彼の筋肉をポーズ若いとフィットの男性モデル

武井壮の筋肉トレーニング方法と食事内容に迫る!

 

武井壮のプロフィール

武井壮さん(@sosotakei)がシェアした投稿


武井壮は「動物の倒し方」でおなじみのタレントです。独特な想像力を働かせて様々な動物の倒し方を面白おかしく披露し、自らを「百獣の王を目指す男」と謳っています。

そんな武井壮は、1973年生まれで現在の年齢は44歳です。
様々なメディアで活躍し、年齢に見合わない肉体美を披露しています。

タレント活動を始める前は陸上競技選手であり、陸上競技と十種競技で活躍する選手でした。十種競技では、競技を始めて2年間でトップに君臨したというから抜群のスポーツセンスを持ち合わせています。

ちなみに、十種競技は2日間に渡って100m走や幅跳びといった10種類もの競技を競うハードな競技です。走るだけでなく、砲丸投げや槍投げといった道具を扱う競技も含まれます。

タレントというよりもアスリート?

武井壮さん(@sosotakei)がシェアした投稿


武井壮は、2015年に室内陸上400mリレーで金メダルに輝きました。そして、2017年に開催された世界マスターズ室内陸上競技大会(40~44歳の部)60m走では第5位を獲得しています。

このことからわかるように、武井壮はユニークなキャラクターだけでなくフィジカルでも他のタレントと一線を画す存在です。

陸上競技での華々しい活躍から、走ることを得意としているイメージがあります。しかし、活躍の場は陸上競技だけに留まらず、野球、ボクシングゴルフといった様々なスポーツ活動を行なっています。

独自の「パーフェクトボディコントロール」理論を掲げ、様々なスポーツ自分の肉体を思い通りに動かすためのトレーニングを実践しています。

武井壮が取り組んでいるトレーニングメニュー

後転からの倒立

武井壮さん(@sosotakei)がシェアした投稿


後方へ一回転しながらの倒立は、体操選手並みのバランス感覚を要求されるトレーニング方法です。

このトレーニングで鍛えられる部位は、上半身の筋力です。その他にも、肉体をコントロールする感覚を養うために効果的だと考えられます。

倒立のようなトレーニング方法は、自分の体ひとつあればできます。その上、狭い室内でも効果的にトレーニングを行なうことが可能です。

スピードバウンディング

武井壮さん(@sosotakei)がシェアした投稿

スピードバウンディングは、陸上競技の短距離走選手が練習メニューに取り入れることが多いトレーニング方法。この方法で、短距離走に欠かせない瞬発力を養うことができます。

短距離走の速度をアップさせるには、地面に接地した瞬間に前方向への推進力を維持し続けることが重要です。

バウンディングしている際に上半身をブレさせないようにすることで、フォームを安定させることができます。

また、意外に思われるかもしれませんが、股関節の動きと肩甲骨の動きは連動しています。そのため、下半身をスムーズに動かすには肩の力を抜いて腕の可動域を増やすことが大事です。

まとめると、跳躍するために必要なバネを鍛える、肩甲骨を開いて腕を振る、体幹を鍛えるなどの要素から、スピードバウンディングには全身を鍛える効果があるとわかります。

バウンディング


動画を見ると、地下駐車場のような場所でトレーニングを行なっているように見えませんか?
スポーツジム以外の場所でも、出来る限りトレーニングを行ないたいという熱意が伝わってきます。

バウンディングは、脚力アップのために効果的なトレーニング方法です。足全体の筋力を強化するだけでなく、走ったり跳んだりする際に重要なアキレス腱の弾力性を高める効果も期待できます。

食事内容へのこだわりは?

一人焼き肉へ行く程の肉好き

武井壮さん(@sosotakei)がシェアした投稿


ツイッターやインスタグラムの情報からは、ストイックな食事制限の様子はあまり伝わってきませんでした。

そうなると、普段の何気ない食生活に体型維持の秘密が隠されていそうです。

武井壮は、一人焼き肉や一人ジンギスカンを厭わない程の肉好きです。

肉類は良質な筋肉を作るために必要不可欠なタンパク質。とくに赤身の肉は高タンパク低脂肪であるため、筋力トレーニングを行っている人におすすめの食材だといえます。

また、ジンギスカンに使用する羊の肉には脂肪燃焼効果が期待できるカルチニンが含まれています。

時には大好物でリフレッシュ

武井壮さん(@sosotakei)がシェアした投稿


武井壮は、肉だけでなく苺やあんずボーなどの甘いものも摂取します。

あまりにもストイック過ぎる食事制限は長続きしません。そのため、時には大好物で食生活に潤いを与えながら体型維持に努めることが大切です。

過剰な糖分の摂取は体重増加を招く恐れがありますが、適度に摂取する分にはストレスを抑える働きが期待できます。

       

あなたへのオススメ記事

カテゴリランキング

関連記事

  1. ダンベルを使ったオススメの筋トレ方法

  2. 細マッチョの男性

    小島よしおの筋肉詳細とは?芸人でもマッチョになる方法まとめとダイエット情報(画像あり)

  3. 自転車でトレーニング

    自転車で鍛えられる筋肉はどこ?ダイエット、筋トレ効果に最適な運動方法とは?

  4. 僧帽筋が発達した男性

    僧帽筋を鍛える!おすすめな筋トレ方法と背中のストレッチ

  5. 上腕二頭筋を鍛える男性

    上腕二頭筋を鍛えて力こぶをつくる!トレーニング方法まとめ

  6. 筋肉のついた男性

    杉浦太陽が筋肉タレントに!?ジム通いで得たムキムキ肉体がスゴイ!筋トレ方法は?

  7. 大きな筋肉

    【ハリウッド・海外俳優】最強筋肉ランキングベスト10!世界の中で最強の筋肉を持つのは誰だ!?

  8. 腹筋の綺麗な女性

    元アイドリング!!!の森田涼花の腹筋がすごすぎると話題に!美しい腹筋の鍛え方とは!?

  9. ジムでコーチに教えてもらう男性

    筋トレメニュー!ジム初心者におすすめはこの種目!

人気記事

  1. 懸垂
  2. パワーラックを使用する男女
  3. グリップボール
  4. 筋肉サプリ
  5. 背筋のすごい男性
  6. プッシュアップ
  7. ステッパー
  8. ダンベルセット
  9. ゴムチューブ
  10. ラダーをする少年
  11. 腹筋のすごい男性
  12. レッグプレス
  13. ステッパーをする女性
  14. 大きな筋肉
  15. 体重計
  16. ランニングポーチ
  17. ボクシンググローブ
  18. ロデオボーイ
  19. ウォーターバック
  20. ランニングウォッチ

あなたへのオススメ記事

最近の記事

  1. ラグビーの選手 【スポーツ選手】筋肉最強ランキングベスト10!スポーツマン最強の筋肉を持つ奴は誰…
  2. 完璧な筋肉男性の体 絶対に鍛えたい筋肉部位ランキングベスト10!この筋肉を鍛えておけば間違いなし!
  3. 筋肉モデル 【モデル】最強筋肉ランキングベスト10!モデル最強の筋肉を持つのは誰だ!?
  4. 筋肉モデル 芸能人(女編)最強筋肉 ランキングベスト10!最強の筋肉を持つ女性芸能人は誰だ!…
  5. 腹筋のすごい男性 【野球選手】最強筋肉ランキングベスト10!野球選手最強の筋肉を持つのは一体誰だ!…
  6. ウォーターバック ウォーターバックの最新おすすめランキングを徹底公開!体幹強化に効果的なトレーニン…
  7. バーピージャンプをする集団 バーピーのダイエット効果で全身が痩せる!正しいやり方と注意点を徹底解析!
  8. 腹筋の綺麗な女性 柳本絵美の筋トレをプロが解説!ウエイトトレーニング姿を大公開!【腹筋画像、身長】…
  9. レッグプレス 人類最強の筋肉ランキングベスト10!人類史上の最強の筋肉を持つのは誰だ!?
  10. フラフープをする女性 フラフープの消費カロリーは!?ダイエットに効果的な回し方を動画で解説!それぞれの…

カテゴリー

PAGE TOP