サーフィンする男性

【サーフィン】リーシュおすすめ人気ランキング12選を徹底比較!太さや長さの選び方の違いとは?癖のとり方や足に絡まない方法も解説!

 

リーシュコードはサーフボードと足首を繋ぎボードから身体が離れないようにしておくために必要なアイテムです。波に飲まれてもボードが流されないので自分だけでなく周囲にいる人の安全を守ることもできます。

しかしリーシュコードの種類はたくさんあるのでどのように選べばよいのか迷ってしまうのではないでしょうか。そこで今回は人気のおすすめリーシュコード12選をランキングで徹底比較していきます。

リーシュコードが足に絡まない方法や癖のとり方の解説を交えながらリーシュコードの選び方をご紹介します。

リーシュコードの選び方

リーシュコードを選ぶ際には確認しておきたいポイントがあります。快適で安全なサーフィンを楽しむためにもリーシュコード選びは慎重に行うことが大切です。

リーシュコードの長さ

ウェットスーツを着たサーファー

リーシュコードの長さはサーフボードの長さによって変わってきますが基本的にはサーフボードとほぼ同じ長さ、あるいは少し長めのリーシュコードを選ぶ必要があります。

リーシュコードが短すぎるとボードから落ちた時にボードが身体に触れてケガをしてしまう可能性があります。特にサーフィン初心者は長めのリーシュコードを使用しましょう。

リーシューコードの長さの目安は以下になります。1フィートは約30cmです。

  • ショートボード … 6フィート(初心者は7フィートでもよい)
  • ファンボード … 7〜8フィート(初心者は8フィートから始める)
  • ロングボード … 9〜10フィート

ロングボード用には膝に取り付けるタイプのリーシュコードもあります。膝用のリーシュコードは下にずれて外れる可能性があるので初心者は足首に装備するリーシュコードを選ぶ方が安全です。

リーシュコードの太さ

長いリーシュコードは太さも太くなります。長めのリーシュコードは太さもあるので初心者に適しています。一般的なリーシュコードの太さは6mm〜7mmと覚えておくとよいでしょう。

リーシュコード選びをしていると「COMP」という表記を目にすることがあります。これは「Competition(コンペティション)」を表しており競技大会用の水の抵抗を受けにくい細いリーシュコードとなります。

細いリーシュコードは強度が低くなるので初心者は長めで太さのあるリーシュコードを選ぶようにしましょう。

リーシュコードの発売された時期をチェック

海岸に立つサーファー

リーシュコードを選ぶ際はリーシュコードがいつ発売されたのかを確認する必要があります。購入する場合は最新モデル、またはその前年に発売されたリーシュコードを選びましょう。

未使用のリーシュコードであっても年月が経つと品質が劣化して強度や耐久性が薄くなってしまっている可能性があります。

新品であっても使用した途端に破損してしまう恐れがあるので購入の際は発売された時期をチェックしましょう。

価格も同時にチェック

新品のリーシュコードでも低価格で販売されている場合があります。あまりにも安いリーシュコードは古いモデルの可能性があるので発売時期と一緒に価格もチェックすることが大切です。

安めのリーシュコードは機能性をチェックしながら予備のリーシュコードとして常備しておくことができます。

アンクルカフや細部をチェック

新しいモデルのリーシュコードには機能性の高いアンクルカフが設置されています。足が疲れにくい軽量性や足首が滑りにくい構造、快適なフィット感が考慮されたアンクルカフかどうかをチェックしましょう。

またアンクルカフの面ファスナーの強度や縫製、リーシュコードとの接続部分の耐久性なども同時に確認しておくと安心です。

リーシュコードの点検と交換時期

サーフボードを持つ男性

リーシュコードはどれくらいの期間で交換すればよいのでしょうか。サーフィン中に切れてしまわないよう定期的に交換することが大切です。

週末のみサーフィンを行う場合でも使用してから1年が経過するとリーシュコードがかなり伸びてしまいます。伸びているということは切れやすい状態に近づいているという証拠です。

リーシュコードを使用する前に入念に点検し、コードに傷が付いていたりパーツが少しでも劣化しているようであれば新しいリーシュコードと交換する必要があります。

使用頻度にもよりますがリーシュコードは半年から1年に1回の交換が必要となるでしょう。

リーシュコードの手入れと保管時の注意点

リーシュコードは使用後に丁寧な手入れと保管をしておくことで急激な劣化を防ぐことができます。

リーシュコードの手入れ

青い波でサーフィンする男性

リーシュコードを使用した後は真水で丁寧に洗いましょう。海で使用するので塩水が付着したままにしておくとリーシュコードの劣化も早まります。

金属部分はそのまま放置しておくとすぐに錆びてしまうので使用後はできるだけ早く真水で洗い流すことが大切です。

ベルクロ部分に砂が入り込んでいる場合は水で洗い流して取り除いておきましょう。直射日光の下で乾かすと劣化しやすいので真水で洗ったら日の当たらない場所でしっかり乾燥させます。

リーシュコードの保管

リーシュコードはコードに癖がつかないように保管する必要があります。ボードに巻いて保管してしまうとリーシュコードに癖がつきサーフィン中に足に絡まりやすくなります。

使用後はボードからリーシュコードを外し、できるだけまっすぐ吊るして保管するようにしましょう。癖がつかないようボードに巻いたりコンパクトに丸めたりしないよう注意しなければなりません。

リーシュコードを安全に使用するためのポイント

リーシュコードを使用する際の足に絡みにくい方法と癖がついてしまったリーシュコードの癖のとり方のポイントをご紹介します。

リーシュコードが足に絡まないようにする方法

サーフボード

リーシュコードが足に絡まないようにするためにはいくつか気を付けておきたいポイントがあります。安全にサーフィンを行うためにも少しのことで改善できるので実践してみましょう。

  • リーシュコードに癖をつけないよう保管する
  • 短すぎるリーシュコードは絡みやすいので長めのリーシュコードを使用する
  • 大きい波でなければ細めのリーシュコードの方が絡みにくい場合がある
  • 少しの癖が絡みの原因になっている場合があるので新しいリーシュコードと交換してみる

リーシュコードの癖のとり方

もし何らかの理由でリーシュコードに癖がついてしまった場合は使用する前にコードの癖をとっておくことでサーフィン中の足への絡みを防ぐことができます。

癖がついてしまったリーシュコードは引っ張りながらまっすぐ伸ばすことができます。何度か繰り返して引っ張ることで大体の癖はとることができます。

また癖がつかないようリーシュコードは吊るして保管するように心がけましょう。

サーフィン用おすすめ人気リーシュコード12選:12位〜4位

サーフィンする男性

ここからはサーフィン用のおすすめ人気リーシュコード12選をランキング形式でご紹介します。リーシュコードを選ぶ際のポイントをチェックしながら安全なサーフィンができるリーシュコードを選びましょう。

第12位:FREAK リーシュ

長さが約6フィートのショートボード用リーシュコードです。軽量性に優れたリーシュコードで装着感がなく快適なサーフィンを行うことができます。

コードには絡みにくいよう独自の特殊加工が施されておりアンクルカフはグリップ性のある構造で足首に安定感を与えてくれます。撥水性もあるのでアンクルカフが水を含んで重くなることもありません。

第11位:FCS サーフィンリーシュコード

長さが9フィートのロングボード用リーシュコードです。強度に優れたポリウレタン素材のコードなので丈夫で耐久性があります。

アンクルカフは厚めでソフトな素材を使用しているのでフィット感がよく足首を程よく固定してくれます。アンクルカフにキーポケットが付いた便利なリーシュコードです。

第10位:XM リーシュコード TANGLE FREE 足首用

9フィートのロングボード用リーシュコードです。癖が付きにくく絡みにくいコードが安全なサーフィンをサポートしてくれます。

アンクルカフの内部に凸凹を施した設計なので滑りにくく足首へのフィット感と安定感が抜群です。巻きグセが付いてしまわないよう気を配ったパッケージなので購入してすぐに使用できるリーシュコードです。

第9位:Ocean&Earth リーシュ MOULDED LEASH

OCEAN & EARTH(オーシャン アンド アース)
販売価格: ¥ 3,517

太さが7mmのリーシュコードです。6フィートから9フィートまでの長さが揃っているのでボードに合わせて選ぶことができます。癖が付きにくい特殊加工されたウレタン素材のコードは強度が抜群です。

アンクルカフは厚みがあり付け心地がよく安定したフィット感にも優れています。軽量性も高いので疲れにくく快適なサーフィンを行うことができます。

第8位:Funktion リーシュコード The Ankle COMP

9フィートのロングボード用リーシュコードです。サビに強いステンレス素材のスイベルを使用しており回転がスムーズで安全なサーフィンを楽しむことができます。

耐久性に優れた競技用のリーシュコードです。太さが細めなのでサーフィン歴の長い上級者に適したリーシュコードとなります。

第7位:komunity リーシュ

Komunity コミュニティ
販売価格: ¥ 3,672

機能性に優れたリーシュコードです。さまざまな長さのリーシュコードが揃っておりボードに合わせて選ぶことが可能です。アンクルカフにはネオプレーン素材が採用されています。

適度なストレッチがあり足首へのフィット感がよく安定したサーフィンをサポートしてくれます。防水性も高いので水に触れてもアンクルカフが重くならず足首に違和感が生まれません。

第6位:Overmont リーシュコード

耐久性のあるウレタン素材を使用しているコイル状のリーシュコードです。アンクルカフにはソフトなスポンジが搭載されているので足首へのフィット感が抜群です。

装着しやすい丈夫な面ファスナーや頑丈なステンレス製のパーツを使っているため安全なサーフィンを行うことができます。鍵を収納できるキーケースが設置された便利なリーシュコードです。

第5位:リーシュコード ロングボード用ダブルスウィーベル

9フィートのロングボード用リーシュコードです。ダブルスイベル式なのでコードの回転がよく絡みにくい構造が特徴的です。

アンクルカフには機能性の高いネオプレーン素材が採用されています。グリップ性にも優れており、丈夫な面ファスナーが設置してあるので足首が滑りにくく安全なサーフィンが可能となります。

便利なキーケースも付いたリーシュコードです。

第4位:MORGEN SKY リーシュコード

8フィートまで伸びるコイル状のリーシュコードです。クオリティーの高い耐久性のある素材なので安全なサーフィンを楽しむことが可能です。

アンクルカフは足首が滑りにくい構造となっており面ファスナーで最適なフィット感を簡単に調節することができます。

コイル状なので癖が付きにくく、足にも絡みにくいので快適で安心感のあるサーフィンをサポートしてくれるリーシュコードです。

サーフィン用おすすめ人気リーシュコード12選:3位〜1位

サーフィンする男性

続いてサーフィン用のおすすめ人気リーシュコード3位から1位のランキングです。耐久性のあるコードに装着感と機能性に優れたアンクルカフが付いたリーシュコードがおすすめ人気ランキングの上位となりました。

第3位:monoii リーシュコード サーフボード用

長さが10フィートのロングボード用リーシュコードです。ダブルスイベルが設置されているのでコードが絡みにくくスムーズなサーフィンを楽しむことができます。

コードは強度があるだけでなく弾力性にも優れており安全性も抜群です。アンクルカフには丈夫な面ファスナーが取り付けてあり最適なフィット感を調整することで足首のズレを防ぐことができます。

バーツは錆びにくい素材が使用されており縫製も丁寧でしっかりとした作りのリーシュコードです。

第2位:Unigear リーシュコード ショートボード用

ショートボード用のリーシュコードです。コードには耐摩耗性に優れたウレタン素材が採用されており傷が付きにくいので安心してサーフィンを楽しむことができます。

キーポケットが付いたアンクルカフにはソフトスポンジが搭載されているので足首への着用感が快適です。ステンレス製のパーツは錆びにくく耐久性に優れています。

付属品としてスマートフォンや小物類を収納しておける便利な防水ケースが付いているリーシュコードです。

第1位:GLASSY リーシュコード レギュラー

長さ9フィートのロングボード用リーシュコードです。コード部分は耐久性抜群のウレタン素材が使われており切れにくく安全なサーフィンをサポートしてくれます。

ステンレス製のダブルスイベルは錆びにくいだけでなく回転がスムーズなのでコードが絡みません。接続部分には特殊なジョイントパーツが採用されているので頑丈で安心感があります。

アンクルカフにはキーケースが付いています。丈夫な面ファスナーを使用しているので快適なフィット感を調節しながら足首がズレないように締めることができます。

まとめ

夕暮れ時のサーファー

周囲の安全にも配慮しながら快適なサーフィンを行うためのアイテムであるリーシュコードについてご紹介しました。適したリーシュコードを装着することでケガのない安心感のあるサーフィンを楽しむことができます。

リーシュコードを選ぶ際にはボードの長さや機能性を確認しながらリサーチし、最も適したリーシュコードを使用する必要があります。リーシュコードが足に絡まない方法や癖のとり方も頭に入れて集中できる環境でのサーフィンを行うことが大切です。

上記で紹介したおすすめ人気リーシュコード12選を参考にベストなリーシュコードを選んで安全なサーフィンを楽しみましょう。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. ストレッチ
  2. サプリメント
  3. 道路を滑るスケートボーダー
  4. 男性スケートボーダー
  5. 鍛えた身体
  6. スケートボード
  7. ヨガ
  8. スケートボードを抱えてたつ人
  9. アンプル 美容成分
  10. サプリメント
  11. ラグビーゲーム
  12. プロテイン用シェイカーを持つ女性
  13. 落ち込むスケートボーダー
  14. 食物繊維を多く含む食品
  15. トリックするスケートボーダー
  16. 雨の日のゴルフ
  17. ゴルフをプレーする男性
  18. アイシングしている足
  19. ビタミンC イメージ
  20. ボストンバッグ

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP