アーチェリー 防具

【アーチェリー】防具おすすめ人気ランキング8選を徹底比較!部位別の選び方をチェック!これだけは初心者でも必ず揃えておこう

 

アーチェリーを始めたばかりのときには用具をレンタルできますが、やはり防具は自分に合ったものを揃えておきたいものです。使い続けるうちに体に馴染んでくるので、レンタル品では味わえない快適な使い心地を実感できます。

最低限揃えておくべき防具やその選び方、購入時に気をつけるべきことについて解説します。また、おすすめのアーチェリー防具ランキングもご紹介していますので、購入を検討している人はぜひチェックしてみてください。

アーチェリーでは初心者でもこの防具をそろえよう

防具は上級者だけのものではありません。アーチェリーを怪我なく楽しむためにも、初心者のうちからしっかり防具を揃えておきましょう。始めたばかりの人でも揃えておくべき防具についてご紹介します。

ストリングが当たると非常に痛いため、チェストガードやアームガードは特に重要です。ケガ防止だけでなくパフォーマンスアップにも防具は重要な役割をしています。

チェストガード

チェストガードは「胸当て」とも呼ばれる防具で、ストリングが胸周囲の衣類に引っかかるのを防いだり、ストリングによる衝撃から胸を守る役割があります。特に、雨具や防寒具を着用する時はチェストガードが必需品と言えます。

通気性を重視したナイロンメッシュなどの素材で作られているものが多いです。

アームガード

ドローイング時のグリップを押す手のことを「押し手」と呼びますが、この押し手を保護するのがアームガードです。押し手の腕の内側に装着し、ストリングから腕を守る役割があります。

使用されている素材や形はメーカーによって様々で、革製やプラスチック製など種類も豊富です。

タブ

ストリングを引く指3本を守るための防具がタブです。初心者上級者問わずほぼ全ての人はタブを使用して競技を行います。素材は皮革が使用され、一般的には馬の臀部から取れる皮革であるコードバンが使われます。

指先につけて使用するタブ以外にも、3本指に装着するフィンガーグローブを選ぶ人もいます。手首のところでしっかりと固定できるため便利です。

アーチェリー用防具の部位別の選び方をチェック!

アーチェリー用の防具の選び方をチェストガード・アームガード・タブと部位ごとに分けてチェックしていきましょう。使いやすく体にあった防具を使うことでパフォーマンスを最大限に発揮することができます。

チェストガード

チェストガードは右打ち用・左打ち用があり、また使用する人によってサイズが異なります。サイズ展開は一般的にXS・S・M・L・XLと分かれているものがほとんどで、自分の胸囲に合わせて選びましょう。

メーカーや商品によってサイズ表記と実際のサイズは異なることが多いため、A社のSサイズとB社のMサイズが同じ、ということがありえます。実際に自分のサイズを測り、商品のサイズ表と見比べて選ぶことが重要です。

また素材も革製・合成繊維製などさまざまなものがあります。軽さ・柔らかさ・通気性の良さを重視して選ぶのがおすすめです。カラーバリエーションも豊富で、最近ではデザイン性に富んだチェストガードも多く販売されています。

アームガード

女子アーチェリー選手アームガードの素材はプラスチックやポリカーボネートなどの樹脂製のものと皮革製のものがあります。

皮革製の方が耐久性が高く、長く使えるというのがメリットです。樹脂製のものは固いため衝撃を受けにくく手入れが皮革製よりもずっと楽にできるのがメリットです。樹脂製のものの方が一般的には価格が安く購入しやすいです。

また、形状もさまざまで、幅が広いもの・狭いもの、目の大きな網状のフレーム構造のもの、伸縮性のある合成繊維製でサポーターのように腕に装着するものなどがあります。初心者のうちは幅が広くカバーしてくれるものがおすすめです。

タブ

タブを選ぶ際には素材とサイズが重要です。防具の中では最も酷使するアイテムですので、耐久性の高いコードバンを使用したものがおすすめです。

サイズも3〜5段階で販売されていますので、あらかじめレンタルで使用している間に自分にフィットするサイズを確認しておきましょう。

安いものでは2,000円未満で購入できますが、高いものでは7,000円以上するものもあります。軽量かつ薄いものは素手に近い感覚が得られて便利ですが、同時に強度や耐久性の高いものを選ぶ必要があります。

アーチェリー用防具を購入するときのチェックポイント

ポイントアーチェリー用防具を購入するときには種類や素材はもちろんですが、サイズ調節のしやすさや重量、強度・耐久性、通気性、価格などをチェックすると良いでしょう。口コミも重要な情報源になりますので要チェックです。

サイズ調節がしやすいもの

自分に合ったサイズの防具を購入するというのはもちろんですが、サイズの調節がしやすいものなら微調整がしやすいので便利です。また長年使っていて体型が変わるということも十分考えられますので、サイズ調節のしやすさは重要なポイントです。

軽さ

体脂肪を測る機械重量はパフォーマンスをアップさせるために重要なポイントになります。特にアームガードやタブは重いものを使うと長時間使用しているうちに疲労が蓄積して腕が下がるということがあります。

軽量なものを使用するだけでパフォーマンスが大きく変わります。

強度・耐久性

アーチェリー用防具はストリングが当たるため、強度の高いものを購入する必要があります。また長期間に渡って使えるような耐久性の高いものを購入しましょう。

強度や耐久性の低いものでは思い切って打つことができませんし、頻繁に買い換える必要が出てきてしまうため経済的にも負担になります。

通気性

通気性のよいものを購入すると快適に使うことができます。通気性が悪いと夏場は非常につらく不快になりますし、手入れの手間もかかります。

価格と口コミ

お金と電卓商品によって、また素材によって価格はさまざまです。価格と品質のバランスをよく考えて予算を決めておくと良いでしょう。1点ずつの予算はもちろんですが、トータルでどのくらいの予算をかけられるのかも考えておきましょう。

安く購入したい場合や近くにアーチェリー用品を取り扱っているお店がない場合には、Amazonなどの通販サイトをうまく利用しましょう。通販サイトでは口コミをチェックすることもでき、使用者の感想を知ることができます。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. タックするラグビー選手
  2. 男性の背中
  3. 陸上選手
  4. スタートライン
  5. ボルダリング

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP