ブレスレット

【ゲルマニウム】ブレスレットおすすめ人気ランキング8選を徹底比較!種類や体質に応じた選び方を伝授!おしゃれ以外に効果がある?

 

肩や首のこり、腰痛や疲れなどに効果があると口コミでも評判のゲルマニウムブレスレットは、素材の種類や効果を知ると自分に合った商品を選ぶことができます。

おしゃれアイテムとしても使えるゲルマニウムブレスレットのよりよい選び方やおすすめのゲルマニウムブレスレットランキングをご紹介します。

ゲルマニウムブレスレットに使われている素材の種類を知ろう

虫眼鏡で覗く男性 ゲルマニウムブレスレットにはゲルマニウムの他、ヘマタイトなどが使われていることがあります。それぞれの素材の特徴を知って選ぶ際に役立てましょう。

ゲルマニウムとは

ゲルマニウムは原子番号32の元素で、炭素族元素の1つです。1885年にドイツ人の科学者によって発見された銀白色の固体で、健康器具以外ではダイオードや光検出器、ガンマ線の半導体検出器などの電子機器に使用されています。

ヘマタイト

ヘマタイトは赤鉄鉱とも呼ばれる酸化鉱物の一種です。パワーストーンとして広く知られており、ゲルマニウムと一緒に健康目的のアクセサリーに良く使用されています。赤血球の働きを強め、身につける人のエネルギーを活性化させると言われています。

ゲルマニウムブレスレットの効果を知ろう

ストレッチする女性ゲルマニウムブレスレットの効果や、ゲルマニウムが健康に良い理由をチェックして選ぶ際の基準として役立てましょう。

ゲルマニウムが健康に良いと言われる理由

人の体には微弱な電流が流れており、細胞間の情報伝達や筋肉の動きなど様々な生命活動において電流が重要な働きを担っています。

体の不調時は体内の電位バランスが崩れていると考えられており、ゲルマニウムには32度以上の熱や光を加えるとマイナス電子を放出する特性があるため、ゲルマニウムを身につけることで体の電位バランスを整えることができます。

コリの解消や血行促進効果がある

マッサージ中の男性最近肩や首のこりが気になる、病気ではないけれど疲れやすいなど、体の不調を感じる人は多いと思います。

肩こり・腰痛が気になる人や血行促進効果を期待したい人がゲルマニウムブレスレットをつけたところ、肩や首のコリが改善したり冷え性が緩和されたりします

ゲルマニウムの効果は本当か?

肩痛ゲルマニウムブレスレットの科学的な根拠はまだ証明されておらず、研究中というのが現状です。

ですが実際に健康が気になる人に選ばれ売れ続けていることは確かですし、口コミなどでも「効果があった」「外すと肩がこる」という声が多く聞かれるのも確かです。

健康が気になる人や、健康増進や体調の改善をしたい人は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

体質やデザインなどを加味したゲルマニウムブレスレットの選び方

健康の為のネックレスゲルマニウムブレスレットを選ぶときには自分の体質に合った素材のものを選ぶ必要があります。また色・デザイン、重さや太さなども吟味しましょう。もちろん価格も重要なポイントですので必ずチェックしましょう。

重さをチェックして選ぶ

日々身につけるものですから、重さをチェックして選びましょう。あまり重いものでは着けることにストレスを感じる場合があります。目安は普段から着けている腕時計くらいの重さまでと考えましょう。

太さをチェックして選ぶ

太いものは力強いデザインに見え、男性に向いています。女性には細身のものがおすすめです。男性用・女性用でも太さのバリエーションはそれぞれ異なります。男性用・女性用の中でも太め・細めがありますので自分の服装と合わせて選びましょう

付け心地が良いものを選ぶ

毎日付けるものですから、付けやすいかどうかを必ずチェックしてみましょう。ブレスレットの重さや使われている素材を確認するだけではなく、実際に購入して使っている人の口コミを参考にするのもおすすめです。

ゲルマニウムの純度を確認する

メンズ用ネックレス市場に出回っているゲルマニウムブレスレットの中には、ゲルマニウムがほとんど含まれていないものも多くあるようです。健康効果を期待したいのであれば、きちんと純度の高いゲルマニウムを使用しているブレスレットを選ぶようにしましょう。

金属アレルギーの人は素材に注意

金属アレルギーを持っている人は、ステンレス又はチタンで作られたブレスレットを選びましょう。チタンは軽量で錆びにくく、強い金属です。アレルギー反応を引き起こす原因にもならないので、金属アレルギーの人でも安心して使用できます。

ステンレスは鉄を主成分としたクロムを含む金属のことで、錆びにくいという特徴があります。錆びにくい為に金属イオンが溶け出しにくく、アレルギーを引き起こしにくい素材であると言えます。

毎日身につけられる色やデザインを選ぶ

関節痛に悩む老人ファッションの一部として楽しんで付けられるブレスレットであれば、毎日付けることが楽しみになります。女性らしいピンクゴールドやシンプルなシルバーなど様々な色がありますし、ブレスレットの太さや自分が気に入った色やデザインを選びましょう。

静電気除去効果

空気が乾燥している時期は、静電気で嫌な思いをする人も多いと思います。ゲルマニウムブレスレットの中には静電気除去効果を持つものもあります。健康増進と一緒に静電気対策もしたい人は、静電気除去機能も付いているブレスレットを選びましょう。

サイズ調節可能なタイプ

購入したブレスレットが自分の手首の大きさに合っていない場合もあります。大きすぎるブレスレットはすぐに手から外れてしまいますし付け心地も良くありません。自分の手首のサイズに合わせて調節できるブレスレットを選びましょう。

専門店に持って行けばサイズ調節は可能ですが、自宅でサイズ調節ができるものもあります。自分で気軽にサイズ調節をしたい人は、専用器具が付属しているかどうか確認しておきましょう。

価格も重要なポイント

ゲルマニウムブレスレットは価格も重要なポイントです。安いものでは2,000円程度で購入できるものもありますし、10,000円を超える価格のものもあります。

手頃な価格のものを複数本絵購入して使い分けるというのもよいですし、とっておきの1本を購入して毎日装着するという人もいます。

また、気に入った商品を安く購入したい場合はAmazonなどの通販サイトをうまく活用しましょう。価格が安く設定されているうえ、選択の幅も広いので便利です。

     
続きを読む >>
  

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. キックボクシングのスパーリングを受ける女性
  2. 女性 腹筋
  3. 男性 ダンベル
  4. ラグビー スクラム
  5. 太もも ダイエット
  6. ストレッチする女性
  7. バスケットボール シュート
  8. バスケ 男性 ドリブル

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP