鍛えた身体

原田龍二の筋肉画像をチェック!ミドルエイジで”脱げるカラダ”になる自己流トレーニング方法とは?イケメンなボディを作ろう

 

俳優の原田龍二さんは1970年生まれのいわゆるミドルエイジですが、最近になって彼の肉体が凄い!と注目を浴びています。

バラエティでもその見事な筋肉を披露していますが、話題を呼んだのはテレビCM「山本漢方製薬」ではないでしょうか。

ミドルエイジで脱げるカラダ、魅せる筋肉を維持する方法とは一体どのようなものでしょう。原田龍二さんの見事な筋肉画像と共に彼の自己流トレーニングに迫ります。

原田龍二はジムに行かない

 

View this post on Instagram

 

原田龍二 Harada Ryujiさん(@harada_ryuji1026)がシェアした投稿

見事な筋肉を維持している原田龍二さん、人気俳優なのでプライベートジムに通って鍛えているのかと思いきや、実はジムには通っていないのです。

彼の自己流のトレーニング方法は意外なものでした。

近所の公園でトレーニング

浦和在住の原田龍二さんは自宅前がちょうど公園なのだそうです。

その公園で遊具を使用して夜中にトレーニングをしているのです。ブランコに設置されている柵を使用して腕立てをしたり、うんていで懸垂をしたりしていると語っています。

これは意外なトレーニング方法ですね。

夜の公園が不良の集まる場所だったようで、原田龍二さんも何度か警察に職質を受けたと語っています。

弟・本宮秦風さんとヒンズースクワット

原田龍二さんには同じく俳優として活躍している弟・本宮秦風さんがいますが二人は子供のころからヒンズースクワットを一緒にしていました。

この兄弟は元はヤンキーとして地元でも一目置かれる存在だったようで、兄・原田龍二は「けんかは素手」という信念を持っていたそうです。若い時から体を鍛えていたのでしょう。

原田龍二さんはTBS系「水戸黄門」で格さんという大役を演じましたが、格さんも素手で戦う役でした。以前原田龍二さんと対談したテリー伊東さんは、若い頃の経験が格さんに影響を与えたと冗談を言っています。

剣道をやっていた

原田龍二さんは公式プロフィールでも特技「剣道、殺陣」と公表しています。

芸能界でも剣道をやっていた俳優や女優は多いですが、皆さん姿勢が良いのが特徴的です。原田龍二さんは鍛えた肉体のみならずシャンとした姿勢も魅力の一つですが、その基本は剣道にあったようです。

原田龍二は温泉番組で肉体を披露していた

 

View this post on Instagram

 

原田龍二 Harada Ryujiさん(@harada_ryuji1026)がシェアした投稿

原田龍二さんは秘湯を求める温泉番組に出演したこともありました。

その中でも鍛えた肉体を披露し、脱げるミドルエイジを印象付けています。彼はただ鍛えればいいという考えではなく魅せることが出来る体、脱ぐことが出来る体ということを大切にしています。

俳優である彼はアスリートやボディビルとはまた違った見解でトレーニングをしています

脱げるカラダは不快感を与えない

 

View this post on Instagram

 

BS-TBS 原田龍二の一湯入魂 【公式】さん(@ittounyukon_bstbs)がシェアした投稿

原田龍二さんは、大晦日の大人気番組「ガキの使いスペシャル」で裸芸を披露しお茶の間を沸かせましたが、彼が脱ぐうえで心がけていることは見る人を不快にさせないことです。

脱げるカラダは人を不快にさせないカラダなのです

かつて雑誌「Tarzan」で彼は脱げるカラダの心意気を語っています。ムキムキでもいやらしいし痩せすぎでも貧相に感じる、バランスのとれたカラダこそが彼の理想です。

原田龍二の食事

酵素ジュース

トップアスリートやボディビル、トレーナーなど体を作り上げる人達に欠かせないのはタンパク質を中心としたバランスの良い食事です。

ミドルエイジにして見事な肉体を維持している原田龍二さんはどのような食事を摂っているのでしょう。

肉体づくりの為の食事にこだわらない

原田龍二さんは、筋肉をつける為に特別な食事を摂っている訳ではなく、食事内容はごく一般的なものです。

ストイックに追い詰めていないスタイルが原田龍二流なのでしょうか。

ちなみに彼の父親は東浦和に軽食屋「百福」を開いており、サンドイッチやトースト、ケーキなど人気のメニューが揃っています。メニューには原田龍二さんの写真も載っていますよ。

健康の為の食事内容

筋肉作りの食事ではないにせよ、原田龍二さんは食事内容に気を使っています。

それは40代に入り胃潰瘍を患ったのがきっかけで、食事を見直したのです。胃潰瘍の人が気にすべきポイントは下記になります。

  • 食べ過ぎない
  • 消化の悪いものを避ける
  • 刺激の強いものを避ける
  • 味の濃いものは避ける(塩分酸味など)
  • よく噛んで食べる など

ミドルエイジと呼ばれる年齢になり、健康を意識した食事を摂取しています。

公園トレーニングで出来ること

音楽を聞きながらワークアウトする男性

原田龍二さんは無理をしないカラダ作りをしているようですが、彼が実際に行っている公園トレーニングではどのようなトレーニングが出来るのか、いくつか紹介します。

広背筋を鍛える斜め懸垂

公園には子供用の背の低い鉄棒があります。その低さを利用した斜め懸垂では背中の大きな筋肉である広背筋を鍛えることが出来ます。

  1. 鉄棒の下へ入り肩幅より広めに鉄棒を握る
  2. 足を前方へ伸ばし姿勢を維持する
  3. 腕を完全に伸ばしてから、肘を曲げ上体を鉄棒に寄せていく
  4. ゆっくりと戻し繰り返す

腰がくの字に曲がらないように腰を真っすぐに持ちあげて上体を板のようにキープします。

腕を曲げる際は肩甲骨を寄せるように背中の筋肉を意識して行いましょう。下記ではバーベルを使用した斜め懸垂を紹介していますが、公園の鉄棒で代用可能です。

https://youtu.be/LzxGXS4yk3w

高い鉄棒でのチンニング

公園にある高めの鉄棒ではチンニングを行うことが可能です。

チンニングは順手で鉄棒を握り行う懸垂のことでこちらも広背筋を鍛えるのにおすすめのトレーニング方法です。

  1. 足を地面から浮かせ肩幅より広めに順手で鉄棒を握る
  2. 息を吸いながら脇を締め体を引き上げる
  3. 上体が上までいったら胸を開くように背中の筋肉を意識する
  4. 戻す時は息を吐き、動作を繰り返す

順手で鉄棒を握ることでより広背筋に的確に働きかけることが出来ます。下記動画ではチンニングの様々なグリップ方法を紹介しています。

https://youtu.be/ArJ9TFTLT20

高い鉄棒でのハンギングレッグレイズ

腹筋を鍛えるハンギングレッグレイズも公園トレーニングで行うことが出来ます。

  1. 鉄棒を肩幅程度で握る
  2. 上体をキープしたまま両足を揃えて持ち上げる

下記の動画では上級者向けのハンキングレッグレイズも紹介されています。腰に負担がかからないトレーニングになります。

https://youtu.be/2VvZ1UFPSd4

梯子を利用したプッシュアップ

そしてプッシュアップも公園トレーニングでは多くの人が行っています。

  1. 滑り台のはしご部分や、公園にある柵などに両足を乗せる
  2. 両手を地面につき上体をかためプランクポーズを取る
  3. プッシュアップを行う

脇を締め上腕三頭筋へ働きかけたり、肩幅より広めにスタンスを取って大胸筋へ働きかけたり、さまざまなバリエーショントレーニングが可能です。

下記動画では公園でのプッシュアップを紹介しています。

https://youtu.be/mnxW5jEumoM

原田龍二がやっていたヒンズースクワット

 

View this post on Instagram

 

原田龍二 Harada Ryujiさん(@harada_ryuji1026)がシェアした投稿

原田龍二さんは自身のインスタグラムの中でジャンプをしている姿を多くアップしています。どのジャンプも見事なもので高いジャンプ力を感じます。

彼のジャンプ力は子供の頃から行っているヒンズースクワットが元になっているのではないでしょうか。

ヒンズースクワットで鍛えられる筋肉

ヒンズースクワットは数あるスクワットの中でも基本となるものです。鍛えられる部位は大腿四頭筋や内転筋、大殿筋などでヒップアップ効果も期待できるトレーニングです。

脚力が上がり、お尻が引き締まる王道のトレーニングといえますね。

ヒンズースクワットの正しやり方

ヒンズースクワットは誰にでも出来るトレーニングですが、正しい姿勢で行わないと腰痛や膝痛を起こしてしまうので注意が必要です。

  1. 足幅は腰幅程度に開く
  2. 背中を伸ばし両手を前方へ真っすぐ伸ばす
  3. 上体をキープしたまま膝を曲げる
  4. 太腿が床と平行になったらゆっくり戻る

ヒンズースクワットの注意点は背中を丸くしないことです。腹筋をかため体重が膝にかかるのを防ぎます。

原田龍二は日常の中で楽しみながら体を鍛えている

 

View this post on Instagram

 

原田龍二 Harada Ryujiさん(@harada_ryuji1026)がシェアした投稿

特別なトレーニングをしていない原田龍二さんですが、自身のインスタグラムには日常の中で筋トレを楽しんでいる姿が幾つかアップされています。

バランス力も上がる片手腕立て伏せ

原田龍二さんのインスタグラムで紹介されていたのは片手腕立て伏せです。

腕の力は勿論のこと、背中の力、そして強い体幹部分が必要になります。自宅でも簡単に出来るので是非チャレンジしてみましょう。

姿勢の良さはカラダ作りにも役にたつ

男性の後ろ姿

剣道を特技とする原田龍二さんは、いつも背筋がシャンと伸び整ったカラダを更に印象付けています。この姿勢の良さは実はカラダを維持する上で重要な役割を果たしているのです。

姿勢の良さは内臓を引き上げる

姿勢が良いと骨の位置もずれにくく歪みのない筋肉が付きます。

また姿勢に大きく関わっている背骨が歪むと骨格が歪み内臓の位置もズレてしまいます

腹筋が緩むとお腹が出るとよく言いますが、姿勢の悪さからも内臓が下がりお腹が出ることにつながります。

姿勢筋を鍛える

 

View this post on Instagram

 

原田龍二 Harada Ryujiさん(@harada_ryuji1026)がシェアした投稿

姿勢が良いということは、下記のような体全体の姿勢筋を常に鍛えていることになります。

  • 頸部屈筋、伸筋
  • 背筋群
  • 腹筋群
  • 臀筋群
  • 腸腰筋
  • ハムストリングス
  • 大腿四頭筋 など

上記からもわかるように、姿勢筋は体の前部と後部のバランスで成り立っています

姿勢が悪いと下腹が出る

姿勢が悪く猫背になると腹筋部分が弱くなりお腹がポコッと出てきます。俗にいう中年腹になるわけです。

原田龍二さんのような魅力あるミドルエイジになるにはお腹の筋肉は引き締めておきたいですね。

姿勢が悪いとお尻が垂れる

お腹同様に年齢と共に気になるのがお尻の部分です。

骨盤のゆがみによって腹部の筋肉が弱ることで、反り腰になり臀部の筋肉が使われなくなることが原因です。

美しい肉体を維持するには筋肉の低下に気を付けると共に、姿勢の悪さにも注意を払いたいものです。

原田龍二のようにミドルエイジで脱げるカラダをつくろう

 

View this post on Instagram

 

原田龍二 Harada Ryujiさん(@harada_ryuji1026)がシェアした投稿

原田龍二さんは特別なトレーニングをしている訳ではありません、誰にでも出来る自己流のトレーニングを継続して行っています。

ミドルエイジで脱げるカラダは程よく鍛えられ、程よく引き締まったカラダです。そんな肉体が大人のセクシーさを感じると好評です。

ストイックになり過ぎない、余裕を持ったトレーニング方法が原田龍二さんの魅力あるカラダを作り上げているようです。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP