関節炎

コンドロイチンの効果と副作用、正しく飲んで筋トレ効果を最大化しよう

 

テレビCMやネット広告などで、私たちは日々さまざまな成分の名前を耳にします。
なんとなく効果があるんだろうなという認識はありつつも、正しく理解していないことも多いですよね。

今回紹介する「コンドロイチン」も、よく耳にする成分のひとつです。
コンドロイチンとはどんな成分なのか、その効果や副作用などについてまとめました。

コンドロイチンとは

中に多く存在

正確には「コンドロイチン硫酸」のことを指すコンドロイチン。
生き物の体内では、軟や粘液、結合組織に存在しています。
その中でも、においては重量の約3割を占める重要な構成物質となっています。

コンドロイチンが多く含まれる食品

コンドロイチンはフカヒレやうなぎなどに多く含まれる成分です。
医薬品やサプリメントとして使用する場合、鮫の軟骨がよく用いられます。
そのほか、オクラや山芋など、粘りに特徴のある食品にもよく含まれています。

軟骨の重要な役割

軟骨とは

生き物を形作るのは骨。
骨も細かく分類するとさまざまな種類があるのですが、その中でも弾力性のある骨が「軟骨」です。
鳥の軟骨は居酒屋でも定番のメニューですよね。

軟骨は耳介のようにそれ自体が身体の部位を形作っていることもあれば、関節軟骨のように骨同士の摩擦を防いだり、体重を支える緩衝材のような役割を果たしたりします。
そんな軟骨の主成分のひとつが、コンドロイチンなのです。

※耳介:耳の中で外側に露出している部分のこと。一般的に耳と言われる部分。

関節炎の原因は

コンドロイチンは通常、体内で生成されます。
ただし、年齢とともにその生産量は減少します。
そうなると、軟骨も十分に生成されなくなってしまいます。

軟骨は関節と関節をつなぐ部分に存在しますが、それがすり減ってしまうと、骨同士が直接ぶつかってしまい、痛みを感じるようになります。
これが関節炎、いわゆるの痛みの原因のひとつと言われています。

関節炎は

軟骨の減少は、コンドロイチンの生成量が減少することだけが原因というわけではありません。
アスリート、あるいは日常的にトレーニングに励む人は、特定の部位を使い続けることで、軟骨がすり減り関節炎が発症するケースも見られます。
関節炎

コンドロイチンは軟骨に効くか

グルコサミンと併用されることも

コンドロイチンとよく併用される成分に、「グルコサミン」があります。
「ぐるぐるぐるぐるグルコサミン」のCMが印象的なあれですね。
グルコサミンはエビヤカニの甲殻に多く含まれる成分で、コンドロイチンと同様に軟骨成分のひとつです。

効果あり?

コンドロイチンやグルコサミンの減少が軟骨のすり減りを招いていると考えられることから、コンドロイチンやグルコサミンを摂取することが関節炎に効果があるのではないかと考えられ、実際に研究が進んでいます。
研究の初期においては、コンドロイチンやグルコサミンの摂取が「変形性膝関節症」(関節痛の代表的な症状のひとつ)に効果があるとの結果が報告されてきました。

効果なしとする研究も

ただし、近年の研究では効果が限定的であるとするものや、効果がないとするものも増えてきています。
一方で、新たに効果があったとする研究も発表されている現状もあり、どちらかに結論付けるには時期尚早といえます。
現時点では、「関節炎に効果がある可能性も十分にある」という程度のレベルでしょう。

また、医薬品として用いる場合と、サプリメントで摂取する場合とでは効果が異なる場合もありますから、その点は十分に留意しておく必要がありそうです。

高血圧の予防効果も?

関節炎に関する効果が注目されるコンドロイチンですが、高血圧に効果があるとする研究もあります。
高脂肪食を与え肥満状態にしたマウスにコンドロイチンを摂取させたところ、脂肪酸の取り込みを抑制し、脂肪肝や高脂血症の予防効果が確認されました。

ただし、現時点ではマウス実験のみでの成果であり、人間に対して同様の効果を発揮するとは言い切れません。
高血圧の予防には、野菜や魚を多く摂取すること、飲酒喫煙を抑制すること、適度な運動など、生活習慣全般に気を使う必要があります。

コンドロイチンの摂取方法

コンドロイチンは、単独のサプリメントとして販売されているものもあれば、グルコサミン、あるいはヒアルロン酸などを配合したサプリメントとして販売されることもあります。
通常の摂取であれば安全ですが、まれに腹痛や吐き気をもよおすことがあります。
また、摂取により発熱や肝障害、水疱などの症状が出たケースもありますので、なんらかの異常を感じたときはただちに摂取を中断し、医師の診察を受けるようにしましょう。
サプリメントを手にした男性
健康食品としてはかなりメジャーになっている「コンドロイチン」。
関節炎を和らげる可能性が指摘されているのは、加齢、あるいは激しいトレーニングが原因で関節炎を発症しているみなさんにとっては見逃せない効果ですよね。
今後の研究の進展に期待しつつ、その効果をいち早く試してみるのもよいかもしれません。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. バーベルトレーニング
  2. 柔道の試合
  3. フィールドホッケー
  4. タックするラグビー選手
  5. キックする前のラグビー選手

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP