ランニング

坂口健太郎の筋肉画像に注目!筋肉美を維持する筋肉トレーニング方法を徹底解説!筋肉+モデル体型をキープする食事の秘密も紹介

 

2010年に「MEN’S NON-NOモデルオーディション」に合格した坂口健太郎は、元々線の細い体型でした。

長身で細身の姿はまさにモデル体型というスタイルでしたが、近年の彼は魅力的な筋肉を披露しています。

そんな肉体改造に成功した坂口健太郎の筋肉画像に注目しながら、筋肉美を維持する筋肉トレーニング方法を紹介していきます。

また、筋肉+モデル体型をキープする食事の秘密についても解明していきましょう。

坂口健太郎の「筋肉は裏切らない」発言

 

ems: center;”>

この投稿をInstagramで見る
ems: center;”>

 

坂口健太郎(@sakaguchikentaro117)がシェアした投稿

映画の完成披露試写会で、彼の発言が話題を呼びました。

坂口健太郎は細いだけのモデル体型を、魅せる細マッチョな肉体に見事に改造していたのです。

公式プロフィール

坂口健太郎の所属事務所Tristoneによると、下記のように発表されています。

  • 身長:183cm
  • 趣味や特技:バレーボール、読書
  • 血液型:O型

更に非公式ではありますが、体重は63kg程度といわれています。

上記の数値からWHOが定めた基準値となるBMIを割り出すと「体重÷身長÷身長」で、約18となります。

彼の身長でのBMIの標準値は22とされているので、かなり細身だといえます。

しかし近年、筋トレにはまっている彼は次第に体重も標準へと増えているのではないでしょうか。

NHK筋肉体操?

「劇場版 ファイナルファンタジーXIV光のお父さん」の完成披露試写会が話題になりました。

坂口健太郎は共演者の吉田鋼太郎に筋肉の話題を振られ「筋肉は裏切らないです」と発言しています。

筋トレ愛好者にはお馴染みのフレーズです。

このセリフは以前、武田真治などの芸能人が出演していた「NHKみんなで筋肉体操」のキメ台詞として、講師の谷本道哉さんが使っていました。

筋肉体操は、5分間という短い時間で効率よく体を鍛えられるトレーニングで、今でも高い人気を誇っています。

筋トレ好きにはあまりにも有名な番組ですが、彼もその世界の門を開けたということではないでしょうか。

話題となった映像

上記は、坂口健太郎が出演した舞台「お気に召すまま」のフォトコール動画です。

この舞台で、彼の鍛え抜かれた肉体に注目が集まったのはいうまでもありません。

決して太くはないですが、引き締まった腹筋や厚い胸板など細マッチョな体を披露していました。

筋肉美を維持する筋肉トレーニング方法「ジョギング」

 

ems: center;”>

この投稿をInstagramで見る

 

坂口健太郎(@sakaguchikentaro117)がシェアした投稿

大き過ぎない筋肉が坂口健太郎の魅力ですが、彼はどのようなトレーニングをしているのでしょう。

彼は某テレビ番組内で「ジョギングと腹筋」を取り入れている、と語っています。

そこでまずは体づくりの基本である「ジョギング」を詳しく見ていきましょう。

ジョギングの知識

ジョギングは誰でも気軽に始めることが出来るトレーニングで、いわずと知れた代表的な有酸素運動です。

有酸素運動は脂肪や糖質を燃し、体脂肪を減らすのに役にたちます。

全身運動なのでしなやかな筋肉を生み出すといったメリットもあるのです。

その他にも血流の改善で美肌になったり、ストレスの発散になるともいわれています。

俳優やモデルとして仕事をする坂口健太郎にとって、大きなメリットのあるトレーニングといえます。

ジョギングの正しい方法

ジョギングはランニングと違い、会話が出来る程度のスピードで走ります。

着地は踵から行うというヒールストライクは一般的ですが、近年は上記動画のような着地を指のつけ根からとするフォアフット走法が注目を集めています。

フォアフット走法は少々難しい走法ですが、ジョギングのデメリットともいえる膝への負担が少なくなるので、チャレンジしてみてはいかがでしょう。

また時間的には最初は20分程を目安にスタートさせ、徐々に時間を伸ばしていきましょう。

ジョギングで気を付けたいこと

走る前後のストレッチをしっかり行ことは怪我の防止に欠かせないことです。

時間が取れず忙しいという人も、ストレッチはトレーニングの一部であるという意識を持って取り組みましょう。

また水分補給は意識をしてきちんと行います。

喉が渇いたときだけ飲むのではなく、こまめな水分補給が熱中症対策に繋がるのです。

ジョギングを継続させる方法

 

この投稿をInstagramで見る

 

micarch *(@saka_km)がシェアした投稿

「絶対に毎日走らなくてはいけない」という思いは、自分にとって大きなストレスになります。

初めは週に1回でもいいので、習慣をつけることを目標としましょう。

ジョギングは慣れてくると毎日沢山の距離を走りたくなるものですが、週に1回は休息日を入れ体を休ませて上げることも必要です。

筋肉美を維持する筋肉トレーニング方法「腹筋」

 

この投稿をInstagramで見る

 

ピーナッツ🥜(@__pi_xz)がシェアした投稿

坂口健太郎は自身でシックスパックだと公言していましたが、彼のように鍛え抜かれた腹筋を目指す方法を紹介していきます。

2分間腹筋トレーニング

一口で腹筋といっても綺麗なシックスパックを作るには、腹部全体を鍛える必要があります。

上記動画では腹筋をくまなく短時間で鍛える方法を紹介しています。

チェアシットアップス、ヒップレイズ、プランクニーズtoエルボ―ズ、ロシアンツイストの4種目を30秒ずつ行いましょう。

各動きの間には10秒間のインターバルが入ります。

  1. 仰向けになり、膝を曲げて足を持ち上げる
  2. みぞおちを丸めるように上体を持ち上げ、戻す
  3. 上記の動きを30秒間続ける
  4. 仰向けになり両手は体側に置く
  5. 足を持ち上げ、上まできたらお尻も持ち上げる
  6. ゆっくり戻す
  7. 上記の動きを30秒間続ける
  8. プランクの形をつくる
  9. 片足ずつ交互に、肘め向かって膝を曲げる
  10. 上記の動きを30秒間続ける
  11. 仰向けになり足を伸ばしたまま持ち上げる
  12. 上体を少し持ち上げ左右にツイストを入れる
  13. 上記の動きを30秒間続ける

短い時間ですが、効果的な腹筋が出来る方法です。

初心者におすすめの回すだけ腹筋

上記動画は女性にもおすすめな腹筋の方法です。

ながらトレーニングなので、時間がないという方も取りくみやすいのではないでしょうか。

  1. 足を肩幅に開く
  2. 両手を腰に置く
  3. お尻を左斜め後ろから前へ出す
  4. お尻を右斜め後ろから前に出す(八の字を描くように動かす)
  5. 30回行う

上体をなるべく動かさずに、腰だけ動かすようにしましょう。

また体がブレないように鏡を置くと効果的です。

腹斜筋で腹部を整える

上記動画は、腹斜筋を鍛えることで腹筋のラインを美しく整えていく方法です。

ウエストラインも引き締まるので、ダイエット目的で行うのもいいでしょう。

  1. 仰向けになり膝を立てる
  2. 両手を頭の後ろに置き上体を浮かせる
  3. 左膝を持ち上げ、右肘とタッチするようにツイストする
  4. 逆サイドも行い交互に繰り返す

息を止めずに腹筋をしっかり丸めることが大切です。

モデルの体を維持する体幹トレーニング

 

この投稿をInstagramで見る

 

坂口健太郎(@sakaguchikentaro117)がシェアした投稿

坂口健太郎のような細マッチョを目指すには、体幹トレーニングもおすすめです。

体幹トレーニングは全てのスポーツの軸といわれていますが、美しい体づくりにも欠かせないトレーニングの一つではないでしょうか。

基本のプランク

体幹トレーニングの基本となるのが上記動画のプランクです。

  1. 四つん這いから後ろに足を伸ばす
  2. 肘を肩の真下に置く
  3. かかとから頭頂部まで真っすぐ1分キープする

動画で紹介しているように、プランクの後は背中を反らせたり丸めたりして背中の筋肉をほぐしておくといいでしょう。

腹部を引き締める体幹トレーニング

上記動画は、4分間のサーキットトレーニングになっています。

様々な角度から体幹を鍛えることが出来るおすすめの方法です。

  1. プランクを15秒行う
  2. 10秒のインターバルをとる
  3. 体を横にし、左肘を肩の下へ置く(サイドプランク)
  4. 左足の小指サイドをマットに置き腰を持ち上げ15秒キープする
  5. 10秒のインターバルをとる
  6. 反対サイドのサイドプランクを行う
  7. 10秒のインターバルをとる
  8. 腰を下ろし両手を肩の下に置く
  9. 足を伸ばしたまま腰を浮かせる(リバースプランク)

上記の動作を2回繰り返します。

更に強度を求める人は1つのポーズの時間を伸ばすといいでしょう。

筋肉+モデル体型をキープする食事の秘密

 

この投稿をInstagramで見る

 

坂口健太郎(@sakaguchikentaro117)がシェアした投稿

モデルの体型を維持しつつ、筋肉をつけていくには食事方法にも気を付けて置くべきでしょう。

一般的な「筋肉をつける為の食事」

まずは、筋肉がつきやすくなる為の食事を紹介します。

最も重要なのは、体を構成するタンパク質です。

タンパク質が不足していると筋トレをいくら頑張っても、筋肉をつけることは出来ません。

特に必須アミノ酸がバランスよく入った食材(肉、魚、大豆、卵)が代表として挙げられます。

タンパク質=太ると思われがちですが、これはタンパク質を過剰に摂取している場合です。

1食に付き片方の手のひら程のタンパク質摂取が、望ましいとされています。

血糖値を上げない食べ方をする

食事によって急に血糖値を上げてしまうと、余分な糖は体に蓄積されやすくなります。

そこで大切なのは血糖値を上げない食事方法です。

サラダなどの食物繊維の多いものから食べ始め、肉などの副菜、そして最後に炭水化物をとると血糖値は上がりにくくなります。

食事の際の食べる順番を変えるだけで、ダイエットに繋がるのです。

坂口健太郎はあっさり系が好み

以前、坂口健太郎は某TV番組の中で、なめろうや桜ユッケなどのあっさり系が好みだと発言していました。

また共演者からは脂肪の摂取が少ないとも指摘されています。

モデルという職業上、意識してなのかカロリーの少ないものをよく食べているようです。

健康的?なこだわりもある

 

この投稿をInstagramで見る

 

坂口健太郎(@sakaguchikentaro117)がシェアした投稿

一説によると、坂口健太郎はアイスコーヒーを水で薄めて飲むそうです。

あまり美味しくなさそうですが、薄味が好みということでしょうか。

結果的に健康にも繋がっている?と思われる食事の癖ともいえそうです。

坂口健太郎のようなトレーニングでモデル体型を目指そう

 

この投稿をInstagramで見る

 

坂口健太郎(@sakaguchikentaro117)がシェアした投稿

坂口健太郎は自重トレーニングを中心に行っているようです。

さらにモデルの体を維持しつつ、美しい筋肉をつける為に有酸素運動も取り入れていました。

彼のような肉体を目指すなら、食事に気を付けつつバランスのいいトレーニングを実施していくといいでしょう。

       

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. ランニング
  2. クロストレーニング

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP