柔道の試合

【オリンピック/柔道】出場候補メンバーを紹介!混戦の代表争いを制するのはどの選手?日本のお家芸でメダルラッシュ期待大!

 

日本柔道は長年「お家芸」として数々の世界大会、オリンピックなどでメダルラッシュを期待され、選手もそれに応えてくれていました。

今回の東京オリンピックでも出場する全ての選手にメダルのチャンスがあります。是非期待したいですね。

今回はその強い代表選手争いを制し晴れて自国でのオリンピック選手として出場できる選手を予想して紹介したいと思います。

東京オリンピックから新たな団体戦が採用

2020年の東京オリンピックからは今までの男女別5人制の団体戦ではなく、男女3人ずつの計6人で行われる「男女混合団体戦」が導入となることが決まっており、今から話題騒然となっています。

柔道世界選手権では2017年ブダ大会から男女混合団体戦が導入済み

オリンピックでは初の試みとなる男女混合団体戦ですが、柔道世界選手権では2017年のブダ大会から導入になっており、この時に日本は優勝を果たしています。

翌年2018年のバクー大会でも優勝と2連覇を果たした日本代表。東京オリンピックでも金メダルとなるでしょうか。

男子柔道100kg超級:小川雄勢

https://twitter.com/tvtokyo_judo/status/1099733215416221696

バルセロナオリンピック男子柔道代表小川直也の息子

小川雄勢選手は、1992年に行われたバルセロナオリンピックの男子95kg超級で銀メダルを獲得した小川直也さんの息子さんです。

28年の時を経て、父子オリンピックメダリストとなるのでしょうか。楽しみです。

135kgの超重量級で払い腰が得意技

小川雄勢選手は身長190㎝、体重135kgと日本人離れした超重量級で世界と対等以上に渡り歩いています。

払い腰を得意技とし、学生時代は国内柔道のタイトルを総ナメにしたほど他の選手を圧倒した柔道展開でした。

2018年世界柔道選手権団体戦で優勝

先に述べたように、2018年バクーで行われた世界柔道選手権の男女混合団体戦で見事優勝を勝ち取っています。

団体戦では100kg超級の選手が相手選手のウエイトと比較して、どれぐらい上回っているかも試合運びを占う上で重要です。

小川選手には個人戦ではもちろん、東京オリンピック初の男女混合団体戦にも出場してその活躍を是非見てみたいものです。

男子柔道60kg級 高藤直寿

全国小学生学年別柔道大会40kg級の初代チャンピオン

高藤選手は7歳の時に柔道を始め、小学5年の時に全国小学生学年別柔道大会でその年に新設された40kg級で優勝し、初代チャンピオンとなりました。

翌年は同大会の45kg級で優勝し2連覇を達成。

中学3年の時には全国中学生柔道大会で優勝、高校2年の時にはインターハイで優勝するなど、学生時代からその多才ぶりを発揮し注目されていました。

大学時代は金メダルの嵐

2012年に東海大学に進学した高藤選手は、入学すぐのグランドスラム・モスクワでいきなり優勝を遂げると、グランドスラム・モスクワやグランドスラム・東京でも金メダルを獲得。

2013年に行われたグランドスラム・パリではオール一本勝ちで金メダルに輝くなど、その名を世界に轟かせる大躍進を遂げます。

世界柔道大会でも2013年・2017年・2018年に金メダル、2014年に銅メダルを獲得していて、今柔道界で最も恐れられている日本選手の一人といっても過言ではないでしょう。

得意技は小内刈、巴投げ、肩車(直車)

高藤選手の得意技は小内刈・巴投げ・肩車ということですが、肩車は相手の下半身を持って投げる技。

近年下半身への攻撃は危険を伴うという見解で禁止されてしまいましたが、高藤選手はこの困難にも柔軟に対応し「下半身を持たないまま肩車のように投げる技」を開発してしまいました。

その技は今までにない技なので開発した選手が名前をつけて良いことになっていますが、高橋直寿の「直」の字を取って「直車」と命名したそうです。

新しい技も開発し、東京オリンピックでも大活躍をしてくれるでしょう。

男子柔道73kg級:大野将平

高校2年次にインターハイで優勝

7歳の時に柔道を始めた大野選手ですが高校に入るまでは華々しい結果は残せず、中学3年に全国中学校柔道大会の団体戦で5位入賞が最高位という結果でした。

ところが高校に入るとその頭角を現し、高校2年にはインターハイ73kg級で優勝を果たしました。翌年3年次では怪我の影響でほとんど力が出せず、東京都予選で敗れています。

大学2年次に大躍進

大野選手は2010年に天理大学に入学しています。この当時全日本代表チームの監督だった篠原信一さんに目をかけてもらったことがきっかけで大学2年の時に大躍進を遂げます。

全日本ジュニア大会で優勝すると勢いそのままに世界ジュニア大会でも優勝。翌年にはワールドカップ・オーバーヴァルトに出場して優勝を飾るなど、世界一の名を欲しいままにしていました。

その後も2018年・2019年に行われたグランドスラム・デュッセルドルフの73kg級で連覇を果たすなどその勢いは止まりません。

意地でも離さない「引き手」で勝利も離さない

大野選手の得意技は大外刈と内股。両方とも引き手を掴んだら離さないのが重要ですが、その強化に向けて筋肉の瞬発力を鍛えるトレーニングをしているそうです。

大野選手は技が豪快なのでそちらに目が行きがちですが、技をかける前の組手の段階で自分の有利な試合展開になるように地道なトレーニングを積んでいるところに、本来の大野選手の強さが見える気がします。

この調子で東京オリンピックで「金メダルも離さない」で欲しいものです。

女子柔道78kg超級:素根輝

https://twitter.com/tvtokyo_judo/status/1094657338160472064

2019年3月に高校卒業したばかりの若き新星

素根選手は3月に高校卒業したばかりの非常に若い選手です。しかし経験不足ということは全くなく、小学校時代から輝かしい成績を残していますので、これから東京オリンピックに向けて更なる飛躍に大きな期待のかかることは間違いありません。

17歳以下の世界一を決める大会に中学生で唯一参加、そして優勝

素根選手は、中学3年の時に17歳以下の世界一を決める世界カデ柔道選手権大会に中学生として唯一参加しています。

それだけでもビックリなのですが、なんとその大会で優勝してしまったとのこと。しかも決勝戦を含めオール1本勝ちという偉業を達成。柔道界に激震が走るほどの衝撃を与えたのが若干15歳の中学生ということで、素根選手に対しての研究が世界中で始まったのです。

グランドスラムでは3年連続で銀メダル

中学生にして一気に挑戦者を受ける立場になった素根選手ですが、対戦者に研究されてしまったのか2016年・2017年・2018年のグランドスラムは3大会連続で銀メダルと涙を飲みました。

しかし2017年世界ジュニア柔道選手権大会では金メダル、翌年2018年のアジア大会でも金メダルと調子が上がってきています。

この調子で東京オリンピックでも金メダルを目指して素根選手は今日もトレーニングを積んでいることでしょう。

女子柔道52kg級:阿部詩

父親の反対を押し切り柔道の道へ

阿部選手も上述の素根選手と同じ年齢で2019年3月に高校を卒業しました。

幼少期、阿部選手のお兄さんは柔道道場へ通っていて、その影響で自分も柔道をやりたいと思うようになったそうです。

ただ父親が「ピアノなど女の子らしい習い事の方が良い」と提案しましたが、それを押し切る形で5歳の時に柔道を始めました。

しかし幼少期は大きな大会で優勝するような目立った功績はなく、上述している素根選手と対戦することもあったようですが簡単に倒されてしまったようです。

高校1年次の全国カデ大会で優勝、そこから快進撃

そんな阿部選手の才能が開花したのが高校1年の全国カデ大会。この大会で見事優勝したのを皮切りに、IJFワールド柔道ツアーでは史上最年少での優勝。全国高校選手権は個人・団体の2冠を達成しました。

阿部選手の勢いは止まらず、グランドスラムは2017年・2018年と2連覇。2018年の世界柔道選手権の52kg級でも金メダルを獲得するなど、快進撃が止まりません。

得意とする内股・袖釣込腰で東京オリンピックでも金メダルを狙う

阿部選手の得意とする技は内股・袖釣込腰で、その技のキレは増すばかりという話です。

東京オリンピック時には若干20歳。上述の素根選手と同年齢ということもあり、互いにライバル視し切磋琢磨しながら東京オリンピックに向かって練習を続けていることでしょう。

私達も彼女達が金メダルを掲げている姿が見たいですね。

女子柔道52kg級:角田夏実

https://twitter.com/tvtokyo_judo/status/1066100898965860352

阿部詩選手と同級 日本人対決は実現するか

阿部選手と素根選手が同年齢でライバル視しているなら、角田選手と阿部選手はなんと同級。どちらか一方しか金メダルが取れないことになります。

事実、2016年のグランドスラム東京では決勝で角田選手と阿部選手の対決になり、角田選手が勝利し金メダルを獲得しています。

東京オリンピックではどうなるでしょうか。今から楽しみです。

銀メダル続きの雪辱 2018年アジア大会で晴らす

角田選手は2016年のグランドスラムで金メダルを取って以降は銀メダル続きで涙を飲みました。2017年・2018年のグランドスラムで銀メダル、2017年世界柔道選手権でも銀メダル。

しかし2018年8月~9月に行われたアジア大会ではオール1本勝ちで優勝するという偉業を成し遂げ、東京オリンピックへの視界も良好になってきています。

得意とする関節技で東京オリンピックもオール1本勝ちを狙う

角田選手の得意とするのは関節技。腕十字固めをバンバン決めて相手選手がギブアップして顔を覆う中、角田選手が颯爽と道着を直し立礼場所まで戻っていく姿はものすごくカッコいいです。

東京オリンピックでもこのような関節技や巴投げなどを駆使してオール1本勝ちをしてくれることを願います。

まとめ

今回は東京オリンピックの柔道競技への出場候補とされている選手を男女3名ずつご紹介しました。

冒頭でもお伝えした通り柔道は「日本のお家芸」ですから、「メダルは取れるのか」というより「金メダルを何個取れるか」という期待が高くなってしまいます。

その分選手のプレッシャーは計り知れないものと推測しますが、是非そのプレッシャーに打ち勝ち、一つでも多くの金メダルを獲得して欲しいと願っています。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. ボルダリング

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP