手書きの相撲画

千代の富士の筋肉に注目!筋肉の鎧をつくるトレーニング方法を徹底解説!四股の回数は?脱臼癖を克服した筋トレメニューも紹介

 

「昭和最後の大横綱」といわれた千代の富士関の強さの秘密をご存知ですか?

千代の富士関は今もなお力士の中でも憧れの存在です。

こちらでは「筋肉の鎧」と言われるほど鍛え上げられた筋肉をつくりあげたトレーニング方法について詳しくご紹介しましょう!

また千代の富士関の現役時代最大の悩みであった脱臼癖を克服した方法についても迫ります。

ぜひこちらの内容を参考に勝負にも負傷にも強い力士を目指して下さい!

千代の富士関のプロフィール

 

ems: center;”>

この投稿をInstagramで見る
ems: center;”>

 

Yuuta Kawai(@irsky0708)がシェアした投稿

千代の富士関は本名秋元貢として1955年6月1日に北海道松前郡福島町に誕生します。

こちらでは「ウルフフィーバー」まで巻き起こすほどの人気を誇った千代の富士関のプロフィールについてご紹介しましょう。

角界入門への意外なエピソード

 

ems: center;”>

この投稿をInstagramで見る

 

千代の富士(新弟子時代) #千代の富士 #九重部屋 #新弟子時代 #大相撲 #相撲 #ウルフ

Yuuta Kawai(@irsky0708)がシェアした投稿 –


10年もの間横綱の座を守っていた千代の富士関は、意外にも幼少の頃から角界に憧れていたわけでは決してありません。

中学一年生の時に盲腸炎の手術を受けたが、秋元少年の腹の筋肉が厚いために手こずって、予定を大幅に上回る長時間の手術になってしまい、終了直前に麻酔が切れてしまった。

それでも必死に耐え続ける体格の良い秋元少年を見た病院長が見出し、千代の山の入門の世話をしたことがある若狭龍太郎に連絡した

飛行機にどうしても乗りたいがために、家族の反対を押し切って九重部屋に入門を決めた。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/千代の富士貢

これが千代の富士関関誕生につながったのです。

輝かしい功績

こちらでは千代の富士関が収めた輝かしい功績についてご紹介しましょう。

通算成績:1,045勝437敗159休(通算勝ち星は歴代3位)勝率.705

幕内成績:807勝253敗144休(幕内勝ち星は歴代3位)勝率.761

横綱成績:625勝112敗137休(横綱勝ち星は歴代3位)勝率.848

大関成績:38勝7敗 勝率.844

現役在位:125場所

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/千代の富士貢

更に千代の富士関は通算優勝回数も歴代3位に上るほどの功績を収めています。

全勝優勝:7回(北の湖と並んで歴代4位タイ)

連覇:5連覇(1986年5月場所 – 1987年1月場所)

場所別優勝回数(東京場所:13回(蔵前国技館:2回、両国国技館:11回)、地方場所:18回)

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/千代の富士貢

千代の富士関の強さの秘密

 

この投稿をInstagramで見る

 

五月千介(Senkai Satsuki)(@senkai_satsuki_official)がシェアした投稿

千代の富士関は最大に増量したときでもわずか127kgほどの体重であり、力士としては小柄な体格であったことが知られています。

しかし、千代の富士関はこの体格を欠点とすることなく31回の優勝を収めて更に10年間もの長期間に渡って横綱の座を守ってきたのです。

こちらではこれほどの強さを維持することのできた千代の富士関の強さの秘密について迫っていきましょう!

稽古では「四股」を重視していた

千代の富士関は基本に忠実に稽古していたそうです。

特に美しい所作とともに四股も当時の他の力士には珍しいほど高く美しく足が上がっていたことは人気の理由の1つにもなっていました。

このような四股を美しく行うことができるのは体幹の筋肉が鍛え上げられている証拠でもあります。

千代の富士関は稽古でも四股をしっかりと実践して体幹や下半身の強化にも努めていたのです。

「てっぽう」も大事にしていた

千代の富士関は、相撲部屋にある太く大きな柱を用いた稽古方法である「てっぽう」も大事に取り組んでいたそうです。

てっぽうによる稽古は上半身を鍛えあげることに適しているため脱臼壁のあった千代の富士関は特に重視していたといいます。

出稽古の率先者

千代の富士関は現役時代に琴風関(現:年寄・尾車)との取り組みで負け続けてしまう時期がありました。

そこで千代の富士関は「勝つことができない理由」を探るために出稽古を申し込み、琴風関がいる場所のどこでにも駆けつけたそうです。

このときには強くなることを目指し続け、嵩むタクシー代金も惜しむことはなかったといいます。

現役時代は脱臼癖に悩む時期もあった

千代の富士関は、幕下時代に初めて肩が抜けたときに自然と肩が入ったことから治療を受けなかったそうです。

このように適切な治療を受けずにいたことや力まかせに強引に投げ飛ばす取り組み方が原因となり現役時代に何度も肩を脱臼する癖がついてしまったといいます。

千代の富士関はこの脱臼壁を克服するためには、手術を避けたいのであれば「筋肉の鎧」をつくり上げるしかないと医師に告げられれたそうです。

千代の富士関は医師に勧められた筋肉トレーニングを積極的にこなし、手術を受けることなく無事に脱臼壁克服に成功したことが今でも語り継がれています。

千代の富士関の筋肉

 

この投稿をInstagramで見る

 

🚬😎ポー🚨👮(@poosan4649)がシェアした投稿

千代の富士関の現役時代の体脂肪率は10.3%であり力士としてはかなり筋肉量が多く、鍛え上げられた体格であったことが分かります。

上腕二頭筋が発達

千代の富士関の肩の脱臼癖を克服するための筋力トレーニングは肩回りの筋肉だけでなく腕の筋肉の強化も促して握力も向上させることにもつながりました。

千代の富士関は、はっきりと分かるほど特に上腕二頭筋が発達しています。

この鍛え上げられた上腕二頭筋のおかげで相手のまわしを引き付ける力が非常に強かったといわれているのです。

力士として小柄な体格をカバーできるほどの力は、肩周囲と上腕二頭筋を鍛え上げることで発揮できたといっても過言ではないでしょう。

鍛え上げられた大胸筋

千代の富士関は、肩の脱臼壁を克服した後も筋肉の鎧を維持すべく筋力トレーニングを継続し続けていました。

その筋力トレーニングのメニューに含まれていた腕立て伏せは腕を置く幅を変化させながら実践することで徹底的に筋肉を鍛え上げていったそうです。

このように腕立て伏せを極めることで他の力士よりも顕著に大胸筋が発達していました。

脱臼壁を克服した筋肉トレーニング

こちらでは千代の富士関が脱臼壁を克服した筋肉トレーニング方法について詳しく解説していきましょう!

千代の富士関は医師のすすめから肩の脱臼壁を克服するために肩周囲の筋力強化を目指したトレーニングに取り組みました。

そのトレーニング方法としてはダンベルを用いたウエートトレーニングに加えて部屋の畳がすぐにすり減ってしまうほど腕立て伏せにも取り組んでいたそうです。

後に千代の富士関が「一にも二にも腕立て伏せ。あれに尽きる」と発言するほど特に腕立て伏せを筋肉トレーニングの中心として取り組んでいました。

ウエートトレーニング

緑の黒板に鉄ダンベル

千代の富士関が肩の脱臼を克服するためにウエートトレーニングとして先に取り組んだのが20kgのダンベルを用いたトレーニング方法といわれています。

具体的なトレーニングメニューとしては「上下運動を20回」「振り上げ運動20回」こなしていたそうです。

こちらでは自宅でも手軽に取り組むことのできるトレーニング方法について具体的にご紹介しましょう。

スタンディングダンベルカール

こちらでは初心者でも取り組みやすい基本的なダンベルカールトレーニングであるスタンディングダンベルカールについてご紹介しましょう。

ダンベルの重さの目安

ダンベルの重さは「重いほど筋肉が鍛え上げられる」というものではありません。

重すぎるとフォームが崩れてしまい効果的な負荷を筋肉に与えられないだけでなく負傷の原因にもなってしまします。

そのためそれぞれの筋肉トレーニングの経験や体格に応じた重量のダンベルを準備するようにしてください。

スタンディングダンベルカールの場合に用いる平均重量は男性では「10kg~15kg」女性では「5kg~7kg」ほどといわれています。

スタンディングダンベルカールの初心者では男性はでは5kgほど、女性初では3kgほどを目安にするとよいでしょう。

方法

  1. 背筋を伸ばして肩幅と同じくらいに足を開いて立つ
  2. 両手にダンベルを握る
  3. ダンベルを握った両手を肩の位置まで上げる
  4. 肩の位置まで上げた後にその状態を2秒間維持する
  5. ゆっくりともとの位置に下ろす

トレーニングメニュー

スタンディングダンベルカールの基本の動作を10回から15回を1セットとしてインターバル1分をはさんで2セットから3セット実践する。

注意点

ダンベルカールを実施するときには、負傷の予防のためにも背筋をしっかりと伸ばして正しいフォームを維持しながら実践することが重要です。

またダンベルを下ろすときには勢いをつけずに静かに下ろしてください。

腕立て伏せ


千代の富士関は3人の医師から筋肉の鎧をつくり上げることをすすめられたため1日1000回という驚愕の回数の腕立て伏せを毎日のノルマとしていたそうです。

こちらでは基本の腕立て伏せの方法についてご説明しましょう。

方法

  1. 肩幅よりもやや広めに腕を開いて肩の床に置く
  2. 足は膝も真っ直ぐ伸ばしてつま先を立てる
  3. 頭から足首まで一直線を維持する
  4. この姿勢を維持したままゆっくりと体を床近くまで下ろす
  5. 胸が床に限界まで近づけた後に素早く体を押し上げて元の姿勢に戻る

トレーニングメニュー

ノーマルプッシュアップは10回を1セットとしてインターバル30秒間を確保した後に2セットから3セットを目安に実践して下さい。

初心者は無理せずに1セット10回からはじて正しいフォームに慣れた後に徐々に回数を増やしていきましょう。

注意点

ノーマルプッシュアップは基本フォームが崩れてしまうと効果的に筋肉へ負荷をかけることができなくなります。

そのため、頭から足首までの一直線を意識した基本フォームを維持できるように注意してください。

千代の富士関のような勝負にも負傷にもつよい力士を目指そう!

 

この投稿をInstagramで見る

 

kunchidama(@kunchidama)がシェアした投稿

今回は千代の富士関の筋肉と筋肉の鎧をつくるトレーニング方法・脱臼癖を克服した筋トレメニューについても詳しく解説しましたがいかがでしたか?

千代の富士関は決して新しい稽古方法にチャレンジするのではなく基本に忠実に自分の体格や脱臼癖に応じた稽古方法を実践していたことを理解いただけたはずです。

こちらの内容を参考に皆さんも千代の富士関のような勝負にも負傷にも強い力士をぜひ目指してください!

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP