ラグ

初心者におすすめのヨガラグの選び方を解説!ダウンドッグでも滑らないものは?Amazonで人気の145cmサイズ商品も紹介

 

ヨガラグは汗をかくようなヨガを行う際に使うと、ヨガマットの汚れを予防できる便利なアイテムです。

初心者でもおすすめのヨガラグの選び方を解説します。

ダウンドッグでも滑らないヨガラグや、145cmサイズのヨガラグなど、人気商品も紹介します。

どんなときに使う?ヨガラグの使い方と役割

ラグ ヨガラグは非常に便利ですが、意外と使い方や役割を知らない人も多いです。

ヨガラグの役割やどのようなときに使うのかを解説します。

ヨガマットの上に敷いて使う

ヨガラグはヨガタオルとも呼ばれ、ヨガマットの上に敷いて使います

樹脂で作られているヨガマットと違い、ヨガラグは布でできており、好きなデザインのラグを選べます。

価格もそれほど高くないものが多く、洗い替え用に複数枚持っている人も多いです。

ヨガ教室などの備え付けのヨガマットを使うのに抵抗がある人でも、自分のヨガラグを持っていけば安心です。

ヨガラグは汗を吸収してくれる

ヨガラグは汗を吸収する働きがあります。

ヨガマットだけで使うこともできますが、ヨガラグを敷くと汗や汚れなどからヨガマットを守ることができます。

また、肌触りがよいので快適にヨガを行えるのも人気のポイントです。

ホットヨガなど汗をかくヨガでは必需品!

ホットヨガやパワーヨガのような汗をかくヨガでは、ヨガラグは必需品です。

ヨガラグの代わりにバスタオルなどを敷いて行う人もいますが、ヨガラグは滑り止め加工が施されているのが特徴です。

ヨガラグを使うメリットをチェック

ヨガ レッスンヨガラグを使う際のメリットをチェックしてみましょう。

ヨガマットの汚れ防止

ヨガラグはヨガマットが汗やホコリで汚れるのを防ぐことができます。

ヨガマットは丸洗いできないものが多く、汚れが染み付いてしまうとケアが難しくなります。

汗やホコリなどの汚れを吸着させて、ヨガマットをきれいに保つことができるのがヨガラグのメリットです。

汗をかいた不快感を軽減する

ヨガヨガラグは汗をかいた不快感を軽減することができます。

汗をかくヨガでは、ヨガマットが汗で濡れて不快に感じることが少なくありません。

濡れたヨガマットに座ったり寝転んだりすることに抵抗を感じる人も多いです。

ヨガラグは吸汗性が高いため、快適にヨガを行うことができます。

丸洗いできていつでも清潔に使える

ヨガラグは布なので洗濯機で簡単に丸洗いできます

いつでも清潔な状態を保つことができ、快適にヨガを行うことができるのが最大のメリットです。

素材?大きさ?ヨガラグの選び方を徹底解説!

ダウンドックヨガラグを選ぶ際には見た目や感触・機能性などさまざまなポイントがあります。

特に以下のポイントに注目して選ぶと良いでしょう。

吸汗性や速乾性で選ぶ

ヨガラグを選ぶときには、吸汗性や速乾性といった機能性に注目しましょう。

ヨガラグは汗を吸い取るために使いますから、吸汗性が低いものでは十分な満足度は得られません。

また速乾性が高いものなら洗濯してもすぐに乾くので、連日の使用にも耐えることができます。

ポイントはダウンドッグ!滑りにくさで選ぶ

ヨガラグは滑りにくさも重要なポイントです。

ダウンドッグのように滑りやすいポーズがあるので、滑らない素材や加工が施してあるものを選びましょう。

滑り止めには以下のものがあります。

  • 素材自体が滑りにくいもの
  • 裏面に滑り止めがついているもの
  • ヨガマットにはさみこめるポケットがついているもの

肌触りや厚みで選ぶ

ヨガラグは肌が触れるものなので、肌触りやラグ自体の厚みを考えて選びましょう。

なめらかなマイクロファイバー素材、肌触りのよいタオル素材やワッフル素材が人気です。

また、厚みのあるラグはヨガマットなしで床に直接敷いてヨガを行うことができます。

薄いものは持ち運びやすく、厚いものは冬場に使うと暖かいのでおすすめです。

大きさで選ぶ

ヨガラグは大きさもチェックしましょう。

ヨガマットを端から端まで使うという人はヨガマットと同じか、それより大きめのサイズがよいでしょう。

小柄な人はやや小さめのヨガラグでも構いません。

持ち運びやすい物を選ぶ

ヨガマットとペットボトル、タオル持ち運んで使う場合、収納用のバッグやケースがセットになっている商品を選ぶと便利です。

また、厚みがあると持ち運びにくくなります。

デザインで選ぶ

色や柄などのデザインが気に入ったヨガラグを選ぶと、愛着がわきやすくなります。

素材や厚み、メーカーなどのこだわりがない場合は、デザインを重視してもよいでしょう。

価格で選ぶ

価格もヨガラグ選びの重要なポイントです。

一般的なヨガラグは1,000〜2,000円程度のものが多いですが、中には5,000円を超えるものもあります。

長く使いたい場合は安すぎない商品を選ぶとよいでしょう。

複数枚購入して日替わりで使いたい人は手頃な価格のラグがおすすめです。

メーカーで選ぶ

ヨガラグはさまざまなメーカーから販売されています。

ノーブランドのものよりも、ヨガメーカーやスポーツブランドの商品の方が品質がよいことが多いです。

口コミで選ぶ

ヨガラグを選ぶ際はネットの口コミを参考にしてみましょう。

肌触りや厚み、吸汗性などの使用感は、実際に使ってみなければわかりません。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. ベリーダンス
  2. 手 マッサージ
  3. ラグ
  4. ストレッチ 女性
  5. オフィス、椅子
  6. バレエ

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP