野球

東京オリンピックのソフトボール競技出場選手を徹底予想!北京オリンピック以来のメダルを狙うメンバーとは?

 

東京オリンピックで、3大会ぶりに復活することが決まった「ソフトボール」。今回は気になる出場選手について徹底予想します!

北京オリンピック以来のメダルを狙うチームで、大活躍するのはどんな選手なのでしょうか?

東京オリンピックにかける選手たちの思い

2008年に開催された北京オリンピックで、日本は悲願の金メダルを獲得しています。「上野の413球」と称された絶対エース上野由岐子選手の感動的な力投は、多くの人の胸を熱くさせました。

次のロンドン大会以降、ソフトボールはオリンピックの正式種目から外れていましたが、2020年東京オリンピックで12年ぶりの復活が決定!ソフトボール界は、大きな盛り上がりを見せています。

しかし先日、2024年のパリ大会では、またもソフトボールは正式種目から外れることになりました。

つまり、ソフトボールをオリンピックで見られるのは12年ぶりというだけでなく、次回以降あるとしてもまた8年後。選手たちにとっても、ファンにとっても貴重であり特別な大会が「東京オリンピック」なのです。

それではここからは、東京オリンピックに選出されるであろう選手を紹介していきたいと思います。

ソフトボールファンのあなたも、ソフトボールに詳しくないあなたも要チェックです!

投手の代表候補

日本の絶対エース上野由岐子選手を筆頭に、期待の若手投手が多い日本。ソフトボール独特の浮き上がるライズボールや、球速以上に速く感じるストレートなど見所満載です。

上野由岐子『日本の絶対エース』

まずは日本のソフトボールを語る上で欠かせない、絶対エースの上野選手。

球威、球のキレ、変化球その全てにおいて頭一つ抜けています。アテネ、北京オリンピックではメダル獲得に大きく貢献しました。また、2018年シーズンは防御率0.82という驚異の数字を叩き出しMVPに輝くなど、衰え知らずの超人です。

しかし、そんな絶対エース上野選手にも、ここまでくるには多くの壁にぶつかってきました。

全てをかけて挑んだ北京オリンピック以降、「達成感が自分を無にした」と燃え尽き症候群に陥り、ソフトボールへの情熱を見出せないまま日本代表を2年間辞退しています。

さらに選手生命を奪われかねないケガにも襲われ、「絶対エース上野由岐子」に大きな危機が迫っていました。

それでも東京オリンピックで野球・ソフトボールが正式種目に復活することが決定すると、新たな決意とともに、ソフトボールへの情熱を燃やすこととなります。

東京オリンピックで、上野選手は38歳。進化を続ける日本の絶対エースは、どんな活躍をみせてくれるのでしょうか。

濱村ゆかり『力で押し込む快速右腕』

濱村選手は、力のある速球が魅力の若手右腕。所属は上野選手と同じビックカメラ高崎です。日々着実に経験を積み重ねている期待のピッチャーといえるでしょう。

主な実績としては、実業団2年目に新人賞、3年目には最優秀投手賞に輝いています。次期エースとして期待も十分です。

藤田倭『ソフトボール界の大谷翔平』

二刀流で知られている、エンゼルスの大谷翔平選手。投手としても打者としても超一流の選手です。

同じく藤田選手も、投げては日本リーグで2016年・2017年に最多勝、打っては2016年に本塁打王、打点王、MVPを獲得するなど、投打に渡って大活躍している二刀流の選手です。

「日本の絶対エース上野由岐子」の跡を継ぐ選手として、大きな期待が寄せられています。

勝股美咲『上野が認めた大型右腕』

勝股選手は、最速110kmのストレートに、大きく浮き上がるライズボールが武器の大型右腕。

2017年には当時高校生ながら、東アジアカップ、日米対抗、ジャパンカップと多くの国際大会を経験するなど、期待の若手ピッチャーです。

捕手の代表候補

キャッチャーは「扇の要」、「チームの頭脳」。そんな例えをされるほど、重要なポジションです。そのキャッチャーの有力候補に挙がっているのは、いったいどんな選手なのでしょうか?

我妻悠香『日本の若き司令塔』

我妻選手は、ビックカメラ高崎で上野選手の女房役を務める若き日本の正捕手です。

2015年に初めて日本代表に招集されると、その強肩を武器に順調に経験を積んできました。今後の成長が最も楽しみな選手と言っても過言ではないでしょう。オリンピックでの金メダル獲得を左右するほど、重要な選手です。

山内早織『打力の光る期待の若手』

山内選手は抜群のソフトボールセンスで、競技を始めた頃からさまざまなポジションを経験している、才能溢れる若手捕手です。

キャッチャーとしての経験はまだ浅いものの、”自慢の強肩”と”抜群の打撃センス”で正捕手を狙うと期待されています

内野手の代表候補

走攻守全てを備えた選手が多い内野手。日本代表候補にはどんな選手がいるのでしょうか?

市口侑果『日本の安打製造機』

市口選手は代表では主にセカンドを守っていますが、内外野全てをこなせるユーティリティプレイヤーです。

走攻守揃った安定感で日本代表に貢献。巧みなバットコントロールでヒットを量産し、さらには長打も打てるという、魅力的な選手です。

山本優『野性味溢れるパワーヒッター』

山本選手は、日本代表不動の4番打者。持ち前のパワーと野球経験で得た鋭いスイングで生み出す長打が持ち味です。

野性味溢れるプレーはチームを鼓舞し、ファンを魅了します。

川畑瞳『気迫溢れる若きスピードスター』

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. フリークライミング
  2. ダンベル 筋トレ

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP