ゴルフボールとゴルフクラブ

【ゴルフ】練習用ネットおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!タイプ別の特徴や選び方をチェック!打ちっぱなしよりコスパがいい?

 

ゴルフの練習をしたいけれど、忙しくて練習場に行けないという人は多いですよね。次第に家で練習できればわざわざ練習場までいかなくてもいいのに…と考えが浮かぶはず。そんなときにぜひ使ってほしいのが練習用ネットです。

一口に練習用ネットといってもいろいろなタイプがあるので、どれが良いのか迷うかもしれません。それに練習場の費用と比べたとき、コスパ的にはどうなのでしょうか?そこで、今回はおすすめの練習用ネットをランキング形式で10品、タイプ別の特徴や選び方も含めてご紹介します。

練習用ネットのタイプ別の特徴

まずは練習用ネットの特徴について解説します。練習用ネットにはさまざまな大きさや高さがあります。それぞれどんな特徴を持っているのか、さっそく見ていきましょう。

縦長ネット

ダイヤ(DAIYA) ゴルフ練習器 アプローチ名人(PAT) ゴルフ練習器TR-410

縦に長いネットはアプローチショットの練習に最適です。高さは商品によって違いがあり一定ではないのですが、高さがあればあるほどいろいろな打ち方ができるのでショットの練習も楽しくなります。

練習場でフルスイングを主に練習しているという人は、アプローチショットを練習する機会は少ないかもしれません。そんな人にもこの縦長ネットはアプローチ専用の練習ネットとして持っておくと自宅でも気軽に練習できます。

コンパクトネット

クイックプレイ マルチスポーツ用 大型集球ネット クイックヒット 2.4m×2.4m ゴルフ 軟式野球 テニス等 バッティングネット 8QH

コンパクトネットは組み立てが簡単で、使わない時はコンパクトに折り畳んで収納できるタイプの練習用ネットです。付属品として収納バッグがついているものもあり、屋内・屋外どちらでも使えます。

置く場所のスペースが限られていたり、部屋の中に出しっぱなしにしたくない、庭の景観を損ないたくないという人にもおすすめですよ。

テント型ネット

GolfStyle ゴルフネット 練習ネット 折り畳み 持ち運び楽々

ドーム型のテントのような形をしている練習ネットで、ハーフスイングを練習するときにあると便利なグッズです。ハーフスイングはの高さくらいで半円を描くように行うスイングで、基本ともいえる動きです。ハーフスイングをマスターすればゴルフ前も変わってきます。

屋外型据え置きネット

ゴルフネット 練習用 野球練習ネットスポーツネットテニス練習用ネット 折畳み ゴルフ練習ネット ゴルフ ネット 大型 長さ3m×幅3m×高さ3m

フルスイングの練習をしたいなら屋外で使う据え置き型の練習ネットが一番です。なかにはシートを取り付けてピッチングウェッジの練習もできるタイプもあります。

練習用ネットの選び方

タイプ別の特徴を解説したところで、続いては練習用ネットの選び方についてお話していきましょう。何を基準にして選ぶかでどんなネットにするかがほぼ決まります。ぜひ参考にしてください。

設置する場所で選ぶ

ゴルフボール

設置する場所やスペースを基本として練習ネットを選ぶ方法があります。例えば、広い庭やガレージといったスペースがあるなら屋外で使う据え置き型タイプでも問題ありません。

サイズが大きいのでこまめに収納することは難しいため、設置してそのまま置いておけるならこのタイプが良いでしょう。思いっきりスイングできるので練習としてもストレス解消法としても使えますよ。

一方、屋内で使用するなら簡単に収納できる折り畳みタイプが良いでしょう。設置して出したままでもいいですし、邪魔になるようなら使わない時にコンパクトに収納できるものがおすすめです。

大きめの折り畳み式タイプならフルスイングや高めのショットもカバーできるものもあります。

ショットで選ぶ

ゴルファー ナイスショット

練習したいショットに応じて練習ネットを選ぶという手もあります。フルスイングをしたいならネットが大きなものを準備しましょう。前に飛んだとき以外に、左右に飛んだときにもネットの外に出ないようにします。

アプローチショットの練習をしたいなら高さが必要です。アプローチショットはボールを高く上げる打ち方なので、できるだけ高さのある練習ネットを選ぶようにしましょう。

これらのほかにもピッチングウェッジのを使ったショットやグリーン外からのアプローチの練習ができるネットもあります。

収納性で選ぶ

SKLZ(スキルズ) ゴルフ練習用 クィックスター レンジネット 6×6 004718 【日本正規品】

部屋が狭いから練習ネットを出しっぱなしにできない、だけど自宅で練習ができるとうれしいという人は、収納性で選ぶのもアリ。簡単に畳めるもの、軽くて持ち運びのしやすいもの、コンパクトになるものを選びましょう。

練習用ネットおすすめ人気ランキング10位~7位

ここからはおすすめの練習用ネットをご紹介していきます。まずは10位~7位までを見てみましょう。

10位:ゴルフネット 折りたたみ据置タイプ

10位にランクインしたのはゴルフネット 折りたたみ据置タイプで、組み立てが簡単な練習ネットです。サイズが幅・約360×奥行き・約155×高さ・約210cmなので、コンパクトですがフルショットもカバーできる大きさになっています。

重さは約3.6kg収納バッグもセットになっているので持ち運びも簡単固定用ペグも付属品として付いてくるので、庭に据え置きとして使うこともできます。

9位:LAKARU ゴルフ練習ネット インパクトネット

9位に入ったのはLAKARUのゴルフ練習ネット インパクトネットです。サイズが300cm×213cm×91cmという大型ネットですが、奥行きが91cmで省スペースなので室内でも使用できます。

丈夫な四本撚りが構成された結び目のない強衝撃吸収のネットなので思い切り振るショットをしてもしっかりと受け止めてくれます。フレームの太さは12.7mmあり弾力に富んだFRP(ファイバーグラス)ポールを採用しているので丈夫性と耐久性にも問題ありません。

数分で設置できて収納袋も付いているのでアウトドアに持っていくこともできます。

8位:UNIX ゴルフ練習用ネット バーディーネット

UNIXのゴルフ練習用ネット・バーディーネットが8位に選ばれました。サイズが1×1mアプローチのトレーニングが行える練習ネットです。日本プロゴルフ協会インストラクターA級ティーチングプロ星野竜五氏のアドバイスをもとに開発されました。

付属品にはスイング用イメージボール・アプローチ用スイングマット(25cm×25cm)・P球(直径41mm)×6pcs・タコティー・パットマスター・スイングスタンスアドレッサーなどが付いています。

とくにパットマスター・スイングスタンスアドレッサーを使うとさらに効果的に練習が可能です。

7位:EKGOLFGREEN 簡単組み立てゴルフ練習ネット基本セット

7位に入ったのはEKGOLFGREENの簡単組み立てゴルフ練習ネット基本セットです。サイズが幅2.4m×高2.4m×奥行1.5mという大きい練習ネットで、的の部分のサイズは1.5×1.8m消音タイプになっています。

ネットと的、パイプが1セットになっている基本セットで、1人でも組み立てられ工具も必要ありません。ショートゲームの練習用として使えます。

練習用ネットおすすめ人気ランキング6位~4位

続いて6位~7位の発表です。どんな練習用ネットが支持を受けているのかぜひチェックしてみてください。

6位:Callaway 練習ネット

6位にランクインしたのはCallawayの練習ネットです。サイズは幅約213cm×高さ約198cm×奥行122cmで、強化ファイバーグラスフレーム高密度繊維のプレミアムネットを採用しています。

アイアン、ウェッジなどのショット練習が可能で組み立ても簡単。屋外で使うときのためにネット固定の為の杭が付属されています。もちろん屋内での使用も可能です。専用ナイロンキャリーケースも付いているので持ち運びにも便利ですよ。

5位:DUNLOP 練習ネット SRIXON チップインビンゴ

5位に選ばれたのはDUNLOPの練習ネット SRIXON チップインビンゴです。サイズは使用時だと直径約700mm折り畳み収納のときは直径約370mmで本体とネット(2枚)のほかにマット1枚ボール9個(赤×3、青×3、白×3)が付属でついてきます。

収納バッグもつくので屋内・屋外どちらでも使用できます。コンパクトに収納できて持ち運びもできるので、キャンプなどのアウトドアに持って行ってみんなで楽しむという使い方もできますよ。

4位:PRO-GOLFSHOP インパクトネット3mタイプ

PRO-GOLFSHOP(プロゴルフショップ)
販売価格: ¥ 15,876

4位になったのはPRO-GOLFSHOPのインパクトネット3mタイプです。サイズは横幅3m(フレーム部3.4m)、高さ2.1m、奥行90cmで、収納すると20x20x115cmの大きさになります。

強靭かつ弾力ある構造のフレームと弾力のある強さでボールに反発せず衝撃を吸収するネットの効果で思いっきりフルショットをしても全く問題ありません。

部屋に十分なスペースがあれば屋外だけでなく屋内での使用も可能で、重さは8.2kgありますがキャリバーバッグがついているので持ち運ぶこともできます。

練習用ネットおすすめ人気ランキング3位~1位

ここからはおすすめの練習用ネットTOP3の発表です。どんな練習ネットがより多くの人に支持されているのか、さっそくご紹介しましょう。

3位:SKLZ ゴルフ練習用 クィックスター レンジネット

第3位に選ばれたのはSKLZのゴルフ練習用 クィックスター レンジネットです。組立サイズは約幅180×高さ180cmで、収納サイズは21×77×13cmとなっています。

大きいサイズのネットですが、重さは約5.26kgと軽くキャリーバッグがセットになっているので持ち運びにも苦労しません。もちろん組み立ても簡単にできます。

取り外しが可能なチッピングターゲットも付属品に入っているので、ピッチングウェッジの練習も可能です。

2位:FIELDOOR ゴルフ練習ネット

2位にランクインしたのはFIELDOORのゴルフ練習ネット。サイズは展開時だと3.7×2.2×1.6m収納時では65×25×20cmとなり、屋外でも屋内でも使えます。

屋外で使うときには付属のペグで固定すれば多少の風にも耐えられ存分に練習ができますよ。ネットもしっかりとした造りになっているので長く使用できます。

収納したいときには収納バッグに入れてしまえばコンパクトにしまえるので場所を取ることなくスペースを有効活用できます。

1位:Spornia スポーニア

栄えある第1位を獲得したのはSporniaのスポーニア。ゴルフ大国アメリカでは総計300万個販売した実績を持つブランドで、高い信頼を得ています。

サイズはルーフネットを使用しているときだと横215×奥行215×高さ215~275cm収納時では横85cm×縦85cmにまでコンパクトになります。

ネットには高品質UV保護素材を使っているので紫外線による劣化を防ぎ、打ったボールが戻ってくる自動返球ネットなのもおすすめのポイントです。

付属品にはチップインネット2点収納袋、そして日本語の説明書もついています。

まとめ

ゴルフクラブを振る男性

練習用ネットにはいろいろな大きさのタイプがあり、アプローチの練習に適しているものやフルショットにも耐えられる頑丈な作りのネットがあったりと実にさまざま。

どんな練習ネットを買うか迷ったら、自分が改善したいと思っている内容や使う場所のスペースをもとに商品を選ぶと良いでしょう。

それでもどれが良いか迷ってしまうならぜひこのランキングを参考にしてみてください。「これだったら使ってみたい」と思えるような商品がきっと見つかりますよ。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. ストレッチ
  2. サプリメント
  3. 道路を滑るスケートボーダー
  4. 男性スケートボーダー
  5. 鍛えた身体
  6. ヨガ
  7. スケートボード
  8. スケートボードを抱えてたつ人
  9. サプリメント
  10. アンプル 美容成分
  11. ラグビーゲーム
  12. プロテイン用シェイカーを持つ女性
  13. 落ち込むスケートボーダー
  14. 食物繊維を多く含む食品
  15. トリックするスケートボーダー
  16. 雨の日のゴルフ
  17. ゴルフをプレーする男性
  18. ビタミンC イメージ
  19. アイシングしている足
  20. ボストンバッグ

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP