【プロテイン】おすすめメーカー人気ランキング10選を徹底比較!正しい選び方で筋トレ効果を高めよう!メーカー別特徴も要チェック

 

現在、各メーカーからさまざまなプロテインが発売されています。

トレーニングのためにプロテインを選ぶ際、どのメーカーのどんなプロテインを選ぶべきかという点で迷ってしまう方も多いはずです。

そのような方のために、こちらではプロテインのメーカー別おすすめ人気ランキングについてご紹介していきます。

メーカーごとの特徴についても解説していきますので、プロテイン選びに是非ご活用ください。

10位:パワープロダクション

「パワープロダクション」はお菓子で有名な「グリコ」が展開するスポーツサプリメントのブランドです。

食品メーカーならではの栄養に関する確かなデータをもとに、幅広いラインナップが展開されています。

「パワープロダクション」の特徴

フィットネスを楽しむ男女
パワープロダクションシリーズの強みは「回復」「持久力強化」にあります。

「回復」に分類されるのは「リカバリープロテイン」とも呼ばれるもので、運動後の休息を目的としたプロテインのことを指します。

ウエイトトレーニングなど、身体を酷使するトレーニングのあとに摂取することで効果を発揮します。

また「持久力強化」に分類されるのは呼吸器の持久力を高める働きを持ったプロテインです。

味にも定評あり

もちろん、筋力強化を目的とした一般的なプロテインも多数販売されています。

プレーン味・サワーミルク味・チョコレート味・ストロベリー味など、お菓子メーカーが手掛けるプロテインの数々は味にも定評があります。

9位:エクスプロージョン

「エクスプロージョン」は独立系の健康食品・スポーツサプリメーカーです。

数あるプロテインメーカーの中でも比較的新しい存在として、ここ数年で多くのアスリートから支持を得ています。

「エクスプロージョン」の特徴

ダンベルをもつ女性
もともとパワーリフティングの選手でもあったエクスプロージョンのCEOが、ご自身のウエイトトレーニングを通して「アスリートの身体作りをサポートしたい」という思いを持ったことで開発に至ったとされています。

プロテインとしての確かな栄養があり、高品質で安全、かつ安価で手に入れることができる、というコンセプトのもと厳選された数種のプロテインが販売されています。

子供の成長にも効果的

ラインナップのメインとなっているのは「ホエイプロテイン」です。

圧倒的に安価な値段と高たんぱくの成分により、アスリートはもとより子供の成長にも有効だと人気を集めています。

「抹茶オレ」「杏仁豆腐」「ミント」など、数多くの味が揃っているところも魅力の一つです。

8位:ウイダー

「in ゼリー」で有名なウイダーからも、沢山のプロテインが発売されています。

既にご紹介した「パワープロダクション」と同じく、ウイダーもお菓子メーカーである「森永製菓」をその母体としています。

「ウイダー」の特徴

トレーニング中に休憩する女性
「in ゼリー」の姉妹品として、ゼリーで摂取するプロテインがリリースされているところはウイダーの特徴といえるでしょう。

トレーニング後に面倒な準備を行わなくても手軽にプロテインが摂取できるということで、従来のプロテインに慣れていない女性からの支持も高いです。

またバータイプのプロテインも人気が高く、食べやすく美味しい商品にはお菓子メーカーとしての知見が詰まっています。

ランナーからの評価も高い

ウイダーが手掛けるプロテインの中でも特に人気が高いのが「リカバリーパワープロテイン」のシリーズです。

味が良く、かつコストパフォーマンスが高いプロテインとして毎日のジョギング後に利用するランナーから支持を集めています。

7位:アミノバイタル

「アミノバイタル」のシリーズも古くからあるプロテインとして有名です。

こちらは「パワープロダクション」「ウイダー」とはまた違い、食品メーカーである「味の素」が手掛けています。

「アミノバイタル」の特徴

ジムでトレーニングする男性
「アミノバイタル」はその名前の通り、もともとアミノ酸を効率よく摂取することを目的として開発された顆粒タイプの製品を軸に商品展開されています。

その延長としてプロテインに分類される「アミノプロテイン」のシリーズがあり、アミノ酸とプロテインが効率よく同時に摂取できる点がその特徴となっています。

中でも、レモン味の製品はさわやかな口当たりで日常的にプロテインを摂取したいという人たちからも評価が高いです。

アミノ酸の重要性

「アミノバイタル」が掲げるのが「スポーツ。水。アミノ酸。」というキャッチコピーで、健康的な身体作りにはアミノ酸が欠かせない、というのが同社の考えです。

タンパク質と共にそれをしっかりと身体に取り入れることができる点は、他のメーカーにはない強みといえるでしょう。

6位:バルクスポーツ

「バルクスポーツ」はスポーツ系の製品を手掛ける「ボディプラスインターナショナル」が展開するプロテインのブランドです。

ドリンク以外にも、バータイプや錠剤など幅広い製品が揃っています。

「バルクスポーツ」の特徴

ジムでトレーニングする女性
「バルクスポーツ」が発売するプロテインの最大の特徴はコストパフォーマンスです。

毎日飲むものだからこそ費用は最も気にかかる点であり、そのようなユーザーの声をしっかりと反映させ飲みやすく続けやすい製品づくりに努めています。

もちろん品質にもこだわりがあり、保存料や増粘剤など無駄な成分を省きたんぱく質を最大限に摂取できるように作られています

乳製品を苦手とするユーザーからの評価

数ある製品の中でも「アイソプロ」のシリーズは乳製品を苦手とするユーザーからの人気が高いです。

他のプロテインではお腹を下してしまうという方でも、こちらに乗り換えたことで問題なく摂取することができたという声を耳にすることができます。

5位:ザバス

「ザバス」は古くから存在するプロテインの代表ともいえるブランドで、お菓子メーカーの「明治」が手掛けています。

ここまでご紹介した通り、「グリコ」「森永」「明治」などのお菓子メーカーがこぞってプロテインの市場に参入して、それぞれが評価を得ているという点は非常に興味深いです。

「ザバス」の特徴

ランニングマシン
「ザバス」は日本を代表するプロテインブランドであるがゆえにそのラインナップも豊富で、ひとつのブランドの中で目的に応じてさらに細分化されています。

中でも「ザバスホエイプロテイン」のシリーズや「ザバスプロ」のシリーズなどはトレーニングに励む人たちの会話にも良く登場する人気の製品です。

スポーツドリンクに近い口当たり

上記とあわせて「ザバスアクアホエイプロテイン」のシリーズは、従来のプロテインが持っていた「粉っぽい」「口当たりがまったりしている」などの概念を覆すものとして登場しました。

口当たりがスポーツドリンクに近く、トレーニング後の水分補給に近い感覚で口にすることができると、今なお多くの人たちから人気を集めています。

4位:Kentai

「Kentai」は「健康体力研究所」が手掛けるプロテインのブランドです。

独立系のプロテインブランドとして、特にウエイトトレーニングに励む人たちの間で評価が高まっています。

「Kentai」の特徴

ウエイトトレーニングする男性
「Kentai」が目指すプロテインは、「CFM製法」と呼ばれる独自の方法により高密度のフィルターを通して精製する、高たんぱくで低脂質なプロテインです。

他メーカーが手掛けるプロテインに比べて高い含有量でたんぱく質を含んでいるとされています。

また身体の回復を促すグルタミン酸を同時に含み、アスリートにとってありがたい成分をしっかりと摂取することができます。

飲みやすさへの評価

「Kentai」のプロテインが評価を集めているもう一つの理由はその飲みやすさにあります。

口コミでも、口当たりの良さによって毎日飲み続けることが出来るという声を多く耳にすることができます。

3位:DNS

「DNS」はスポーツブランド「アンダーアーマー」を取り扱う企業である「株式会社ドーム」が手掛けるプロテインのシリーズです。

同社はこれ以外にもスポーツメディカルやトレーニングの分野にも進出しており、総合的なスポーツ系企業としても知名度を高めています。

「DNS」の特徴

自宅でトレーニングをする男性
「DNS」の最大の特徴はその豊富なラインナップです。

「BASE」「ADVANTAGE」「CONDITION」という三つのカテゴリーに分けられた製品は幅広いアスリートの要求を満たすもので、身体作りやトレーニング後の回復などを目的として沢山の人に活用されています。

一般的な粉末タイプをはじめ、ドリンクやゼリー・バータイプ、そしてグラノーラまで様々なタイプのプロテインがリリースされています。

「ホエイ100」が人気

中でも「ホエイ100」のシリーズは、ウエイトトレーニングで身体を作るユーザーから人気を集めています。

バナナ・マンゴーなどのフルーツ系をはじめとして、抹茶味などは変わり種のプロテインを求めるユーザーからの評価も高いです。

2位:ビーレジェンド

「ビーレジェンド」はプロテインに特化したブランドです。

独立系ブランドが手掛けるこだわりの製品が人気を集めています。

「ビーレジェンド」の特徴

ジムで鍛えた体をみせる女性と男性
「ビーレジェンド」が追求するのは「高品質」「安全」「低価格」という、プロテインに求められる多くの要望を満たす製品です。

中でも、国際的な評価の基準である「モンドセレクション」を何年も連続で受賞しているほどその品質は折り紙付きです。

それに加えて味にも定評があり、「激うまチョコ風味」や「めろめろメロン風味」など風変わりな商品名も特徴のひとつといえるでしょう。

高品質なのに安価

安価であるところも「ビーレジェンド」のプロテインが親しまれている理由として挙げることができます。

品質面で既に述べたような高い評価を得ていながらも手ごろな値段で購入することができるため、一般のユーザーはもとより有名なアスリートの中にも愛用者が多いです。

1位:ゴールドジム

ゴールドジム」は世界に展開されているフィットネスクラブの名称で、日本でも全国にそのスタジオが点在しています。

そんな「トレーニング専門の企業」が提供するプロテインはやはりユーザーの間で評価が高く、沢山の人が日々の身体作りに活用しています。

ゴールドジム」の特徴

鍛えた男女
フィットネスクラブが手掛けるプロテインというだけあってその品質も確かなものです。

十種類以上の栄養素がバランスよく配合されているため、単なるプロテインにとどまらず栄養補助食品として健康的な暮らしを助ける役割を担います

また、たんぱく質含有量は80パーセントを超え、そこにホエイペプチドを加えることで効率良くそれらを摂取できるように考え抜かれています。

ウエイトトレーニングに最適

特にウエイトトレーニングを行うユーザーに愛用者が多く、ゴールドジムの会員としてこのプロテインを購入している方も多く存在します。

また、ヨーグルト風味のプロテインは案外存在しておらず、そのような観点からこの商品をリピートしているという声も耳にすることができます。

まとめ

引き締まった男性の筋肉
ここまでプロテインのおすすめメーカーランキングについてご紹介してきました。

それぞれがいろいろな種類のプロテインを販売していることをご理解いただけたはずです。

是非自分の目的に合わせて、扱いやすく効果的なプロテインを選んでみて下さい。

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. ストレッチ
  2. サプリメント
  3. 道路を滑るスケートボーダー
  4. 男性スケートボーダー
  5. 鍛えた身体
  6. スケートボード
  7. ヨガ
  8. スケートボードを抱えてたつ人
  9. アンプル 美容成分
  10. サプリメント
  11. プロテイン用シェイカーを持つ女性
  12. ラグビーゲーム
  13. 落ち込むスケートボーダー
  14. 食物繊維を多く含む食品
  15. トリックするスケートボーダー
  16. 雨の日のゴルフ
  17. ゴルフをプレーする男性
  18. ビタミンC イメージ
  19. アイシングしている足
  20. ボストンバッグ

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP