腕立て伏せ黒の背景に焦点を当てた目を持つ男

プッシュアップ(腕立て伏せ)で大胸筋の筋肉トレーニングを!筋肉への効果アップを図る

 

大胸筋とはどのような筋肉なのか

胸筋が強調された男性
大胸筋は胸全体を構成する筋群の表面にあり、上半身の中でも最も大きな筋肉です。日常の生活の中でも、胸の前で何か押す・抱きかかえる動作や体を起こす動作のときなどに使用し、スポーツの競技によっては動作のメインとして大胸筋を使用することがあります。

大胸筋は上半身の見た目にも大きな影響力を持っており、女性であればバストの形・男性であればたくましい胸板の形に関係してきます。そのため大胸筋を鍛えることに関しては、性別に関係なく多くの人に人気があるようです。

しかし大胸筋を極端に鍛えすぎてしまうと、大胸筋の柔軟性が損なわれてしまう可能性は否定できません。その結果、肩関節が発達した大胸筋によって前の方に引っ張られてしまう形となり、肩関節が内側に巻き込まれてしまうような姿勢になってしまうことがあります。

そのため上腕骨が前方に引っ張られてしまい、肩関節が脱臼する原因となることも稀にあるようです。

大胸筋はとても大きな筋肉のため周辺への影響を十分に考慮し、正しい方法とフォーム・トレーニング量を習得しながら適切な鍛え方をすることをおすすめします。

大胸筋を鍛えるのに最も簡単で効果が期待できる筋肉トレーニングとは?

腕立て伏せ
大胸筋を鍛えるための筋肉トレーニングは、バーベルやダンベルを使用するもの・マシンを使用するものなど数多くの種類があります。オーソドックスなものとしては、ベンチプレスが有名です。

ただ、ベンチプレスやダンベルベンチプレスなど器具を使用するものは、初心者や筋力があまり強くない人にはコントロールが難しい種目だといえます。バーベルやダンベルは予測できない方向に動くことがありますので、トレーニングに慣れて筋肉が少し発達してから取り組むようにすることが望ましいでしょう。

逆に、ジムにあるような大胸筋を鍛えるためのマシンは、初心者や筋力があまり強くない人でも安心して取り組めるもです。ただしジムに通うこと自体、高額な利用料が必要であったり時間が確保できない場合もありますので、なかなか実現できないこともあるでしょう。

そこでおすすめなのが、バーベルやダンベルなどの器具を使用することなく安全であり、お金をかけず場所も選ばない自宅で完結できるプッシュアップという方法です。

     
続きを読む >>
  

あなたへのオススメ記事
RECOMMEND

検索
SEARCH

人気記事
RANKING

  1. マスク トレーニング
  2. パンプアップ
  3. パーソナルトレーナー
  4. 食事
  5. トレーニング ストレッチ

カテゴリー
CATEGORY

タグ
TAG

ツイッター
Twitter

PAGE TOP