ラグビーのスクラム

【ラグビー】ソックス (ストッキング)おすすめ人気ランキング10選を徹底比較!機能性や選び方を解説!簡単にできるお手入れ方法は?

 

ラグビーをするときにはソックス(ストッキング)が必須です。ただの靴下と思いきや、さまざまな役割があります。また、ソックスの規定もチェックする必要があります。

ラグビー用ソックスの種類と役割・機能性などを考慮した選び方や汚れやすいラグビー用ソックスのお手入れ方法をご紹介します。おすすめのラグビー用ソックスランキングもご紹介していますので、ぜひ購入してみてください。

ラグビーソックスの種類と役割をチェック!

ラグビーラグビーソックスの種類や役割を知ると選ぶ際のポイントになります。またソックスについての規定も知っておきましょう。

ラグビーソックスは長さに種類がある

ラグビーソックスにはひざ下までのハイソックスと短めのショートタイプのソックスがあります。どちらも「ラグビーソックス」として使われており、ワールドカップなどを見ていると海外の選手が短めのソックスを履いているのをよく見かけます。

ラグビーの服装規定ではソックスの長さは自由

ラグビーの服装規定では「靴下を着用する」ということは明記されていますが、長さまでは決められていません。そのため短いソックスもあり、海外では好んで着用する選手が多いです。

日本ではほとんどの選手がハイソックスを着用しており、短いソックスを履いている選手は殆どいません。チームのユニフォームでもハイソックスをセットにしていることがほとんどです。

ハイソックスはケガ予防にも役立つ

ラグビーパスソックスには怪我を予防する役割があります。ラグビーはボディコンタクトが特に多いスポーツですので、肌が露出している状態でスネなどがぶつかった場合、出血する可能性もあります。

出血した場合は止血をする必要があり、血で汚れたユニフォームやソックスは交換するまでピッチに入ることができません。ハイソックスで守っておけば出血するような怪我をしにくくなるという利点があります。

ハイソックスは敵と味方の判別に役立つ

ラグビーはサッカーなどと比べて低い姿勢になることが多いです。スクラムやタックルでつぶされたときなどは目線を上げることが難しく、ソックスの色や模様で敵と味方を判別することができます

短いソックスでは模様や色が見えにくいため、ハイソックスを着用して視認性を上げています。

5本指ソックスもある

ラグビーソックスの中には5本の指が分かれているソックスもあります。指が独立して動くためムレにくく、より踏ん張りが効くため愛用している人もいます。ただし一般的には種類がそれほど多くないので、通販などで購入すると良いでしょう。

ラグビーソックスのお手入れ方法をチェック!

サッカーシューズ泥だらけになったラグビーソックスは見るだけでうんざりしてしまうことも多いです。泥の汚れは落ちにくく、無理にこすり洗いなどをすると生地を痛めてしまうこともあります。効果的なお手入れの方法をご紹介します。

まずは乾かすべし

汗や雨などで濡れてしまった靴下はまず乾かしましょう。水分を飛ばしてから叩くと泥や砂が落ちやすくなります。泥だらけの靴下を水で予洗いしてから洗濯機に入れるという人もいますが、実は逆効果で汚れが落ちにくくなりますので注意してください。

乾いたら手で叩くか、特に汚れがひどいところは歯ブラシなどでこすって汚れを落としましょう。

汚れのひどい箇所に直接洗剤を浸透させる

ボールを置いているラグビー選手汚れのひどい箇所に直接洗剤を浸透させましょう。このとき使うのは液体洗剤よりも洗濯用の固形石鹸のほうが有効です。液体洗剤の場合は泥汚れに効くタイプのものを選んで染み込ませましょう。

洗濯機に入れる前にお湯に浸け込む

洗濯機に入れる前にお湯に浸け込んでおくと汚れが落ちやすくなります。一晩浸け込んでおくのが理想的です。浸け込んだソックスは最後に洗濯機にかければ完了です。

ニオイを取るなら重曹か酸素系漂白剤を

ニオイが気になる場合は重曹で30分程度浸け置きしましょう。1リットルあたり小さじ5杯の重曹を入れます。または洗濯機で洗うときに酸素系の漂白剤を使うのもよいでしょう。なお漂白剤を使うときは40度以上のお湯で洗うと効果的です。

ラグビーソックスの選び方をチェック!

ラグビーラグビーソックスの選び方をチェックしましょう。特に素材や厚み、機能性を確認して購入するのをおすすめします。もちろん色やデザイン、価格も重要なポイントです。

素材

綿素材のものが多いですが、アクリルやポリエステルなどさまざまな素材のものがあります。綿のものが肌触りが良いですが、強度や汚れやすさなどが気になります。化繊のものは綿に比べて肌触りが劣る場合がありますが機能性が高いものが多いです。

洗濯方法が素材によって異なる場合がありますので、洗濯表示を確認しましょう。

厚み

厚みがあるものは薄いものよりクッション性が高いため怪我の予防になります。ただし厚みがあると暑かったり動きにくかったりすることがあります。柔らかく通気性のよいものを選ぶとよいでしょう。

吸汗速乾性の高いものなら快適

快適にプレーするために、吸汗速乾性の高いものを選びましょう。靴下の中が汗で蒸れるのを防ぎ、洗濯してもすぐに乾くので便利です。

抗菌防臭加工や防汚加工がしてある商品もおすすめ

吸汗速乾性に加え、防菌防臭加工や防汚加工がしてある商品もおすすめです。ニオイや汚れの染み込みを気にせずに使用できるという利点があります。

色やデザイン

気に入った色やデザインのものを購入しましょう。視認性の高いものの方がプレー時に役立ちます。また白いソックスは汚れやすく、汚れも目立ちやすいので避けておいた方が無難です。

価格

お金と電卓価格は商品を購入する際に非常に重要なポイントです。安物では履き心地が悪く十分なパフォーマンスができないことがありますし、劣化も早いです。価格の高いものは何足も購入するのがためらわれます。

Amazonなどの通販サイトは通常よりも安い価格設定になっている上、口コミをチェックすることができるのでうまく活用すると良いでしょう。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. フリークライミング
  2. ダンベル 筋トレ

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP