ベンチプレスをする男性

ベントアームプルオーバーは正しいやり方で大胸筋、広背筋への筋肥大効果を最大化しよう!

 

男性的でたくましい、分厚い胸元を手に入れたいとは思いませんか?そんなみなさまには、大胸筋や広背筋の筋肥大効果が望める「ベントアームプルオーバー」をおすすめします。

ベントアームプルオーバーであれば、従来の筋トレでは難しいとされた多方向から大胸筋や広背筋に刺激を与えることができます。ただ、ベントアームプルオーバーも正しいやり方でないと、十分な効果を発揮することはできません。

そこで今回は、ベントアームプルオーバーの効果から正しいやり方についてまとめたいと思います。また、ベントアームプルオーバーを行う上での注意点についても触れていますので、実践するする前にはチェックしてみてください。

ベントアームプルオーバーの効果

背筋が強調された男性

冒頭でもお伝えした通り、ベントアームプルオーバーであれば分厚い胸元を手に入れることが可能です。では、そんなベントアームプルオーバーとはどのような筋トレなのかご紹介しましょう。

ベントアームプルオーバーとは

ベントアームプルオーバーとは、ダンベルを後方に下ろす動作を加えたものです。その為、従来のベンチプレスに比べて胸筋だけでなく背筋部分にも効果が期待できる筋トレになります。

この後詳しく紹介しますが、ベントアームプルオーバーは従来のベンチプレスとは大きく異なる動きをします。その上、バランス感覚も必要となる筋トレなので、初級者よりは中上級者向けと言えます。

大胸筋下部

ベントアームプルオーバーでは、特に大胸筋下部への負荷が強くなります。その他、小胸筋や大円筋など、全体的に胸筋部分を鍛える効果も期待できます。

筋トレを進める上で、胸板を厚くするというのを目標にしている方も多いと思います。ベントアームプルオーバーであれば、より効率的に胸筋部分を鍛え、胸板をより厚くすることができるでしょう。

広背筋

ベントアームプルオーバーが従来のベンチプレスと異なるのは、胸筋部分だけではなく「広背筋」も同時に鍛えられる点です。広背筋とは、背骨からわき腹にかけて覆う、人体でも最も大きな筋肉の1つです。

広背筋は肩関節の回転や腕関節の伸縮に関わる筋肉として、数ある部位の中でも特に重要な役割があると言えます。その上、背中を広くたくましく見せる効果もあるので、見栄えという面でもぜひ鍛えたい筋肉なのです。

ベントアームプルオーバーの正しいやり方

IROTEC (アイロテック) プレスベンチ / ベンチプレス バーベル ダンベル 筋トレ

大胸筋や広背筋を鍛えたい方には、ベントアームプルオーバーが良いことはご理解いただけたと思います。では、実際にベントアームプルオーバーの正しいやり方について見ていきましょう。

正しいやり方

https://youtu.be/xLqf-9SyyXc
  1. 両手は肩幅程度に広げバーベルを握る
  2. ベンチに仰向けになる
  3. 胸の真上にバーベルを持ってくる
  4. バーベルを頭上に向けて下げる
  5. 3の位置までバーベルを上げる
  6. 3〜5までの動作を10回3セット繰り返す

肘は少し曲げた状態を維持するのがおすすめです。そうすることで、肘から肩にかけての不要な負荷を減らし、怪我や故障の危険性を減らすことができます。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. フリークライミング
  2. ダンベル 筋トレ

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP