【ゴルフ】クラブケースおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!容量・カラー・重さはどんなのがある?目的に合わせた選び方を解説

 

ゴルフを快適に楽しむために数多くのアイテムが存在しますがクラブケースもその中の一つといえます。クラブケースを使用するとさまざまなメリットがありゴルフへの集中力が高まります。

しかしクラブケースは種類が多く色々なタイプがあるのでどのように選べばよいのか悩んでしまいます。そこで今回は人気のおすすめクラブケース10選をランキング形式で徹底比較していきます。

クラブケースの役割や種類を解説しながら目的に合わせたクラブケースの選び方をご紹介します。

クラブケースを使用するメリット

ゴルフ用クラブケースを使用するとどのようなメリットがあるのでしょうか。クラブケースを活用することによって不便に感じる点が解消され快適なゴルフを楽しむことができます。

練習場で使用する場合

ゴルフの練習風景

ゴルフの練習場には全てのクラブを持参する必要がありません。練習に必要な数本のクラブを持ち運ぶためにクラブケースを使用すると便利です。

フルセットが入ったキャディバッグを毎回移動させると手間がかかります。クラブケースはコンパクトですが小物類を収納できるポケットも付いています

スマートフォンや鍵、タオルなどを入れておけるので小物用のバッグを別で持参する必要がなくクラブケースだけで移動することも可能です。

ゴルフ場で使用する場合

クラブケースはゴルフ場でも役立ちます。クラブケースを使用するとラウンド中に候補となるクラブを数本入れて持ち運びができるため、わざわざカートにクラブを取りに戻る必要がなくなります。

またクラブケースに入れておくと使わないクラブを地面に直に置く必要がなくなります。

芝や地面が濡れていたり湿っていたりするとクラブが汚れてしまいますが、クラブケースに収納しておくことでクラブを保護することができます。

さらにスタンド式のクラブケースは立てておくことができます。クラブケースを近くに立てておくことでグリーン周辺に置いたクラブの置き忘れ防止になります。

ゴルフ場によってはスタンド式のクラブケースはスタンドが芝を傷つけるという理由から使用を禁止している場合があります。事前に確認してルールを守るようにしましょう。

クラブケースの種類

ゴルフ用クラブケースにはいくつかのタイプがあります。用途やニーズに合った使いやすいクラブケースを選ぶことが大切です。

筒ありタイプ

ゴルフする人

ゴルフ用のクラブケースには筒ありタイプと筒のないソフトタイプがあります。どちらのタイプもショルダーストラップと手持ち用のハンドルが付いており持ち運びが便利です。

筒ありタイプのクラブケースは強度がありしっかりしているのでクラブの出し入れをスムーズに行うことができます。クラブの保護力があり丈夫で耐久性が高いので長く使用できるタイプのクラブケースです。

筒なしのソフトタイプ

筒なしのソフトタイプは芯がないので、クラブケースを使用しない場合はコンパクトに折りたたむことができます。小さくたたむことができるので耐久性やクラブの保護力は低くなります。

軽量性は抜群なのでクラブを持ち運ぶだけであれば利便性が高いといえます。価格も筒ありタイプと比べるとリーズナブルなので用途やニーズによって選ぶとよいでしょう。

スタンド式のクラブケース

ゴルフクラブ

ゴルフ用のクラブケースにはスタンド式タイプがあります。5〜7本のクラブを収納することができる筒ありタイプのケースをスタンドで立てておくことが可能です。

スタンド式のクラブケースは口枠が分割されているものもありクラブの出し入れをスムーズに行うことができます。カートやキャディバッグにかけておくことができるフックが付いているので置き場所に困ることがありません。

小物類やボールが収納できる実用的なポケットが付いていたり、持ちやすい大型ハンドルが設置されていたりする機能性に優れたクラブケースといえます。

ゴルフクラブケースの選び方

クラブケースを選ぶ際には押さえておきたい選び方のポイントがあります。目的に合ったクラブケースをいくつか見付けたらさまざまな点を検証し自分のニーズや条件に最適なものを選びましょう

目的に合わせて選ぶ

ゴルフクラブを振る男性

クラブケースを選ぶ際はどういった目的で使いたいのかを明確にしておきましょう。これまで不便に感じていた点を解消できる便利なクラブケースを選ぶことが大切です。

練習場に持参するために必要なのかゴルフ場で使用したいのかによって選ぶクラブケースのタイプが変わってきます。クラブケースを調べる前に使用する目的をしっかり決めておきましょう。

クラブケースのサイズを確認する

クラブケースはタイプによってサイズが違います。筒ありタイプと筒なしタイプはクラブケース自体が長く長尺クラブもしっかり収納することができます。

スタンド式のクラブケースは長尺クラブが入らない場合があります。そういった場合のためにクラブ全体を覆うことができるフードが付属されたクラブケースがあるのでチェックしておくと安心です。

容量と軽量性

ゴルフのグリーン

クラブケースを選ぶ際は容量と軽量性もチェックしましょう。クラブケースのタイプによって収納できるクラブの本数が異なるので確認する必要があります。

クラブケースはクラブの持ち運びに使用するアイテムなので軽いほうが身体への負担が軽減されます。軽量性を重視するのであれば筒なしのソフトタイプが適しているといえます。

素材やパーツの耐久性をチェックする

耐久性に優れたクラブケースはクラブをしっかり保護するだけでなく、クラブケースを長く愛用することができます。丈夫で耐久性のある素材が使用されているかどうかをチェックしましょう。

素材だけではなくフックや金具も品質のよい丈夫なものであればすぐに破損することがありません。カートにかけるフックやクラブの出し入れで使用頻度の高いファスナーは特に入念なチェックが必要です。

デザインで選ぶ

ゴルフコースを歩く男性

クラブケースを選ぶ際には機能性や容量と一緒にデザイン面も考慮してみましょう。ゴルフウェアとのコーディネイトを考えながら選べばクラブケース選びも楽しくなります。

派手なデザインやカラフルなクラブケースは目印になり、荷物が多い場所でもすぐに見付けることができます。

デザイン性に優れたシンプルなクラブケースもあるので持っていてテンションが上がるようなクラブケースを選ぶことも大切です。

その他のチェックポイント

他にも確認しておきたいポイントがあります。役立つ機能やディテールがあるとさらに快適なゴルフを楽しむことができます。

  • ポケットの確認 … 予備ボールやティー、タオルやペットボトルが入るポケットがあると便利
  • クラブケースの開閉口 … ケースの開閉口が大きく開いているとクラブの出し入れがスムーズ
  • クッション性 … クラブケースにクッション性が備わっているとクラブの保護力がアップ
     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. タックするラグビー選手

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP