背中

背筋矯正ベルトの効果的な使用方法を解説!手作りや100均でも大丈夫?おすすめ商品と子供の使用や注意すべきポイントも紹介

 

背筋矯正ベルトは猫背に悩んでいる方に効果的なアイテムです。

猫背は見た目はもちろん健康にも大きく影響してくるため、良い姿勢を保つようにするのが大切です。

猫背の影響や姿勢が良くなるメリット、背筋矯正ベルトの効果やよりよい使用法をみていきましょう。

また、100均の背筋矯正ベルトや手作りのものを使用した場合や子供の使用についてもチェックしていきます。

オススメの背筋矯正ベルトもご紹介していますので、ぜひ購入時の参考にしてみてください。

姿勢が良くなるメリットと猫背のデメリットをチェック

情報検索 現代人は生活スタイルの変化や運動不足など、さまざまな原因で特に猫背の人が多いといわれます。

猫背のデメリットや姿勢が良くなるメリットをチェックしてみましょう。

猫背は見た目が悪くなる

猫背は見た目が非常に悪いです。

どんなに髪型や服装にこだわっても、猫背になるだけで印象が悪くなってしまいます。

猫背になることで起こる見た目のデメリットには以下のようなものがあります。

  • 不健康そうに見える
  • 疲れているように見える
  • 暗い性格に見える
  • ルックスが悪くなる
  • 老けて見える
  • 太りやすくなる
  • むくみやすくなる
  • 肌荒れしやすくなる
  • 顔のたるみにつながる

猫背の健康への影響は肩や首のコリだけじゃない

苦しむ男性猫背の人は肩や首がこりやすいですが、体への影響はそれだけではありません。

姿勢が悪くなることで血流が悪化したり、骨や筋肉への負担も大きくなります。

また肺や消化器官が圧迫されるため酸素を取り込みにくくなったり胃腸の具合が悪くなったりします。

またメンタル面での影響もあるので注意が必要です。

具体的には以下の影響があります。

  • 肩や首のコリ・ストレートネック・腰痛
  • 頭痛
  • 骨盤が歪む
  • 呼吸が浅くなる
  • 血行が悪くなる
  • 冷え性
  • うつ病・ストレス・不安
  • 集中力が低下する
  • 睡眠障害
  • 胃腸の働きが低下する(便秘など)
  • 免疫力の低下
  • 生理痛やPMS(月経前症候群)が重くなる

姿勢が良くなることでこれらの症状が改善されます。

なぜ猫背になってしまうのか?

猫背になる原因は非常に多岐にわたります。

背筋や腹筋の筋力の低下や体の前後の筋力のバランスの悪さのほか、以下のような原因があります。

当てはまる項目がある人は注意しましょう。

  • 片足に体重をかけて立つことが多い
  • 足を組んで座る
  • イスに浅く座って背中を持たれる
  • 高さの合っていないイスに座る
  • デスクワークで前かがみになる
  • スマホやタブレットを使う時間が長い
  • 運動不足などで筋力が弱い

背筋矯正ベルトの効果的な使用法をチェック

背筋矯正ベルト

背筋矯正ベルトは猫背を改善させるのに高い効果があります。正しく効果的な使い方をチェックしましょう。

背筋矯正ベルトの効果的な使用法

背筋矯正ベルトは装着するだけで背筋が伸び、姿勢が矯正されます。より効果的に使用する方法をみていきましょう。

装着時間は商品の指示に合わせて

背筋矯正ベルトの装着時間は「1日2時間」と指定されているものがあるなど、商品によって異なります。

特に書かれていない場合は1日1時間程度から始め、徐々に伸ばしていくと良いでしょう。

最初から長時間着用すると肩や背中が痛くなる場合があります。

服の上から着けるか服の下に着けるか

服の上に着けるか服の下に着けるかというのも商品によって異なります。

服の上から着けられるものは着脱がしやすいですが目立つのが難点です。

服の下に着ける場合はTシャツなどの上から着けてもよいのか確認しておきましょう。

背筋矯正ベルトの選び方

背筋矯正ベルト

背筋矯正ベルトを選ぶときは、以下のポイントに注目しましょう。

自分の体に合ったものを選ぶ

背筋矯正ベルトは自分の体に合ったものを選びましょう。

男性用・女性用によって大きさが異なりますので、事前に採寸をして購入することが大切です。

また長さを調節できるタイプがおすすめです。

通気性と伸縮性を考えて選ぶ

背筋矯正ベルトは短くても1〜2時間は装着するので、通気性と伸縮性を重視して選びましょう。

通気性が高いものは長時間着けていても暑くなりません。

また背筋を伸ばしてくれても伸縮性が悪ければベルトがあたっている箇所が痛くなったり、動きにくかったりします。

ベルトの幅が広いものがおすすめ

ベルトの幅は広い方が当たる箇所が痛くありません。幅広のものを選びましょう。

背中や腰のサポートをしてくれるものがおすすめ

背筋矯正ベルトには肩と背中の上部のみのものと、腰ベルトがついているものがあります。

またベルトの幅もさまざまですし、背中にプレートが入っている矯正力の強いものもあります。

「背中が幅広のもの」「腰ベルトで腰のサポートもしてくれるもの」の2点を重視しましょう。

プレートが入っているものは背筋はしっかりと伸びますが、逆に前かがみになりにくいというのが欠点です。

好みに合わせて選ぶとよいでしょう。

医師が監修しているものは安心して使える

背筋矯正ベルトの中には医師が監修しているものがあります。

プロがチェックしているものなら安心して使えるのでおすすめです。

ネットのレビューもチェックしてみよう

ネット上にはさまざまなレビューがあるので、参考にしてみるとよいでしょう。

実際に使用した人の声は、使ってみなければわからない着け心地やサイズ感などを知ることができます。

ですが、必ずしも自分に当てはまるわけではありません。

あくまで商品を選ぶ際の参考程度にとどめることが大切です。

良い意見も悪い意見も取り入れながら商品選びをしましょう。

背筋矯正ベルトは子供でも使える?また使用上の注意点もチェックしよう

子供 背筋矯正ベルト背筋矯正ベルトは子供でも使えるのでしょうか?また、大人も含めた使用上の注意点をチェックしましょう。

子供は子供用の背筋矯正ベルトを使おう

子供でも背筋矯正ベルトを着けることはできます

特に成長期のうちに正しい姿勢を保つクセを着けることはとても大切です。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. パーソナルトレーナー
  2. トレーニング ストレッチ
  3. 食事

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP