アイススケート 靴 手袋 ホッケー

【スケート】手袋おすすめ人気ランキング12選を徹底比較!目的別の選び方を伝授!氷上でのけが予防や保温・防寒するための必須アイテム

 

スケートをするときには、競技中はもちろん遊びであっても手袋が必須です。スケートリンクの中には手袋の着用を義務付けているところが多くあります。スケート用の手袋は保温に加えてケガ予防にもなりますので、しっかり選んで購入しましょう。

スケート用手袋の目的や機能性に合わせた選び方おすすめの手袋ランキングをご紹介します。

スケート用手袋の目的別の選び方

スピードスケートをする男性スケート用手袋は目的に合わせて選ぶようにしましょう。特にレジャー用と競技用はしっかりと分けて選ぶのがおすすめです。

レジャーとして楽しむときは防寒と安全性をチェック

レジャー用に楽しむときには防寒性・防水性に加えて安全性もチェックしましょう。スケートリンクでは非常に多くの人が滑っています。自分が転んだときに、他の人が近くを滑っているかもしれません。

ブレードで手を踏まれることも十分考えられますので、丈夫な素材のものを選んでおくと安心です。

競技で使用する場合はそれぞれの競技に適したものを

マリーナアイス(Marina Ice) スケート手袋 エトワール グレー 大人S

フィギュアスケート、ホッケー、スピードスケートなどを本格的に行っている人は、それぞれの競技に合わせて適した専用のものを選びましょう。競技で使う場合にスケート用以外の手袋をつけるのはプレーしづらくなることがありますので注意してください。

スケート用手袋の機能性による選び方

ウィンタースポーツ防風/防水サイクリング/アイスホッケー/スキー/アイススケート/スノーボード/バイク/モトクロス保温手袋 シンサレート&ハイポーラ裏地付き 暖かい手袋

スケート用手袋は機能性をチェックして選びましょう。最近では新しく開発された素材などが使われているものが多いです。

防水・耐水性

ころんだときのために、防水性や耐水性の高い手袋を選びましょう。冷たい氷を触ったあとの濡れたままの状態では凍傷になるおそれがあります。

保温性・防寒性

KYNCILOR タッチスクリーングローブ ライディング オートバイグローブ スキーグローブ サイクリンググローブ 耐寒グローブ 運転手袋 運転手袋 ワークアウトフィットネスグローブ X-Large ブラック

保温性や防寒性はウィンタースポーツにおいて欠かせないポイントです。リンク内は非常に寒いため、保温性の低い手袋では手がかじかんでしまいます。逆に運動量が多く汗をかくほどすべるという人は、裏側が起毛やボアのものだと逆に暑いかもしれません。

吸湿性・速乾性

スケートをして汗をかいた場合、そのままにしておくと気化熱で冷えてしまいます。そのため吸湿性の高いものがおすすめです。また速乾性の高い素材の手袋は氷に手をついて濡れても乾きやすいので便利です。

スマホ対応手袋も便利

最近はつけたままスマホを操作できるタッチパネル対応の手袋も多いです。いざというときに役に立つ機能ですので、メールやメッセージを頻繁にチェックする人はぜひこだわって選びましょう。

スケート用手袋の選び方をチェック

ポイントスケート用手袋を選ぶときには目的や機能性はもちろんですが、それ以外にもポイントがあります。特にサイズ・色やデザイン・軽量性・メーカー・何用の手袋を買うかという点に注目しましょう。

価格や口コミをチェックするのも忘れないようにするのが大切です。

サイズ

自分の手のサイズに合った大きさのものを選びましょう。手の長さ・手のひら周りなどを測っておけば安心です。また単純なサイズだけでなく、素材の厚みも含めた手袋の大きさも重要です。

分厚すぎるものは温かいですが紐を結ぶなどの細かい動作をしづらくなります。逆に薄手のものは防寒性に不安があります。自分にとって最適な大きさ・厚さのものを選びましょう。

色・デザイン

TESS TERRIER(テステリア) レディース スキー スノーグローブ 防水防寒手袋 BEC-TEX シンサレート 5本指 バイク 自転車

手袋の色も全身のコーディネートに含めて考えるとおしゃれです。敢えて手袋だけ外した色にして目立たせるというのも良いですし、黒・紺などの濃い色やグレーなどで無難にまとめるのもポイントです。

手袋は防寒という目的で使うのはもちろんですが、立派なオシャレアイテムでもあります。

軽量性

軽い手袋は動きやすいので人気が高いです。フィット感とあわせてチェックしてみましょう。

メーカー

人気の高いメーカーの商品なら信頼して使えるのでおすすめです。アウトドアメーカーやスポーツメーカーのほか、ファッションメーカーからも防寒性や耐久性の高い手袋が販売されています。

手袋の用途

「スケート用」という手袋もありますが、スケート以外の用途にデザインされた手袋でも十分スケートで使用できます。特に防水性と防寒性に優れている手袋ならスケートにも使えて便利です。自転車用・バイク用などが人気です。

価格と口コミ

お金と電卓手袋の価格は商品によってかなりばらつきがあります。1,000円前後のものが最も多いですが、機能性に優れたものなどは5,000円〜10,000円程度のものもあります。手袋にどれくらいのウェイトを置くかという点でかけられる予算は変わってきます。

安く購入したい場合はAmazonなどの通販サイトを活用するのがおすすめです。口コミで使用者の体験談なども知ることができるため非常に便利です。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. ボルダリング

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP