ゴルフスイング

松山英樹の筋肉トレーニング法を解説!飛距離とスイングの安定感を産み出すのは下半身!外国人に負けないフィジカルを目指そう

 

松山英樹選手は日本人最年少マスターズ予選通過や最速で年間獲得賞金2億円越えなど輝かしい記録を持つプロゴルファーです。

松山英樹選手は見事な飛距離が魅力的ですが、彼のような安定したゴルフを目指すなら下半身のトレーニングは欠かせません。

そこで見事な筋肉を持つゴルファーとしても有名な松山英樹の筋肉トレーニング法に迫ります。

彼の強さはどこから生まれてくるのでしょう。

松山英樹の筋トレへの想い

 

View this post on Instagram

 

Kenji Sekiguchiさん(@kenji_sekiguchi0309)がシェアした投稿

松山英樹選手は世界で通用するゴルフ、世界で通用する体格を持つゴルファーです。そんな松山英樹選手は筋トレについて度々話題に上がります。

後輩へのアドバイス

同じ東北福祉大出身の後輩、竹安俊也選手は当時ツアー未勝利と延び悩んでいました。

そんな彼に松山英樹選手は筋トレの重要性を伝えたのです。竹安選手は在学当時から筋トレに重きを置いてきた先輩松山英樹選手の言葉を受け、公園で毎日トレーニングをしたところ飛距離を10ydほど伸ばせました。

松山英樹選手は学生時代からハードな筋トレを欠かさなかったようです。とはいえ学生時代の松山英樹選手はまだまだ体が出来上がっていませんでした。

体重60キロ台から100キロ代へ

現在の松山英樹選手のプロフィールを見てみると身長が181cmで体重は約90kgです。

しかしメジャーに初挑戦した時の体重はわずか60キロ台で、見た目も細くスラリとした青年のイメージでした。実はこの時は東日本大震災の影響を受け、肉体的にも疲労が蓄積されていたのです。

しかしそれからわずか6年という期間で体重を100キロ台まで引き上げ、安定感を向上させ球の飛距離を驚異的に伸ばしました。

松山英樹選手は国内プロと比較してモンスター級のパワーを手に入れたのです。体格で負けてしまう日本のゴルフを世界レベルに引き上げたのが松山英樹選手なのです。

ゴルファーはアスリートである

 

View this post on Instagram

 

mahalo_rubyさん(@mahalo_ruby)がシェアした投稿

松山英樹選手は、日本のゴルフ選手の筋力不足に疑問を投げかけ改善を試みています。

プロ野球選手は米国に渡り戦っても体格負けしないが、国内のゴルファーは明らかに体格負けしているのです。しかし筋力負けしていてもゴルフは出来ると思いがちなのが現状です。

松山英樹選手は、世界に通用するゴルファーになるには「ゴルファー=アスリート」という気持ちを持つことが大切であると語っています。

「自分が体づくりを率先して行うことで、ジュニアもトレーニングするようになるのかな」と未来に続くゴルファー達も体を鍛えるようになれば良いと発信しています。

ゴルフは体重がある方が飛距離が伸びる

 

View this post on Instagram

 

kakkaさん(@m_macaroni_t)がシェアした投稿

ゴルフは他のスポーツと違って動き回ったり走り回ったりするものではありません。とある関係者は体重こそゴルフの要であると言い切っているほどです。

名言「動けるデブ」

松山英樹選手の名言といえば「動けるデブ」になるという言葉です。

ゴルファーにとって大切なのは安定感でありブレない体幹なのです。決してムキムキのマッチョになる必要はありません。

「太ももは太いほど良い」というように下半身のトレーニングをしっかり行うのがゴルファー向けトレーニングになります。

体重が安定感を生む

ゴルフは飛距離、そして精度が重要視されます。精度というと小手先の技術のように聞こえますが、精度を生み出すのは体の安定感です。その安定感を生むのが下半身の筋力であり体重なのです。

どっしりとした体格は軸がぶれにくく、体重を球に乗せ飛距離を伸ばすことも出来ます。

とはいえ、ただ太っているだけではいけません。筋肉をしっかりつけたうえで太るべきです。それこそが松山英樹選手の言う「動けるデブ」というわけです。

松山英樹選手の筋トレ方法

レッグカール

2015年に松山英樹選手はこれまでのトレーニングを一新し、更にハードなトレーニングを始めました。そこには彼の悔しい思いが隠されています。

日本のプロゴルファーは筋力が下

松山英樹選手の意識を大きく変えた言葉として下記の有名なものがあります。

日本のプロ野球選手と米ツアーの選手の筋力は同等。しかし日本のゴルファーは、そこからはるかに下

とあるトレーナーに言われた言葉なのですが、この言葉が的を得ており松山英樹選手は悔しさを覚えました。

この言葉が引き金になり驚異的な肉体の改善に取り組んでいったのです。

下半身のトレーニングを徹底的におこなう

松山英樹選手のトレーニングは徹底的に下半身を鍛えるというものです。自分の体重を支えコントロールする為に下半身の筋力は必要不可欠です。

何よりもお尻の筋力アップに力を注いでいるようです。下記で紹介するダンベルスクワットやダンベルデッドリフトも大きな負荷をかけて取り組んでいます。

吐くほどのキツイトレーニングメニューをこなす

松山選手のトレーニングは追い込み方トレーニングで、サーキットトレーニング中は幾度か吐きそうになったようです。

トレーニングジムからホテルに戻るのもままならない程のハードトレーニングをし、強靭な肉体を作っているのです。

大会には疲れを残さない

ハードな筋トレをおこなう松山英樹選手ですが、やみくもにトレーニングに励んでいる訳ではありません。続く大会に疲れを持ちこさないように計算してトレーニングをおこなっています。

トレーニングをコントロールすることもゴルファーには必要ですね。

松山英樹選手のルーティーン

 

View this post on Instagram

 

Golf Channel Japanさん(@golfchanneljapan)がシェアした投稿

多くのトップアスリートが自分のルーティーンを持っているように、松山英樹選手も自身のルーティンをもっています。

  • ラウンドスタート(ティオフ)より3時間半前に起床する
  • ホテルのジムでウォーミングアップ

十分に体をあたため、汗を流してからコースに出かけます。このルーティンは肉体づくりの為というより怪我防止のウォ―ミングアップのようです。

いくら早いティオフでも朝は1時間半のトレーニングを欠かさずに行います。体が土台になるスポーツなだけに地道な日々の努力が大切なのですね。

松山英樹選手のトレーニング内容

肉体美

ここからは実際に松山英樹選手がおこなっているトレーニング方法を紹介します。

ランニングマシンと自重トレーニング

松山英樹選手のトレーニングは基本的にサーキットトレーニングです。

ランニングマシンで有酸運動おこなった後に負荷の少ない自重トレーニングをおこない、更にまたランニングマシンで走るを繰り返します。

変形ジャンプスクワット

ジャンプスクワットは通常、膝を曲げ上体を戻す際にジャンプをするトレーニングですが、松山英樹選手は更にハードな変形のジャンプスクワットを取り入れています。

  1. 腰を下ろし背筋を伸ばす
  2. 腰を落とした状態をキープしながら足を前後にうごかす
  3. 腰を落とした状態をキープしながら足を左右に開いて閉じる
  4. 上記の動作をフルスピードで1分間続ける

松山英樹選手はサーキットトレーニングを取り入れているので、このトレーニング後少しのインターバルを入れすぐに次のトレーニングへ移行しています。

ダンベルスクワット

ダンベルスクワットは、名前の示すようにダンベルを両手に持って行うスクワットの事です。

  1. 両手にダンベルを持ち肩幅程度に足を開く
  2. お尻を後ろに引くように膝を曲げる
  3. 太腿とお尻で重りを支える意識でスクワットをおこなう

自重のスクワットと比較すると重心の位置が下部に変わるので、少し前傾気味におこなうのがポイントです。下記動画を参考にしてみてください。

https://youtu.be/xPdUodFyAMI

ダンベルデッドリフト

ダンベルデッドリフトは、通常バーベルで行うデッドリフトをダンベルに持ち替えて行うトレーニングです。ジムに行かずとも自宅で手軽に出来るのではないでしょうか。

  1. ダンベルを両手に持ち体の前に置く
  2. お尻をつきだしながら腕をのばしたままダンベルを持ち上げる
  3. 膝が伸びたらゆっくり下ろし繰り返す

お尻をターゲットに行い場合は、膝を伸ばし切らずにダンベルを持ちあげましょう。下記動画で詳しく解説をしています。

https://youtu.be/2vbZUb84iok

ペットボトルをジャンプでかわす

ハードなトレーニングの締めくくりとして取り入れているのはペットボトルをジャンプでかわすトレーニングです

ペットボトルを床に置き、両足ジャンプで前後飛びや左右跳びを繰り返します。

どこでも出来て、効果的に下半身を鍛えることが出来るので是非真似してみたいトレーニング方法ですね。

松山英樹選手はフォームを整え体幹も鍛えている

爆発的な筋力トレーニングの概念

松山英樹選手のトレーニングをみると下半身を集中的にトレーニングしていますが、体幹部分も並行して鍛えていることがわかります。

体幹トレーニングはブレない体を生む

丸山茂樹プロは松山英樹選手のプレーをみて「これだけ(軸が)曲がらない選手はいない」といっています。彼の体の強さは体幹部分の強さにあるのです。

体幹部分のトレーニングを取り入れることは勿論ですが、それ以外でも松山英樹選手が大切にしていることがあります。

筋トレではフォームを崩さないことが大切

松山英樹選手は、かなりハードなトレーニングをおこなっていますがただ回数をこなしているだけではありません。

彼は筋トレのフォームも大切にしており、フォームを正しく正すことで体幹部分にも強く働きかけるトレーニングを実施しています。

またトレーナーが後方から骨盤を支え、スイング時の骨盤角度と同じ角度を維持しながらスクワットをおこなっています。より実践的に筋肉を使用出来る状態にしているのです。

松山英樹選手はトレーニングで世界をつかんだ

 

View this post on Instagram

 

うさこさん(@kotuminnn)がシェアした投稿

松山英樹選手の数々のエピソードを見てみると、もともとメンタル面は強い選手のようですが、吐くほどのトレーニングをおこなうことでフィジカル面だけでなくメンタル面もかなり強化されているようです。

松山英樹選手は先人とは違った視線でゴルフ界を見つめ、トレーニングをおこなうことで世界をつかんだ選手といえます。

飛距離を伸ばし軸を強くしたいなら、彼のように下半身に重きを置いたトレーニングがおすすめです。動けるデブこそゴルフ界では最強の肉体の持ち主なのです。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP