テストステロン

テストステロンを増やす方法!男性ホルモンで女にモテるとは?!

 

モテるとかモテないとかの価値観は人それぞれ。
時代とともに多様化しているものではありますが、「男性らしさ」「女性らしさ」をパートナーに求める方は依然として多いのではないでしょうか。

男性らしさといえば、ほとんどイコールとして挙げられるのが力強さですよね。
そんな男性らしさを作り上げる効果があるとされる「テストステロン」
テストステロンとはそのような物質なのか、その効果や増やし方を探ってみます。

テストステロンとは

男性ホルモンの一種

テストステロンは、男性ホルモンの一種です。
その大部分が男性の睾丸で生成されます。
女性でも男性の10%弱の量が生成されます。

男性ホルモンとは

男性ホルモンは、体つきや性格において、いわゆる男性らしさを形成するのに作用する体内物質です。
乳児期や第二次性徴期に多く分泌され、一般的には加齢とともにその分泌量は減少します。
男性ホルモンには、テストステロンのほか、「デヒドロエピアンドロステロン」「ジヒドロテストステロン」もあります。

ジャケットからのぞく、男性の美しい筋肉

テストステロンの効果

筋肉の形成を働きかける

テストステロンは、筋肉の形成に重要な役割を果たす男性ホルモンです。
体が大きくなる成長期はもちろんですが、成人してからも筋肉の形成にはテストステロンが大きく関わります。
もちろん言うまでもありませんが、筋肉を形成するには、タンパク質を始めとする栄養素の摂取も欠かすことはできません。

テストステロンの筋肉に対する効果は、以下で解説するケースからも明らかでしょう。

男性ホルモンとステロイド

みなさんは「ステロイド」と言う言葉をご存知でしょうか。
スポーツに詳しい方ならよく知っていらっしゃるかもしれません。
炎症の治療薬としても用いられるステロイドですが、さらに有名なのは、筋肉増強剤としての作用ですね。

実は、男性ホルモンはステロイドホルモンの一種。
ドーピングとしてのステロイドは、より強力な効果を発揮するように合成されたものを使用しています。
オリンピック選手や有名メジャーリーガーなどがステロイドドーピングに手を染めていたことが、これまでも明らかにされてきました。
競技能力の向上は確かにあるものの、それ以上に心身に与える副作用があまりにも大きく、たとえアスリートでなくても使用をおすすめすることはできません。

あまりいい事例ではありませんが、このことからもステロイド、あるいはテストステロンが筋肉増強に効果があることはお分かりいただけるかと思います。
こう聞くと危険な物質のように感じるかもしれませんが、体内の作用により正常に分泌される分には、大きな問題となることはありません。

男性的な思考にも影響

テストステロンは身体に影響を与えるばかりではなく、思考パターンにも少なからず影響を与えています。
そのひとつが攻撃性です。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. トレーニング ストレッチ

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP