亀田和毅の筋肉画像まとめ!肉体改造を実現した筋肉トレーニング方法が知りたい!亀田流&最新式筋トレで最強の体を手に入れよう

 

ボクシング界では知らない人はいないほど知名度が高いことに加えて輝かしい功績も呈しているのが亀田和毅選手です。彼のボクシングへ対するストイックな姿勢はボクシングファンに限らず、多くの人を魅了しています。

そこで今回は、さらなるレベルアップを目標に肉体改造を実現した亀田和毅選手の筋肉トレーニング方法について詳しくご紹介しましょう。

亀田和毅選手のプロフィール

 

ems: center;”>

この投稿をInstagramで見る
ems: center;”>

 

亀田和毅/Tomoki Kamedaさん(@tomokikameda)がシェアした投稿

ボクシングファンでない人はもしかすると亀田和毅選手の偉業や功績を知らない人もいるかもしれません。そこで、こちらでは彼の輝かしい功績について紹介しましょう!

亀田和毅選手は大阪府大阪市西成区天下茶屋出身であり、実父である亀田史郎氏がトレーナーを務めていた兄弟の中の3男です。兄弟の中でも兄たちから「兄弟の中で最も才能がある」との定評もあるほど。

アマチュア選手時代の功績

実際に亀田和毅選手はアマチュアとして2007年には「バンタム級グアンテス・デ・オロ(ゴールデングローブ)準優勝」、2008年には「バンタム級プーニョス・デ・オロ優勝」のタイトルを獲得しているのです。

プロ選手としての偉業

2011年11月からはメキシコでプロデビューを飾り、日本人選手としては初めて「WBO世界王者」に輝き現在もその勢いは衰えずにボクシング界の最前線で活躍しています。

亀田和毅選手のトレーナーは2017年からは兄の亀田興毅が務め、兄弟の二人三脚で亀田流と最新のトレーニングを取り入れることで実力を発揮させて世界を魅了しているのです!

この様な素晴らしい偉業や功績を残すには、プレーに最適なコンディションを手に入れることが不可欠になります。次章では、勝ち続ける亀田和毅選手のさらなるレベルアップを目指した肉体改造のためのトレーニング方法について迫りましょう。

亀田和毅選手の肉体改造の理由

 

ems: center;”>

この投稿をInstagramで見る

 

亀田和毅/Tomoki Kamedaさん(@tomokikameda)がシェアした投稿

亀田和毅選手は、決して試合に敗北し続けたためや負傷を繰り返したために肉体改造を決意したわけではありません。肉体改造に取り組む前にも申し分ないほどの活躍を遂げていました。

しかし、それにも関わらず肉体改造に挑んだ理由としては、2015年の春にWBA王者のマクドネル選手と統一戦を行う予定でしたがWBOサイドの承認を受けることができなかったため「王座返上したこと」や「マクドネル選手との過去2戦をともに判定負けしていること」が影響しているといわれています。

亀田和毅選手の肉体改造

 

この投稿をInstagramで見る

 

亀田和毅/Tomoki Kamedaさん(@tomokikameda)がシェアした投稿

亀田和毅選手の肉体改造は、プロ野球日本ハム在籍経験をもつ多田久剛氏の指導のもとに実践されました。トレーニングの指導内容には、亀田和毅選手がこれまでに実践したことのないメニューも新たに加えられたことに加えて下半身の強化にも着目して行われたそうです。

亀田和毅選手の肉体改造の成果

2013年12月のときの身体計測値と比較すると亀田和毅選手はフィジカル専門のトレーナーの指導による肉体改造後に「リーチは7cm」「胸囲は8cm」と大幅に数値を増幅させることに成功したのです。

他にも亀田和毅選手本人の実感としては、ブレのない体の芯の強さなどを手に入れたとも伝えています。

夫人の献身サポートも肉体改造を後押し

亀田和毅選手は2015年にシルセ夫人と結婚しています。ボクシング選手にとっても食事管理は日々のトレーニング同様に非常に重要な要素です。肉体改造の成功にはシルセ夫人の献身的なサポートも後押ししたといわれているのです。

亀田和毅選手の肉体改造のためのメニュー

 

この投稿をInstagramで見る

 

亀田和毅/Tomoki Kamedaさん(@tomokikameda)がシェアした投稿

こちらでは最大の関心である亀田和毅選手の肉体改造のために設定されたトレーニングメニューについてご紹介しましょう。ボクシングをプレーされる人は特に必見です!

トレーニングのコンセプト

ボクシングは、スポーツの特性上トレーニングには瞬発力や持久力などが重視されます。

しかし、多田久剛トレーナーは「単なる筋肉量の増量」だけでなく「体幹の強化」と「下半身の力をパンチに伝えられる」ことに着目したコンセプトのもとに亀田和毅選手の肉体改造メニューを設定したといわれているのです。

これまでのトレーニングとの違い

具体的には、重りを使用したメニューを取り入れることで下半身の強化が上半身の強化につながり、スパーでもパワーを得ることを重視したメニューであったとされています。

多田久剛トレーナーは、ダルビッシュ選手や新庄選手を指導した経験をもつことからもこのメニュー設定の意図を知ることができるはずです。

亀田和毅選手の肉体改造を実現した筋肉トレーニング方法

 

この投稿をInstagramで見る

 

亀田和毅/Tomoki Kamedaさん(@tomokikameda)がシェアした投稿

こちらでは、いよいよ具体的な「亀田和毅選手の肉体改造を実現した筋肉トレーニング方法」について解説しましょう!かなりハードメニューなため実践は難しいかもしれませんが、メニューの組み合わせを参考にしていくのはおすすめです。

ボクサーはフィジカルトレーニングがタブーとされていた

もしかすると他のスポーツではフィジカルトレーニングは必須とされているのにボクシングではフィジカルトレーニングが今になって注目されていることに疑問をもった人もいるかもしれません。

それは、ボクシングならではの「余計な筋肉がつく」ことを避けたいという概念からといわれており、亀田和毅選手が肉体改造で実践したウエイトをトレーニングはボクシングには良く無いトレーニングと考えられていたためです。

現在は積極的にウェイトトレーニングを取り入れる選手も増加

暗い背景にウェイトを持ち上げる筋肉青年のクローズ アップ

腹筋・背筋・懸垂など器具を使わずに自分の体重のみの負荷による補強がこれまでは重視されていましたが、時代の流れによって現在はウェイトトレーニングを積極的に取り入れるボクサーも増えてきています。

ウェイトトレーニングの目的

ウェイトトレーニングを取り入れたメニューの設定は、体幹と下半身の強化を目的としています。その理由としては、パンチは上半身だけで打っているように見えても実際には、体幹や下半身の力を上半身に伝えて打っているためです。

そのため、体幹と下半身を効率的に強化していくためにもウェイトトレーニングを取り入れることとなりました。

短距離ダッシュ+筋トレメニュー

「200mの短距離を走る合間にスクワットを50回を実践した後に再び200mを走る」という「短距離ダッシュ+筋トレメニュー」のコンビネーションメニューを実践しているそうです。

200mを走るときには「序盤は50%程度で走り、そこから最大速度に振り切って走る」ことを意識して取り組む必要のあるメニューであり、回数としてはインターバルなしで20本などをこなしているといいます。

応用として距離やコンビネーションを変化させて取り組んでいるそうです。

腹筋ローラーを使ったプランク


プランクは体幹トレーニングの中でも基本といえるトレーニングです。そのプランクを亀田和毅選手は腹筋ローラーを用いることで負荷を高めてトレーニングしていました!

具体的な方法は「腹筋ローラーを両手で支えてプランクの姿勢をキープする」という筋肉トレーニング方法です。

トレーニング効果としては、腹直筋・腹斜筋を中心に上腕三頭筋・脊柱起立筋群・姿勢の維持に関わる体幹の筋肉を鍛えることが可能になります。

腹筋ローラーを使ったプランクの実践ポイント

実践の際のポイントとしては「正しい姿勢を維持すること」になります。姿勢が崩れてしまうと負荷が逃げてしまうため、トレーニング効果が減少してしまう原因になるのです。

実践の際には「頭からつま先まで体幹を一直線にするよう」体幹を意識しながら取り組むことが重要になります。しかし、筋肉トレーニングの初心者が急激にこのトレーニングを行うことはけがや事故の原因になりかねないため、徐々に負荷を増加させていくように心がけましょう。

バランスボールディクラインプッシュアップ

聞き慣れないトレーニングメニューと思われる人もいるかもしれませんがこのバランスボールディクラインプッシュアップとは「バランスボールを用いたプッシュアップ」のことです。

具体的には「バランスボールに両足を乗せてプッシュアップの姿勢に整えてからプッシュアップを実践する」という筋肉トレーニング方法です。

バランスボールディクラインプッシュアップの実践ポイント

実践の際のポイントとしては、バランスボールの保持には両足のつま先を立てて足先で支えることを意識しながら、バランスを崩さないように体を安定させることになります。

また、プッシュアップの際には両手は肩幅より少し広めの位置に確保して安定させて頭からつま先まで体幹を一直線にするように意識して行うのが重要です。背筋が曲がってしまうと体幹への負荷が逃げるため特に注意が必要になります。

ストレッチもメニューの一部に

ハンサムな若い男の家でマットの上にハムスト リングのストレッチ運動を行います。

亀田和毅選手は、トレーニング前後のケアにもしっかりと意識して取り組んでいます。アスリートは年齢を重ねるごとに経験も豊富になる反面、負傷のリスクも上昇するのです。

そのため、亀田和毅選手は負傷や事故を防ぐために「朝晩の練習前後」にストレッチをトータルで1日4時間実践しているといわれています。

亀田和毅選手は多様なトレーニングを実践


亀田和毅選手のトレーニングメニューは「スパーリング」「基礎の筋肉トレーニング」「ランニング」「水泳」「ウェイトトレーニング」など実にさまざまなボクサーのトレーニングの型には収まらないトレーニング方法を実践しています。

トレーニング施設も非常に充実しており、水泳のフォームとスピードなども確認できる流れるプールや高くまで跳躍可能な競技用トランポリンが設置されていたりとボクシングのトレーニングイメージとはかけ離れた設備の中でトレーニングを重ねていたようです。

亀田和毅選手のトレーニングメニューを参考に美しい筋肉を手に入れよう!

 

この投稿をInstagramで見る

 

亀田和毅/Tomoki Kamedaさん(@tomokikameda)がシェアした投稿

今回は、ボクシング界で常に前進を続けて活躍する亀田和毅選手のトレーニングメニューについて詳しく解説しましたがいかがでしたか?

ボクシング界ではこれまでタブー視されてきた最新のフィジカルトレーニングを取り入れることで肉体改造に成功した亀田和毅選手のメニューを参考に、みなさんもできることからトレーニングを挑戦して美しい筋肉を取り入れましょう!

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. ボルダリング

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP