鈴木亮平の筋肉に注目!脱ぐと凄いといわれる筋肉のつくり方を徹底解説!役作りのための体重増減でも筋肉を維持できた秘密とは?

 

現在はさまざまな作品にひっぱりだこな鈴木亮平ですが、演技だけでなく実は脱いでも凄いといわれているのをご存知でしょうか?

今回は鈴木亮平の筋肉に注目して脱ぐと凄いといわれる筋肉のつくり方を徹底解説しましょう!

また役づくりのための体重増減でも変わらぬ筋肉を維持できた秘密についてもご紹介します。

ぜひこちらの内容を参考に鈴木亮平のような美しい筋肉を手に入れましょう!

鈴木亮平のプロフィール

鈴木亮平は1983年に兵庫県西宮市に誕生します。

実は鈴木亮平は小学高学年の頃には俳優ではなく、その頃親しんでいたアニメに魅かれて声優になることに憧れていたそうです。

そして中学時代には映画鑑賞を重ねることで俳優を夢みるようになりますが、周囲の知人たちにはその夢を信じてもらえなかったと振り返ります。

しかし、その逆境が彼の負けず嫌いに火を注ぎモデルの仕事を受けたり、テレビ局にてアルバイトしながらアクターズクリニックで演技を学んでいたそうです。

そして2007年12月公開の映画「椿三十郎」にて念願の映画デビューを果たし「和製ロバート・デ・ニーロ」といわれるほど徹底した役づくりも注目を浴びています。

現在も幅広い作品で活躍している実力派俳優です。

鈴木亮平の筋肉に注目!

こちらでは脱ぐと凄いといわれる鈴木亮平の筋肉に注目してご紹介しましょう。

鈴木亮平の写真からも分かるように上半身が特に筋肉が美しく鍛え上げられています。

その美しい筋肉を詳しく見ていきましょう!

鍛え上げられた上腕二頭筋!

鈴木亮平の写真からも分かるように衣類の上からでも上腕二頭筋がはっきりと分かります。

脱ぐと凄いといわれていますが、実は腕に注目すると衣類の上からもしっかりとした筋肉の存在をうかがい知ることができるのです!

大胸筋が発達している!

さまざまな作品や写真の中で美しい筋肉を披露している鈴木亮平ですがいずれの場合も胸板がとても厚いことが分かることでしょう。

これは大胸筋がしっかりと鍛え上げられている成果なのです。

僧帽筋も大きく発達!

鈴木亮平は他の共演者との写真を見比べても分かるように、首周囲の僧帽筋が大きく発達していることが明確に知ることができます。

この僧帽筋は役づくりの際にもトレーニング量や方法を調整しているようで、がっちりとした体格を求められるときには特に力を入れてトレーニングしてるそうです。

美しく割れた腹筋!

モデルの写真やさまざまな作品の映像からも知ることができるように、鈴木亮平の腹筋はいつでも綺麗に割れています。

このことからも部分的な筋肉トレーニングではなく全身の筋肉トレーニングをコンスタントに実践していることを知ることができるでしょう。

趣味はボクシング

温和な印象の強い鈴木亮平ですが、実は趣味はボクシングで今もなおその腕前は維持しているようです。

ボクシングも全身の筋肉を使用するスポーツであるため、基礎代謝もよく鈴木亮平が効果的に筋肉トレーニングを実践できる秘密なのかもしれません。

役者としての強いプロ意識

 

ems: center;”>

この投稿をInstagramで見る
ems: center;”>

 

有村まや(@ma.ya2642)がシェアした投稿


鈴木亮平の役者としてどの作品にもストイックに役づくりに取り組んでいます。

実はこの体重増減を伴なう体づくりも含んだ役づくりは監督からの指示ではなく、どの作品も自主的な役づくりの一環として実践しているそうです。

増量するだけでなく病人の役を演じるときにはクランクインの前には8㎏を減量した状態で整え、最終的には合計12㎏を減量したこともあるといいます。

また、鈴木亮平のすごいところは同年に製作された作品であっても役に応じて体重を落としたところから急激に30㎏ほどの増量に成功して役づくりしている点です。

体重増減に関わらず筋肉を維持できた秘密

こちらではいよいよ鈴木亮平が役づくりのために実践してきた肉体改造の秘密について迫っていきましょう!

独学での肉体改造に成功!

 

ems: center;”>

この投稿をInstagramで見る

 

yuna☆(@tayuna05)がシェアした投稿

鈴木亮平は同年内で違う役柄を演じることから大幅な体重の増減コントロールを幾度も成功させています。

その姿をみると多くの人が専属トレーナーによってコントロールや肉体改造を実践していると思いがちです。

しかし、鈴木亮平の凄いところはこの大幅な体重増減や肉体改造も全て「独学」で成功させているという点になります。

本で肉体改造を学んだ

鈴木亮平はあるインタビューの中で肉体改造方法についてボディビルダーの本を参考に適切な方法を独学したと語っています。

本の内容に沿った食事管理方法や筋肉トレーニングの方法を実践することで役柄に応じた肉体改造を繰り返しているのです。

筋肉維持のための秘訣

急激に体重を増減させると脂肪がつきすぎてしまったり、逆に筋肉も落とし過ぎてしまうことが多くあります。

しかし、鈴木亮平はコンスタントに減量しているときでも増量しているときでも美しい筋肉を維持することができているのです。

その秘訣としてはやはり並みならぬ食事管理の徹底と継続した自主的な筋肉トレーニングの実践があげられます。

急激な増量を目指すときには食事回数自体を増やすことに加えてプロテインや高カロリーの食事を夕食に摂り、目覚ましをかけて夜間に起床してまで食事したそうです。

減量の際には「この世に美味しいものは存在しない」と自己暗示をかけて徹底して取り組んだといいます。

鈴木亮平のような筋肉を手に入れる筋肉トレーニング方法

 

この投稿をInstagramで見る

 

Suzuki Yousei(@suzukiyousei)がシェアした投稿

鈴木亮平のような脱ぐと凄いといわれるような筋肉のつくり方について詳しく解説していきましょう。

こちらでは自宅でも筋肉トレーニング初心者が手軽に取り組むことのできるトレーニングをいくつか紹介します。

ぜひこちらの内容を参考に筋肉トレーニングに挑戦してみてください!

ダンベルカール

こちらでは初心者でも安全に取り組むことのできるダンベルカールのメリットと正しいトレーニング方法をご説明しましょう。

ダンベルカールのメリット

ダンベルカールのメリットとしては上腕二頭筋にしっかりと負荷をかけることができる点です。

上腕二頭筋を鍛え上げることは握力の向上にもつながります。

正しいトレーニング方法

  1. 手のひらを前方に向けた状態で両手にダンベルを持つ。
  2. 負荷が逃げてしまわぬように肘を少し曲げてスタートポジションをとる。
  3. ダンベルをそのまま肩口に寄せるイメージで持ちあげる。
  4. 反動を着けずにゆっくりとスタートポジションに戻す。
  5. 呼吸はダンベルを持ち上げるときに息を吐き、戻すときに息を吸うことを意識する。

メニュー

ダンベルの重量はまず無理なく持ち上げられる重さから開始して10回を1セットして3セット実践するようにしてください。

ダンベルカールのトレーニング頻度は3日から4日に1回を目安に実践しましょう。

注意点

ダンベルカール実践時のけがや事故を防ぐためには、ダンベルを持ち上げるときに手首を巻かないことと肘を内側に入れないことが大切です。

またトレーニングの際には上腕二頭筋を常に意識して動作するように注意してください。

ダンベルの重量の選び方

初心者の場合はどの程度のダンベルの重量を選ぶべきか分からないという人もいるはずです。

こちらでは安全に筋肉トレーニングを実践するための目安の重さについてご紹介しましょう。

  • 男性:5kgから10kg
  • 女性:2kgから5kg

重量のあるダンベルの方が筋力への負荷も高まり、効率的に筋力トレーニングすることができます。

しかし、初心者が急激に筋肉量に見合わない重量のダンベルを用いてトレーニングすることはけがや事故の原因になるため絶対に避けましょう。

また、不適切な重量のダンベルでは正しいフォームを維持することもできなくなりますので注意してください。

プランク(フロントブリッジ)

こちらでは綺麗な割れた腹筋を目指す第一歩として初心者でも手軽かつ安全に取り組むことのできるプランクについて詳しくご紹介しましょう。

プランク(フロントブリッジ)のメリット

プランクのメリットとしては、アウターマッスルとインナーマッスルの両方を同時に効率よく鍛えあげることが可能な点になります。

また、難しい動作などは一切ないため初心者でも注意点を意識して正しいフォームで実践できれば効率的に多くの部位の筋肉を鍛え上げることができるのです。

特にプランクは、腹筋だけでなく腕・脚・臀部などの全身の筋肉も同時に鍛え上げられることが大きな魅力になります。

正しいトレーニング方法

  1. うつぶせになり足を腰幅ほどに開く。
  2. 肘は肩の真下にくる位置に置いて安定させる。
  3. 膝をしっかりと伸ばして床から離し、つま先で体を支える。
  4. 頭の先からかかとまでが一直線になることを意識してフォームを維持する。

メニュー

プランクの基本であるフロントブリッジは、正しいフォームをまずは30秒維持することを目標にしてください。

30秒の維持を1セットして30秒のインターバルを確保した後に2セットから3セット実践することを目安にしましょう。

正しいフォームを維持できるようになった後に45秒や1分など徐々にフォームを維持する時間を延ばしていくようにしてください。

注意点

プランクのトレーニングの際の注意点としては、正しいフォームにて実践するということです。

初心者の場合では全身を支える筋力が不十分なため臀部を突出させたり、逆に床に着くほどまで下半身を下げてしまうことがあります。

このような誤ったフォームでは腰痛の原因になるだけでなく、効率的に筋肉に負荷をかけることが難しくなるため筋肉トレーニングの効果は得られません。

そのため、プランクを実践するときには特に正しいフォームを意識して実践するようにしてください。

鈴木亮平のような筋肉を手に入れよう!

今回は鈴木亮平の筋肉に注目して脱ぐと凄いといわれる筋肉のつくり方について徹底解説しましたがいかがでしたか?

初心者でもコツコツと筋肉トレーニングを継続すれば鈴木亮平のような筋肉を手に入れることも夢ではありません。

ぜひ、こちらでご紹介しました内容を参考に効果的な筋肉トレーニングを実践していきましょう!

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

カテゴリーランキング
RANKING

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. ランニング
  2. クロストレーニング

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP