東京オリンピック2020競歩競技の出場選手を徹底予想!急成長する日本勢にメダル期待の声多数!50km除外問題はどうなった?

 

メジャーな陸上スポーツと比べ、なかなか興味を持ってもらえないという印象もある競歩ですが、近年日本人競歩選手の活躍により注目が集まってきています。

男子20km競歩の世界記録保持者である雄介選手をはじめ、リオデジャネイロオリンピック男子50km競歩で日本競歩界史上初のメダル(銅メダル)を獲得した荒井広宙選手や男子20キロ競歩で7位入賞した松永大介選手など、世界の第一線で活躍している選手も増えてきました。

日本にとってメダルを狙える競技になりつつある中で、オリンピックでの男子50km競歩が競技から廃止されるという話も聞こえてきていました

ここでは2020年東京オリンピックでメダルを狙う選手が誰なのか、また50km競歩の除外問題について、徹底検証していきます。

競技ルールの難しい競歩

競歩という名前のスポーツは知っているけど、ちゃんとしたルールはよく分からない……という人も多いのではないでしょうか。

実は競歩には厳密な競技ルールがあり、それを逸脱してしまうとレース途中やゴール後であっても失格になってしまいます。

ロスオブコンタクト

常にどちらかの足が地面に接していること(両方の足が地面から離れると、ロス・オブ・コンタクトという反則をとられる。以前はリフティングという名称だった)。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B6%E6%AD%A9

左右どちらかの足が必ず地面と接していなければならないというルールで、ランニングのように両足が地面から離れれば注意を受けてしまいます。

ご存知の方も多く、競歩のルールの中では比較的良く知られているものといえるでしょう。

ベントニー

前脚は接地の瞬間から地面と垂直になるまで膝を伸ばすこと(曲がるとベント・ニーという反則をとられる)。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B6%E6%AD%A9

進行方向に出した足が地面についた瞬間から、地面と垂直になるまでは膝を伸ばした状態にしなければなりません。

垂直になる前に曲げてしまうと、走っていると判断され注意を受けます

なかなか難しいですね……。

判定が厳しい競歩というスポーツ

レース中は常に6〜9人の審判員が担当の地区で反則行為がないかを厳しくチェックしています。選手が違反をしたと感じた場合はすぐさま違反マークが書かれた黄色のパドルを選手に示して注意します。

それでも直らなかった場合は、赤色のパドルである警告カードが出され、合計で3枚出されると失格になってしまします。サッカーなどのレッドカードシステムなどと似ていますね。

しかし、レース終盤の迫合いなどでよくみられるのですが選手間の妨害行為があったと判断された場合は、主任審判から赤いパドルが出され一発失格になることもあります。

たとえ故意ではなくとも審判にそう判定されてしまったらお終いです。

実際に過去のリオデジャネイロオリンピック男子50kmオリンピックで銅メダルを獲得した荒井広宙選手は、レース終盤で妨害行為をしたとして一時失格とされていたという事実もあります。

この時は運よく日本側の抗議で一転して失格取り消しになりましたが、いつこのようなことが起こってもおかしくない、かなり厳しいルールが設けられています。

男子50km競歩除外問題は解決した!?

冒頭でも述べた男子50㎞競歩除外の問題は結局どうなったのでしょうか。その行方の前に、2020東京オリンピックで実施される競歩競技を確認しておきましょう。

オリンピックの競歩競技

現在オリンピックでは、男子20km競歩・男子50km競歩・女子20km競歩の計3種目が実施されています。2020東京五輪でもこの点に今のところ変更はないようです。

女子の50km競歩はもともと実施されていません。その理由としては、競技の過酷さや体力面での危険性が上げられているようです。オリンピック以外でも同様の理由から50km競歩を除外している大会も多い傾向にあるようです。

男子50㎞競歩除外問題はどうして起こった?

上でも少し触れましたが、オリンピックにおいて女子ではもともと50㎞競技が設定されていません。オリンピック以外の大会などでは競技自体は実施されることもありますが、国際陸上競技連盟は女子の50㎞競技の記録を世界記録としては公認していません。

男女平等の理念にそぐわないとして除外候補に

ではなぜ男子のみ行われてきたのでしょうか。この問いの最もわかりやすい回答は男子と女子のフィジカルの差、これに尽きるでしょう。

ですがこれが国際オリンピック委員会、IOCの男女平等の理念にそぐわないと問題視されることになったのです。もともとIOCは男女同じ種目数の実施を推進していたことも関係しているのでしょう。

確かに競歩は歩いているとはいえマラソンに勝るとも劣らないハードな競技です。マラソンの42.195㎞を超える50㎞の競歩はたとえ男子といえども、かなり過酷な競技であることは容易に想像できます。

そのため一時は2020東京五輪においても除外競技候補として名前が挙がっていました。

署名活動で除外回避へ

ですが日本勢の得意種目である50km競歩競技。

地元開催の五輪で行われずにどうすると立ち上がったのが2016年リオオリンピックで銅メダルを獲得した荒井宇宙選手を始め、多くのアスリートや企業からの署名が集まり、結果的に2020東京五輪での50km競歩存続が決定しました。

最終的には2020東京オリンピックを最後に姿を消すことに

ですが残念なことに、2020東京五輪がオリンピックにおいての最後の男子50㎞の競歩競技実施となることが2019年の3月、国際陸連から発表されました。

歴史ある競技がまた五輪から姿を消すことになります。最後の実施となる2020東京五輪では日本人選手に見事メダルを獲得してもらい、五輪最後の50㎞競歩競技に華を添えて欲しいですね!

では、ここからは2020東京オリンピックへの出所が期待される注目選手をご紹介します。

男子20km競歩注目選手:髙橋英輝(富士通)

日本選手権にて5連覇中も高橋選手。もはや国内では向かうところ敵なしといった風情です。

ラストスパートかけるのが上手い

高橋選手は、最後の数百メートルでの追い込みをかけるのが得意な選手です。

5連覇を飾った2019年1月の日本選手権においても、残り500メートル地点まで競っていた池田向希選手を強烈なラストスパートをかけて振り切り、冷静なレース運びで優勝を飾っています。

女性ファンに人気

競歩選手としての実力もトップレベルですが、それだけではなく女性からも大変人気を集めています。

ファニーフェイスといいましょうか、幼さを感じさせる顔立ちで、屈託のない笑顔を振りまく彼の虜になる女性が急増中のよう。練習場に足を運ぶ熱心な女性ファンの姿もしばしばみられるとのことです。

アイドルオタクの一面も

自他共に認めるアイドルオタクを公言しており、推しは元乃木坂48の西野七瀬さんだそう。西野さんは乃木坂を卒業してしまいましたが、それでも乃木坂愛は変わらないみたいです。

男子20km競歩注目選手:松永大介(富士通)

リオ五輪男子20km競歩で日本人最高位の7位という成績を納めており、東京オリンピックでのメダル獲得に期待がかかっている選手の1人です。

10km競歩で日本新記録樹立

2018年7月7日、北海道北見市東陵公園陸上競技場で行われたホクレン中距離チャレンジの1万メートル競歩で、日本新記録である37分58秒08を記録して優勝を果たしています。

メンタルが強い

松永選手は高校2年生の時、高校総体男子5000メートル競歩に出場した際、2000メートル付近で左足の靴が脱げてしまうというアクシデントに見舞われました。

しかし、驚いたことに彼はそんなことには一切動じることなくそのまま1着でゴールしています。

左足が火傷で水ぶくれになりながらも競技を続けた松永選手。しかし残念ながらこのレースでは失格という結果になってしまったようですが、足を負傷してなお歩き続けるその根性に感服してしまいます。

男子20km競歩注目選手:池田向希(東洋大学)

国際陸連が2019年2月26日に、世界ランキング制度導入を発表し、男子20km競歩で池田選手がランキング1位になりました。

第28回世界競歩チーム選手権シニア男子20km競歩で日本人初優勝を果たすなどの功績が決め手になったようです。

誰もが認める練習姿勢

競歩競技に対する練習姿勢は誰からも一目置かれる池田選手。

高校時代には、自身で練習メニューを考えるなど練習姿勢はもちろんのこと、マネージャーとしてチーム全体の面倒を見るなど、ストイックに競歩に打ち込んでおり、当時の顧問も彼のそういった一面を非常に評価していたようです。

男子20km競歩注目選手:鈴木雄介(富士通)

2015年3月15日に行われた全日本競歩能美大会男子20km競歩で、1時間16分36秒という圧倒的な速さで世界記録を打ち出しています。驚くべき強さと可能性を秘めた選手です。

世界一美しいと評価されるフォーム

競歩は審判員から厳しいチェックを受けながらレースを進めていくスポーツであるため、選手はフォームにかなり気を使っています。

トップレベルの選手でさえ、自身が参加した大会の1割は失格で終えている中で、鈴木選手は過去一度も失格の経験がないというから驚きです。

男子50km競歩注目選手:荒井広宙(埼玉陸協)

先にも少し述べましたが、2016年のリオオリンピックにて男子50km競歩で銅メダルを獲得し、日本人初となるこの競技においての五輪メダリストとなりました。

2020東京オリンピック出場はほぼ当確ではないかといわれている有望選手です。

高校時代は長距離選手を志していた?

荒井選手は、もともと競歩ではなく長距離選手を目指して高校の陸上部に入部したのだそう。

そんな中で、高校2年時に1学年上の藤沢勇選手(リオデジャネイロ男子50km競歩日本代表)が全国で表彰台に上がる活躍を見て、本格的に競歩を始めたようです。

始めた当初は、なかなか結果が出ずに苦しい思いをしていましたが、2011年に初出場した世界選手権で10位に入り、そこから五輪を意識し始めたと語っています。

男子50km競歩注目選手:森岡紘一朗(富士通)

2008年の北京、2012年のロンドン、そして2016年のリオと直近の3回の五輪を経験しているベテラン、それが森岡選手です。

2020年の東京五輪時は、35歳とアスリートとして若くない年齢ではありますが、本人は全く問題に感じていないようで、2020東京五輪出場を狙っています。

出場を決めれば4大会連続の出場になりますから、期待しているスポーツファンも多くいることでしょう。

もともとは20km競歩の選手だった

順天堂大学時代、世界陸上ヘルシンキ大会や世界陸上大阪大会では20km競歩に出場しており、2006年のアジア大会では20km競歩で銅メダルを獲得しています。

富士通入社後、50kmへの興味も湧いていったとのこと。2学年上の山崎選手から「お前は50km来なくていいからな」といわれたことなどが逆に50kmに挑戦するきっかけとなり、50kmへ転向したということです。

長身を活かしたスピード

森岡選手は、身長184cmと日本人アスリートとしては恵まれた体格の持ち主。
足はモデルのような長さをしており、大きなストロークで早く美しい歩形を保っています。

女子20km競歩注目選手:岡田久美子(ビックカメラ)

https://twitter.com/bicrikujo/status/1096969490124816385

リオデジャネイロ五輪の女子競歩選手で唯一の出場となったのが岡田選手です。
順位は16位という結果でしたが、その後の世界選手権やアジア大会で着々と順位を上げており、2020東京オリンピック出場の最有力候補になっています。

美人アスリートとしても注目

競歩のみならず、全アスリートの中でも抜群のルックスを誇る岡田選手。

千葉ロッテ対仙台楽天ゴールデンイーグルス戦での始球式での可愛らしい姿がとても印象的でしたね。

女子20km注目選手:渕瀬真寿美(建装工業)

2012年ロンドン五輪の女子20km競歩に出場したおり、女子日本選手で最高位の11位という結果を出しています。

東京オリンピック開催時には34歳になるベテランですが、出場に意欲を燃やしているようです。

故障を機に競歩の世界へ

もともと駅伝選手になるために陸上を始めたようですが、度重なる故障により走ることができなくなってしまい駅伝競技を続けることを断念します。

走りたい気持ちを押し殺して、「大会に出れるなら」と競歩の道に進んだそう。不屈の精神で東京オリンピック出場に向け頑張っていただきたいです。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. ボルダリング

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP