タックするラグビー選手

ラグビーのタックルの種類やコツを徹底解説!タックルに必要なラガーマンの能力とは?危険な違反タックルについてもチェック!

 

ラグビーの見どころの一つがデフェンスプレイである「タックル」です。ボールを持った相手選手の前進を阻止するためにもラガーマンには有効なタックルを成功させる能力が必要となります。

タックルを行うラガーマンは身体能力はもちろんのこと、相手の動きを洞察しタックルするタイミングを見極めるテクニックやコツも身に付けていなければなりません。

そこで今回はラグビーのタックルの種類やコツを徹底解説します。タックルに必要なラガーマンの能力危険な違法タックルについてもチェックしていきます。

タックルの種類

タックルといってもラグビーのタックルにはアプローチの仕方が異なるいくつかのタックルがあります。

4種類のタックル

ラグビーの練習

ラグビーでは主に次の4種類のタックルで相手チームのトライを阻止することになります。ボールを保持しているプレイヤーの状況を瞬時に読み取り適したタックルを仕掛けます。

  • フロントタックル
  • サイドタックル
  • リアタックル
  • スマザータックル

全てのタックルに共通する基本

タックルには4種類のタックルがありますが、どのタックルにも共通する基本があります。それぞれのタックルのコツを覚える前にタックルの基本を把握しておきましょう。

タックルの最も重要な要素:低い姿勢

ラグビーゲーム

タックルは正しい姿勢でなければ有効なタックルをすることができません。タックルに入る姿勢が間違っていると相手を倒すことはできず、場合によってはケガを引き起こしてしまいます。

基本的には「低い姿勢」から入るタックルが正しいタックルの姿勢とされています。特にボールを持っている相手が自分より体格が大きい場合、低い体勢からタックルした方が成功率が高くなります。

腰から下に向けて相手の懐に低い姿勢で入り込むことがタックルの基本となります。

見極めが肝心:タイミング

タックルするベストなタイミングを見極めることも有効なタックルを決めるために必要な要素です。タイミングが悪いと相手を倒すことはできません。

タックルのタイミングは以下の点が重要となります。

  • ボールを持っている相手に頭を上げて入り込むタイミング
  • 相手をしっかり腕で抱え込むバインドができており相手にずらされないタイミング
  • タックル後にすばやく立ち上がりボールを確保できるタイミング

タックルに入る位置:ポジショニング

タイミングと同様に大切なことがポジショニングです。ポジショニングはタックルの際に入る足の位置を決めることで、倒す相手の状況によってその位置を瞬時に判断する必要があります。

タックルは基本的に相手の腰から下を狙って入っていきますが、スピードのある相手選手を制するにはすねや足首のように低い場所へ入り込めるポジショニングを取る方が効果的です。

またポジショニングは相手の体格によっても入る位置を変える必要があります。身長が高い選手の場合、膝に向かってタックルを入れてしまうと顔をキックされてしまう可能性があります。

ポジショニングとタイミングが合えば相手を倒す有効なタックルを決めることができます。

それぞれのタックルのやり方とコツ

タックルは「一発で決める」ことが非常に重要ですが、それぞれのタックルはやり方やコツが異なります。

フロントタックル

タックルの基本といえる正面から相手にぶつかるタックルを「フロントタックル」といいます。

ボールを持った相手プレイヤーに対して俊敏な方向転換ができるよう膝を軽く曲げて待ち構えます。ぶつかる際に頭部を右または左に傾け、相手プレイヤーの太ももあたりに向かって肩から入っていきます。

すぐに相手の両太ももからひざ裏を抱え込み、両腕を手前に引き寄せて前進すると相手プレイヤーのバランスを崩すことができます。

サイドタックル

サイドタックルは基本的にはフロントタックルと同じ姿勢ですが、タックルを仕掛ける位置が異なります。フロントタックルは正面から入りますがサイドタックルは横から入ります

サイドタックルはボールを持った相手選手に向かって手を出すのではなく、肩から入ってタックルすることが大切です。そして相手選手が逃げないよう両腕で太ももから下を抱えて締めていきます。

サイドタックルは体格のいい選手に効果があるタックルといえます。横からタックルする際に相手の視覚に入らない角度から仕掛けることがサイドタックルのコツです。

リアタックル

ラグビー トライ

リアタックルは相手の後ろからタックルする方法です。リアタックルは相手にぶつかって抱え込むというよりも、くるぶしを掴んだり足をはたいたりしてバランスを崩し躓かせることができれば成功といえます。

プレイの流れでフロントタックルやサイドタックルで追い詰めることができなかった場合、ダイビングで後ろから触ることで相手プレイヤーのバランスを崩すことができます。

スマザータックル

低い体勢からタックルできない状況の場合に有効なタックルがスマザータックルです。スマザータックルは上半身を狙って行うタックルです。

上半身を狙いますが肩の線から上へのタックルは危険な違法タックルとなります。

スマザータックルで意識しておきたいコツは相手を「ひねって倒す」ということです。スマザータックルの目的は相手をひねって倒し腕からボールを落とすことです。

上手くひねって倒すには相手の身体を抱える際にできるだけ密着することが大切です。また上半身と腕を一緒に抱えると相手の腕からボールを落としやすく相手側のパスを防ぐことができます。

タックルする際の注意点

タックルを行うにあたり注意しなければならない点がいくつかあります。

まずタックルは中途半端な動きで行っても意味がありません。相手プレイヤーの懐に肩から突入し、しっかりと身体を密着させなければ有効なタックルをすることはできません。

手で相手に飛び込むのではなく「タックルは肩から」を守ることが大切です。

またタックルする際は頭を上げて相手をしっかり見る必要があります。頭が下がっていると相手プレイヤーの動きが見えないだけでなく、頚椎を損傷するような事故につながる場合があります。

タックルに必要なラガーマンの能力とは?

タックルは相手選手のボールを奪うだけの単なるディフェンスプレイではありません。タックルが成功すると試合の流れを変えたり試合に勢いを与えたりすることができる重要なプレイの一つです。

試合のカギとなるタックルを行うラガーマンにはどのような能力が必要なのでしょうか。

強い意志を持っている

タックルを行うラガーマンはまず第一に「自分が絶対止める」という強い意志を持っていなければなりません。不安や自信のなさが少しでもあるとタックルを成功させることはできません。

身体的な能力(フィジカル)

男性の背中

タックルをするラガーマンはボールを保持しているプレイヤーの前進を全力で阻止しなければなりません。

攻撃側もトライをしようと必死で突進してくるのでタックルを行うラガーマンには強靭な身体能力が要求されます。

「ナイスタックル」は相手を一発で倒し成功させることです。体格が大きければ相手を必ず倒せるというわけではありませんが、高い身体能力がなければ有効なタックルでチームを守ることはできません。

またタックルは肩から相手プレイヤーに入っていきますが、頭部を守るためにも首の筋肉をしっかり鍛えることが重要となります。

技術的な能力(テクニック)

身体が大きく強ければ相手プレイヤーを必ず倒せるということではありません。タックルを行うラガーマンは相手プレイヤーの体格や状況をよくみてタックルを仕掛けなければなりません。

ボールを持った選手が自分より体格が大きいのであれば、技術やスピードを重視したタックルでアプローチする必要があります。

相手の動きを見ながらギリギリまで待ってタックルに入るベストなタイミングを掴むことも大切です。

絶対に抜かれないということを意識して、自分との距離を少しでも縮めてから相手の懐に入る技術的な能力が重要となります。

タックルを成功させるための筋トレと練習

中高年の男性はベンチプレスで行使ジム

タックルに必要な身体能力を上げるにはウェイトトレーニングで筋肉を発達させる必要があります。ラガーマンとしての強靭な身体づくりに効果的な基本の筋トレはベンチプレスとスクワットです。

ベンチプレス:強靭な大胸筋

ベンチプレスは大きな上半身をつくるために欠かせないウェイトトレーニングです。

身長190cmのリーチ・マイケル選手のベンチプレスは160kg、ラガーマンとしては小柄な身長166cmの流大選手もベンチプレスは155kgでパワーのある身体をつくり上げています。

  1. バーの真下に顎がくるようにベンチに仰向けになる
  2. バーについているラインに小指を合わせてバーを握る(身長170cm前後の場合)
  3. バーを外して息を吸いながら下ろしていく(手首を寝かさずに立てる)
  4. 大胸筋の下あたりにバーを下ろす(下ろす位置が悪いと肩を傷めたり大胸筋への効果が薄れたりする)
  5. 息を吐きながら垂直にバーを上げる

ダンベルスクワット:すばやい方向転換

スクワットは足の内転や外転、伸展の動作をサポートする大臀筋や四頭筋を鍛えることができます。この部位を鍛えると、ラグビーにおいてはタックルで必要となるすばやい方向転換がしやすくなります。

ダンベルを持つことで負荷をかけることができるので、慣れてきたら徐々に重くしてみましょう。

  1. ダンベルを身体の横に持って足は肩幅に開きつま先を少しだけ外に向ける
  2. イスに座るような感覚で腰を垂直にゆっくり下ろす(膝を曲げるというより腰を下ろすイメージ)
  3. 膝が直角になるまで4秒かけて腰を下ろす
  4. 4秒かけて元の位置に戻り膝は完全に伸ばさない

技術力を磨く練習

技術的な能力をいてスキルアップするには、地道にタックルの練習を重ねコツを掴んでいく必要があります。

  1. タックルは身体に当たる時のスピードと接点を意識する
  2. 接点を意識して腰のあたりに入り込み腰をしっかりバインドする
  3. バインドしたまま相手を倒す
  4. 腰を持ったまま手前に引くと相手が後ろに倒れ込みやすくなる

危険な違法タックルについて

ワールドラクビーの規則の中には「ラクビー精神」として品位・情熱・結束・規律・尊重という5つの要素が掲げられています。

タックルは相手チームの攻撃を食い止めるためのディフェンスプレイであり、危険な違法タックルはラグビー精神に背いた行為となります。

ラグビー精神に則ったフェアプレイで戦うためにも危険な違法タックルをチェックしておきましょう。

肩から上を狙ったハイタックル

審判カード 審判 サッカー カードセットフットサル審判 PVC 警告カードセット 小冊子1枚 レコードカード10枚 鉛筆1本 変形がにくい PVC材料製 主審 副審 サッカー 赤 黄色 レフリー・審判用ウェア

肩の線から上に入るタックルは危険なタックルと判断されます。肩より上に行うタックルは頭部に直接ダメージを与えてしまう可能性があり、危険度が高いので意図的な行為でなくても反則となります。

このようなタックルを「ハイタックル」とよびますが、近年ではハイタックルに対してレッドカードが多く出されているため最も危険な違法タックルだといえます。

持ち上げて地面に落とすノーバインドタックル

相手プレイヤーにぶつかる際に相手をバインドせずに持ち上げて上半身から地面に落とすタックルは危険な違法タックルとなります。

タックルはバインドして行うことが基本です。腕で相手を抱え込まずにぶつかる「ノーバインドタックル」は相手が吹き飛んでしまう可能性が高く危険なタックルと判断されています。

ボールを持っていない選手へのノーボールタックル

ボールを持っていない相手にタックルする行為は「ノーボールタックル」とよばれペナルティの対象となります。

ボールを保持していない選手はタックルされるとは思ってもいないため、このような不意打ちが伴ったタックルはケガにつながる危険な行為とみなされます。

まとめ

ラグビースクラム

ラグビーにおいて試合の流れを変えチームに勢いをつけるプレイの一つであるタックルの種類やコツを徹底的に解説しました。

ラグビーは体格のよい強い選手同士が激しくぶつかり合うというイメージがありますが、ラグビー精神として第一に相手を尊重して戦うということが基本となっています。

そのためタックルを行うラガーマンはゲームに勝つためのタックルを成功させる身体能力と同時に、相手にケガをさせない技術のあるタックルを行わなければなりません。

ラグビー精神に則って戦うためにも危険な違反タックルをしっかりとチェックし、心身ともに潔いプレイができるラガーマンを目指しましょう。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 山間部を飛ぶパラグライダー
  2. 手書きの相撲画

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP