ラクロスグローブとラケット

【ラクロス】グローブおすすめ人気ランキング6選を徹底比較!選び方のポイントはフィット感?クロスとの相性もチェックしておこう

 

ラクロスをプレーするときにはスティック(クロス)やヘルメット、アイガードなどさまざまなアイテムが必要になりますが、グローブも重要な必需品の一つです。

男子と女子で形状も選び方も異なりますし、ポジションによって選び方が変わる場合もあります。フィット感やクロスとの相性などを中心にした選び方を解説していきます。

またラクロスグローブのおすすめランキングもご紹介しますので、グローブ選びをしている人はぜひチェックしてみてください。

ラクロスグローブは男子用と女子用で大きく異なる

ラクロスプレイヤーラクロスのグローブは男子用と女子用で大きく異なります。男子は女子用を使用するのは危険がありますし、女子も男子用を使用するとプレーしづらくなります。それぞれの特徴を知り、選ぶ際に役立てましょう。

男子用は分厚く衝撃吸収性が高い

男子のラクロスは女子とルールが異なり、ボディコンタクトが認められています。「世界最速の格闘球技」と呼ばれることもあるのが男子ラクロスです。

そのためヘルメットや防具の着用などがルールで義務付けられており、グローブも衝撃を吸収できる分厚く大きなものになっています。グローブの着用も義務付けられていますので、女子用のグローブを使って試合に出場するのは非常に危険です。

女子用は薄手で滑り止め加工付き

ラクロス シャフト女子は男子と異なり、ボディコンタクトは認められていません。アイガードとマウスピースは使用しますが、グローブは薄手のものがほとんどです。しかも使用が義務付けられているわけではなく、使わない人もいます

基本的に滑り止め・汗を吸収する・日焼け防止といった目的で使用する人が多いです。中には指先のでているハーフフィンガータイプのグローブを好む人もいます。

男子用の分厚いグローブを着用するとクロスさばきに支障が出ますので、女子用のものを選びましょう。

ゴーリー用のラクロスグローブの特徴は

ラクロスヘルメットとクロスゴールを守る最後の砦であるゴーリーは最速時速160km超というシュートを止めるポジションです。安全のために男子はもちろん女子であっても防具を装備しなくてはいけません。グローブもゴーリー専用のものがありますので、必ず装着しましょう。

160km以上の速さのボールを直接手で受けることもある

ゴーリーは場合によっては160km以上もの速さのボールを手で直接受けることもあります。そのため、非常に分厚く衝撃吸収性の高いグローブを使用する必要があります。

クロスに掛かる衝撃をしっかりと受け止められるグローブを選ぶ

ゴーリーは他のポジション以上にクロスにかかる衝撃が高いです。そのため、しっかりと衝撃を受け止めることができ、さらに大きめのクロスを使用するため滑りにくいグローブを選ぶ必要があります。

ラクロスグローブはフィット感とクロスとの相性で選ぶ

ラクロス用ヘッドラクロスグローブはボールを扱うクロスと接するため、フィット感やクロスとの相性を考えて選びましょう。

フィット感

ラクロスグローブはフィット感のよいものを選ぶ必要があります。サイズはもちろん、素材の厚みや軽さなども重要なポイントです。

メーカーや商品によってサイズ感は異なりますので、必ず自分の手の長さや手のひらの厚さなどを測定しておき、サイズ表と見比べて選びましょう。

また手首部分がベルクロやドローコード、ダイヤルタイプなどで締まり具合を調節しやすいものは手にしっかりフィットします。

クロスとの相性

クロスのシャフトの太さによって、最適な手のひらや指の動かしやすさがあります。細めのシャフトを使っている人は柔軟性が高くしっかりと握り込めるタイプを選びましょう。

ラクロスグローブの選び方のチェックポイント

ポイントラクロスグローブはフィット感やクロスとの相性以外にもチェックしたいポイントがあります。機能性や安全性の高いものを選ぶために、以下のようなポイントを確認してから購入しましょう。

通気性

ラクロスは運動量も多く、非常に汗をかくスポーツです。そのためグローブの中が蒸れたり温度が高くなったりすると非常に不快です。通気性の高いグローブを選ぶと快適にプレーできます。

手のひらや指のサイドにメッシュ素材を使用しているものは内部がこもらないので便利です。また女性用なら手のひらに穴が空いているものやハーフフィンガータイプもおすすめです。

滑り止め

男女ともに手のひらに滑り止め加工がついているものが多いですが、メーカーごとに滑り止めの素材や加工方法が異なります。滑り止めによって握力を補ってくれるため、無駄な力を入れずに握れるので便利です。

吸汗性

通気性が良いグローブでも汗自体はかくため、吸汗性の高い素材を使ったグローブがおすすめです。また放湿性の高いものなら内部をドライに保つことができます。

衝撃吸収性

手にかかる負担を軽減するため、衝撃吸収性の高い素材のものを選びましょう。各メーカーで独自のクッション素材を使用しているので注目しておきましょう。

またクッション性の高いものは分厚くなる場合がありますので、薄めのものや動かしやすいものを選びましょう。

柔軟性・伸縮性

関節が動かしやすいものや伸縮性のあるものは素手でクロスを握っているような感覚が得られます。クロスのコントロールもしやすいためおすすめです。

強度・耐久性

ラクロスではクロスを扱う際に手のひらが擦れますし、クロスをコントロールする際にグローブにかかる負担がかなり大きいです。そのため、強度や耐久性の高いものを選ぶと良いでしょう。

素材

手の甲とひらで求められる機能性は変わります。それぞれ柔軟性・強度・耐久性・衝撃吸収性・放湿性や雨天時の使用に備えた撥水・耐水性など機能性の高い素材を選びましょう。

全ての機能性を備えている素材を探すのは非常に難しいため、優先順位を決めて選ぶのがおすすめです。

色やデザイン

ラクロス スティック
ラクロスグローブには非常にさまざまな色やデザインのものがあります。ユニフォームに合わせた色にするのも良いですし、自分の気に入ったデザインにするのもモチベーションが上がるのでおすすめです。

メーカー

信頼できるメーカーの商品を選びましょう。使っている人が多ければ信頼性が高いですし、口コミなども多いため使用感などの情報を得やすいのでおすすめです。

価格

電卓とお金男子用のラクロスグローブは、安いものでは10,000円以内、高いものでは30,000円近いものがあります。女性用は3,000円〜5,000円程度で購入できます。購入する前に予算を考えておくと選びやすくなります。

安く購入したい人はAmazonなどの通販サイトをうまく活用しましょう。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. キックボクシングのスパーリングを受ける女性
  2. 女性 腹筋
  3. 男性 ダンベル
  4. ラグビー スクラム
  5. 太もも ダイエット
  6. ストレッチする女性
  7. バスケットボール シュート
  8. バスケ 男性 ドリブル

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP