西田有志の筋肉に注目!パワフルなジャンプとスパイクを生み出す秘密を徹底解説!筋力トレーニング方法も紹介!独自の工夫とは?

 

西田有志選手はパワフルなジャンプから生み出されるサーブやスパイクを武器として大活躍している選手です。

高校時代から体作りに取り組み、その筋肉が専門家のみならずメディアやファンからも大きく評価されています。

強烈なジャンプやスパイクなどを生み出すトレーニング方法や西田選手が行っているトレーニングの工夫などをご紹介します。

西田有志選手は世界屈指のサーバー!

View this post on Instagram
ems: center;”>

1ヶ月後春高予選 進化しよう。

A post shared by yuji nishida (@nishidayuji) on

西田有志選手は日本国内のみならず、世界屈指のサーバーとして知られています。ですがその経歴は意外なものだといえるでしょう。

西田有志選手のプロフィールとプレーの特徴をチェックしていきます。

高校時代は全国大会に恵まれなかった

西田有志選手はご兄弟の影響で幼稚園のころからバレーボールを始めました。

地元の中学校に進学すると三重県の選抜チームに抜擢されるなど注目を集め、強豪校からもスカウトされていました。

ですが地元に愛着があったため、自宅から通いやすい高校に進学します。

高校では1度だけインターハイに出場しただけで、春高バレーの出場経験はありません

高校時代にはU19日本代表に選出され、アジアユース選手権で優勝を果たしています。

全国経験の乏しい選手が代表に選ばれて大会で優勝するというのは珍しいケースだといえます。

高校生でVリーグデビュー!

 

ems: center;”>

この投稿をInstagramで見る
ems: center;”>

 

くっぴーらむね(@lamunex0)がシェアした投稿


高校卒業後は愛知県をホームとする「ジェイテクトSTINGS」に入団することになります。

高校卒業前から高卒内定選手としてチームに合流し、卒業直前の2018年1月にVプレミアリーグの試合に初出場を果たします。

何とデビュー翌日からスタメン入りし、チーム最多得点も記録するという活躍をみせています。

ワールドカップのベストサーバーに選出

高校卒業と同時にチームへの正式入団を果たし、日本代表にも選出されました。

2019年にはワールドカップに出場してベストサーバー賞を2位に圧倒的な差をつけて受賞しています。

名実ともに世界のトップサーバーとして認められている選手だといえるでしょう。

なお、ワールドカップでは日本代表は全12チーム中4位でフィニッシュしています。

西田有志選手の武器を生み出す筋肉は

西田有志選手の武器は高いジャンプ力と、そこから生み出されるスパイクやサーブです。

どの筋肉を鍛えればよいのか知っておくとトレーニングの方向性が見えてきます。

パワフルなジャンプを生むための下半身

西田有志選手はジャンプ力が非常に大きな武器だと言えます。

身長は186cmとそれほど高くないですが、ジャンプしたときの最高到達点は346cmと2m級の選手にもひけをとりません。

西田選手は強いジャンプを生み出す太ももやふくらはぎの筋肉が非常に発達していることがわかります。

強烈なスパイクやサーブを生み出す上半身

 

この投稿をInstagramで見る

 

yuji nishida(@nishidayuji)がシェアした投稿


スパイクやサーブを生み出すためには腕の筋肉だけでなく強力な背筋・腹筋が必要です。

スパイク時には空中で背中を反るようにして打ち込むためのパワーを貯めます。

その際には背筋だけでなく強靭な腹筋も鍛えておかなければいけません。

長い滞空時間でもバランスを崩さない体幹

滞空時間を長く保つことができるポイントは空中でもバランスを崩さないことにあります。

ボディバランスを高めるためには体幹をしっかり鍛えなければなりません。

西田有志選手はどんなトレーニングをしているのか?

男性の筋肉西田有志選手はどのようなトレーニングをしているのでしょうか?実際に行っている独自の工夫もご紹介します。

低酸素マスクをつけたトレーニング

西田選手は「低酸素マスク」をつけてトレーニングを行っています。

酸素量を調節することで高地トレーニングと同様の効果を得ることができます。

標高900m程度の酸素量から標高5,000mを超える高地と変わらない酸素量まで調節できることもできるのが特徴です。

自分の無理のない負荷で行うとよいでしょう。

スタミナや心肺機能を高めることに加え、筋肉を酸欠状態にすることによって高い筋トレ効果を得ることができます。

プールでのトレーニング

西田有志選手はプールでのトレーニングも行っています。

水中は浮力が働くため、ひざや腰などの関節に負担をかけずにトレーニングを行うことができるのでおすすめです。

水中を歩くだけでも足の筋肉に加え、体幹や腹筋・背筋、腕の筋肉まで負荷をかけられます。

サッカーの世界的なスーパースターであるクリスティアーノ・ロナウド選手もプールトレーニングを取り入れています。

トレーニンググローブをつけてウェイトトレーニング

西田選手はトレーニンググローブを買うことをTwitterでも宣言しています。

トレーニンググローブを使って高負荷のウェイトトレーニングを行っていることがわかります。

西田有志選手のようなパワーを生む下半身を作るトレーニング

西田選手のようなパワフルなジャンプ力を生み出す下半身を作るためのトレーニングをチェックしましょう。

ウェイトトレーニング・自重トレーニングの他にジャンプ力アップのためのプライオメトリクストレーニングもご紹介します。

スクワット

通常のスクワットでも非常に高い効果がありますが、バーベルを使って負荷を上げたスクワットを行いましょう。

スクワットは正しいフォームで行うことで効果が上がりますし、

  1. バーは鎖骨の下辺りの高さにセットしておく。
  2. バーを僧帽筋の上に乗せる。そのときに握る手幅をせまくして肩甲骨を寄せると乗せやすい。
  3. 足の幅は肩幅よりやや広めにし、つま先を外に向ける。
  4. ひざはつま先と同じ方向に曲げていく。左右バランスよく行う。
  5. バーをラックから取り外すには真下からまっすぐ持ち上げる。
  6. バー・腰・爪先とかかとの中心が一直線になるように立つ。
  7. 背筋を伸ばし、背中から骨盤までまっすぐに伸ばす。
  8. しゃがむときにはバーが前後にぶれないようにまっすぐ下がるようにする。
  9. 立ち上がるときにもバーがまっすぐに上下するようにする。
  10. なお、バーを肩甲骨に乗せる「ローバースクワット」も高い効果がある。

スタンディングカーフレイズ

ふくらはぎを鍛えるカーフレイズは非常に単純なトレーニングですが効果が高いです。

動画ではバーベルを使っていますが、自重でも十分効果があります。空き時間に行うことができるのがメリットです。

  1. 台の上に足の前半分を置き、バーベルを担ぐ。
  2. つま先立ちをするようにかかとを持ち上げる。
  3. かかとを限界まで下げる。
  4. 繰り返す。
  5. 段差がない場合は床にひざがつかないようにするとよい。

ボックスジャンプ

ボックスジャンプは瞬発力を高める「プライオメトリクス」と呼ばれるトレーニングの一つです。

ジャンプ力をアップさせるのには最適ですが、かなり負荷も高いため2〜3日おきに行いましょう。

  1. 上半身を使うこと。
  2. 下半身のバネを使うこと。
  3. 飛ぶ方向を意識して地面をしっかりと押すこと。
  4. 足を引き上げて台の上に乗ること。
  5. まずは低い高さから始めていき、慣れてきたら高くしていく。

西田有志選手のスパイク力を生む上半身のトレーニング

西田有志選手のようなスパイクや鋭いサーブを生むための上半身を鍛えるトレーニングをご紹介します。

どっしりした下半身から生まれるジャンプに上半身から生み出されるパワーを加えれば強烈なスパイクを打つことができます。

チンニング

チンニングは正しい方法で行うとしっかりと広背筋に負荷をかけることができます。

逆に握り方や持ち上げ方などを間違えると腕の筋肉にしか負荷がかからなくなるため、正しいフォームで行いましょう。

  1. 握るときには順手で握り、小指と薬指に力を入れる。
  2. 手幅は肩幅の5倍がベスト。
  3. 握ったらひじを前に向けるようにひねっておく。
  4. 肩を下げる。首を伸ばすイメージにするとやりやすい。
  5. しっかりと胸を張り、胸をまっすぐにバーに近づけるように上げる。
  6. ひじを腰骨にぶつける・近づけるというイメージで腕を引いていく。
  7. 反動をつけたり円軌道で上がらず、まっすぐに体を持ち上げる。
  8. 足首を組んでおくと反動を使いづらくなるのでおすすめ。

デッドリフト

デッドリフトはベンチプレス・スクワットと並んで筋トレのBig3と呼ばれ、多くの筋肉を一度に鍛えることができます。

特に背筋(広背筋・僧帽筋・脊柱起立筋)を鍛えられるおすすめのトレーニングです。

また、太もも(ハムストリング・大腿四頭筋)や大殿筋にも効果があります。

バーベルを使うため、腰やひざを痛めないように正しいフォームで行いましょう。

  1. 足幅は「ジャンプをしやすい足幅」がベスト。
  2. バーがつま先とかかとの中心あたりを通るように立つ。
  3. ひざを少し外にひねっておく。
  4. 手幅は肩幅よりもやや広めで、順手で握るのがおすすめ。
  5. 指の根元にひっかけるように握り込む。
  6. 握る際にトレーニンググローブなどを使うと握力の補助ができる。
  7. 握ったときにバーが肩甲骨の真下にくるようにし、肩はバーの前方に出るようにする。
  8. ひざまで(ファーストプル)は前傾姿勢を保ちつつひざの関節を伸ばすように持ち上げる。
  9. ひざからフィニッシュまで(セカンドプル)は股関節を前方に突き出すように持ち上げる。
  10. バーが真上に持ち上がるようにするのがポイント。

ベンチプレス

ベンチプレスは腕の筋力だけでなく背筋にも高い効果があるのでおすすめです。

  1. 握る手幅は肩の先端(肩峰)の5倍程度にする。
  2. 肩甲骨を寄せて下に下げ、胸を張りやすくすることでブリッジを作る。
  3. 足で地面を蹴ってブリッジを固定する。
  4. バーは肩関節の真上からスタートし、前腕が地面と垂直になるようにバーを下ろす。
  5. 曲線を描きながらスタートポジションまで戻す。背中でベンチを押すようにするとよい。

体幹を鍛えてボディバランスを強化する

プランクする男女体幹トレーニングを行うとボディバランスが向上します。

特にスパイクやジャンプサーブなど、空中での動きが向上しますのでぜひ体幹トレーニングを行いましょう。

通常の筋トレとちがい、体幹トレーニングは毎日行っても大丈夫なトレーニングです。

サッカー日本代表の長友選手が行っている体幹トレーニング

日本を代表するサッカー選手である長友佑都選手は非常に体幹が強いことが知られています。

日本のアスリートの中でも有数の体幹を持っているため、ぜひトレーニング方法を真似してみましょう。

動画内のトレーニングは体幹トレーニングの基本となるプランクが中心なので、効率よく鍛えることができます。

  1. フロントブリッジ
  2. バックブリッジ
  3. 片足サイドブリッジ
  4. ヒップリフトキープ
  5. 連動Vクランチ
  6. もも上げフロントブリッジ
  7. バッククロスクランチ

まとめ

レシーブするバレーボール選手西田有志選手は強力なジャンプ力から繰り出されるサーブやスパイクが大きな武器です。

自らの武器を作り磨き上げるために、日々トレーニングを行っていることがわかります。

西田選手のトレーニングを参考にしつつ、自分の強みを活かせるような体作りをしてみてはいかがでしょうか。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. ランニング
  2. クロストレーニング

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP