小顔トレーニング

小顔トレーニングの正しい方法を解説!鍛えられる筋肉とメリットは?効果を高めるコツを部位別に紹介!実践時の注意点も確認

 

小顔トレーニングは、単に顔を小さくするだけのトレーニングではありません。

トレーニングを行うことで様々なメリットを手にし、結果として顔が引き締ると表現した方が適切です。

体と同様に顔にも沢山の筋肉がついていますが、小顔トレーニングで鍛えるべき筋肉はどの部位なのでしょうか。

トレーニング効果を高めるコツや、実践時の注意点などもしっかり確認していきましょう。

小顔トレーニングで鍛える筋肉

ダンベルを見せる女性

小顔トレーニングは主に顔の筋肉を鍛えていきますが、顔と一言でいっても多くの筋肉が存在しています。

まずは数ある筋肉の中で、特に意識を向けたい部位を細かく確認していきましょう。

表情筋①頬筋

頬筋(きょうきん)は、皮膚と繋がっている筋肉であごから口角にかけてついています。

笑顔をつくる筋肉とも呼ばれ、頬を引き締めたい人上に向いた口角を目指したい人は是非鍛えておきたい部位です。

表情筋②眼輪筋

眼輪筋(がんりんきん)は目の周囲を囲むように皮膚と繋がっている筋肉です。

瞼の動きに関係してくる筋肉ですが、目元を美しくしたい人は眼輪筋を中心にトレーニングを行うといいでしょう。

表情筋③口輪筋

口輪筋(こうりんきん)も皮膚と繋がっている筋肉で、口の周りを囲むようについています。

口輪筋は様々な表情筋に影響を与えるので、トレーニングの中心となる筋肉といえるでしょう。

表情筋④頤筋

頤(おとがい)筋は、あごについている筋肉で口をすぼめた時に梅干しのようなシワを生み出す筋肉です。

二重あごなどを改善したい人は特に意識を向けるべき筋肉です。

顎舌骨筋

顎舌骨筋(がくぜっこつきん)は、舌骨に繋がる筋肉で舌を動かすことで鍛えることが出来ます。

小顔トレーニングには外せない部位で、二重あごの改善フェイスラインをすっきりさせたい人はしっかり鍛えておきましょう。

表情筋の仕組み

上記で記述していますが、表情筋は骨と骨を繫ぐ通常の筋肉とは違い、皮膚と骨を繫いでいます。

更に表情筋は薄いので、衰えるとすぐにたるんでしまうのです。

だからこそ、トレーニングをすれば効果をしっかりと感じることが出来るでしょう。

小顔トレーニングをするメリット

幸せな夫婦

小顔トレーニングを始めると、シャープなフェイスラインを手にするだけでなく多くの効果を感じるはずです。

顔の筋肉は使っているようで、自分が思う程使えていません。

意識的なトレーニングで、顔はどんどん変化していくのです。

小顔になる

体に筋肉をつけると引き締るように、顔にも筋肉がつくことで引き締まっていくのです。

女性ばかりではなく男性も顔が引き締まって凛々しい顔立ちになります。

小顔トレーニングは性質上、通常のトレーニングよりも効果を感じるのが早いのではないでしょうか。

むくみを取ればスッキリした小顔を手にすることが可能です。

目が大きく見える

眼輪筋を鍛えることで、目の周囲のむくみが取れます。

また加齢によるくまや、瞼のたるみも軽減されるでしょう。

目の下に大きなふくらみが出来やすい人などは、目の周りの筋肉を強くすることですっきりとした大きい目を手にすることが出来ます。

むくみ・たるみが取れる

皮膚に直接働きかける表情筋がつくことで、顔のむくみやたるみが改善されていきます。

顔のむくみやたるみが改善されると小顔効果に加え、毛穴の引き締めも感じるはずです。

活舌が良くなっていく

口輪筋や顎舌骨筋が強くなると、活舌も良くなっていくでしょう。

一般的に人と話す機会が少ない人は、表情筋が衰えやすいために老化も進みやすくなるといわれています。

小顔トレーニングを行って活舌を綺麗にしつつ、顔の老化も防いでいきましょう。

小顔になる基本

首のセルフマッサージ
小顔を目指す人にとって、確認しておきたいのが顔を大きく見せる原因です。

  • 脂肪がついている
  • 顔がむくんでいる
  • 表情筋が衰えて皮膚がたるんでいる

元々の骨格の差などもありますが、上記3つの原因を取り除くことが小顔を手に入れる近道といえます。

これらは表情筋を鍛えることで取り除かれていく要素なのです。

小顔トレーニングの正しい方法

V字バランス

小顔トレーニングは、ちょっとした時間があればすぐに取り組めるものなので、正しい方法で引き締まった顔を目指しましょう。

おすすめの顔ヨガ

上記動画は、顔ヨガで有名な間々田佳子さんの顔ヨガです。

  1. 口をすぼめ、そのまま下へ下ろし口角を上げるように開く
  2. 斜め上に頬を上げスマイルをつくる
  3. スマイルのまま両手で頬を上に引き上げる

頬を引き上げることで、引き締まった顔を作り上げていく方法となります。

頬を横に広げてしまわないように注意しましょう。

ペットボトルで引き締める

こちらのトレーニングは、自宅にあるペットボトルで出来る小顔トレーニングです。

初めに2リットルのペットボトルを用意しておきましょう。

  1. 唇でペットボトルの口を押える
  2. 6カウント程かけて、頬が凹むまでしっかり息を吸う
  3. 頬が膨らむように息を吐く
  4. 口を離し頬や首筋をリラックスさせる

3セットから5セット程繰り返します。

簡単な方法ですが、首に付く胸鎖乳突筋のトレーニングも兼ねており首のラインも整えてくれる優れたものです。

舌出しトレーニング

上記は舌を出すだけの簡単なトレーニングですが、少し行っただけで効果を実感出来るのではないでしょうか。

  1. 姿勢を正し両手を胸の前に合わせる
  2. 舌をゆっくりと出来るだけ前に出す
  3. ゆっくりと戻す

あご下の筋肉が使われていることを確認しながら、20回程繰り返します。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. 炭酸水 レモン ライム
  2. サンドイッチ
  3. バランス

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP