ラグビー トライ

ラグビーのポジションと役割について徹底解説!体格によって活躍できる場所も変わる?花形ポジションはどこなのかも知りたい

 

ラグビーは人数も多く、選手が常に走ったりぶつかったりしているため、ポジションがよくわからないという人も多いです。ですがラグビーのポジションには明確な役割分担があります。

それぞれのポジションによって合う体格や運動能力などがありますので、自分にあったポジションを見つけましょう。ポジションの特徴と体格に合ったポジション、人気の花形ポジションについてご紹介します。

これからラグビーを始めようと思っている人も、ラグビー観戦に興味がある人もぜひチェックしてみてください。

ラグビーは位置によってポジションが分けられる

ラグビーは前方・後方によってポジションや役割が変わります。それぞれの持つ役割を大きく捉えて見ていきましょう。

前方の8人は「フォワード」

ラグビーでフィールド前方に位置している8人は「フォワード(FW)」といいます。スクラムやラインアウトなどのセットプレーで大きな役割を果たします。セットプレーのとき以外にもタックルなど選手が密集している場面でパワー重視のプレーをするポジションです。

後方の7人は「バックス」

後方に構える7人は「バックス(BK)」といいます。密集地帯で力を発揮するフォワードと違い、フィールドを広く使ってランやパスなどでゲームメイクをするのがバックスの役割です。パワーはもちろんですが、ランの技術やスピードが求められることが多いです。

またキックの得意な選手も多く、またトライを決めることの多いポジションです。

ラグビーのポジション紹介・フォワード編

フォワードと一口にいってもポジションが8つに分かれており、それぞれが持つ役割が異なります。どのような役割を持っているのかをチェックしましょう。

フォワードは3列に分かれている

フォワードは前から3列に分かれています。最前線の3人がフロントロー、2列目の2人がセカンドロー、3列目の3人がバックローといいます。

フロントロー

フォワードの最前線は左プロップ(背番号1)・フッカー(背番号2)・右プロップ(背番号3)が並びます。スクラムを組む場合にはこの3人が最前列に立つため、体が大きく強靭で体重の重い人がフロントローになることがほとんどです。

フッカーはボールの扱いに長けた器用な人であることも求められます。

セカンドロー

セカンドローは左ロック(背番号4)と右ロック(背番号5)の二人です。左ロックはラインアウトのキャッチャー役を担うことも多いため、長身の選手がなることが多いです。

スクラム時にはフロントローを後ろから押し込む役割を担うため、パワーのある選手が好まれます。

バックロー

フォワードの最後尾には左フランカー(背番号6)・ナンバーエイト(背番号8)・右フランカー(背番号7)が並びます。スクラムの最後尾から押し込む役だけでなく、走力・スタミナ・スピードが必要になるポジションです。フランカーの運動量がチームのパフォーマンスに関わるといわれるほど重要なポジションです。

ナンバーエイトはフォワードの中でも特に重要なポジションで、チームで最も身体能力に優れた選手やエースが務めることが多いです。フィジカルの強さ、スピード、パスの技術のほか、一瞬の状況判断でゲームの流れを読む能力などが求められます。

ラグビーのポジション紹介・バックス編

バックスもフォワードと同様、大きく3つに分かれています。前方にいるのがハーフバックス、2列目にスリークォーターバックス、最後尾にいるのがフルバックと呼ばれます。

ハーフバックス

ハーフバックスはタテに2人が並びます。前がスクラムハーフ(背番号9)、後ろがスタンドオフ(背番号10)です。どちらのポジションもゲームを作る働きが求められます。

スクラムハーフはスクラムのときにボールを取り出す働きがあり、俊敏性が求められるため小柄な選手が務めることが多いです。パスやキックなどのスキルの高さが必要です。

スタンドオフはまさにチームの司令塔役で、スクラムハーフから出されたボールを展開し、チームメイトに指示を出す役を務めます。全体の流れを読み、味方が最も能力を発揮できる位置にパスを供給するゲームメイカーです。

頭の良い人、戦術理解度の高い人がスクラムハーフになる傾向があります。

スリークォーターバックス

ラグビースリークオーターバックスは左ウイング(背番号11)・左センター(背番号12)・右センター(背番号13)・右ウイング(背番号14)の4人です。

基本的にウイングは最もスピードのある選手が務めます。相手のタックルを振り切る速さだけでなく、自陣深くから敵陣深くまでかなり長い距離を走ることになりますので、スタミナに自信がないと務まらないポジションです。

センターも同様には走って突破するポジションですが、フィールドの中央寄りにいるため突破力が求められますし、タックルで相手を潰したり味方へのアシストをしたりすることが多いです。そのため、スピードに加えてパワーやディフェンス力も求められます。

フルバック

ディフェンスの要であるフルバック(背番号15)は押し込まれたときに陣地を取り返すため、キック力やキックのコントロール性が求められます。また相手のキックを処理したり、広い範囲を守るためのディフェンス能力も絶対に必要なポジションです。

ポジショニングの良さで相手の攻撃の芽を摘むという選手も多いです。

体格や運動能力によって活躍できるポジションは違う!

キックする前のラグビー選手ラグビーでは15のポジションでそれぞれの役割があるため、体格や運動能力、判断力などさまざまな要素をチェックしつつ、自分にあったポジションはどこなのか見ていきましょう。

パワーに自信がある人は

パワーに自信がある人はフォワード向きだといえます。特に体が大きい人ならフロントローで強さを発揮できます。また長身の人ならロックを務めればラインアウトのときに有利に働きます。

スピードに自信がある人は

スピードに自身がある人はバックス向きだといえるでしょう。スリークオーターバックスは俊足の選手を揃えることが多いです。フィジカルに自信がある場合にはセンター、ランの技術がある人はウイングでその能力を発揮しましょう。

パスに自信がある人は

パスの精度やより良いパスコースを見つけるのがうまいという人はスクラムハーフやスタンドオフ、ナンバーエイトといったフィールド中央のポジションがよいでしょう。ただしこれらのポジションは判断力や流れを読む力なども必要になります。

ランもパスも得意という場合にはセンターで活躍できるでしょう。

キックに自信がある人は

キックが得意な場合はバックスに向いているといえます。キックは局面を変える重要な要素の一つです。パントキックで直接ゴールを狙うこともあれば、陣地を取り返すためのロングキックや相手の裏に味方を走らせるショートパントなどを使うこともあります。

フルバックはロングキックを蹴る機会が多いですので、キックの技術や能力は欠かせません。また守備時にはウィンガーでもキックをする機会が多いです。

小柄な人ならこのポジション!

小柄な人はスクラムハーフを務めることが多いです。

日本代表の田中史朗選手(166cm)を始め、海外の有名選手でもスクラムハーフの選手は170cm前後の小柄な選手が多いです。スクラムから出されたボールを地面から拾いすばやく展開しなければならないので、小柄な選手の方が有利になります。

またパス・キック・ランなど何を選択すれば最適なのかを考える素早い判断力、瞬間的に相手をかわして突破するアジリティの高さやステップなどを磨いていきましょう。

ラグビーの花形ポジションといえば

タックするラグビー選手ラグビーの中で花形のポジションといえば、フィールド中央部にいるナンバーエイトやスタンドオフです。ナンバーエイトはエース級の選手が務めることが多く、スタンドオフは司令塔タイプが務めることが多いです。

ナンバーエイトがフォワードの支柱になる

ナンバーエイトはパワーもスピードも高いレベルで備えている人が適正です。世界中のチームを見渡しても、身体能力が高くスピードや力強い突破力、パスなどにも秀でている人が多いです。

また窮地に立っていてもなんとかしてくれるのではないかという精神的な支えになっている選手が多く、最も信頼されているポジションであるといえます。

スタンドオフのリーダーシップ力がゲームを分ける

スタンドオフはスクラムから出たボールをスクラムハーフから受け取り、パスなどで展開していく司令塔的な働きを行います。

そこから味方の動きを引き出すような長短のパスを出す必要があるため、コントロールやスピードなど高いパススキルが必要になりますし、味方の動きや試合展開、フィールド上での選手の配置などを読むための判断力も必要です。

また味方に対する指示を出す働きもありますので、フィールド上の監督的な役割をします。

とにかく目立ちたい!という人はウィングがおすすめ

ラグビーの試合において最も目立つ瞬間はロングランからのトライだといってもいいでしょう。素人目に見ても相手のタックルをかわしてスルスルと走り抜ける姿は非常に目立ちますし、そのままトライまで持っていくことができるのは非常に大きな戦力になります。

スピードやフットワークに自信があるという人はウイングでプレーするのがおすすめです。

まとめ

ラグビーというと「足の速さ」「体格の大きさ」「パワー」といった点が非常にクローズアップされますが、ポジションによっては小柄な選手でも十分に活躍できます。あるポジションでは活躍できなかった選手が別のポジションでは大活躍できるようになった、ということもよくあります。

自分がやりたいポジションを選んで必要なトレーニングをすることも大切ですが、同時に自分の適性に合ったポジションを選ぶということも大切なポイントです。各ポジションの特徴をしっかり捉えて自分にあったポジションやトレーニングを選択していきましょう

       

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. タックするラグビー選手

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP