【オリンピック/競泳】日本選手の活躍が期待される種目とは!?メダル7個獲得の前回大会の記録を超えられるか?

 

2020年、遂に東京オリンピックがやってきます!2013年に東京オリンピックの開催が決定した瞬間は皆さんも記憶に新しいのではないでしょうか。

あれからどれだけ多くの選手たちがオリンピック出場を夢て努力してきたことか。

2020年のオリンピックから新しく加えられた種目もあり、盛り上がること間違いなしの東京オリンピック。

日本のメダル獲得数は前回のリオデジャネイロオリンピックのトータル数41個を超えることができるでしょうか?!

今回は、オリンピック競技の中から「競泳」にフォーカスを当て、メダルの可能性を考察してみたいと思います。

2020年の競泳は全37種目

日本選手の活躍が期待されている「競泳」。

現在の日本人競泳選手の活躍は記録にも記憶にも残るような、目覚ましいものがありますね。

つい最近では、オリンピック出場が期待されていた競泳女子代表の池江璃花子選手(18)が白血病を公表するなど、さらに注目を集めています。

若い世代の選手がどんどん育ってきて、その記録の塗り替えはもはや驚異的です。

しかも競泳の種目は男女合計でなんと全35種目もあります。

2020年より男子800m自由形、女子1500m自由形、男女混合4x100mメドレーリレーが追加されました。

これだけ多くの種目があるので、メダルの可能性もかなり期待できるのではないでしょうか。

男子種目

自由形(50m、100m、200m、400m、800m、1500m)

背泳ぎ(100m、200m)

平泳ぎ(100m、200m)

バタフライ(100m、200m)

個人メドレー(200m、400m)

リレー(4×100m、4×200m)

メドレーリレー(4×100m)

オープンウォータースイミング10km

https://ja.wikipedia.org/wiki/オリンピックの競泳競技

女子種目

自由形(50m、100m、200m、400m、800m、1500m)

背泳ぎ(100m、200m)

平泳ぎ(100m、200m)

バタフライ(100m、200m)

個人メドレー(200m、400m)

リレー(4×100m、4×200m)

メドレーリレー(4×100m)

オープンウォータースイミング(10km)

https://ja.wikipedia.org/wiki/オリンピックの競泳競技

女子男女混合種目

メドレーリレー(4 x 100m)

https://ja.wikipedia.org/wiki/オリンピックの競泳競技

リオデジャネイロオリンピックの結果

2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、日本の全体メダル獲得数は41個、競泳メダル数は合計7個という記録でした。

2012年のロンドンオリンピックでは全体獲得数が38個だったのに対し、競泳獲得メダルは11個。

記録でいえば前回大会では思うような結果が出なかったのですが、2020年ではどうでしょうか。

まずは現在日本選手に期待される種目について考えてみたいと思います。

注目の種目はコレ

団体が強い!リレー種目

まずはなんといっても「リレー種目」でしょう。

これまでの競泳の歴史を振り返っても、1928年のアムステルダム大会では男子4×200m自由形リレーで銀メダルを獲得したのを皮切りに、1932年のロサンゼル大会での男子4×200m自由形リレーでは金メダルを獲得しています。

さらに1936年のベルリン大会では男子4×200m自由形リレーで連続金メダルを、1952年のヘルシンキ大会では男子4×200m自由形リレーで銀メダルを獲得。

1956年のメルボルン大会では惜しくもメダルは逃しましたが、1960年にはローマ大会で再び男子4×200m自由形リレー銀メダルと男子4×100mメドレーリレー銅メダルの2種目でメダル獲得しています。

そして2020年と同じ東京で開催された1964年には、唯一男子4×200m自由形リレー銅メダルを獲得。

ここから若干のスランプに陥り、1972年のミュンヘン大会・1988年ソウル大会・1992年バルセロナ大会までメダル獲得はなしでした。

しかし2000年のシドニー大会では、それまで男子メドレーリレーの記録だけだったのですが、女子400m個人メドレー銀メダルと女子4×100mメドレーリレー銅メダルを獲得するなど、女子選手の活躍が目立ってきました。

まだ記憶に新しい2004年のアテネ大会では、北島康介選手を筆頭に、森田 智己選手、山本 貴司選手、奥村 幸大選手による男子4×100mメドレーリレーがアジア新記録を樹立し銅メダルに輝きました。

この2004年アテネ大会では北島康介選手が男子平泳ぎ100m・200mでオリンピック新記録を更新する金メダルを獲得し、日本の競泳に対する世間の関心を高めることにも貢献。

そして2008年の北京大会でも男子4×100mメドレーリレーはまたしてもアジア新記録を更新し、銅メダルに輝きました。

2012年のロンドンオリンピックでは男子4×100m×メドレーリレーで銀メダル、女子4×100m×メドレーリレーで銅メダルを獲得し、前回の2016年リオデジャネイロ大会で男子4×200mリレーで銅メダルを獲得しています。

直近で遡ること5年連続リレー種目でメダルを獲得しているという実績があります。

多くの選手がオリンピックという舞台で自己ベストや新記録を樹立しながら、日本の水泳界をメジャーなものにしてきたのです。

日本の強さは、常に進化する個人のレベルアップと、何よりも団体で挑むリレーにあるといえるのではないでしょうか。

リレー種目でメダルが期待できる選手

まず男子選手は萩野公介選手、瀬戸大也選手、小関也朱篤選手、小堀勇氣選手、中村克選手、江原騎士選手、坂田怜央選手ではないでしょうか。

特に20代前半という若さを武器に戦える坂田怜央選手には注目が集まりそうです。

オリンピックというプレッシャーに負けず、本領を発揮してほしいですね。

また、女子では大橋悠衣選手、渡部香生子選手、青木智美選手、酒井夏海選手、今井月選手です。

特に後述の2人は若さも武器になると思いますので、残りの期間でしっかりと体を作り、安定してベストタイムが出せるようになれば可能性は十分あるのではないでしょうか。

男子競技で注目な種目

男子競技でメダル圏内だと思われる種目は、男子400m個人メドレー、男子200m個人メドレー、男子200m自由形、男子200mバタフライです。

特に男子400m個人メドレーの萩野公介選手と瀬戸大也選手は東京オリンピックでの金メダルを公言しているので注目ですね。

男子200mバタフライの坂田怜央選手も金メダルを目指しており、楽しみです。

女子競技で注目な種目

女子競技でメダルを狙えるのは渡部香生子選手の200m個人メドレーと200m平泳ぎではないでしょうか。

2015年の世界水泳で渡部香生子選手はそれぞれ銀メダルと金メダルを獲得しています。

池江璃花子選手が白血病によりオリンピック出場を断念しましたが、今大会初出場で準決勝に輝いた長谷川涼香選手も200mバタフライでメダルを狙える可能性がありそうです。

選考基準

オリンピック日本代表として出場できるにはまずは最低限クリアしなければならない実績が必要となります。

公式で定められている選考基準は次の通りです。

・第18回FINA世界選手権

・第96回日本選手権

この2つの選手権において金メダルを獲得すること。(ただし、第96回日本選手権についてはまだ未発表)

しかしもちろんこれだけではありません。

第18回FINA世界選手権に出場するには、さらに2019年4月に開かれる第95回日本選手権で成績を残さなければなりません。

このように、競泳に限ったことではありませんが、オリンピックの切符を手にするにはその前段階の大会でも実績を残す必要があるのです。

そう考えると、常にベストコンディションを保ち、結果を出していくという事が重要になってきますね。

選手たちの集中力や継続力は半端ないという事がお分かり頂けるかと思います。

前回大会の記録を超えるためには

当然のことですが、競泳の勝敗は”タイム”です。

定められた泳法で決められた距離を泳ぎ、タイムを競うのが競泳。

そしてこのタイムを他者よりも少しでも早くするためには、泳ぎ方やパワーだけでなくスタートの瞬発力や推進力、そしてターンも重要になってきます。

水泳をやっている人ならわかるかと思いますが、スタートやターンがスムーズにいくのとそうでないのではかなりの差ができてしまいます。

そのため、水泳選手は水泳以外に筋肉をつけるためのウエイトトレーニングや瞬発力をつけるためのトレーニングを欠かしません。

ランニングや柔軟

足腰の筋力をつけるためにランニングも大切なトレーニングの1つです。スタミナや心肺を鍛えるためにも有効といえます。

また、水泳の場合は筋肉だけを付けてしまうと水に浮かなくなってしまうため、ある程度の柔らかい脂肪も必要です。

全身の筋肉を柔らかくするためにストレッチや柔軟性を高める体操なども取り入れます。

メンタルトレーニング

1つの競技のためにあらゆるトレーニング方法を取り入れる必要がある水泳は、過酷な競技ですね。

しかし確実に結果になることが実感できるからこそ、多くの若手選手が新記録を出しながら今日に至るのではないでしょうか。

そしてそんな過酷なトレーニングに打ち勝つためにはメンタルトレーニングを取り入れる選手も増えてきました。

水泳は「我慢ができるか」によっても、記録の差に大きな影響を及ぼします。

限られた距離のプールを何往復もするわけですから、集中力が切れたり、同じ行動を繰り返すことに飽きてしまうことも。

そういう意味で、メンタルを鍛える必要があるのです。

競泳選手一覧

ここからは今注目の日本代表選手を紹介したいと思います。

前回のリオデジャネイロオリンピックでも結果を残したベテラン選手、2020年の東京オリンピックで初出場となる若手選手まで選んでみました。

どの選手も強さやこれから調整していかなければならない技術もありますが、この顔ぶれに注目です!

男子選手

萩野公介選手

リオデジャネイロオリンピック400m個人メドレーでは金メダル、200m個人メドレーでは銀メダルを、そして4x200mフリーリレーではチームを銅メダルに導いた萩原公介選手です。

日本記録をたたき出す実力派。もっともメダルが期待できる選手です。

しかし、2019年2月16日に行われた競泳・コナミオープンの400m個人メドレーの決勝戦を棄権したことで、何があったのかと騒がれていますね。

体調が良くなかったとのことで心配です。

瀬戸大也選手

荻原選手と友人であり良きライバルである瀬戸大也選手は、小学生のところか大会出場をしてきたため他の選手よりも大会経験が豊富です。

個人メドレーを含むすべての泳法で全国大会優勝経験を持つ、マルチスイマー。

リオデジャネイロオリンピックでも400m個人メドレーで銅メダルを獲得しています。

競泳界になくてはならない存在ではないでしょうか。

小関也朱篤選手

183cmの長身でリーチはなんと2mの小関也朱篤選手。

リオデジャネイロオリンピックでは200m平泳ぎで5位に入賞しており、2017年世界選手権で銀メダルを獲得しています。

小堀勇氣選手

2度のオリンピックを経験している小堀勇氣選手。

リオデジャネイロオリンピックでは800mフリーリレーで第3泳者としてチームに貢献し、52年ぶりとなる銅メダル獲得しました。

経験があるからこそ、2020年のホームでのオリンピックでも結果をだしてくれるのではないでしょうか。

中村克選手

中学から競泳をはじめた中村克選手の専門は自由形。

大きな体をいかしたダイナミックな泳ぎで多くの大会で日本記録を更新しています。

可能性を秘めた泳ぎで、東京オリンピックでの活躍も期待できる選手です。

江原騎士選手

陸上自衛官でもある江原騎士選手。

リオデジャネイロオリンピック出場経験者で個人種目では惜しくも予選敗退となりましたが、800mフリーリレーでは第2泳者としてチームに貢献。

チーム戦で活躍が期待できる選手です。

坂田怜央選手

200m自由形の世界ジュニア記録保持者です。

2018年のパンパシフィック水泳選手権では、800mフリーリレーで銅メダルを獲得している期待の若手。

女子選手

大橋悠衣選手

大橋悠衣選手は2020年東京オリンピック時には24歳。

専門はバタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、クロールの順で全て1人で泳ぐ個人メドレーです。

2018年の夏に行われたパンパシフィック水泳選手権大会では、200m個人メドレー・400m個人メドレー共に優勝しました。

173cmという長身を生かして2位との差も離しながらのゴール。

今後の活躍に期待したい選手です。

渡部香生子選手

アジア大会200m平泳ぎで金メダルを獲得し、大会2連覇を成し遂げた期待の選手です。

ロンドンオリンピックも経験しており、土壇場での実力を発揮できると評価されています。

青木智美選手

青木智美選手は現在24歳。

お兄ちゃんの影響で3歳の時から自身も水泳を始めた根っからの水泳っこ。

高校3年のインターハイでは100m自由形で6位、200m自由形で7位の好成績を収めました。

そこから大学へ進学して現在まで活躍を続けています。

2017年の世界水泳選手権では800mフリーリレーで5位入賞を果たしている実力派です。

酒井夏海選手

2020年東京オリンピック時には17歳という若手の坂井夏海選手。

背泳ぎを専門としていて、中学3年生の時に日本選手権で100m・200m共に初優勝を飾りました。

日本代表最年少としてリオデジャネイロオリンピックにも出場し、団体メドレーリレーで活躍。

2018年アジア競技大会では100m背泳ぎで優勝している期待の星です。

今井月選手

今井月選手は池江選手と同じ年で仲良しで有名ですね。

平泳ぎの選手ですが、2017年にはよしもとクリエイティブ・エージェンシーと契約をし、タレントとしても活動しています。

夢はモデルになることだそうですが、2013年から2016年にかけて多くの大会で好成績を残しています。

安定した成績を出すことができるようになれば、戦力として十分活躍できるのではないでしょうか。

まとめ

いいかがでしたでしょうか?

別ても育っている今日の競泳界、まだまだ実力を伸ばすチャンスはありそうですね。

これまでの選手たちの実績や直近の活躍を見ても、2020年の東京オリンピックは前回大会7個のメダルより上回る数のメダルが獲得できるのではないでしょうか。

金メダルのチャンスもありそうなので、期待が高まりますね♪

一致団結して世界へ挑む大舞台、東京オリンピックの競泳も大いに盛り上がることでしょう!

ホームでの戦いを間近でみるチャンスでもあるので、東京オリンピックを生で応援してみてはいかがでしょうか。

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. フィールドホッケー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP