【体操】内村航平の2020東京オリンピックでの活躍は期待できる?絶対王者は自国開催の五輪でもその強さを発揮するのか注目

 

2016年リオデジャネイロオリンピックで個人と団体で金メダルを獲得した内村航平選手

個人総合においてはなんと2連覇を達成し、絶対王者としてその名を轟かせました。

そんな内村航平選手は、2020東京オリンピックでどのような活躍を見せてくれるのでしょうか?

オリンピックでの活躍

内村航平選手は3回のオリンピック出場経験があり、どれも素晴らしい功績を残しています。

まず、彼がどのような活躍をしてきたのか、確認してみましょう。

7つのメダルを獲得

2008年8月 北京オリンピック

・団体総合2位 ・個人総合2位 ・ゆか5位

2012年7月 ロンドンオリンピック

・団体総合2位 ・個人総合優勝 ・ゆか2位

2016年8月 リオデジャネイロオリンピック

・団体総合優勝 ・個人総合優勝(連覇) ・ゆか5位

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/内村航平

2008北京オリンピックでは2つ、2012ロンドンオリンピックでは3つ、2016リオデジャネイロオリンピックでは2つ。

合計7つものメダルを獲得してきたことが分かりますね。

また、惜しくもメダルに到達しませんでしたが「ゆか」においては5位を2回も経験。

10年以上にわたって世界のトップを争い続けているのです。

個人で輝かしい功績を残していることから、団体でも内村航平選手の存在が大きな支えになっていることがうかがえますね。

エース&キャプテン

多くの功績を持つ内村航平選手は、日本が誇る体操選手のエースです。

ですが、彼は個人選手としての活躍だけでなく、日本代表のキャプテンとしても顔も持っています。

そう、彼は体操日本代表の男子をまとめ上げるリーダーとしての役割を担っているのです。

日本選手を引っ張るためにまず自分が先導を切る。

先輩として相応しい背中を見せようとするからこそ、個人でも頑張るエネルギー源になっているのではないでしょうか。

彼の取材におけるコメントからは、自分の演技が日本代表選手に与える影響を深く考えている印象を受けます。

体操一家に生まれた

 

内村航平選手は体操教室を営む家庭に生まれ、幼少期から体操器具のある環境で自然と体操を始めるようになったそう。

ところが、最初から体操選手として成果を出していたという訳ではありません。

彼には転機があったのです。

親の反対を押し切って上京

体操選手としての将来を望んだ内村航平選手。

なんと高校生のときに親の反対を押し切ってまで上京して、自らの意思で体操の道へ進むことを決断しました。

徐々に実力を伸ばし、2006年の全日本ジュニア体操競技選手権大会で2連覇を達成。

高校生にして国際大会への出場権を手に入れたのです。

この努力家な側面が、その後のオリンピックでの戦いにも活きているといえます。

得意種目は?

オリンピックの個人総合で連覇を果たした内村航平選手。

その魅力は何といってもそのバランスの良さ。

あらゆる種目において高い水準の演技をこなし、正確かつダイナミックなパフォーマンスを見せてくれるのです。

その中でも特に期待が寄せられる「得意種目」はどれなのでしょうか?

ゆか

オリンピックにおいて銀メダル獲得経験のある「ゆか」。

メダル獲得に至らずとも5位以内にランクインはしており、2020東京オリンピックでもその活躍が期待できる種目といえます。

ここでまず、「ゆか」の競技内容をチェックしてみましょう。

12×12メートルの正方形のゆかの上で、体操競技の技を用い演技する。男子は、徒手体操的運動・平均わざ・静止わざ・力わざ・跳躍わざ・跳ね起きわざ・倒立回転わざ・宙返りわざを組み合わせて演技する。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/ゆか

ダイナミックかつ美しい演技が求められる「ゆか」。

技には難易度によってランク付けがされており、高得点を狙うためにはより難しいランクの技を繰り出す必要があります。

なおかつ、思い切った演技をしつつも正確な動きや着地が求められる点がポイントです。

内村航平選手においては技のクオリティがかなり高く、着地による減点をいかに減らし、上位をキープするかという点が見どころ。

非常に美しく正確性の高い世界トップクラスのパフォーマンスには圧巻です。

鉄棒

内村航平選手は世界選手権において何度も「鉄棒」でメダルを獲得した経験があります。

オリンピックでは「ゆか」での成績が目立っていますが、「鉄棒」もメダル獲得を狙える実力なのです。

では、どんな種目なのか見てみましょう。

鉄棒種目は高さ280cmのよくしなる鉄棒を使って実施される競技で、開始から終了まで停止することなく行わなければならない。ゆえに大車輪や手放し技など、もっともダイナミックな演技が行われる種目であり、人気が高い。団体戦や個人総合では、通常は予選上位のチーム・選手の最終種目が鉄棒になることから、結果が鉄棒で決まることも多く、必然的に注目度も高くなる。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/鉄棒

全身を使ったダイナミックな演技が行われる「鉄棒」。

内村航平選手には「鉄棒」に関するエピソードがあります。

2016リオデジャネイロオリンピックでなんと、「鉄棒」の演技中にぎっくり腰を発症。

その痛みに耐えながら続行し、負傷しているとは思えない高得点を叩きだしました。

最後の種目である「鉄棒」で、極限の演技をやりきったのです。

そして2位を僅差で抜き、みごとに個人総合で優勝・2連覇を達成。

精神力の強さには驚愕してしまいますね。

「オリンピック2連覇」や「日本代表キャプテン」などといった要素から来る責任感がそうさせたのでしょうか?

彼の強味はスキルの高さのみならず、「粘り強さ」にもあることが分かるエピソードです。

思わず応援したくなる魅力を持った選手ですね。

平行棒

2016リオデジャネイロオリンピックでは予選で落下してしまった「平行棒」。

惜しくもミスしてしまいましたが、実は「平行棒」も内村航平選手が得意とする種目のひとつなのです。

それでは「平行棒」についても、種目の内容を確認してみましょう。

演技は平行棒にぶら下がったところから始まり、終末技で着地するか、演技者が途中で棄権するまで行われる。この際、片方の棒に両手でぶら下がるか、別々の棒に片手ずつをかけ棒の間にぶら下がるかは自由である。平行棒にぶら下がった時点から演技が開始するのであり、この際自力で飛びつくのは無論のこと、ロイター板や補助者の助けを借りることも許される。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/平行棒

競技中に落下する危険が高い「平行棒」は、一気に得点を下げてしまう可能性があります。

落下してしまったにもかかわらず決勝に出場し、メダル獲得まで至ったのは素晴らしい快挙ですね。

内村航平選手はこの「平行棒」において、2013年の世界選手権で金メダルを獲得しています。

つまり、オリンピックでもメダル獲得の可能性はあるということ!

総合

得意とする種目が多い内村航平選手はやはり、全ての競技の得点を加味した「総合」での実力が最も期待できます。

2度も金メダルを獲得しているため、世界中が彼に注目しているといっても過言ではないでしょう。

「総合」「ゆか」「鉄棒」「平行棒」、4つのメダル獲得も夢ではありません。

いったいどれだけのメダルが獲得できるのかワクワクしますね。

「伝説の男」と称賛

前述したように、2016リオデジャネイロオリンピックにおいて数々のドラマが巻き起こった内村航平選手。

予選でのミスから快進撃を繰り広げ、「鉄棒」では負傷しながらも優勝を果たしました。

2位とは僅差で逆転勝ち

オレグ・ベルニャエフ選手が優位な中で、わずか0.1ポイント差による逆転優勝となりました。

競技終了後の2位のオレグ・ベルニャエフ選手のインタビューが興味深い内容だったたので、ここでご紹介したいと思います。

彼は内村航平選手について、こう語っています。

「世界最高にクールだ」

0.1ポイントというあまりの僅差に、記者会見では「判定」に対する意見を求められる場面もありました。

ところがオレグ・ベルニャエフ選手は、悔しさよりも、内村航平選手との激戦で味わった感動を語ったのです。

「伝説の男と戦ったなんて、世界最高にクールだ」

そう彼は称賛しました。

「伝説の男」という表現は日本国民からしても、とても嬉しい表現ですね。

2020東京オリンピックでもやはりこの2人のトップ争いが見られるのでしょうか?

今回もぜひ勝ち抜いてほしいですね。

内村航平選手の状況

ここまで、内村航平選手の実力やオリンピックに向けて寄せられる期待のお話しがメインでした。

現在彼は2020東京オリンピックに向けて、どのような取り組みを見せているのでしょうか?

2017年頃から新たな困難と向き合っているようです。

2度のケガを経験

2017年に開催された世界体操競技選手権で、内村航平選手は棄権しました。

大会実施中に負ったケガが原因です。

足首を痛めてしまい、前距腓靱帯(ぜんきょひじんたい)損傷と診断されたとのこと。

その後も2018年には練習中のケガにより、その後の2018世界選手権における個人「総合」での大会出場を断念してしまいました。

オリンピックへの出場の可能性は?

2019年3月現在、彼は団体「総合」と個人「鉄棒」において2020東京オリンピックの出場資格を獲得しています。

万全ではない状況にもかかわらず着実に出場資格を得ているのは、やはり素晴らしいです。

しかも、彼の得意とする「鉄棒」で成果を残しています。

どんな状況でも安定したパフォーマンスができる内村航平選手の魅力が発揮されていますね。

悔しさを露わに

オリンピックへの出場資格を得た内村航平選手。

ところが、内村航平選手自身は大会での競技内容に満足できていない様子です。

実際に団体戦の結果は銅メダル、個人「鉄棒」の結果は銀メダルで、目標とする金メダルには及びませんでした。

「連覇」という言葉の重みを感じますね。

オリンピックにかける思いが人一倍強いからこそ、悔しい気持ちも大きいのでしょう。

チャンスはまだまだある

オリンピックの出場資格を得るチャンスは以下のとおり、まだまだあります。

  • 2019年世界選手権個人総合予選
  • 2020年個人総合ワールドカップ
  • 2019年世界選手権種目別決勝
  • 2018-2020 種目別ワールドカップシリーズ

内村航平選手であれば、個人総合や「ゆか」の出場資格も得られるはず。

リオデジャネイロオリンピックで見せつけた逆境を乗り越える姿を、もう一度発揮してくれるのではないでしょうか。

一刻も早くケガを乗り切れるよう、私たちも精一杯応援しましょう!

連覇にかける思い

2020東京オリンピックでは個人総合3連覇が期待されます。

団体においては2連覇。

いずれの功績も、内村航平選手の支えなくしては成立しません。

だからこそ、彼のオリンピックに向ける思いも強いのです。

そして何より、今回のオリンピックは日本にとって特別な意味合いを持っている点にも注目しましょう。

開催国で金メダル獲得

今回の2020東京オリンピックは、いうまでもなく自国である「日本」で開催されます。

幾度となく日本がメダルを獲得してきたオリンピックの中でも、特別な意味合いを持つ大会なのです。

そして、日本でオリンピックが開催されるのは2度目。

実は過去に日本で開催されたオリンピックでも、日本代表は素晴らしい快挙を遂げています。

1964東京オリンピック

かつて1964東京オリンピックでは、体操競技の個人総合で遠藤幸雄選手が金メダル、鶴見修治選手が銀メダルを獲得しました。

団体総合でも金メダルを獲得。

日本は長きに渡って体操競技のトップで活躍している国なのです。

だからこそ、日本で開催される2020東京オリンピックには大きな意味があります。

最後に

2020東京オリンピックで内村航平選手は4度目のオリンピック出場を果たします。

実に16年間にわたって日本の体操競技を盛り上げてきたのです。

高校生ながらに決断した上京から始まり、今や日本代表をまとめあげるキャプテンにまで成長しました。

まさに日本が誇る素晴らしい選手ですね。

困難を乗り越えて金メダルを獲得

2020東京オリンピックに向けてまず懸念されるのはケガの影響。

身体を酷使するアスリートにとって避けては通れない問題ですが、今回のオリンピックにかける思いが強いからこそ焦りも生じてしまいます。

「粘り強さ」が魅力の内村航平選手は、今度はどんな感動を与えてくれるのでしょうか?

今後も目が離せません。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 背泳をする男性

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP