道路を滑るスケートボーダー

【スケートボード】 ヘルメットおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!機能性など選び方を紹介!ステッカーでもっとおしゃれに

 

さまざまな華麗なトリックを披露したり爽快に滑ったりするスケートボーダーは非常にクールで見ている側もテンションが上がります。スケートボードを安全に行うためには頭部を保護するヘルメットを着用する必要があるといえます。

しかしヘルメットは種類が多いのでどのように選べばよいのか迷ってしまいます。そこで今回はおすすめの人気スケートボード用ヘルメット10選をランキングで徹底比較していきます。

スケートボード用ヘルメットの機能性を解説しながらヘルメットを正しく選ぶポイントを紹介します。

スケートボード用ヘルメットの役割

スケーターパークでスケートボードを楽しむ若い男性

スケートボードを行う際にヘルメットを着用していると大きなケガを防ぐことができます。スケートボード中に転倒してしまった場合、頭へのケガより肘や膝への打撲や擦り傷、または地面に手首をついてしまって身体に負担がかかるケースの方が多いといえます。

しかし特に初心者や子どもの場合はどのような転び方をしてしまうかが分からないのでヘルメットを着用して頭を守っておくことが大切です。

ヘルメットを着用しないとスケートボードができないスケートパークもあります。スケートボードを始める際のアイテムとしてヘルメットも揃えておきましょう。

スケートボード用ヘルメットの機能性

スケートボード用のヘルメットにはスケートボードを安全かつ快適に行うことができる機能性が兼ね備えられています。機能性を把握しておくとヘルメットを選ぶ際に役立ちます。

通気性:ヘルメット内を快適に保つ

プロテクター

スケートボード用ヘルメットの大切な機能性の一つが通気性です。スケートボードは動きが激しいだけでなくトリック時の集中や緊張から汗をたくさんかいてしまいます。

頭からの発汗でヘルメット内がムレてしまうと違和感が生まれてしまい、スケートボードのパフォーマンスに影響を与えてしまいます。頭を長時間ムレた状態にしておくと頭皮にもトラブルが起きてしまう可能性があります。

そのためスケートボード用ヘルメットには頭を快適に保つ通気性が備わっています。

軽量性:首への負担を軽減

スケートボード用のヘルメットは軽量性を兼ね備えています。ヘルメットが重いとスケートボード中に首に大きな負担がかかりすぐに疲れてしまいます。

また軽量性のないヘルメットを着用していると頭部全体が重くなってしまいバランスが取りにくくなります。メーカーやモデルによってヘルメットの重量は異なりますが、ほとんどのヘルメットには軽量性が考慮されています。

耐久性:頭をしっかり守る

落ち込むスケートボーダー

ヘルメットが軽いと耐久性に欠けるのではないかと心配になりますがスケートボード用ヘルメットは丈夫に作られています。

大事な頭部を守るアイテムなので耐久性があり劣化しにくいヘルメットでなければヘルメットとしての役割を果たすことができません。

ヘルメットの機能性と価格

スケートボード用のヘルメットにはさまざまな機能性が備わっています。快適かつ安全なスケートボードをサポートする優れた機能が備わったヘルメットほど価格も高くなるといえます。

価格が高ければよいというわけではありませんが、特に安全面を確保するためにも優れた機能性が兼ね備えられたヘルメットの方が安心してスケートボードを行うことができます。

価格だけで判断するのではなく次項目の「スケートボード用ヘルメットの選び方」を参考にし、選ぶポイントと機能性を同時にチェックしながら最適なヘルメットを着用することが大切です。

スケートボード用ヘルメットの選び方

スケートボード用ヘルメットの役割や機能性を把握したら快適で安全なスケートボードを楽しむためのヘルメット選びを初めましょう。ヘルメットの機能性以外にも選ぶ際にチェックしたいポイントを紹介します。

サイズとフィット感を確認する

プロテクター

スケートボード用ヘルメットを選ぶ際にはまずサイズとフィット感を確認することが大切です。頭にしっかりフィットしていないとヘルメットを着用している意味がなくなってしまいます。

少しでも小さいヘルメットを着用していると時間の経過とともに頭が締め付けられるような痛みが起こります。大きすぎるとヘルメットの機能性が薄れたりヘルメットがずれて視界を塞いだりしてしまいます。

また大きいヘルメットは転倒時に頭から外れてしまう可能性があります。小さすぎても大きすぎても集中したスケートボードができなくなるので頭のサイズに合ったフィット感のよいヘルメットを選びましょう。

安全性をチェックする

安全基準をクリアした製品に付けられるSGマークやCE規格のマークをチェックしましょう。これらのマークが付いているヘルメットは外観や寸法、構造や強度など安全に製品を使用することができる基準をクリアしているという証拠となります。

通気性や軽量性などの機能性と一緒に安全性を示す規格マークをチェックしておくと安心です。

利便性をチェックする

プロテクター

ヘルメットに便利な機能が備わっていると使いやすくさらに快適なスケートボードを楽しむことができます。ヘルメットにワンタッチで外せるバックルが付いていれば手間がかからずスムーズな脱着が可能になります。

あご紐にクッション性のあるパッドが設置されているとあご紐が肌に食い込まないので違和感が生まれません。モデルによってはフィット感を調節できるアジャスターダイヤルが設置されているヘルメットもあります。

インナーを取り外すことができるヘルメットもあります。インナーを取り外して洗濯することができるのでヘルメット内をいつでも清潔にしておくことが可能です。

細かいディテールもチェックしておくと便利で使いやすいヘルメットを選ぶことができます。

ヘルメットの形状

スケートボード用のヘルメットにはツバなしとツバがある構造のモデルがあります。バイザーがあるヘルメットは屋外でスケートボードを行う場合には日差しを防いでくれるので役立ちます。

バイザーの有無で見た目も変わりますが、通気性のためのエアホールの形やエアホールの配置によっても雰囲気が異なります。機能的な面と外観的な面を考えながら適した形状のヘルメットを選びましょう。

ヘルメットのデザイン性

スケートボード用のヘルメットにはさまざまなデザインが存在します。シンプルなブラックを始め、モノトーンにロゴが入っていたりカラフルな柄が施されていたりします。

ヘルメット自体がカラフルで派手なデザインであれば遠くからでも目立ちます。シンプルなヘルメットであれば好きなステッカーを貼ってカスタマイズし自分のスケートスタイルに個性を出すこともできます。

ヘルメットにステッカーを貼ってみよう

スケートボードを抱えてたつ人

好きなステッカーを貼って個性のあるおしゃれなヘルメットを着用すればスケートボードがもっと楽しくなります。

ヘルメットの形はカーブが多いので平面の大きいステッカーはきちんと貼ることが困難です。大きいステッカーを貼りたい場合はヘルメットのカーブに合わせてところどころに小さい切れ込みを入れるときれいに貼ることができます。

キャラクターやロゴの入ったステッカーを始め、アルファベットを一文字ずつ貼ることができるステッカーなどステッカーの種類は数多くあります。ステッカーの向きや貼る位置を考えて個性豊かなヘルメットに仕上げてみましょう。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. タックするラグビー選手
  2. 男性の背中
  3. 陸上選手
  4. スタートライン
  5. ボルダリング

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP