ボクシング

井上尚弥の筋肉画像あり!トレーニング方法をチェックしよう!あの「左ジャブ」の決定打はこのトレーニングが生んだ驚異の結果?

 

プロデビューからわずか16戦で世界3階級制覇という偉業を成し遂げたWBC世界バンタム級王者・井上尚弥選手。団体の垣根を超えた世界の頂上決戦WBSSでは、WBAバンタム級元王者のパヤノ選手にわずか1分10秒でKO勝利を収めました。

卓越したボクシングスキル驚異のパンチ力で快進撃を見せている怪物は日々の過酷なトレーニングで鋼の肉体を作り上げています。本記事では井上尚弥選手のバッキバキの筋肉を作ったトレーニングメニューをご紹介していきます。おひとりでも手軽に行うことのできるメニューも多いので、ぜひ参考になさってください。

井上尚弥選手の凄さ

ボクサー

トレーニングメニューをご紹介する前に、ボクシング界で「怪物(モンスター)」と呼ばれる井上尚弥選手のこれまでの輝かしい戦績や彼の強みについて簡単に触れておきましょう。

輝かしい戦績

アマチュア時代の戦績は81戦75勝(48KO)6敗。インターハイ、国体など主要なタイトルを総なめにしており、アマチュア時代から非常に注目されているボクサーでした。2019年2月現在、プロでの戦績は17戦17勝(15KO。一度も負けることなく、日本最速の16戦で世界3階級制覇を成し遂げています。

 

View this post on Instagram

 

Naoya Inoue 井上尚弥さん(@naoyainoue_410)がシェアした投稿

プロデビューからわずか4戦で日本ライトフライ級王者となり、破竹の勢いで東洋太平洋、WBCライトフライ級、WBOスーパーフライ級、WBAバンタム級の王座を獲得しています。現在は団体の枠を超えた世界の頂上決戦であるWBSSに参戦しており、見事なKO勝利で1回戦を突破しています。

驚異のパンチ力

井上尚弥選手の代名詞は派手なKO勝利を生み出す驚異のパンチ力です。過去17勝のうち15のKO勝利があり、軽量級では異例のKO率88を誇ります。

 

View this post on Instagram

 

Naoya Inoue 井上尚弥さん(@naoyainoue_410)がシェアした投稿

2018年5月のWBA世界バンタム級タイトルマッチでは当時絶対的な王者として君臨していたジェイミー・マクドネル選手をわずか1ラウンドでマットに沈めています。

卓越したボクシングスキル

井上尚弥選手がボクシングを始めたのは小学1年生の頃。父である真吾氏との親子二人三脚でボクシングの練習に明け暮れ、スキルを磨いてきました。真吾氏は「殴り合いは誰にでもできる。大事なのは打たせずに打つこと」と述べており、ディフェンス面の強化にも力を入れています。

井上選手本人も、過去に流血やダウンをした経験がないと明かしており、スキルの高さが伺えます。

井上尚弥選手の筋肉がヤバい

セクシーボディーの筋肉男性

人間離れした強さを誇る井上尚弥選手の肉体はバッキバキに鍛え上げられています。特に優れているのは並外れた体幹の強さと強力なパンチを打つ土台(足腰)です。

鍛え抜かれた体幹

体幹とは書いて字の通り、体の幹となる部分で腹筋背筋のことを指します。パンチ力を大きく左右しますので、ボクサーにとっては非常に重要な部位となっています。

 

View this post on Instagram

 

Naoya Inoue 井上尚弥さん(@naoyainoue_410)がシェアした投稿

井上選手が以前行った体力測定でも、握力や動体視力といった項目は一般人とさほど変わらないレベルだったそうですが、体幹の強さだけは抜群の好成績だったそうです。彼の強さの源はこの「体幹」にありそうですね。

パンチを打ち出す土台(足腰)の強さ

井上尚弥選手が驚異のパンチ力を有するのは、体幹だけでなく足腰の強さにも起因します。見栄えのする胸筋や腹筋、背筋だけでなく、下半身を追い込む地味で過酷なトレーニングを黙々とこなせるのも彼の強みではないでしょうか。

フットワークや俊敏性を高めるためにボクサーの脚は細い方が好ましいというスタンスの専門家も多い中、井上選手の下半身は非常にがっしりとしています。執拗な脚力トレーニングによって鍛え上げられた彼の脚は太くとも抜群のスピードを誇り、これまでの定説を覆しています。

この後ご紹介するメニューもランニングやダッシュを中心としたオーソドックスなものですが、3階級王者が実践していると思うといつもより身が入るかもしれませんね。

体幹を鍛えるトレーニングメニュー

鍛えた体を見せる男性井上尚弥選手が体幹を鍛えるために行なっている代表的なトレーニングメニューを4つご紹介します。強いパンチを打つために最も重要と言われる広背筋を重点的に鍛えられるメニューとなっています。

バトルロープ

 

View this post on Instagram

 

Naoya Inoue 井上尚弥さん(@naoyainoue_410)がシェアした投稿

バトルロープとは10〜15mほどの長さの2本(または1本)のロープを握って上下に動かすというトレーニング方法です。広背筋や大胸筋、腕や肩まわりの筋力アップに有効なトレーニングとなっています。脂肪燃焼効果もあり、筋持久力も鍛えられるので、近年多くのボクサーに好まれています。

ハンマーを使ったトレーニング

 

View this post on Instagram

 

Naoya Inoue 井上尚弥さん(@naoyainoue_410)がシェアした投稿

こちらはハンマー大きく振り上げてタイヤを叩くという、「はじめの一歩」でもおなじみのトレーニングです。古典的なトレーニング方法ですが、広背筋を鍛えるには持ってこいのメニューとなっており、かの有名なメイウェザー選手やパッキャオ選手も取り入れたことがあるそうですよ。

「地味にキツい」、うつ伏せ平泳ぎ

こちらは、井上尚弥選手のインスタグラムにアップされている背筋を鍛えるメニューです。床にうつ伏せになり、体側から頭の前方に円を描くように、大きく腕を動かします。「うつ伏せ平泳ぎ」と呼ばれるメニューで井上選手ご自身が「地味にキツいから、、やってみて!!」というコメントともに動画をアップしています。

 

View this post on Instagram

 

Naoya Inoue 井上尚弥さん(@naoyainoue_410)がシェアした投稿


これ、実際やると確かに見た目よりだいぶキツいです。ちょっとしたスペースがあれば自宅でも簡単にできるメニューですので、ぜひ試してみてください。

綱登り

柔道やレスリングの選手がよく行なっている綱登り。井上選手も普段のトレーニングに取り入れています。井上選手の自宅の2階からはロープが垂れ下がっており、毎日登り下りしているそうです。

足を使わずに上半身だけで綱を登るので、握力や広背筋、腹筋、上腕二頭筋など、上半身の筋肉を効率よく鍛えることができます。

足腰を鍛えるトレーニングメニュー

走力を高める足上げトレーニング

続いては足腰を鍛えるメニューを6つご紹介していきます。トレーニング器具を使って鍛えるのではなく、体ひとつでできるものが多いが井上選手のメニューの特徴です。

車押し

「車押し」はボクシング中継の際、井上選手の紹介VTRでよく目にする練習法です。

その名の通り、ギアをニュートラルに入れた車を手で押して坂道を登ります。脚力だけでなく、腕力も鍛えることができ一石二鳥。車が動き出すと慣性の法則がはたらき、徐々に軽くなってくるそうで、運転席に座っていた父の真吾氏は負荷をかけるために所々でブレーキを踏んでいたそうです。

ロードワーク(ランニング)

ボクサーのトレーニングの基本中の基本であるロードワーク。井上選手は朝の日課として行なっているそうです。

以前のインタビューで毎朝10kmを走っていると答えていました。脚力、スタミナの強化、脂肪燃焼効果があり、最も手軽に取り組めるメニューとなっています。

階段ダッシュ

 

View this post on Instagram

 

Naoya Inoue 井上尚弥さん(@naoyainoue_410)がシェアした投稿

井上選手が以前、熱海で行った合宿では最長114段の階段でトレーニングを行ったそうです。30段、68段、114段など、数種類の距離に分けてダッシュを繰り返したとか。階段の昇降には大きなエネルギーが必要となります。

通常のダッシュより負荷のかかった状態で太ももやふくらはぎをイジメることができますよ。ただし、足を踏み外す危険性もありますので、ケガにはくれぐれもご注意くださいね。

階段ジャンプ

こちらも熱海合宿で行われたメニューで、両足飛びで階段を登るというもの。大腿筋や大臀筋を鍛えるのに効果的なメニューとなっています。合宿では両足飛びの他にも馬跳びや手押し車など、多彩な階段トレーニングが行われています。

砂浜ダッシュ

2019年5月にWBSS準決勝を控えた井上選手はグアムで合宿を行っており、各メディアで砂浜をダッシュする様子が報道されています。砂浜でのダッシュは砂に足を取られるので、通常のダッシュより5割増でキツイ(個人的に)…。

 

View this post on Instagram

 

Naoya Inoue 井上尚弥さん(@naoyainoue_410)がシェアした投稿

しかも井上選手は、ただ砂浜を走るだけでなく、17kgの土のうを担いでのダッシュも行っています。砂浜ダッシュは「はじめの一歩」でもボクサーにとって重要な蹴り足を鍛えるトレーニングとして登場しています。お近くに砂浜がある方は、ぜひ試してみてください。※靴の中にめちゃくちゃ砂が入りますのでご注意ください。

坂道ダッシュ

こちらも王道のトレーニングメニューです。通常のダッシュより負荷をかけて下半身を追い込むことができます。上り坂だけでなく、下り坂のダッシュも有効で陸上競技のスプリンターも練習に取り入れています。お近くの坂道でぜひお試しあれ。

合宿でのトレーニングが過酷すぎる

休憩する男性

前項の所々に登場した熱海合宿。そのメニューの一部が公開されており、ネット上で過酷すぎると話題になっています。世界3階級王者のトレーニングとはどのようなものなのか興味がありませんか?想像しただけで吐きそうになる過酷メニューをご紹介します。

合宿での過酷すぎるトレーニングメニューとは

熱海合宿で行われた階段トレーニングがこちらです。

  • ダッシュ30段×4本・68段×4本・114段×5本
  • 30秒空気椅子からの30段×4本
  • 馬跳び20回からの114段×3本
  • 両足飛び68段×5本登り
  • 300m坂道ダッシュ×3本

しかも、この地獄メニューは午後の部のトレーニング。午前中には砂浜ダッシュなどでみっちり下半身を追い込んでいたそうです。「どんな体力してるんだよ」と驚くほかありません。

まとめ

モダンなボクシングクラブボクシング界のスーパーチャンピオンである井上尚弥選手のトレーニングメニューをご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

車押しや綱登りといった場所や環境を選ぶものもありますが、ほとんどが手軽に実践できるメニューだったかと思います。筋トレと聞くと器具を使って高重量で追い込むといったイメージもありますが、自重を使ったシンプルなトレーニングでも井上選手のような細マッチョ素敵ボディーを造り上げることができます。

試合前に過酷な減量をするボクサーのトレーニングメニューにはダイエット効果が高いものもの多く、シェイプアップにも最適ですので、ぜひ試してみてくださいね。

そして、こんな過酷メニューを毎日こなす井上選手の今後の活躍にも乞うご期待です!

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. タックするラグビー選手
  2. 男性の背中
  3. 陸上選手
  4. スタートライン
  5. ボルダリング

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP