リバウンド防止プログラム

【Bodyke/六本木】ボディーク六本木店の口コミや評判を徹底調査!Bodykeオリジナルのトレーニング方法も紹介

 

しっかりと食べながら痩せられると評判の高いパーソナルトレーニングジム「Bodyke(ボディーク)」ですが、2018年9月に六本木店がオープンしました。オープン当初から非常に評判の良い店舗で、多くの口コミが寄せられています。

Bodyke六本木店の評判やオリジナルのダイエットメソッド、無料カウンセリングのほか、料金やアクセス情報・店舗情報もご紹介します。リバウンドに悩んでいる方やダイエット初心者の方にぜひおすすめしたいパーソナルトレーニングジムです。

Bodyke六本木店の口コミをチェック!

BodykeBodyke六本木店の口コミをチェックしてみましょう。六本木店の魅力が垣間見えるような口コミが多いです。

手厚い指導に感動!

「トレーナーがつきっきりで指導してくれるので安心できる」「最適な負荷やメニューを提案してくれる」「励ましながら指導してくれるので頑張れる」など、トレーナーの手厚い指導に対して非常に評価の高いコメントが多く見られました。

Bodykeは店舗間の移動が自由にできることもあり、他店舗の利用者が六本木店に来店することもあります。店舗が変わってもトレーナーやトレーニングの質は変わらず、利用者一人ひとりに合った負荷やメニューでトレーニングができます。

食べながら痩せられるので目からうろこ

「食事を制限されると思っていたのに、こんなに食べて良いなんて」「食べながら痩せられるなんて最初は信じられなかった」「食事で無理をせずに痩せられて嬉しい」など、食事管理に関する口コミも多かったのが特徴です。

Bodykeでは無理な食事制限を行わず、3回から6回の食事をするように推奨されます。無尽蔵に食べてよいわけではありませんが、無理をしないで良いのは非常に魅力的です。

bodyke

プログラムが終わっても食事管理が自分でできそう

Bodyke六本木店では、「プログラムが終わった後でも自分の判断で食事管理ができそう」「食事やトレーニングについての知識も身についたのでリバウンド対策も安心」など、コース終了後のことについても好意的な口コミが寄せられています。

コース受講中に食事やトレーニングについての知識や考え方が身につくため、リバウンドしないような生活習慣を手に入れることができます。

Bodyke


 

Bodykeオリジナルのダイエットメソッド「Bodyke7Style」

Bodykeでは創始者の青木泰造氏が独自に考案したオリジナルのダイエットメソッド「Bodyke7Style」を採用しています。どのような考え方を持つ方法なのかを徹底解説していきましょう。

創始者自身の体験や失敗を元に開発

「Bodyke7Style」は創始者の青木泰造氏の体験や失敗を元に開発されています。青木氏はもともと120kgという体重をしており、そこから50kgもの減量を行うことに成功しました。それまでに何度も失敗を繰り返した経験があります。

そのときの失敗の原因が「無理な食事制限」「有酸素運動など嫌いな運動を継続するつらさ」「短期的な視点でダイエットを行うことでリバウンドを引き起こす」という3点にあることに気が付きました。

その経験から生み出された独自のダイエットメソッドが「Bodyke7Style」です。

Bodykeの考え方の基本をチェック

Bodykeでは以下のような考え方を持ってトレーニングを行っています。

  • 痩せることの継続性
  • モチベーション維持
  • 楽しむ
  • 自分のルールに則って体作りができる
  • 適度な息抜き
  • 体作りの原則に則って行う

これらの考え方により、トレーニングはもちろん食事についての正しい知識を身に着け、無理すること無く長期的に食事を管理することができるようになります。

またトレーニングについても短期的な視点でのダイエットではなく、痩せやすい体作りの土台を作るために体質改善できるような内容のトレーニングメニューを採用しています。

bodyke

Bodyke7Styleの7つのポイントとは

Bodykeの「Bodyke7Style」にはその名の通り7つのポイントがあります。基本となる3つは「トレーニング」「食事」「休養」ですが、残りの4つは入会後に知り身につけることができます。

ウェイトトレーニング中心で体質改善も実現できるトレーニングメニュー、無理な食事制限なくしっかり食べることを指導される食事管理、そしてオーバーワークにならないようにしっかりと休養を取ることも大切です。

休養を取ることで長期的に状態を維持することができるようになりますし、超回復による筋肉量の増加にも繋がります。

Bodyke


 

Bodyke六本木店のトレーニング方法を徹底紹介!

machida02Bodyke六本木店のトレーニング内容をご紹介します。長期的視点に立って行われるトレーニングメニューは非常に定評があります。

無酸素運動で筋肉量を増やす

Bodykeのトレーニングメニューは筋力トレーニングによる無酸素運動です。バーベル、ダンベル、ウェイトマシンなどを使用した筋力トレーニングで効率よく筋肉量を増やしていきます。

全身の筋肉をまんべんなく鍛えるだけでなく、引き締めたい箇所をピンポイントで鍛えることができるので、「腹筋を割りたい」「二の腕を引き締めたい」など、具体的な希望を伝えておくとよいでしょう。

痩せやすく引き締まった体にしよう

週2回・各60分間の筋トレを行うことで効率よく筋肉量を増やすことができます。筋肉量が増えると血行が促進されて基礎代謝量がアップします。

基礎代謝量が増えるということは生活しているだけで消費できるカロリー量が増えることになるため、痩せやすい体になります。短期的に体重を減らすのではなく、常に痩せやすい体を作るという長期的な視点でのトレーニングを行います。

筋トレはスタイルアップにも最適

Bodyke筋肉量を増やして引き締まったマッチョな体を作りたいという男性は多いですが、女性は筋トレに対して抵抗がある場合があります。「筋トレをしたらムキムキになってしまうのではないか?」と不安に思うことが多いようです。

ですが女性は男性と違い、効率よく筋肉を作るためのテストステロン(男性ホルモン)が少ないため、脂肪燃焼や引き締めの効果はあっても筋トレでムキムキになることはありません。

むしろ筋トレは二の腕・ふくらはぎ・太もも・お腹周りの引き締めやバストアップ・ヒップアップに高い効果がありますので、スタイルアップに最適です。

bodyke

有酸素運動を行わないのはなぜ?

Bodykeでは有酸素運動は行いません。Bodykeのトレーニングは60分という短い時間を有効に使うため、時短トレーニングによって効率よく効果が出るやり方で、継続性を心がけて行われます。

有酸素運動は脂肪燃焼が始まるまでに20分以上かかるため、決められたトレーニング時間の中で行うのは効率的とはいえません。また長時間に渡って運動し続けることになるため心理的な負担も大きくなります。

ウェイトトレーニングならつらくても短時間ですし達成感も得られます。

Bodyke


 

Bodyke六本木店の食事指導は「食べながら痩せる」

Bodykeの食事指導は無理な食事制限をせず、しっかりと食べながら痩せるという点が特徴です。なぜ食べながら痩せられるのか、そしてBodykeの食事指導の内容を解説していきます。

1日3回から6回の食事を摂る

Bodykeで1日に3回から6回の食事を摂るような指導が行われます。もちろん1日の摂取カロリーなどを考慮しつつ、栄養バランスの取れた食事を行っていきます。

食事回数が多いと太るのでは?と不安に思う方もいるかも知れませんが、1日2食にするとエネルギーが脂肪として溜まりやすくなり、逆に食事回数を増やして1回の量を減らすことで、摂取したエネルギーを効率よく燃焼させることができます

相撲取りが1日2食でドカ食いをし、ボディビルダーが1日5〜6食を小分けにして食べるということを知れば、ダイエットのために食事回数を増やすというのは納得できる食事法です。

食べながら痩せられる理由をチェック

Bodyke炭水化物などの糖質は生活する上でのエネルギー源になります。筋トレ時には筋肉が多くのエネルギーを使いますので、筋トレの際は糖質を摂取する必要があります。エネルギー不足の状態で筋トレを行うと、筋肉を分解してエネルギーとして利用し始めます

そのため筋トレをしているのに筋肉が減るという悪循環になり、非常に効率が悪いです。筋肉量を増やすと痩せやすい体になるということは、分解されて筋肉量が減ると痩せにくい体になってしまうことになります。

bodyke

LINEやメールで質問や相談ができる

Bodykeの食事指導は1人につき担当の食事専門トレーナーが付きます。LINEやメールなどで適切な食事の量や食べるタイミングなどをアドバイスしていきます。

もちろん不安点や疑問点などを質問することができますし、メッセージを送る回数などに制限はありません。トレーニング時間外でもしっかりとサポートするのがBodykeの食事管理です。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. マスク トレーニング
  2. パンプアップ
  3. パーソナルトレーナー
  4. 食事

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP