戦う剣士

【剣道】サポーターおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!部位別の選び方を伝授!正しい着用の仕方を学んで効果的に使用しよう

 

【剣道】サポーターは部位別に用途に応じた種類がさまざまあります。剣道入門者であれば特にその豊富な種類のサポーターの中から自分の用途に適した製品を選ぶことを難しく感じる人も多いことでしょう。

今回は【剣道】サポーターのおすすめ人気製品と部位別の選び方、正しい着用方法などもあわせて詳しくご紹介します。

【剣道】サポーター選びに失敗したくない人は、ぜひこちらの内容を参考にしてみてください!

【剣道】サポーターの用途について再確認しておこう!

剣道

【剣道】サポーターは、同じ部位であってもタイプの違うサポーターがあります。例えば、足のサポーターであっても踵を保護するもの、足首を保護するもの、アキレス腱を保護するものなどです。

同じ部位をサポートする製品であっても用途にあわないものでは、サポーターの機能を十分に得ることはできません。

そのため、サポーターを選ぶ前には「どの部位をどのように保護したいのか」や「稽古のみで使用」または「試合においても使用」したいのかなどについて再確認しておくことをおすすめします。

【剣道】サポーターの選び方

こちらでは、部位別の【剣道】サポーターの選び方についてご紹介します。

手のサポーター

手のサポーターには「手首にかかる負担から保護することを目的」にした製品や「打突からの衝撃を緩和することを目的」とした製品があります。

「手首にかかる負担から保護」したい場合

手首の痛みや違和感を緩和したり、負担から保護したい場合には「リストラップ」タイプの製品でサイズ調整が可能な製品を選ぶとよいでしょう。着脱が簡単なものを選ぶのもポイントです。

「打突からの衝撃を緩和」したい場合

「打突からの衝撃を緩和したい」場合には、十分な厚みがあることに加えてズレを生じることのないフィット感の高いものを選ぶことをおすすめします。

足のサポーター

剣道で用いる足のサポーターには、部位別に「足先」「足裏」「踵(かかと)」「足首」「アキレス腱」の保護を目的としたものがあります。そのため、自分の保護したい部位を明確にすることが大切です。

また、同じ部位を保護するサポーターであってもデザインが異なります。そのため、足先、足裏、踵などの保護を担う製品ではグリップ力などの違いによる違和感を抑えるために「素足をどれぐらい露出させたいか」ということも考慮して選ぶことをおすすめします。

「足先」「足裏」用

「足先」「足裏」を保護する製品には「足袋式」や「靴下のように履く」タイプがあります。足袋式では、サイズや動き方によって足首に固定するゴムの部分が伸びてしまったり、食い込んでしまったりすることもあることを覚えておきましょう。

靴下のように履くタイプでは、着脱が簡単ですが不適切なサイズではズレや痛みを生じてしまう原因になるためサイズ選びには注意が必要です。

「踵」用

「踵」を保護する製品を選ぶときには、踵部分のクッションが衝撃を緩和できるほどの十分な厚みがあることに加えて激しい動きにも耐え得るフィット感を備えたものを選ぶとよいでしょう。

また安定性の高いものであることも重要なポイントです。口コミや製品の評価などを参考にしながら、安定性の高い製品を選ぶことをおすすめします。

「足首」「アキレス腱」用

「足首」「アキレス腱」を保護する製品を選ぶときには、サポーターの丈の長さ、サイズ、フィット感について確認して選ぶことをおすすめします。アキレス腱を保護するサポーターのサイズを選ぶ場合は、サイズ決定に必要な部位の周囲径を実際に計測してから決めるとよいでしょう。

「Mサイズ」「Lサイズ」などの表記のみで選ぶのは、サポーター選びに失敗する原因になるため避けてください。

正しい着用の仕方

剣道 構え

剣道で用いるサポーターは「正しく着用」して初めて十分な保護機能を発揮します。誤った着用方法は、動きを妨げるだけでなくけがや事故の原因にもなり得ますので注意しましょう。

こちらでは、特に着用方法に注意が必要なサポーターについてご説明します。

「踵」用サポーター

踵サポーターには、踏込の際にかかる踵への衝撃を緩和する構造になっています。

踵サポーターは、多くの製品において踵の真下にクッションなどの衝撃吸収材が備えられた構造になっているため、そのクッションが保護したい踵の真下に当たるように着用してください。

踵の入り方が不十分であったり、ねじれて踵の下にクッションが当たっていない場合は衝撃を十分に緩和できないため注意しましょう。

「足首」「アキレス腱」用サポーター

「足首」「アキレス腱」用サポーターは他のサポーターと比較すると丈が長いのが特徴です。その丈の長さで広い範囲を保護するため、アキレス腱用のサポーターであるにも関わらず足首まで留めて着用しても十分な保護はできません。

そのため、丈の長いサポーターは保護したい部位を十分に保護できるように伸ばして着用するようにしてください。しかし、無理に引っ張るとサポーターの破損の原因になりますので、着用時は優しく取扱いましょう。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. タックするラグビー選手

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP