空手 男性

横浜流星の筋肉画像が圧巻!美しすぎる筋肉を作り出したトレーニング方法が知りたい!極真空手が完璧な筋肉を生み出した?

 

人気若手俳優の横浜流星さんは、幼い頃から本格的に空手を行っていた経験から非常に引き締まった体をしているのが話題になっています。横浜さんの空手への情熱や、空手で鍛えられる筋肉、横浜さんのような引き締まった細マッチョになる方法などをご紹介します。

横浜流星さんはイケメンというだけではない!

 

ems: center;”>

この投稿をInstagramで見る
ems: center;”>

 

あめりさん(@_033_901_)がシェアした投稿

モデルやドラマ、映画など様々な場面で活躍している横浜流星さん。その魅力はただのイケメン、というだけではありません。美しい筋肉の持ち主である横浜流星さんの秘密に迫ってみましょう。

横浜流星さんのプロフィール

横浜流星さんは1996年生まれ。小学校6年生の時に原宿でスカウトされ、以降CM撮影やファッション雑誌のモデルとして活躍してきました。

2011年に「仮面ライダーフォーゼ」でテレビドラマに初めて出演し、2013年にはテレビドラマにレギュラー出演もしています。2014年「烈車戦隊トッキュウジャー」にてトッキュウ4号を熱演し、映画や舞台での活躍だけではなく更に歌手としても成功を収めています。

筋肉美が話題!

https://twitter.com/ryusei_natsu916/status/1118868131957489665

爽やかな甘いマスクで女性に人気のある横浜流星さんですが、特技が極真空手と実はかなりのスポーツマン。引き締まった筋肉の美しさも話題となっています。

2019年発売の写真集が発売前に重版決定したのも、横浜流星さんの美しい筋肉をじっくりと鑑賞したい人が多いからかもしれませんね。

極真空手で世界王者に輝いたことがある!

横浜流星さんは中学3年生の時に極真空手の世界大会で優勝しています。同年代の中で世界王者に輝いたという、芸能界の中ではかなりのスポーツマンです。

中学生の時は芸能活動よりも極真空手の方を優先していたというエピソードも。「烈車戦隊トッキュウジャー」での撮影時は、極真空手で培ったパフォーマンスで監督からも高い評価を得ています。

空手で鍛えられる筋肉と鍛える上でのポイントをチェック

空手ミットを使用する少年横浜流星さんのように空手をするとどのような筋肉が鍛えられるのか、また空手にはどのような筋肉が必要になるのかをチェックしていきましょう。

空手をする上での筋肉の付け方の注意点や、横浜流星さんのような引き締まった細マッチョになるためのポイントもご紹介します。

広背筋・僧帽筋・脊柱起立筋

極真空手は寸止めではなくフルコンタクト系の流派です。そのため、本気で当てる・倒すための突きを出すために背筋の広背筋・僧帽筋の生み出すパワーが必要になります。

また空手を始めとする武道では姿勢も重要なポイントになりますので、脊柱起立筋を鍛えて良い姿勢を保つ必要もあります。

大胸筋・上腕二頭筋

突きを繰り出す際に使うのは大胸筋や上腕二頭筋です。これらの筋肉は押す動作をする際に使う筋肉です。

内転筋・腹横筋・大腿四頭筋・大殿筋

空手では必須の姿勢として「騎馬立ち」があります。この体勢は慣れるまでは安定して立つことが難しい立ち方ですが、内転筋や体幹、特に腹横筋をしっかりと鍛えることで安定感が増してきます。

蹴りを繰り出すときには大腿四頭筋を大殿筋を使いますが、その際にボディバランスを安定させるためにも体幹トレーニングが重要です。

腹直筋

ボディに一撃を受けたときに悶絶しないように、腹直筋をしっかりと硬く鍛えましょう。極真空手では上の動画のようにお互いのお腹を叩きあう「ボディー打ち」も行っています。これに耐えられるくらいまで腹筋を鍛えることが重要です。

筋肉のつけすぎには注意!

空手をする上で、筋肉のつけすぎには要注意です。筋肉は大きな力を生み出す半面、脂肪に比べてかなり重いです。筋肉をつけすぎるとスピードや機動力が落ちてしまうため、組み手や試合の際にかなり不利になります。

横浜流星さんも引き締まった筋肉をしていますが、パンプアップして太くなっているという体型ではありません。

細マッチョを目指すなら

横浜流星さんのように細マッチョを目指すのであれば、筋トレの負荷を下げて回数を多くするのがポイントです。高重量でのトレーニングは筋繊維が損傷と回復を繰り返して太くなるため、細マッチョには向きません。

細マッチョになるためには多くの回数をこなせるような負荷をかけることがポイントです。体幹トレーニングでインナーマッスルを鍛えて見えないところの筋肉量を防ぐのも基礎代謝を増やすのに効果があります。

横浜流星さんの体脂肪率は10%を切っていますが、筋肉をつけつつ適度な有酸素運動も行うことで脂肪を減らすことができます。

空手に必要な筋肉を鍛えるトレーニング

男性の後ろ姿空手に必要な大胸筋・背筋・大腿四頭筋などの筋肉を効率良く鍛えるトレーニングを見ていきましょう。メジャーなトレーニングが多く、また特に道具なども必要ないので自宅でも行えるものが多いです。

チンニング

チンニングは広背筋を重点的に鍛えるトレーニングです。腕の力だけで体を持ち上げようとしないように注意しましょう。なお、逆手(アンダーグリップ)で行うと上腕二頭筋に効果があります。

  1. 肩幅よりも広めに握る。
  2. ひじをやや内側に入れるようにして肩甲骨を寄せる。そのまま肩甲骨を下げた状態が基本。
  3. すばやく体を引き上げ、ゆっくり下ろす。
  4. 背筋を曲げたり、反動を使ったりしないように注意。

ベンチプレス

ベンチプレスは大胸筋に効果のあるトレーニングです。正しいフォームで行わないと腕にしか負荷がかからないということがありますので、以下の4ポイントをしっかりと確認して行いましょう。

  1. 手幅は肩幅の5倍が目安。手首は反らせすぎたり立たせすぎたりしない。
  2. 肩甲骨を寄せて下ろし、肩とお尻・両足を踏ん張らせてブリッジを組む。
  3. ラックからバーを外したら肩甲骨の真上にセット。
  4. 胸の中心あたりに向かってバーベルを下ろす。

スクワット

スクワットは太ももや大殿筋を鍛えることができます。この動画で紹介している5種類のスクワットはお尻(大殿筋)・内もも・外もも・前もも(大腿四頭筋)・裏もも(ハムストリングス)をピンポイントで鍛えることができます。

デッドリフト

デッドリフトは大腿四頭筋・ハムストリング・大殿筋・広背筋・僧帽筋・脊柱起立筋など空手に必要な筋肉をすべてまとめて鍛えることができるのでおすすめです。腰を痛めないように、以下の点に注意して行いましょう。

  1. 背筋にしっかりと力を入れて伸ばした状態で行うこと。
  2. 肩甲骨がバーの真上に来るようにする。足の中心にバーが来るようにする。
  3. バーが床からひざまでは、ひざを伸ばす力で持ち上げる。
  4. ひざからフィニッシュまでは股関節を前に突き出すようにして持ち上げる。
  5. バーは体から離さずに真っ直ぐ持ち上げること。

ハンギングレッグレイズ

腹筋の中でもかなり負荷が高いハンギングレッグレイズをやってみましょう。通常の腹筋では首や腰を痛める恐れがありますが、ハンギングレッグレイズなら腰への負担が少なく、腹筋を重点的に鍛えることができます。

  1. チンニングバー(あるいは鉄棒など)を握ってぶら下がる。手幅は肩幅程度。
  2. 上半身と腰の位置を動かさないようにしながら、太ももを体に近づける。
  3. 素早く上げてゆっくり下げると負荷が高くなる。
  4. 反動を使ったり、お尻を持ち上げたりしないように注意する。

体幹トレーニングでインナーマッスルを鍛える

https://twitter.com/mika_lovekmf2/status/1129317919383416833

体幹トレーニングでインナーマッスルを鍛えることで、ボディバランスアップや基礎代謝の向上といった効果があります。通常の筋トレは数日ごとに回復期を取る必要がありますが、体幹トレーニングは負荷が軽いため毎日行っても大丈夫です。

ボディバランスに特化した体幹トレーニング

相手から攻撃を受けてもバランスを崩さないようにするため、ボディバランスに特化した体幹トレーニングをやってみましょう。わずか10分で行うことができるので、時間がないときでも大丈夫です。

内転筋と体幹を一度に鍛えるトレーニング

内転筋と体幹を一度に鍛えることができるトレーニングです。内転筋は蹴るときに大きく働く筋肉ですので、ぜひトレーニングメニューに加えてみてください。

  1. 体を横向きにし、上側の足を台の上に乗せる。そのまま静止。
  2. 下側の足を上の足に近づける。
  3. 手を台に乗せて寄りかかるように体重をかけ、たった状態でのサイドプランクを行う。
  4. 下側の足を浮かせる。

体の柔軟性を高めることも大切

美しい筋肉を作るために、筋肉を鍛えると同時に柔軟性も高めていきましょう。柔軟性を高めることはしなやかで美しい筋肉を育てるだけではなく、筋トレ効果を高め筋トレによる怪我予防にも効果的です。

スムーズな動きのために股関節の可動域を広げる

蹴りを繰り出すときには股関節の可動域を広げることが大切です。内転筋(うちもも)の筋肉を和らげ、鼠径部の可動域が広がるようにストレッチしていきます。

  1. ストレッチをする前に、自分の股関節の硬さをチェックする。
  2. 仰向けに寝てリラックスし、股関節の前側の筋肉を緩める。
  3. 内もものストレッチを行う。
  4. 鼠径部のストレッチを行う。

ストレッチが終わったら、最初に行った股関節の硬さチェックをもう一度してみましょう。ストレッチにより股関節の可動域が広がった事を実感できると思います。

全身の柔軟性を高めることで怪我を予防する

股関節だけではなく、全身の柔軟性を高める運動も行いましょう。毎日行うことで柔軟性があがります。体が硬い人は無理をしないようにできる範囲で行います。

  1. 広めに開脚してお尻を下げる。肘を太ももに乗せてサポート。
  2. 両手を膝に置いて上半身をひねる。無理せず心地よく感じる程度で行う。
  3. 歩幅を広くとり、お尻を真下に下ろす。後ろ脚は膝を伸ばし、上体を真っ直ぐに保つこと。
  4. 後ろ脚のひざを床に付けて前方にかがむ。
  5. 後ろ脚をつかんでお尻につける。この時、お尻を後ろに引かないように。
  6. 足の裏を合わせて体に引き寄せる。上体を倒す時は背筋を伸ばすようにする。
  7. 両足を開いて背筋を伸ばし、無理のない範囲で上体を横に倒す。
  8. 背筋を伸ばした状態で上体を前へ倒す。開脚を戻す時はゆっくり戻す。
  9. 両手を床に付けてお尻を前にずらし、突っ張るところで静止。
  10. 仰向けになりリラックス。つま先と指先を遠ざけるイメージで背伸びする。
  11. ひざを抱えて体に引き付ける。
  12. 抱えた脚を内側に倒し、その状態から上にある手を逆側に伸ばす。
  13. うつ伏せの状態から上体を反らす。硬い人は肘を床に付けるとよい。
  14. 遠くに手を付けた状態で背筋を伸ばし、脇を床に近づける。
  15. 立ち上がり後ろ脚のかかとを床につけてひざを伸ばします。

まとめ

横浜流星さんは空手仕込みの非常に引き締まった体をしています。日々のトレーニングによって低体脂肪率の細マッチョになることは十分に可能です。

筋トレ、体幹トレーニング、柔軟とバランスよく行うのが大切ですので、ぜひ上記のトレーニングを行ってみてはいかがでしょうか。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP