目

視力回復トレーニングの正しい方法を徹底解説!指で行うトレーニング法の効果は?自宅で簡単にできる本やアプリのおすすめも紹介

 

インターメディアの発達により今やパソコン、スマホは生活に欠かせないものとなっています。

仕事で1日中パソコンと向き合い、帰ってからはスマホとにらめっこという方も少なくないようです。

そしてそれと同時に増えているのが視力低下を心配する声。

確かに一度悪くなった視力を元に戻すのは非常に難しいといわれています。

しかし、レーシック等の手術をせずに簡単にできる視力回復トレーニングがあるのをご存じでしょうか。

今回は自宅でできる視力回復トレーニング方法、また視力回復の本やアプリもご紹介していきます。

視力悪化の原因

視力回復の前にまずは、視力が悪くなる原因を知る必要があります。

実は視力が悪くなる原因には様々な理由が考えられますが、今回は特に現代社会において大きな原因となり得るものをご紹介します。

PC・スマホのブルーライト

モバイル

よくパソコンやスマホは視力低下の原因となるといわれていますが、実際にはどうなのでしょうか。

パソコンやスマホによる視力低下には主に2つの原因があると考えられます。

1つはブルーライトです。ブルーライトをカットする眼鏡やスマホの保護フィルムがある為ご存じの方も多いのではないでしょうか。

目の奥にはルテインという物質があり、紫外線等の青い光を吸収する役目を持っています。

紫外線やブルーライトによる光は目の奥まで届いてしまう為、それによるダメージを軽減する為にこのルテインが存在します。

ブルーライトを浴びすぎるとこのルテインが消費され目の疲労が溜まりピントが合わなくなってしまいます。

同じ距離を一定時間見続ける

もう1つのパソコン・スマホが原因といわれる理由は、一定時間同じ距離を見続けることにあります。

目は遠くのモノを見る時は水晶体を薄く、近くのモノを見る時は水晶体を厚くしピンとを合わせるような仕組みになっています。

そしてその水晶体の厚さをコントロールするのに必要なのが毛様体と呼ばれる筋肉です。

一定時間同じ距離を見続けるとこの毛様体筋が緊張し続ける為に疲弊してしまい、視力低下の原因となってしまいます。

眼鏡・コンタクトレンズが原因?

眼鏡

眼鏡・コンタクトレンズが視力低下の原因といわれることがありますが、それは自分に合わないものを使用し続けた場合のことです。

本来眼鏡やコンタクトレンズは、毛様体筋の運動を補助する為のものです。

それにより水晶体のピントを合わせる機能が補正され、遠くや近くが見えやすくなります。

自分の目に合ったものでないと、本来の役目とは逆に眼に負担がかかり毛様体筋が疲弊してしまうことで視力低下につながります。

自分に合ったものを利用する限り、眼鏡・コンタクトレンズが視力低下の直接の原因になることはありません。

酸素不足

近視や老眼、ドライアイ等目のトラブルは様々ですが、それらに共通する理由として酸素不足に起因するという見解があります。

酸素不足により、毛様体の筋力と水晶体の弾力が劣化することで近視や老眼を誘発するといわれています。

視力低下のみならず最悪の場合白内障や緑内障の原因にもなるようです。

親指を使うトレーニング法

親指

ここからは誰でも簡単にできる視力回復トレーニング方法をご紹介します。

特に機器等を用意する必要もなく、指を使うだけのシンプルなトレーニング方法です。

親指を使ったトレーニング①左右

まずは親指を使ったトレーニング方法をご紹介します。

  1. 両手を真っ直ぐ前に伸ばし親指を立てる(goodのサイン)。
  2. そのまま肩幅ぐらいに広げる。
  3. 片方の親指に視点を合わせたら次は逆の指に視点を合わせる。
  4. 左右1秒程度の感覚で交互に見る。これを10~20往復程度繰り返す。

このトレーニングで目の左右の動きを鍛えることができます。

この際に両手は肩の位置と水平になるところまで上げ、顔を動かさずに目だけを動かすようにしましょう。

親指を使ったトレーニング②上下

同じく親指を使ったトレーニングで目の上下の動きを鍛えます。

  1. 両手をまっすぐ前に伸ばし肩幅に広げ、親指を立てて水平にする(goodのサインを横にする)。
  2. どちらか一方の手を頭の高さに上げ、もう一方を肩よりも低い位置に下げる。
  3. 上の親指に視点を合わせたら次は下の指に視点を合わせる。
  4. 上下1秒程度の感覚で交互に見る。これを10~20往復程度繰り返す。

顔は固定して目だけを動かすようにしましょう。また、しっかりとピントが合うまで親指を見ることが重要です。

親指を使ったトレーニング③斜め

目の斜めの動きを鍛えるトレーニングです。

  1. 親指を使った上下のトレーニングの状態からそのまま両手をやや外側に広げる。
  2. 先述の2つのトレーニング同様、斜め上の親指に視点を合わせたら次は斜め下の指に視点を合わせる。
  3. 上下1秒程度の感覚で交互に見る。これを10~20往復程度繰り返す。

先述の2つのトレーニングよりも距離が長くなりますが、同じようにしっかりと親指にピントを合わせるようにしましょう。

親指を使った遠近トレーニング①

指

親指を使った遠近(前後)の動きを鍛えるトレーニングで、毛様体筋をほぐす効果が期待できます。

  1. 片方の親指を立てて(goodのサイン)真っ直ぐ前に伸ばす。
  2. 両目のピントを親指に合わせた状態から指を顔に近づける。
  3. 指が2本に見えたら元の位置に戻す。
  4. 2.3を10回ほど繰り返す。これを1セットとし2~3セット行う。

指を近づける時はゆっくり、遠ざける時は早くするのがコツです。

やりすぎると逆に毛様体に負担がかかってしまう為2~3セットを目安にしましょう。

親指を使った遠近トレーニング②

遠くにあるものと近くにあるものを交互に見る視点移動の訓練です。

親指とその他に何でも良いので目印となるものを2~3m先に置いておきましょう。

  1. 親指を立てて目から20~30cm程度の距離に置く。
  2. 親指を3秒程度見つめたら、2~3m先の目印に置いているものを5秒程度見つめる。
  3. 2.を10回繰り返す。これを1セットとし2~3セット行う。

コツは遠くのものを長めに見るということ。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. トレーニング ストレッチ

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP