自転車で通勤する若い男性

【自転車】サドルカバーおすすめ人気ランキング10選を徹底比較!選び方を学んでお尻の痛みから解放されよう!タイプ別特徴も網羅

 

自転車は趣味やスポーツを始め通勤や通学などの移動手段としても多くの人に使用されています。自転車に関するアイテムは数多くありますがサドルカバーも快適なサイクリングをサポートするアイテムの一つです。

体重が一番かかるサドルに機能性のあるサドルカバーを取り付けることで身体への負担が軽減され快適な走行が可能となります。しかしサドルカバーは種類が多くどれを選べばよいのか迷ってしまうのではないでしょうか。

そこで今回は人気のおすすめ自転車用サドルカバー10選をランキング形式で徹底比較していきます。サドルカバーのタイプを解説しながらサドルカバーの選び方を紹介します。

サドルカバーの役割

サドルカバーを装着するとサイクリングが快適で楽になるだけではなくその他にもいくつかのメリットがあります。サドルカバーの役割にはどのようなものがあるのでしょうか。

お尻の痛みやしびれを軽減

クルーザー自転車

サドルカバーの最大の役割は身体にかかる負担や衝撃を軽減してくれることです。サドルカバーには弾性があり衝撃吸収性に優れた素材が使用されているものがあります。

お尻にかかる負担や衝撃をしっかり吸収してくれるので長時間走行しても痛みやしびれが起きにくくなります。またクッション性もいいので座り心地がよく疲れにくいサイクリングをサポートしてくれます。

衣服が傷まない

硬いサドルに長時間座っていると衣服が擦れやすく傷んでしまう場合があります。特にジーンズはサドルとの摩擦によりツルツルに光ってしまいファッションの外観を損ねてしまう可能性があります。

サドルカバーには耐摩耗性が備わっているものがあるので摩擦から衣服を守る役割も担っています。

サドルを雨や紫外線から守る

自転車とレンガの壁

サドルカバーを付けることでサドルが濡れるのを防ぐことができます。サドルカバーには防水性が備わっているものや防水・防塵カバーが付属されているものがあります。

サドルは濡れると滑りやすく安全に走行することが困難になります。またレザーを使ったサドルは雨に濡れたり太陽にさらされたりするとシミが残ったり劣化が早くなったりしてしまいます。

特に自転車を屋外に保管する場合はサドルカバーを装着することでサドルを保護することができます。

サドルカバーのタイプを知る

サドルカバーにはさまざまなタイプが存在します。それぞれのタイプの特徴や機能性を把握しておくとサイクルカバーを選ぶ際に役立ちます。

サドルカバーのタイプ:素材

ビーチクルーザー

サドルカバーのタイプは素材によって異なります。ほとんどのサドルカバーにはゲル素材またはウレタン素材が使用されています。

ゲル素材は衝撃吸収性に優れていてサイクリング時のお尻にかかる衝撃を軽減してくれます。程よい硬さがあるので安定性がありペダリングが行いやすいためロードバイクに適しているといえます。

ウレタンはソフトな素材でクッション性に優れています。お尻にかかる力を分散してくれるので負担が少なく長時間走行しても疲れにくくなります。そのため前かがみにならず身体を起こして乗るタイプの自転車に適しているといえます。

近年ではゲルとウレタンを2つとも合わせ両素材のよさを活かしたサドルカバーもよくみられます。またサドルカバーにエアーを搭載したエアーパッドというタイプもあります。

サドルカバーのタイプ:サドルへの装着方法

サドルカバーのタイプはメーカーやモデルによってサドルへの装着方法が異なります。装着方法はドローコードまたは面ファスナーが付いたストラップで固定する方法があります。

ドローコードで固定する方法はサドルにカバーを被せコードを引いて締めるだけなので非常に簡単です。さまざまな形状や大きさのサドルに合う点や装着や取り外しに手間がかからない点が特徴的です。

ストラップ式はサドルカバーを被せてからストラップを巻き面ファスナーで固定します。面ファスナーは強度の高いものが使われています。しっかり固定できるのでずれることが少なく長い時間でも安定したサイクリングを行うことができます。

サドルカバーの選び方

サドルカバーの役割やタイプ別の特徴を把握したところで早速サドルカバー選びを始めてみましょう。押さえておきたい選び方のポイントをチェックしながら快適なサイクリングができるベストなサドルカバーを選びましょう。

サドルカバーの機能性をチェックする

自転車を押す男性

安全で快適なサイクリングをサポートしてくれるサドルカバーの機能性をチェックしましょう。サドルカバーにはさまざまな機能性が備わっていますが以下の機能をチェックしておくと安心です。

  • クッション性 … お尻への痛みやしびれを軽減する
  • 衝撃吸収性 … 身体へかかる衝撃と負担を緩和する
  • 通気性 … 発汗によるムレを防ぐ
  • 吸汗速乾性 … 汗をすばやく吸収し乾きが早いので不快感が生まれない
  • 防水機能 … サドルを雨から守り劣化を防ぐ

耐久性をチェックする

サドルカバーの素材や構造に耐久性があるかどうかをチェックすることも大切です。サドルカバーには体重がかかるので耐久性がないとすぐに変形したり破損したりしてしまいます。

素材や構造以外にも縫製も確認しましょう。縫い目がとんでいたりほつれたりしているとそこから破けてしまうことがあります。またストラップで固定するサドルカバーは面ファスナーの強度もチェックする必要があります。

強度の弱い面ファスナーは固定感が弱くなりサイクリング中に外れてしまう可能性があります。素材だけでなく細かい部分の耐久性をチェックすることで長く使えるサドルカバーを選ぶことができます。

サイズをチェックする

サドルカバーを選ぶ前に使用している自転車のサドルのサイズや形状を把握しておく必要があります。サドルカバーにはさまざまなサイズがあり全ての自転車に対応できないサドルカバーがあります。

スポーツバイクなどの細めのサドルや小さいサドルが付いた折りたたみ自転車だけに適用するサドルカバーもあります。

一般的なシティバイクには大きいサドルが付いている場合があるのでどのような自転車に対応しているかを確認しましょう。

裏面の滑り止め加工をチェックする

ミニベロ 折りたたみ自転車

サドルカバーの裏に滑り止めが施されているとサドルからずれにくく安定したサイクリングを行うことができます。

サドルカバーは面ファスナーやドローコードでサドルに固定しますが、サドルカバーの裏に滑り止めがあると座面が滑らないので安定性が高まります

夜間の安全走行をサポートする反射テープ

サドルカバーに反射テープが施されていると暗くなっても安全を確保することができます。小さい機能ですが夜間に自転車を使用する際に自分の安全だけでなく周囲の安全を守るためにも役立ちます。

手入れがしやすい

通気性に優れたサドルカバーでも長く使用していると汗のニオイが気になったりホコリで汚れが目立ったりしてきます。洗濯や手入れが簡単にできるとサドルカバーをいつでも清潔に保つことができます。

洗濯時にサドルカバーが変形したり破損したりしない耐久性のあるものや洗濯が可能であるかをチェックしてみましょう。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP