレス」。

体の横に肩の高さまで持ち上げたダンベルやバーベルを持ち上げ、キープしながら下げることで負荷をかけていく内容です。

こちらも上腕三頭筋・三角筋・僧帽筋を鍛え上げる効果があります。

彼女はバーベルの上からトレーナーに負荷をかけてもらうことで、正しい動作を意識していました。

強靭な身体を支える下半身

ワンレッグスクワットをする女性

彼女のプロレスの試合を見ているとその俊敏さにも驚かされます。

大きな身体を軽やかに動かすことができるのは、強靭な体を支える下半身があるからこそ。

その鍛え方も確認していきましょう。

スクワット

「スクワット」も才木玲佳が大好きな筋トレメニュー。なんと一日に300回も行うのだとか。

スクワットを行う際は正しいフォームであることが重要で、彼女自身もトレーナーの指導をうけながら実施しているようです。

ブルガリアンスクワット

才木玲佳は通常のスクワットだけでなく「ブルガリアンスクワット」も取り組んでいます。

こちらのスクワットは椅子や台があれば簡単に取り組め、かつスクワット種目の中でも消費カロリーが多いのが魅力です。

彼女自身、オフィスや自宅でも手軽に取り入れられるメニューとして積極的に紹介していましたよ。

バキバキに割れた腹筋

若い女性の腹筋画像

才木玲佳は時に「へそ出し」スタイルでそのバキバキに割れた腹筋を見せてくれます。

女性からはあまりの美しさに称賛の声も。彼女の腹筋は日ごろの絶え間ない努力によって作られているようです。

腹筋

一日100回以上行っているという腹筋。

こちらも腕立て伏せと同様に、トレーナーに負荷をかけてもらいながらの動作となるようです。

バキバキに割れたシックスパックは純粋に憧れますね。

有酸素運動とウエイトトレーニングを交互に

ランニングマシーンでトレーニング中の笑顔の男性

彼女はトレーニングの方法にルールづけを行い、その時の状況で臨機応変にメニューを入れ替えているとのこと。

これらのルールを取り入れることで格段に肉体の成長速度が上がったそうなのです。

1回のトレーニング時間は90分

ここまでご紹介してきたのは「ウエイトトレーニング」としての項目。

才木玲佳は1回のトレーニング時間を90分と決め、ランニングなどの「有酸素運動」と「ウエイトトレーニング」を交互に行っています。

短時間で集中的に体を追い込んでいるのですね。

この「有酸素運動」と「無酸素運動」を交互に行うトレーニングを取り入れたところ、筋肉の急速な成長を実感できたようです。

専属のトレーナーがついていることから、ひとつひとつのトレーニングを正確で効果的に行っているともいえます。

自宅にトレーニング器具を完備

ジムでのトレーニング中

彼女は日常のあらゆる場面に筋トレを取り入れ、自然と鍛え上げる習慣を身に着けています。

筋トレを中心とした日常

自宅にはラットプルダウンやレッグエクステンション、トレッドミルなどといったトレーニング器具が完備されているとのこと。

日常的にトレーニングを行える環境を取り入れているのですね。

また、何気ない「携帯を見る」などといった仕草も筋トレを意識した姿勢をとるなど、素晴らしい徹底ぶり。

常に筋トレしやすい環境を整えることで、忙しくても「習慣化」することができますね。

もちろん彼女はいくつものジムをかけ持つ行動力がありますが、こうした「自分を追い込んで習慣化する」ことに長けているともいえるでしょう。

才木玲佳の食事

バランスのよい食事

もちろん彼女は食事の摂取方法にもルールを作り、「筋肉」のみならず「美容」も意識しています。

まさに女性の鏡ともいえる彼女の食事をチェックしましょう。

タンパク質の摂取量

才木玲佳は肉体を鍛えるために食事にも注意を払っています。

中でも特に重視しているのがタンパク質の摂取量。

一般的に自身の体重×2gのタンパク質を摂取することが、身体作りでは重要といわれています。

彼女はそれを意識して、積極的にプロテインなども取り入れて調整しています。

なお、プロティンは一日に3回は摂取しているとのこと。

美容効果も意識して摂取している点で、やはりアイドルとしての女子力が垣間見えますね。

砂糖よりもフルーツ

やはり才木玲佳も甘いものを食べたくなる時があるようで、その際は「砂糖」の甘みに頼らないことを重視しています。

そのため、なるべく「フルーツ」を選ぶのだとか。

自然由来の甘みは「筋トレ」に限らず美容にも健康にもいいため、ぜひ見習いたいですね。

また「フルーツ」を選ぶ理由の一つが「水分」を摂取できるという点。

水分の摂取は基礎代謝を上げるだけでなく、効率よく酸素が全身にいきわたり、筋トレの効果を高めてくれます。

夜は炭水化物を摂取しない

才木玲佳は夜に食事をする際、炭水化物を抜いています。

こちらは「筋トレ」というよりも美容やダイエットとしての意識のようです。

代わりに肉や野菜をたっぷりととって、ヘルシーで健康的な食事を心がけているそうですよ。

また、炭水化物を抜くと食物繊維も同時に不足してしまいがち。

それを理解している才木玲佳は、食膳に食物繊維のサプリを飲むことで調整しているのだとか。

女子力の鏡ですね。やはり美貌はこうした食事面での配慮から完成されているのでしょう。

文武両道な側面も

屋外でトレーニング 休憩中の首が美しい女性

ここまで才木玲佳の「格闘技」や「筋肉」「美容」にかける情熱が伝わってきましたが、彼女の魅力はそれだけではありません。

彼女は慶応大学を卒業した文武両道な女性として唯一無二の存在を確立しているのです。

マルチに活躍

「世界遺産」を巡ることにも夢を抱いており、なんと「世界遺産検定2級」を取得。

「世界遺産検定1級」取得に向けても努力を重ねているのだとか。また、「漢字検定準1級」も取得しています。

こうした「肉体面」でも「知識面」でもマルチに活躍する様子からは彼女の「努力家」である側面がヒシヒシと感じられることでしょう。

才木玲佳自身、「筋トレ」の魅力について「努力した分だけ結果がついてくること」と発言しています。

これが、彼女をこれほどまでに成長させたモチベーションなのですね。

今後の活躍に期待

いかがでしたか?

前述したようにプロレス団体「WRESTLE-1」への入団をした才木玲佳。

これは彼女のプロレスラー人生の中でも大きな一歩ともいえます。

わずか1年足らずで肉体を鍛え上げ、次々と格闘技の世界で成果を残してきた彼女が今後、どんな活躍をしていくのか楽しみですね。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. キックボクシングのスパーリングを受ける女性
  2. 女性 腹筋
  3. 男性 ダンベル
  4. ラグビー スクラム
  5. 太もも ダイエット
  6. ストレッチする女性
  7. バスケットボール シュート
  8. バスケ 男性 ドリブル

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP