サウナ

サウナダイエットの効果的なやり方を徹底解説!サウナに入るタイミングや頻度・適切な時間は?逆効果にならない為の注意点も紹介

 

サウナにはダイエット効果があり、うまく活用すると痩せやすい体になっていきます。

サウナの持つメリットを最大限に活かした効果的なダイエットの仕方をご紹介します。

サウナに入るタイミング・頻度や時間のほか、注意したい点も徹底的にチェックしていきましょう。

サウナダイエットはなぜ痩せる?

サウナ

サウナダイエットによって痩せやすい体になる理由を見ていきましょう。

サウナ後に減った体重は汗によるもの

サウナに入ったあとに体重が減っていたという経験をした人も多いです。

しかしそれはサウナの本当のダイエット効果ではありません。

サウナに入って軽くなった分は汗として出た水分なので、水分補給をすれば元の体重に戻ります。

サウナに入るとヒートショックプロテインが増える

サウナに入ると体温が上がります。

サウナによって体温が38度を超えた状態で10分〜15分程度維持できると体の芯まで温まります。

サウナで10分以上というのは細胞にかなりの熱ストレスがかかる状態です。

熱ストレスがかかると体の中に「ヒートショックプロテイン(HSP)」というタンパク質が増えます。

ヒートショックプロテインは傷ついた細胞を修復したり免疫を高めたりして体を守る働きがあります。

ヒートショックプロテインで褐色脂肪細胞が活性化する

体には「褐色脂肪細胞」という脂肪細胞があります。

エネルギーを貯める「白色脂肪細胞」と異なり、脂肪を分解して熱エネルギーを作る働きをするのが褐色脂肪細胞です。

サウナによって増えたヒートショックプロテインは褐色脂肪細胞による脂肪の燃焼を促進する働きがあります。

つまりサウナの高い温度の中にいるだけで痩せやすい体になるのです。

脂肪を燃焼させる甲状腺ホルモンの分泌も増える

サウナに入ると自律神経が正常化されます。

ストレスなどの緊張状態では交感神経が優位になりますが、サウナでリラックスすると副交感神経が優位になります。

自律神経が正常化されると脂肪の燃焼を促す「甲状腺ホルモン」の分泌が増え、痩せやすくなるというわけです。

乳酸を排出しやすくなる

筋肉に疲労物質である「乳酸」が溜まると脂肪の分解・燃焼がうまく行われません。

サウナで汗をかくと乳酸を排出しやすくなるため、脂肪が燃焼しやすい体になります。

サウナダイエットの効果的なやり方を徹底解説!

サウナとタオル

サウナダイエットの効果的な方法を解説します。

サウナに入る前に水分をとっておく

サウナに入る前に水分をとっておきましょう

サウナに入ると汗をかくので、十分に水分をとっておかないと脱水症状になる場合があります。

体を洗ってからサウナに入る

サウナに入る前に体を洗って肌の汚れを取っておきましょう

肌が汚れていると汗の通り道である汗腺が汚れでふさがれてしまい、十分に汗をかくことができません。

お風呂で体を温めておく

サウナに入る前に、お風呂に浸かって体を温めておきましょう

体が冷えている状態で暑いサウナに入るとなかなか体が温まりにくいです。

サウナ・水風呂・外気浴を繰り返す

サウナに入り、十分に温まったらサウナ室から出て水風呂に入ります。その後外気にあたり、リラックスします。

その後またサウナ・水風呂・外気浴を合計3セット程度くり返します。

最後は外気浴ではなく、ぬるめのシャワーをざっと浴びて終了です。

なお、外気浴をせずにサウナと水風呂をくり返すだけでも効果があります。

サウナでは足を上げておくとよい

サウナで座っているときには足を上げたりあぐらをかいたりしておくとよいでしょう。

空気は低い場所ほど温まりにくい性質があり、さらに足の先端は温まりにくいという性質があります。

足の先まで温めるため、高い位置に上げておくことをおすすめします。

水風呂の入り方に注意

サウナで温まった体でいきなり冷たい水風呂に入ると、温度差で心臓に負担がかかります。

場合によってはヒートショックを起こして心筋梗塞のおそれがあります。

まずは手足に水をかけ、少しずつ慣れていきましょう。水風呂は1分程度浸かれば大丈夫です。

水風呂に入れない場合は

どうしても水風呂に全身入れないという人や心臓が弱い人は、足や下半身だけ入るということでも構いません。

シャワーなどで冷たすぎない程度の水を体にかけるのもよいでしょう。

サウナダイエットの頻度と適切な時間

サウナ

サウナダイエットの適切な頻度やサウナに入っている適切な時間も知っておきましょう。

サウナに入る時間は1回10分〜15分

サウナに入る時間は、1回あたり10分〜15分程度で十分です。

ただしサウナ内の室温が低ければ少し長くなりますし、高温なら短めでも大丈夫です。

耐えられないほど暑い中で無理をして我慢することはありません。気分が悪くなる前に無理せず外に出ましょう。

サウナは週に3回程度でOK

サウナは毎日入らなくても十分なダイエット効果があります。

多くても週に3回程度にとどめ、週に1回しか入れなくても効果があるので継続してみましょう。

なお、ヒートショックプロテインはサウナに入ったあと3日程度は高いまま維持できます。

週に2回〜3回サウナに入れるのがベストです。

サウナにはダイエット以外のメリットもたくさん!

蒸気とサウナ

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. ロッククライミング
  2. ダイエット

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP