【オリンピック/サッカー】出場メンバーを予想!男子のみ採用の年齢制限やオーバーエイジなど、五輪ルールも詳しく紹介

 

最近のサッカー日本代表は男女とも非常に強さを増しています。

男子の方はFIFAランキング27位と一気に23ランクアップ。加えてアジア勢ではイランに続き2位と好調さが窺えます。

ここ数年はずっと50番台以下でしたが、一気に抜け出して躍進を遂げています。

女子の方も、澤穂希選手や宮間あや選手が日本代表から退団して一時的に戦力が落ちたものの、若い選手が育ってきて現段階でFIFAランキング6位となっております。

これから東京オリンピックも控えていますし、いよいよ他国との争いはもちろん日本国内でも激しいポジション争いが繰り広げられることは必至です。

その激しい競争を潜り抜け、東京オリンピックに出場できるメンバーを一挙紹介していきます。

男子のみ採用されている年齢制限

オリンピックのサッカー競技では、男子にのみ採用されている年齢制限があります。どのようなものがあるのかをご説明します。

基本的には23歳以下のみ出場可能

オリンピックの男子サッカー23歳のみ出場可能となっています。

何故サッカー競技だけ年齢制限があるのか。それは国際オリンピック委員会(以下IOC)と国際サッカー連盟(以下FIFA)の対立があったのです。

オリンピックを盛り上げたいIOCとワールドカップの存在意義を確立したいFIFA

元々アマチュア選手の大会として1896年に第1回アテネオリンピックが開催されました。当然オリンピックではアマチュア世界一を決める大会として非常に高い注目を集めていました。

それからしばらくしてFIFAが設立され、1930年に第1回ワールドカップがウルグアイで開催されました。この大会はプロ、アマを問わず強い選手が出場できたのです。

結果ワールドカップは「実質世界一の国を決める大会」としての地位を固めていきました。

一方ワールドカップの開催によってオリンピックにおけるサッカー競技の衰退を危惧したIOCは、1984年のロサンゼルスオリンピックからプロ選手の解禁を行ったのです。

お互いの利害関係が対立したIOCとFIFAの折衷案

オリンピックにプロの選手が出場できるとなると、ワールドカップの地位が脅かされます。そこでFIFAはワールドカップに出場した選手にオリンピックへの出場資格を与えなかったのです。

こうなると両者の引っ張り合いになり泥沼状態になります。そこでIOCとFIFAが出した折衷案が「オリンピックには23歳以下しか出場権がない」というルールです。

このルールが適用になることで、「オリンピックのサッカー競技を価値あるものにしたい」と願うIOCと「ワールドカップの存在意義を守りたい」と願うFIFAの両者が妥協しながら共存していけることになると判断され、1992年のバルセロナオリンピックから導入されました。

アトランタオリンピックから3人のオーバーエイジの選手の出場も認められる

バルセロナといえばサッカーの本場です。そこでオリンピックが開催しサッカー競技が行われ、しかも優勝したのは地元スペインとなれば大盛り上がりだったでしょう。

しかし実際はそうではなかったのです。

バルセロナオリンピック大会の総動員数が過去の大会と比較して非常に少なかったことが判明。

IOCはこの事実の原因を「若い選手だけで大会を開いても知名度も技術も低く、魅力に欠ける為」だという見解を示しました。

その抗議を受けた形で、次回1996年のアトランタオリンピックから、23歳以上の選手(over age)を3人まで出場可能にするという特別ルールが施行されたのです。

その他のオリンピック特別ルール

この他にもオリンピックのサッカー競技には特別ルールがいくつかあるのでご紹介します。

登録人数は18人

FIFAなどが主催する国際試合では23人である登録人数が、オリンピックでは18人と少ない人数になっています。

何故国際試合と同じ23人にしないのか理由が気になるところですが、IOCは具体的な理由には触れていません。

恐らく前述のようなIOCとFIFAの利害関係が絡んだ何かがあるのだと推測されます。

キーパーの登録は最低2人

国際試合では最低3人と決められているゴールキーパーの登録も、オリンピックでは2人になっています。

登録人数が少ないとはいえゴールキーパーは替えがきかないポジションであり、怪我や急病などで欠けないようにしたり、オリンピックの過密スケジュールを2人だけで組むのは非常に大変なようです。

男子サッカー:冨安健洋(ディフェンダー)

https://twitter.com/footballmatome_/status/1101693855076962304

中学3年次に飛び級でアビスパ福岡のトップチーム練習に参加

小学生の頃から持ち前のスピードとサッカーセンスが光っていた冨安選手は、中学3年の時に現在J2リーグであるアビスパ福岡のトップチームと練習を共にすることになります。

年齢的にもジュニアで練習を積むべき時期に、異例の飛び級抜擢になりました。

高校2年次に天皇杯で公式戦デビュー

その後も冨安選手の活躍は続き、高校2年という早さでアビスパ福岡に2種登録されて天皇杯で公式戦デビューを果たしました。

その後高校卒業を待たずに同チームのトップチームに昇格し、ディフェンダーとしてレギュラーの座を勝ち取っています。

スピードを活かしてボールを奪う能力が高い

身長188㎝と大柄な冨安選手ですが、非常にスピード感があるディフェンスをし相手からボールを奪うのが上手いです。

インターセプトもタックルも非常に早くリーチも長いので、相手のオフェンスを寸断しピンチをチャンスに変える能力を持っています。

日本男子サッカー界のリーダーとして育ってくれること間違いなしです。

男子サッカー:小川航基(フォワード)

高校3年の大会で才能が開花

類まれなサッカーセンスを持ちながらなかなか注目を浴びることのなかった小川選手ですが、高校3年の全国高等学校サッカー選手権大会では計4得点を挙げ得点ランキング2位タイとなり、一気に注目を浴びることとなりました。

怪我からの復帰、329日ぶりのスタメン入り

ジュビロ磐田に入団した小川選手は、公式戦で初得点後にハットトリックを決めるなどいきなりその存在感をアピールしましたが、その後怪我に泣かされ出場機会を失います。

約1年ぶりに復帰した2018年はU-21日本代表に選ばれ、その得点力に期待を寄せられています。

身長183cmからのヘディング、抜け出しの早さでゴールを奪う

小川選手は183㎝と大柄な選手ですが、そこから繰り出されるヘディングは強烈なものがあります。

また裏へ抜け出すスピードが飛びぬけていたりポジショニングのセンスが群を抜いており、フォワードとしての資質を十分に活かしたプレイでオリンピックを盛り上げてくれそうです。

男子サッカー:杉森考起(フォワード)

小学6年の全日本少年サッカー大会で計17得点

杉森選手は幼い頃からサッカーを始め、小学校3年次に名古屋グランパスの下部組織に入団しています。

そこから既に頭角を現し始め、小学6年次の全日本少年サッカー大会では全9試合で17得点を挙げ、チームを日本一に導いたエリート中のエリートです。

16歳というクラブ最年少でプロ契約締結

その後も名古屋グランパスU-12、U-15と経験を積み、杉森選手が16歳の時にクラブ最年少でプロ契約を締結しました。

その裏では、杉森選手を海外に流出するのを名古屋グランパス側が阻止する為といった噂も飛び交ったほどです。

飛び級でU-16日本代表に選出

杉森選手が中学3年(15歳)の時に飛び級でU-16の日本代表に選ばれています。その後すぐのAFC U-16選手権ではベンチスタートながら、交代直後のファーストタッチで先取点を挙げるなど度肝を抜くような活躍を見せています。

一瞬で相手を抜き去るスピードが持ち味

杉森選手のプレースタイルは「スピード」。ボールを持った瞬間にディフェンスが付くのは注目されている証拠ですが、それでも相手を一瞬にして抜き去ってしまいます。

それも非常に柔らかいタッチでボール運びをするのでスマートさもあり、得点力は折り紙つきとなればオリンピック出場に期待がかかるのも無理はありません。

女子サッカー:岩渕真奈(フォワード)

15歳の時にトップリーグに昇格、新人賞を獲得

7歳からサッカーを始め順調にキャリアを積んできた岩淵選手は、15歳の時に所属していた日テレ・メニーナのトップリーグに昇格し、リーグ新人賞を受賞するなど、ユースの頃から大活躍でした。

怪我ニモマケズ

2010年~2011年の岩淵選手はなでしこリーグで大会MVP、敢闘賞、ベストイレブンと賞を総ナメにするぐらいの成績を収めていましたが、2015年に副靭帯を2回損傷しています。

1回目は保存療法、2回目は手術をして試合に復帰したものの、翌年2016年には相手チーム選手との接触で負傷。度々の怪我に泣かされながらも前向きに手術やリハビリをこなし、2017年に復帰してからは以前のような活躍を見せています。

ドリブル突破の早さと強烈なシュートが持ち味

岩淵選手といえば、ペナルティーエリア外から中への素早いドリブル突破、そして強烈なシュートが持ち味です。

試合をテレビで観ていても「眠い展開だったけど、岩淵選手のシュートで目が覚めた」というようなツイッターのつぶやきが多く見られるほどです。

女子サッカー:中島依美(ミッドフィルダー)

https://twitter.com/jfa_nadeshiko/status/1055381370954895360

中学2年次に全日本U-15サッカー選手権大会でベスト4に牽引

小学校4年にサッカーを始めた中島選手は当時から才能の片鱗を見せ、中学2年の時にはU-15の全国大会でベスト4まで勝ち上がり、そのチームのリーダーを務めています。

U-18大会でも準優勝を手にするなど、ユース時代から大活躍をみせています。

リオオリンピックの日本代表に選出、ベトナム戦で先取点のアシスト

2016年に行われたリオオリンピックの最終予選でも日本代表に選出された中島選手は、ベトナム戦で先取点のアシストをするなど大活躍。

チームは予選3位で惜しくもオリンピック出場権を逃しましたが、大きな印象を残しました。

センタリングの精度が良く、得点に絡みやすい

中島選手のプレイスタイルは、豊富な運動量と両サイドからのセンタリングの精度の良さ。

そのスタミナはシャトルランでなでしこジャパントップを叩き出すなど折り紙つき。

両サイドからのセンタリングはフォワードの位置をしっかり見極めてのトンピシャの精度で、ミッドフィルダーとしての適性は抜群です。

女子サッカー:有吉佐織(ディフェンダー)

21歳の時に日本代表のトレーニングキャンプに召集

日本体育大学に進学した有吉選手は、その在学中にサッカーの技術が日本代表の目に留まり、トレーニングキャンプに召集されます。

そのままなでしこリーグに出場を果たしました。

2015年にワールドカップカナダ大会のレギュラーとして大活躍

2015年に行われたワールドカップカナダ大会でレギュラーの座を掴んだ有吉選手は、決勝トーナメント1回戦で初得点を記録すると、準決勝ではペナルティエリア内で相手のファウルを誘いPKを勝ち取るなど、大きく飛躍した大会となりました。

相手ディフェンスの裏に走り込める数少ないディフェンダー

ディフェンダーといえば守備面でインターセプトやタックル、ボールのクリアなどがイメージとしてありますが、有吉選手の場合は「攻撃的なディフェンダー」といえるでしょう。

両サイドからのセンタリング、フォワードへのスルーパス、相手ディフェンスの裏に走り込むなど、攻撃の拠点にもなり得る選手です。

有吉選手の動きが東京オリンピック女子サッカーの攻撃の鍵を握るといっても過言ではないでしょう。

まとめ

東京オリンピックのサッカー競技で要注目の選手をご紹介いたしました。

日本で行われる2回目の夏季オリンピック。3回目は私達が生きている内に行われるでしょうか。そのぐらい稀有な大会に私達が立ち会うことができるのは、ものすごい光栄なことですね。

そんな大会で日本代表がメダルを取ってくれたら、日本中大きな喜びに包まれることでしょう

是非そんな喜びを味わいたいものです。

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. フィールドホッケー

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP